割と


    耳をすませば』(みみをすませば、英題:Whisper of the Heart)は、柊あおいの漫画作品。『りぼん』(集英社)の1989年8月号 - 11月号にて連載された。略称は「すま」。 1995年にアニメーション映画化された(#アニメ映画参照)。 続編に『耳をすませば〜幸せな時間〜』がある。
    76キロバイト (9,150 語) - 2022年8月26日 (金) 19:40

    (出典 www.jigsaw.jp)


    そんなに不思議に感じる事??mj

    169 名無しさん@恐縮です :2022/08/26(金) 10:45:44.99ID:gdaKXkFN0
    夕子ってなにげにモテるよな
    地味なのに


    (出典 i.pinimg.com)

    【【アニメ】【金ロー】「耳をすませば」中学生が 楽器職人を目指す姿って 有り得ん事なのか??【割と 普通じゃね??】【感想】】の続きを読む


    センゴク』は、宮下英樹による漫画作品。『週刊ヤングマガジン』(講談社)に2004年から掲載され、第2部を『センゴク 天正記』、第3部を『センゴク 一統記』として連載。2015年50号から第4部にして最終章『センゴク権兵衛』が連載中。2007年2月より番外編として『センゴク外伝
    313キロバイト (58,019 語) - 2021年12月27日 (月) 15:37



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    やっぱり 名を馳せる人物だった?!mj

    317 名無しんぼ@お腹いっぱい (スップ Sd9f-W6VO) :2022/01/10(月) 17:44:10.25

    家康の命令=真田討伐
    真田偽降伏→反旗

    そら戦うでしょ(この漫画の設定として)
    戦っていいるうちに美濃参集伝令の遅れで遅参
    普通に史実的な定石を辿ってるけど


    【【漫画】「センゴク」真田家は 割と活躍したよな【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    にゃんこ大戦争にゃんこだいせんそう、英文表記: Cat Cat Wars)は、ポノスより2010年に配信された携帯電話向けゲームソフト、およびそれを基にした2012年11月15日に配信されたiOS・Android用のアプリケーションソフトウェア(横スクロールタイプのタワーディフェンスゲーム)。無料
    58キロバイト (8,628 語) - 2021年9月1日 (水) 06:03



    (出典 www.sk-japan.co.jp)


    結構難儀するけどな。mj

    170 名無しですよ、名無し!(東京都) (ワッチョイW 138b-ywLQ [27.121.232.115]) :2021/09/13(月) 01:14:11.80

    悔しいから大厄災クリアしてプラチケ使おうとしたらブンブン全く止まらない


    【【ゲーム】「にゃんこ大戦争」にゃんまって 結構使えるキャラみたいだな【割とイケる?!】【攻略】【評価】】の続きを読む


    はたらく細胞』(はたらくさいぼう、英題:Cells at Work!)は、清水茜による日本の漫画。『月刊少年シリウス』(講談社)にて、2015年3月号から2021年3月号まで連載された。 清水のデビュー作。2014年に行われた第27回少年シリウス新人賞の大賞を受賞した読切作品『細胞
    185キロバイト (25,568 語) - 2021年5月16日 (日) 09:55



    (出典 www.ehonnavi.net)


    勉強になる!!mj

    1 ひかり ★

     人間の細胞を擬人化したキャラクターが登場する清水茜さんのマンガ「はたらく細胞」の新型コロナウイルスを取り扱ったエピソード「新型コロナウイルス編」と、描き下ろしの「感染予防編」が、世界で無料配信されることが4月28日、分かった。厚生労働省との共同企画で、英語やヒンディー語に翻訳した音声、効果音入りのムービングコミックとして配信される。日本語版は、講談社の公式YouTubeチャンネル「フル☆アニメTV」で28日から配信されている。

     「新型コロナウイルス編」と「感染予防編」は厚生労働省の協力の元、講談社が制作。国際協力機構(JICA)の支援を受け、英語やヒンディー語に翻訳された。国立国際医療研究センターの忽那賢志さんが医療監修した。
     「新型コロナウイルス編」は、「はたらく細胞」のコミックス最終6巻に収録されたエピソード。新型コロナウイルスに感染した際の体内の状況や、ウイルスと白血球、赤血球たちの攻防が描かれている。「感染予防編」は、清水さんが監修し、かいれめくさんが作画を担当。細胞たちの視点から感染予防の大切さを伝える。
     作者の清水さんは「このコロナ禍において、免疫細胞、ウイルス、感染の仕組みなどについての知識をマンガによって分かりやすく伝えられれば、微力ながらも正しい知識の浸透に役立てればいいなと思います」とコメントを寄せている。
     「はたらく細胞」は、「月刊少年シリウス」(講談社)で2015~21年に連載。白血球、赤血球、血小板など人間の細胞を擬人化したキャラクターと細菌との戦いや日常が描かれた。テレビアニメ第1期が2018年7~9月に放送され、第2期「はたらく細胞!!」が1~2月に放送された。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/67e61ae162a056c68c30a0fd1ba2086dae633672


    【【アニメ】「はたらく細胞」割と 内容が解りやすい 良質アニメ!!【とりあえず面白い】【感想】】の続きを読む


    津田 健次郎(つだ けんじろう、1971年6月11日 - )は、日本の俳優、声優。大阪府出身。芸能事務所はアンドステアに所属。 幼少時代をジャカルタで過ごした経験をもつ。明治大学文学部文学科演劇学卒業で、元々は映画を撮りたいと思っていた矢先に演じるほうにも興味を持ち、円・演劇研究所専攻科を受けて合格し、演劇活動に熱中する。
    142キロバイト (15,164 語) - 2021年4月10日 (土) 13:34



    (出典 ohitoritv.com)


    クセが強いけど それが良かったりして。mj

    282 名無しさん@恐縮です

    声の系統としては故山田辰夫かな?


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【声優】「極主夫道」の不死身の龍役等の 津田健次郎さん。最近になって 割と表に出て来た??【苦労の連続だったとか】】の続きを読む

    このページのトップヘ