作品


    アニメ アニメーション - アニメーション(animation)の略語。アニメーションを用いて構成された映像作品全般を指す。アニメーションとは動かない絵や物体をコマ撮りと映写によって動いているように見せる表現技法。日本でのアニメーションの使用全般については「日本のアニメーション」を参照。 アニメ (日本のアニメーション作品)…
    991バイト (177 語) - 2023年1月24日 (火) 13:20
    次はどの作品が流行るんだろうな。mj

    1 愛の戦士 ★ :2023/01/26(木) 16:04:43.21ID:REe04vJs9
    allabout 2023.1.26

    同調査は、全国の高校1~3年生1024人を対象にインターネット上で実施(実施時期:2022年12月9~10日)。今回は、2022年11月時点で放送されていた作品の中から、女子高校生396人がハマっているアニメランキングを発表します。

    同率2位の『ハイキュー!!』『呪術廻戦』を抑えて1位に輝いたアニメは?

    LINEリサーチは1月19日、「高校生がいまハマっているアニメ」ランキングを発表しました。

    同率2位:『ハイキュー!!』
    同率2位は、“春高バレー”での激闘など、高校バレーボールをテーマにした『ハイキュー!!』。回答者からは、「アニメではあるけれど、現実的な内容だから(高3女子)」との声が寄せられ、等身大の熱い青春に心を打たれる女子高校生も多いようです。

    また、『ハイキュー!!』が人気を集める大きな理由の1つは、「キャラクターの魅力(高2女子)」。主人公・日向翔陽が所属する烏野高校だけでなく、各強豪校に魅力的な選手がそろい、キャラクターの人気投票がたびたび開催されています。

    2020年に放送されたテレビアニメ第4期の続編となる完全新作劇場版『ハイキュー!! FINAL』の制作が発表され、2023年8月には劇場版キックオフイベントが開催される予定。『ハイキュー!!』人気はさらなる盛り上がりを見せそうです。

    同率2位:『呪術廻戦』
    同率2位は『呪術廻戦』。テレビアニメ第2期「懐玉・玉折/渋谷事変」の放送が2023年7月に決定しています。2020年から放送されたアニメ第1期、2021年12月からの公開で大ヒット作となった『劇場版 呪術廻戦 0』を経て、かつて呪術高専を追放された特級呪詛師・夏油傑(げとうすぐる)と、特級呪霊たちが巻き起こす未曾有(みぞう)の呪術テロ「渋谷事変」がいよいよ始まります。

    回答者からは、「有名な作品だったから(高2女子)」「Twitterのタイムラインで、本誌に関するTweetが流れてきた(高3女子)」など、現在も『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の原作漫画の人気や、テレビアニメ開始後もファンが増え続けた話題性の大きさから、興味を持った人も多いようです。

    第1位:『SPY×FAMILY』
    第1位は、『SPY×FAMILY』。回答者の半数の支持を集め、同調査の「男子高生がハマっているアニメランキング」でも1位を獲得しました。2022年に2クールに分けて「Season 1」が放送されたテレビアニメは、2023年には「Season 2」の放送に加えて劇場版アニメの制作も発表されています。回答者からは、「『Amazonプライム・ビデオ』で、おすすめに出てきた(高1女子)」など、なんとなく見てみたら面白くてハマってしまったとの声もありました。

    個性的なキャラクターとスタイリッシュな絵柄が幅広い世代から人気で、ユニクロの「UT」やくら寿司など、コラボ商品の発売が続々と発表されています。

    ※回答者のコメントは原文ママです
    文:福島 有紀

    全文はリンク先で
    https://trilltrill.jp/articles/2965964

    【【アニメ】女子高生がハマったアニメって 今や忘れられた作品?!【流行り廃りが目まぐるしいからなぁ…】】の続きを読む


    週刊少年ジャンプ』(しゅうかんしょうねんジャンプ)は、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』・『WJ』 。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊し、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名した。また、2014年9月22日よりアプリケーションとして『少年ジャンプ+』を配信している。…
    147キロバイト (16,477 語) - 2023年1月23日 (月) 02:22
    ギャグもいいけど迫力もね。mj

