内容が


    魔少年ビーティー』(ましょうねんビーティー)、サブタイトル「COOL SHOCK B.T.」は、荒木飛呂彦による日本の漫画作品。集英社の少年向け漫画雑誌『フレッシュジャンプ』1982年3号に読切として掲載された後、『週刊少年ジャンプ』1983年42号から51号に連載された。サブタイトルは「少年ピカレスク(悪漢小説)ロマン」。
    16キロバイト (2,697 語) - 2021年9月17日 (金) 10:02



    (出典 blog-imgs-77.fc2.com)


    『ビーティー』って言葉 まず お目にかからないからな。mj

    1 カラス ★

    10月19日に発売される『ウルトラジャンプ』11月号にて、荒木飛呂彦の連載デビュー作『魔少年ビーティー』が復活する。『ジョジョの奇妙な冒険』の人気作家による伝説的作品の続編ということで、大きな注目が集まっているのだが、一部では不安の声もあがっているようだ。

    「魔少年ビーティー」は、奇想天外なトリックを操る少年・ビーティーを主人公とした作品。1983年に『週刊少年ジャンプ』で連載されたが、当時は1巻で打ち切りに。その後「ジョジョ」が人気になるにつれ、ファンの間で知る人ぞ知る名作として熱視線を浴びるようになった。

    今回の企画では『魔老紳士ビーティー』というタイトルにて、同作の60年後を描いたストーリーを展開。作画は『約束のネバーランド』の出水ぽすか、原作は『化物語』をはじめとした〈物語〉シリーズで知られる小説家の西尾維新が手掛けるという。

    しかし、荒木ファンの間ではその内容を不安視する声が。とくに原作を西尾が手掛けることに対して、《西尾維新いらんわ》《原作・西尾維新かー。ジョジョの小説読んだけど微妙だったんだよな》《魔少年ビーティーの60年後!? めっちゃ気になる!ってなったけど、西尾維新か…》《西尾維新より乙一や上遠野に書かせろ》といった微妙な反応が上がっている。

    なぜ荒木飛呂彦ファンは葛藤しているのか…?
    「原作・西尾維新」の発表が賛否を呼んでしまったのは、ちょっとした事情がある。西尾は2011年に、「ジョジョ」の大人気キャラクター・DIOを主人公とした『JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN』という外伝小説を手掛けていた。

    同作は西尾らしい作風の小説だったが、荒木ファンの間では《DIO様の描写が解釈違いすぎて読むのやめちゃった》《な、なんだ…これは…? これがあのDIOなの?というのが率直な感想》《まあ二次創作と思えば楽しめるかな、くらい。正式な外伝とは認めたくない》と散々な評価。このような〝前科〟があったため、「魔少年ビーティー」の読み切りに関してもクオリティーを不安視する人が多いのだろう。

    そのほか、《西尾維新より『恥知らずのパープルヘイズ』の作者に書いてもらえばいいのに》といった声も。「恥知らずのパープルヘイズ」とは、西尾維新の「OVER HEAVEN」とほぼ同時期に発売された「ジョジョ」の外伝小説。『ブギーポップ』シリーズで知られる上遠野浩平の作品だが、おおむね好評を博しており、作中に登場した技がゲームに逆輸入されるほどファンにも受け入れられている。

    「ウルトラジャンプ」では今年冬から、上遠野が原作を務める「ジョジョ」のスピンオフコミックが始動する予定。「魔老紳士ビーティー」と共に、ファンの魂に響くような傑作が生まれることを期待したい。

    https://myjitsu.jp/enta/archives/95344


    【【漫画】「魔少年ビーティー」って パッと見『ビューティー』と思ってしまうんだが【色んな意味で 内容が濃い感じだな。】【感想】】の続きを読む


    藤本 タツキ(ふじもと タツキ、1992年〈平成4年〉10月10日 - )は、日本の漫画家。秋田県にかほ市出身。秋田県立仁賀保高等学校、東北芸術工科大学美術科洋画コース卒。 幼少期からよく絵を描いていた。高校1~2年頃よりウェブコミック投稿サイト「新都社」にウェブコミックをアップしていた。後に石田
    12キロバイト (1,211 語) - 2021年7月19日 (月) 12:38



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    イメトレに良さげ?!mj

    97 なまえないよぉ~

    なんかビミョ〜だったな


    【【漫画】「ルックバック」内容が 複雑かつ難解で 人によっては合わない作品らしい件【想像力鍛えられそう!!】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    はたらく細胞』(はたらくさいぼう、英題:Cells at Work!)は、清水茜による日本の漫画。『月刊少年シリウス』(講談社)にて、2015年3月号から2021年3月号まで連載された。 清水のデビュー作。2014年に行われた第27回少年シリウス新人賞の大賞を受賞した読切作品『細胞
    185キロバイト (25,568 語) - 2021年5月16日 (日) 09:55



    (出典 www.ehonnavi.net)


    勉強になる!!mj

    1 ひかり ★

     人間の細胞を擬人化したキャラクターが登場する清水茜さんのマンガ「はたらく細胞」の新型コロナウイルスを取り扱ったエピソード「新型コロナウイルス編」と、描き下ろしの「感染予防編」が、世界で無料配信されることが4月28日、分かった。厚生労働省との共同企画で、英語やヒンディー語に翻訳した音声、効果音入りのムービングコミックとして配信される。日本語版は、講談社の公式YouTubeチャンネル「フル☆アニメTV」で28日から配信されている。

