何なん


    ゼルダの伝説シリーズ > ゼルダの伝説 ブレス オブ ワイルドゼルダの伝説 ブレス オブ ワイルド』(ゼルダのでんせつ ブレス オブ ワイルド、英題:The Legend of Zelda: Breath of the Wild)は、任天堂より2017年3月3日に発売されたNintendo
    107キロバイト (17,132 語) - 2022年3月29日 (火) 15:21

    (出典 automaton-media.com)


    間に合わんかったんか。mj

    1 ひかり ★ :2022/03/29(火) 23:29:27.82

    任天堂は、ニンテンドースイッチ向けソフト『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』続編について、発売時期の延期を発表しました。

    当初は2022年に発売予定だった本作ですが、「開発にもう少しお時間をいただきたい」という理由から2023年春に延期となります。本延期について、任天堂は「開発一同、続編での体験を特別なものにすべく総力あげて取り組んでいくので、どうか今しばらくお待ちいただければと思います」としてます。
    インサイド

    https://news.yahoo.co.jp/articles/74e682bfb7a41a11d6fad168ec5e7e4d7e4029b1


    【【ゲーム】「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」続編が 発売延期…ありえなくね??【何なん??】【評価】】の続きを読む


    金色のガッシュ!!』(こんじきのガッシュ!!)は、雷句誠による日本漫画作品。略称は「ガッシュ」「ガッシュベル」。『週刊少年サンデー』2001年6号から2008年新年4・5合併号(2007年最終号)まで連載された。単行本は全33巻。各話数はそれぞれ「Level
    112キロバイト (14,407 語) - 2022年1月20日 (木) 08:27



    (出典 image.gamer.ne.jp)


    作者も 色々有るんだろ。mj

    1 爆笑ゴリラ ★

    2/27(日) 7:05配信シェア
    オリコン

     漫画家・雷句誠氏の新作で、人気漫画『金色のガッシュ!!』の続編『金色のガッシュ!! II』が、3月中旬に各電子書店にて配信されることが、雷句誠氏の公式ツイッターにて発表された。

     ツイッターでは「只今次回作を執筆中!」と告知されており、「お知らせです。クリックすると、勇壮な音楽も流れます」と投稿した動画にて新作のタイトル『金色のガッシュ!! II』を発表。3月中旬に各電子書店にて配信開始し、詳しい配信日は決まり次第追って発表すると伝えた。

     これにファンはネット上で「え?ガッシュ新作??」「まじで続編なのか!?」「俺たちの青春が帰ってくる」「大好きだった漫画の一つの続編に期待!」「これはヤバイ!」などと歓喜。ツイッターでは「ガッシュ2」のワードがトレンド入りする盛り上がりを見せた。

     『金色のガッシュ!!』は、天才ゆえに孤独な中学生・高嶺清麿は、魔界から来たガッシュと出会い、世界中に送り込まれた百人の魔物と闘いガッシュを魔界の王にするため、人間と魔物の少年のコンビが激しいバトルに挑むストーリー。

     2001年〜2008年にかけて『週刊少年サンデー』にて連載され、2003年には『金色のガッシュベル!!』のタイトルでテレビアニメ化。昨年、連載開始から20周年を迎え、さまざまな企画が実施されていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a814a2e1d4bd935633fc56b2cf2783e0eecac3f0


    【【漫画】「金色のガッシュ!!」の続編が 3月中旬に配信決定も 喜びの声が無い模様【『ベル』って何なん??】【感想】】の続きを読む


    。 このゲームは、カンタベリー王国の騎士団であるガーディアンズの新メンバーの騎士の物語が描かれる。ガーディアンズとしての最初の訓練を終えた後、騎士は世界の支配を目的とする「インヴェーダー」という名前の敵に遭遇する。 『ガーディアンテイルズ』は、その創造性と古典的なJRPGの回顧で賞賛され、批
    5キロバイト (479 語) - 2021年11月22日 (月) 06:17



    (出典 chara.ge)


    よく『お得』と言えるもんだ。mj

    608 名無しですよ、名無し!(茸) (スッップ Sd43-A4++ [49.98.137.19]) :2022/01/10(月) 22:41:07.33

    オグマとかのパーティーバフって初手でやられた後の後続のキャラに継続してバフかかったまま?


    【【ゲーム】「ガーディアンテイルズ」お得パッケージが 全然お得じゃない件【何なん??ほんま】【評価】】の続きを読む


    兄弟のイラストが描かれている(数量限定)。 宇宙兄弟宣言 共にロケットの発射場がある鹿児島県の肝付町と南種子町が、両町の友好と交流を深め、日本の宇宙開発を支援する体制を共同しようと、平成25年7月3日に「宇宙兄弟宣言」を行った。この宣言は本作に由来しており、南波兄弟が困難を乗り越えながら共に宇宙
    147キロバイト (20,157 語) - 2021年9月21日 (火) 23:52



    (出典 res.booklive.jp)


