勢いは


    ONE PIECE > ONE PIECE (アニメ) > ONE PIECE FILM REDONE PIECE FILM RED』(ワンピース フィルム レッド)は、2022年8月6日に公開された日本のアニメーション映画。漫画『ONE PIECE』を原作としたテレビアニメの劇場版第15作。FILMシリーズの第4作目。…
    102キロバイト (14,797 語) - 2022年11月21日 (月) 09:30
    Adoか特典か??mj

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/11/24(木) 20:06:24.35ID:p8Pz+r9D9
    2022.11.24 17:31

    これでもかというほど入場者プレゼントを配布し、着実に興行収入を伸ばし続けてきたアニメ映画『ONE PIECE FILM RED』。今年8月の公開から3カ月が経った今、ついに興行収入に暗雲が立ち込めてきたようだ。

    11月21日に公開された『国内映画ランキング』(興行通信社調べ)によると、「FILM RED」は先週から1つ順位を落として4位という結果に。

    新海誠監督が手掛けたアニメ映画『すずめの戸締まり』がトップを飾り、2位には『ブラックパンサー ワカンダ・フォーエバー』、3位には『ある男』が初登場でランクインしている。

    「『FILM RED』が順位を落とした理由は、特典の弾切れが関係しているかもしれません。第8弾入場者プレゼントとして、11月12日から配布されていたのは『スペシャルシャンクス104巻掛け替えカバー』。全国50万枚限定で配布されましたが、1週間も経つと配布が終わったからか、客足が徐々に遠のき始めました」(映画ライター)

    「FILM RED」は映画そのものよりも、特典目当ての観客が俄然多いようだ。

    映画『ワンピ』の快進撃もここまでか…

    「第7弾入場者プレゼントは、限定フィギュア『ワンピの実「FILM RED」〝シャンクス〟』でした。それまで11週連続で全国映画動員ランキングのトップを走っていましたが、『ワンピの実』の特典が尽きたであろう時期に首位から陥落。『すずめの戸締まり』が公開された影響も多分にあると思いますが、グッズコレクターや転売ヤーの力を借りて、ここまで興行収入を伸ばしてきたのかもしれません。11月19日から新たに追加販売されている劇場オリジナルグッズが起爆剤になるかは怪しいところ…」(同・ライター)

    同映画の21日時点での興収は184億円で、十分に大ヒットしているが、

    《あれだけ宣伝バカスカ出して、特典作りまくってるのに、まだ200億いかないのって…。現時点で鬼滅以上の特典出してるのに、興収が鬼滅の半分もいかないのって単純にマーケティング間違えた結果だろうな》
    《若者の夏休み時期に公開して、あれだけ宣伝したんだからそりゃあ100億はいって当然よ。でも今150、170、180なんていう微妙な興収の上がり具合見てたら、失速してるの丸わかり》
    《鬼滅あたりから入場特典が何弾も出るのが当たり前になったよね。でも特典欲しさに観客集めて、これだけ興収いきましたっていうのは、イコールその作品の評価ではないと思う…》
    《あれだけ初動がすごかったのに同じ割合で観る人が増えないのは、リピートしたいと思える出来じゃなかったからだよ》
    など、手厳しいコメントも続出している。

    特典切れと新作映画の人気によって、勢いを失っている「FILM RED」。興収200億を突破するためには、あと何回分の特典が必要になるのだろうか…。

    https://myjitsu.jp/archives/394426

    【【アニメ】【映画】「ONE PIECE FILM RED」もう勢いは無くなっちゃった??【感想】】の続きを読む


    株式会社MAPPA(マッパ、英: MAPPA Co.,LTD.)は、日本のアニメ制作会社。 MAPPAは、“Maruyama Animation Produce Project Association”の頭文字に由来する。 2011年6月にマッドハウスを退職した丸山正雄が70歳のときに設立し、代表
    22キロバイト (2,398 語) - 2021年7月18日 (日) 03:37



    (出典 www.suginamigaku.org)


    この会社有名だよな!!mj

    1 ひかり ★ :2021/07/31(土) 19:13:28.43

     「呪術廻戦」「ユーリ!!! on ICE」などで知られるアニメ制作会社MAPPA。数々の話題作を世に送り出し、今最も勢いのあるアニメ制作会社とも言われている。そんなMAPPAが手がけるテレビアニメ「平穏世代の韋駄天達」が、フジテレビの深夜アニメ枠・ノイタミナで7月に放送をスタートした。「平穏世代の韋駄天達」でも派手なアクションなどで、アニメファンの度肝を抜いている。MAPPAのすごさの秘密とは……。同作を手がけるフジテレビの松尾拓プロデューサーに聞いた。

     ◇世界一のスタジオ 設定するハードルの高さ
     MAPPAは2011年6月に設立された比較的新しいアニメ制作会社。「呪術廻戦」「ユーリ!!! on ICE」以外にも「この世界の片隅に」「ゾンビランドサガ」「『進撃の巨人』The Final Season」「BANANA FISH」などさまざまなタイプのアニメを手がけてきた。人気マンガ「チェンソーマン」をアニメ化することも話題になっている。
     松尾プロデューサーは、MAPPAを「世界一のスタジオだと思っています」と絶賛する。MAPPAの作品は、映像美が話題になるが、なぜハイクオリティーな映像を生み出せるのだろうか? 
     「MAPPAは魔法をかけてくれるように、作品をジャンプアップしてくれます。自分たちに厳しく、異常に高いハードルを設定しているんです。例えば、『平穏世代の韋駄天達』では、第1話を一度完パケした後に、自主的にリテークして再納品させてほしいと言われたことがありました。テレビは、激しく点滅する映像に対して光の点滅レベルを確認するハーディングチェックというものがあります。ハーディングのために処理をすると映像がまろやかになります。それは、仕方がないことだと思っていますが、処理をしなくても楽しめる映像にしたい!と言っていただけたんです。そこまで自分たちに厳しく、こだわり抜く。だから、異常なレベルの映像になるんです」

    以下全文

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2f9e1d21d525b5edd54878a587fd737b713bd499


    【【アニメ制作】「MAPPA」アニメ制作の大手の一員なはずが 評価があまりパッとしない印象な件【勢いはあるのでは??】】の続きを読む

    このページのトップヘ