     「新型コロナウイルス編」と「感染予防編」は厚生労働省の協力の元、講談社が制作。国際協力機構(JICA)の支援を受け、英語やヒンディー語に翻訳された。国立国際医療研究センターの忽那賢志さんが医療監修した。
     「新型コロナウイルス編」は、「はたらく細胞」のコミックス最終6巻に収録されたエピソード。新型コロナウイルスに感染した際の体内の状況や、ウイルスと白血球、赤血球たちの攻防が描かれている。「感染予防編」は、清水さんが監修し、かいれめくさんが作画を担当。細胞たちの視点から感染予防の大切さを伝える。
     作者の清水さんは「このコロナ禍において、免疫細胞、ウイルス、感染の仕組みなどについての知識をマンガによって分かりやすく伝えられれば、微力ながらも正しい知識の浸透に役立てればいいなと思います」とコメントを寄せている。
     「はたらく細胞」は、「月刊少年シリウス」(講談社)で2015~21年に連載。白血球、赤血球、血小板など人間の細胞を擬人化したキャラクターと細菌との戦いや日常が描かれた。テレビアニメ第1期が2018年7~9月に放送され、第2期「はたらく細胞!!」が1~2月に放送された。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/67e61ae162a056c68c30a0fd1ba2086dae633672


    【【アニメ】「はたらく細胞」割と 内容が解りやすい 良質アニメ!!【とりあえず面白い】【感想】】の続きを読む


    やくならマグカップも』は、岐阜県多治見市を舞台とする伝統工芸品の美濃焼をテーマとするフリーコミック。略称は「やくも」で、マグカップは陶磁器の一種である。2010年にプロジェクトが始動し、2012年よりフリーコミックがプラネットにより発行されている。2021年にテレビアニメ化された。
    29キロバイト (3,269 語) - 2021年4月14日 (水) 04:22



    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)


    陶芸もハマったら楽しそうなんだが。mj

    1 朝一から閉店までφ ★

    やくならマグカップも


    (出典 d1bxqgdk88uwr3.cloudfront.net)


    4月2日(金)CBCテレビにて放送、『やくならマグカップも』第1話アニメパート「はじめまして!陶芸部」、実写パート「#1」のあらすじと場面写真が到着した。
    本作は30分番組のうち前半15分は通常アニメパート。後半15分が実写パートの2部構成。実写パートではメインキャラクター4人の声を担当する、田中美海、芹澤優、若井友希、本泉莉奈がアニメから飛び出して、本作の舞台となる岐阜県多治見市をおしゃれに紹介・体験する。

    第1話
    アニメパート『やくならマグカップも』あらすじ「はじめまして!陶芸部」

    高校入学当日、亡き母が作ったマグカップを並べ自己紹介する姫乃。すると、母の作品を知っていたクラスメイトの三華に陶芸部に連れて行かれる。知るはずのない土の匂いに心を惹かれた姫乃は、初めての陶芸に挑戦することにー。


    脚本:荒川稔久
    コンテ・演出:神谷 純
    作監:吉岡 彩乃

    実写パート『やくならマグカップも-やくもの放課後-』あらすじ「#1」

    声優4人がやくもの舞台、岐阜県多治見市へ。姫乃たちが暮らす街を散策しながら、お父さんとの思い出話


    構成:間マサムネ
    演出:清水優司
    ディレクター:安倍裕菜

    放送情報
    CBCテレビ:4月2日(金)より毎週金曜日24:55~:25:25
    BS11:4月5日(月)より毎週月曜日23:00~23:30
    TOKYO MX:4月5日(月)より毎週月曜日22:30~23:00
    再放送:4月6日(火)より毎週火曜日19:00~19:30
    MBS:4月8日(木)より毎週木曜日26:30~27:00
    AT-X:4月26日(月)より毎週月曜日20:00~20:30
    リピート放送:4月28日(水)より毎週水曜日8:00~8:30
    リピート放送:4月30日(金)より毎週金曜日14:00~14:30

    【配信情報】
    4月5日(月)より毎週月曜22:30からdアニメストア最速配信決定!
    4月9日(金)より毎週金曜25:30からその他下記にて随時配信開始。

    https://www.anime-recorder.com/tvanime/196918/

    © プラネット・日本アニメーション/やくならマグカップも製作委員会


    【【アニメ】「やくならマグカップも」最近のアニメは 内容が高齢化して来てねぇか??【定年後の楽しみかよ…】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    ゲキドル』は、オッドエンタテインメントによる日本のメディアミックスプロジェクト。関谷あさみがキャラクター原案を手掛ける。 関谷による漫画『ゲキドル アライヴ』が『電撃マオウ』(KADOKAWA)にて2017年2月号から連載開始。2021年1月よりテレビアニメが放送中。
    25キロバイト (2,715 語) - 2021年3月9日 (火) 14:46


    【【アニメ】「ゲキドル」内容がイミフ過ぎて ストーリーが入ってこん!!【2年前の話なのかよ】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む

    このページのトップヘ