    ストーリー上どうなん??mj

    57 名無しんぼ@お腹いっぱい :2021/09/04(土) 10:20:17.81

    今回アシ絵っぽかった
    顔が別人だろどいつもこいつも
    表情もなかったし


    【【漫画】「宇宙兄弟」親父さんの腰痛って 何なん??【いらないエピソードだろ??】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    異世界美少女受肉おじさんと』(ファンタジーびしょうじょじゅにくおじさんと)は、原作:津留崎優、作画:池澤真による日本の漫画作品。『サイコミ』(Cygames)にて2019年11月18日から連載されている。サブタイトルは「ファ美肉おじさんと◯◯」。 会社員・橘日向は、冴えない容姿
    5キロバイト (511 語) - 2021年6月18日 (金) 11:33



    (出典 magazine.cygames.co.jp)


    食いしん坊には 料理なのかと思われたり?!mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/09/15(水) 13:38:11.11

    アニメアニメ2021.9.14 Tue 19:00
    https://animeanime.jp/article/2021/09/14/63902.html

    【ファンの課金でアニメ化決定?】1年半での爆速アニメ化発表、その決め手とは…!?『異世界美少女受肉おじさんと』敏腕編集者が語る“アニメ化戦略”

    皆さんは、今話題の『異世界(ファンタジー)美少女受肉おじさんと』という作品をご存知でしょうか?

    異世界…受肉…おじさん…? なかなかパンチの効いたワードが並んでいますね。どんな内容なのか、面白いのか、タイトルを聞くだけでは未知数な作品かもしれません。

    しかしこの『異世界(ファンタジー)美少女受肉おじさんと』という作品、通称『ファ美肉』にはすでに熱狂的なファンがついており、2021年5月にはアニメ化も発表された今ものすごい勢いのあるマンガなのです!

    本作品は『ウマ娘 プリティダービー』などのヒット作品を連発しているあの“Cygames”が運営するマンガアプリ「サイコミ」で連載中のオリジナル作品であり、連載からたった1年半でアニメ化決定が発表されたという異例の人気作。

    今回は、そんな『ファ美肉』原作者2名と担当編集のインタビューを3回に分けて掲載するシリーズ企画となっております!

    そして本記事はその第1弾、『ファ美肉』の敏腕編集者であるCygamesの吾田慎悟さんに、本作の企画から爆速アニメ化発表までのお話を伺ってきました。

    異例の“1巻発売時点でアニメ企画打診” まさかの場所で大人気だった…?

    ――早速ですが、どのような流れで「連載からたった1年半でアニメ化決定」がなされたのでしょうか?

    吾田:そうですね…連載からちょうど1年経つか経たないかくらいのころに、最初のアニメ化の打診がありました。

    アニメ化といってもまだ1,2巻が出たくらいのタイミングなので全然尺も足りないですし、普通は4巻くらい出てからお話が来るものなので、最初は正直半信半疑でしたね(笑)

    それでもお話があった後、初めてその方とお会いしたタイミングでかなり具体的な企画書をいただいて「本気なんだ」と思いました。

    それほどアニメ化させたい!ということだったのかもしれませんね。

    ――そんな中で1年半という早さでアニメ化発表した決め手は何だったのでしょうか?

    吾田:ぶっちゃけると、とある企業が中心となってぐいぐいと推し進めてくれたからですね。

    普通はアニメを作るときは色んな会社で調整するため時間がかかるものなのですが、その会社さんがぐいぐいと決めてくださったことで「1年半でアニメ化決定」という早さを実現できました。

    もしそうでなければ、アニメ化が発表できるのはあと1年以上遅かったと思います。

    ――そうだったのですね!なぜその会社はまだアニメ化に十分な量の原作ができあがってないタイミングでぐいぐい進める決断ができたのでしょうか?

    吾田:詳しいことはもちろんそのアニメ企画を打診してくださった方に聞かないとわかりませんが、海外でこの作品が人気だったからと聞いています。

    その人気をみて「ぜひアニメ化を」というかたちでお話をいただきました。

    アニメ企画頓挫の過去…「悔しさをバネに、面白い企画を練り上げました」原作者と三人四脚のアニメ化戦略とは
    そのような流れで早期アニメ化が決まった『ファ美肉』ですが、実は最初からアニメ化を目指して企画がスタートしたとのこと。原作者のお二人と編集者でアニメ化を目指して準備したことを聞いてみました。

    ――アニメ化のために準備したことを伺いたいのですが、まず吾田さんの“編集”という仕事について簡単に教えていただけますか?

    吾田:編集の仕事は、一言でいえば「原稿をもらって、媒体に載せること」です。

    これには編集者それぞれのやり方があるのですが、私は読者により面白い作品を届けるために作者に提案したり方向性を一緒に考えることが多いですね。

    この作品に関しては原作者のお二人とそれなりに付き合いが長いこともあり、話の方向性からがっつり一緒に考えながら連載しています。

    ――原作者のお二人とはいつから一緒に仕事をされているのですか?

    吾田:津留崎さん、池澤さんとは前職からの担当でした。私は元々大手出版社でアニメ作品のコミカライズを担当していたのですが、そのマンガをお二人に描いていただいてました。

    それから私が転職でサイコミの編集になったタイミングで、またご一緒しませんかとお話をして今に至ります。
    (以下リンク先で)


    【【漫画】【アニメ化】「異世界美少女受肉おじさんと」受肉って謎過ぎるわ!!【何なん??】】の続きを読む

    このページのトップヘ