    1 ネギうどん ★ :2023/01/23(月) 16:37:24.73ID:pjlEkcVz9
     漫画のなかには、途中でストーリーがガラッと変わるものがある。それまで主人公や周辺の人物との日常風景がメインで描かれていたのに、突如なにかに巻き込まれる形でバトルに強制参加させられ、そこからアクションメインの作品になるという例は少なくない。

     まったく異なった方向性・ジャンルへの展開に戸惑いを感じてしまうファンもいるようだが、結果的に物語はどんどん深みを増し、さらなる魅力を発揮するケースも。

     そこで今回は、作品の方向性が途中でガラッと変わった『週刊少年ジャンプ』(集英社)の漫画について紹介したい。

    ■方向転換によって一気に物語が加速した『BLEACH』
     現在シリーズ最終章となるアニメ「千年血戦篇」が放送中の、久保帯人氏による人気漫画『BLEACH』もその一つ。

     当初は、霊感が強く、ガラは悪そうに見えても成績優秀な主人公・黒崎一護が死神の朽木ルキアと出会ったことをきっかけに、自身の住む町・空座町で死神代行をはじめる……というストーリーだった。

     しかし9巻からは、ルキアが一護に力を分け与えたことが重罪となったことで彼女は連行され、囚われて処刑を待つ身に。一護らはルキアを救うため、尸魂界へ潜入。作中でも人気キャラの多い護廷十三隊の隊員たちもここで初登場し、そこから一護らはさらに大きな陰謀に巻き込まれていく。

     死神代行という設定がその後の死神界でのバトルを見越したうえでの壮大な前フリだったのかは定かではないが、序盤の空座町での日々から考えると、ルキアが囚われてから『BLEACH』の物語が一気に加速したのは紛れもない事実だ。

     死神たちが多く登場し物語は人気を集めている本作だが、一護の現世での友人らの出番はめっきり減ってしまったのは少々残念でもある。

    ■似たような展開はかなり多い!? キャラが登場するきっかけにも
     冨樫義博氏の『幽☆遊☆白書』も、大きな方向転換を遂げた作品のひとつだろう。

     第1話で不良の浦飯幽助は、交通事故に遭いそうな子どもを助けた代わりに自分が死んでしまう。しかしその死が霊界にとって予定外の死であったため、幽助は霊界案内人のぼたんとともに生き返るための試練を受けることに。

     その後、妖怪が人間界で起こす悪事を取り締まる霊界探偵として活躍する幽助だったが、桑原和真や蔵馬、飛影という仲間が増えたタイミングで物語は大きな転機を迎える。

     それは作中でも強烈なインパクトを誇る戸愚呂兄弟が初登場した暗黒武術会編。ここからはさらにバトルがメインとなり、魔界を舞台にしたストーリーや、幽助の出生の秘密にも迫っていくこととなった。

     また、女性から圧倒的な支持を集めた天野明氏による『家庭教師ヒットマンREBORN!』も、この系譜だ。

     当初は何をやってもダメダメな主人公・沢田綱吉(通称:ツナ)が、突然家庭教師として現れた赤ん坊に「死ぬ気弾」を撃たれ、毎回、目の前の困難を死ぬ気で頑張るようになるというコメディテイストの日常系漫画だった。

     しかし学校の風紀委員が何者かに襲われるという事件や、ほかのマフィアのファミリーが続々と現れ、ツナは仲間とともに強敵と戦っていくうちに、嫌々ながらも次第にボンゴレファミリーの10代目のボスだという自覚が芽生えていく。

     同作は多彩なイケメンキャラクターやボンゴレリングなど心くすぐる設定だけでなく、各キャラクターの10年後の姿が登場したりと、ファンには嬉しい展開が盛りだくさんだった。

    『幽☆遊☆白書』にしろ『家庭教師ヒットマンREBORN!』にしろ、作品の方向転換で世界観が広がったことで、さらに多くのキャラクターが登場するきっかけになったことは言うまでもない。

    続きはソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5432643c652e62ba821f6c2bf2917b6e5fbc53c7

    【【漫画】「週刊少年ジャンプ」って バトルモノに シフトチェンジした作品多くね??【イメチェン】【感想】】の続きを読む


    『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。…
    51キロバイト (4,691 語) - 2023年1月13日 (金) 13:05
    今なら入間くんか。mj

    1 muffin ★ :2023/01/14(土) 23:55:21.67ID:sIvQieTH9
    https://www.zakzak.co.jp/article/20230114-GE7FVRKI7RLELEUG6KQIJAGZU4/
    2023.1/14 15:00

    今回はあるマンガ雑誌の絶頂時代を調査。

    「板垣恵介さんの刃牙シリーズが好きで、30年以上『週刊少年チャンピオン』を愛読しています。先日、家のそばのコンビニで買いそびれたので、会社の近所で買って持っていたら、上司に見つかってしまいました。何か言われるのかと思ったら、『チャンピオンか、昔は日本一売れていたのになあ』とだけ。そんなに売れていたことがあったんですか? 探偵局で調べてください」 (会社員・47歳)

    『週刊少年チャンピオン』は現存する少年週刊誌としては最後発で、1969年7月の創刊。当初は隔週刊だったが、70年6月から週刊化された。
    執筆陣には、発行元・秋田書店の新書判単行本シリーズ「サンデー・コミックス」の常連だった手塚治虫、さいとう・たかを、横山光輝、石ノ森章太郎らが名を連ねていた。
    前年創刊の『週刊少年ジャンプ』が本宮ひろ志ら新人マンガ家を中心にしたラインアップだったのとは対照的だ。

    創刊当初は発行部数24万部と出遅れたが、72年春に2代目編集長に就任した壁村耐三が、「少年マンガの王道路線」と「毎号読み切り連載」という大胆な改革を打ち出したことがターニングポイントになった。

    壁村は、柔道マンガとしてスタートした水島新司の『ドカベン』を野球マンガに路線変更。71年スタートの横山光輝『バビル2世』と『ドカベン』を除いた連載を一旦打ち切り、新連載は原則1話完結式としたのだ。ここから生まれたのが、手塚治虫の『*・ジャック』だった。少年誌では人気が低迷していた手塚は、この作品で復活を遂げた。

    ギャグでは、山上たつひこの『がきデカ』、鴨川つばめの『マカロニほうれん荘』、ホラーでは古賀新一『エコエコアザラク』、藤子不二雄Ⓐ『魔太郎がくる!!』、つのだじろう『恐怖新聞』、学園マンガでは石井いさみ『750ライダー』、望月あきら『ゆうひが丘の総理大臣』とヒットを連発。77年には200万部を達成して、『週刊少年ジャンプ』と少年週刊誌トップを争った。その後、79年の1月22・29日合併号で250万部を記録して名実ともにナンバーワンになった。

    しかし

    全文はソースをご覧ください

    1977年5月2日号表紙。「日本一の少年誌」の文字がある

    (出典 i.imgur.com)


    前スレ
    ★1:2023/01/14(土) 17:08:04.71
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1673683684/

    【【漫画】「週刊少年チャンピオン」全盛期って かなり個性的な作品ばっかだった??【マカロニほうれん荘とか 懐かしいよな!!】】の続きを読む


    チェンソーマン』(Chain saw Man)は、藤本タツキによる日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて第1部「公安編」が2019年1号から2021年2号まで連載され、第2部「学園編」は『少年ジャンプ+』(同社)にて2022年7月13日より連載中。2022年10月時点でコミックス計1…
    131キロバイト (20,913 語) - 2022年11月18日 (金) 13:38
    作品の評価を落としてどうする??mj

    1 朝一から閉店までφ ★
    2022年11月17日

    11月17日放送の「アメトーーク!」の一場面=テレビ朝日提供 1 / 3

    (出典 storage.mantan-web.jp)



     多彩な趣味や嗜好(しこう)の人気芸人らがさまざまな「くくり」で出演し、赤裸々トークを繰り広げる人気バラエティー番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)。11月17日は、藤本タツキさんの人気マンガ「チェンソーマン」の熱狂的ファンが集結する「チェンソーマン芸人」を午後11時20分から放送する。
     メンバーは、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の野田クリスタルさん、中川翔子さん、バカリズムさん、「品川庄司」の品川祐さん、ケンドーコバヤシ(ケンコバ)さん、お笑いトリオ「ジャングルポケット」の太田博久さん、「ウーピーウーピー」の吉川きっちょむさん。MC側ゲストは「銀シャリ」の橋本直さん。
     マンガ通のメンバーがキャラクターのコスプレをして登場し、チェンソーマンの魅力を解説する。
     作品は悪魔と契約する主人公・デンジの活躍を描く。主人公の戦う理由や技の名前が無いなど、少年マンガでおなじみのヒーロー像とはかけ離れている。
     ケンコバさんの「ささいな一コマ、ささいな一言が伏線回収のネタ振りになっている」との言葉通り、今後の展開を考察するファンも多い。野田さんは「2部に突入しても明かされていない謎が多くて、収録直前までみんなで考察していました」と話す。
     「読んだことがない」というMC蛍原徹さんと橋本さんも、各メンバーの考察や熱烈なプレゼンテーションを受け、一気にテンションが上がる。

    https://mantan-web.jp/article/20221117dog00m200006000c.html

    【【漫画】「チェンソーマン」『アメトーク』で 取り上げられたけど ただのネタバレだった件【作品 楽しみにしてる人は さぞやガッカリしただろう…】【感想】】の続きを読む


    天気の子』(てんきのこ、英: Weathering With You)は、新海誠が監督・脚本を務める、2019年日本アニメーション映画。醍醐虎汰朗が主人公森嶋帆高を、森七菜がヒロイン天野陽菜声を演じる。離島から東京に家出してきた少年、帆高と、“祈るだけで晴れにできる“力を持つ少女、陽菜が…
    74キロバイト (9,344 語) - 2022年11月5日 (土) 23:25
    新海誠監督作品って 人選ぶよな。mj

    1 muffin ★ :2022/11/06(日) 17:41:26.77ID:tjrh7eIY9
    https://www.cinematoday.jp/news/N0133328
    2022年11月6日

    新海誠監督の3年ぶりとなる最新作『すずめの戸締まり』(11月11日公開)の公開を記念して、『天気の子』(2019)が、本日6日よる9時からテレビ朝日系にて本編ノーカットで放送される。

    『君の名は。』の新海監督が手掛けた『天気の子』は、異常気象で長雨が続く夏の東京で、離島から家出してきた高校1年生の少年・森嶋帆高が、ひとりの少女・天野陽菜に出会うことから物語が展開する。陽菜には“祈るだけで空を晴れにできる”という不思議な力があり、2人は運命に翻弄(ほんろう)されながら自らの生き方を選択していく。興行収入140億円を超え、2019年の国内映画興行収入ランキング第1位という記録を打ち立てた。

    帆高役を醍醐虎汰朗、陽菜役を森七菜が担ったほか、小栗旬、本田翼、吉柳咲良、平泉成、梶裕貴、倍賞千恵子がボイスキャストに名を連ねたほか、『君の名は。』『すずめの戸締まり』でも新海監督とタッグを組むRADWIMPSが音楽を担当した。

    また、『天気の子』の放送とリアルタイムに連動する実況特番が、配信プラットフォーム「TELASA」、テレビ朝日公式YouTubeチャンネル「動画、はじめてみました」でよる8時50分から配信される予定だ。実況特番は、テレビ朝日の人気バラエティー「まんが未知」の特別編で、大のアニメ好きとして知られるハライチ・岩井勇気と、『天気の子』に続き『すずめの戸締まり』でも声優を務める花澤香菜がMCを務める。(編集部・梅山富美子)


    (出典 img.cinematoday.jp)

    【【アニメ】【映画】「天気の子」本田翼さんには 嫌な思い出の作品??【地上波ノーカットやて!!】】の続きを読む

    このページのトップヘ