何だか


    アニメーション > アニメ アニメは、アニメーション(英語: animation)の日本語における略語である。アニメーションを用いて構成された映像作品全般を指す。当記事では主に日本の一般向け商業アニメーション(テレビアニメ、劇場アニメ、OVAなど)について記述する。 日本では「アニメーション」の用語は時代にもより以下の訳語も使用された。
    111キロバイト (15,605 語) - 2021年6月17日 (木) 08:33



    (出典 3.bp.blogspot.com)


    切なすぎる…mj





    【【アニメ】早々と 退場・殺されたキャラって??【何だか 可哀想…】】の続きを読む


    野島 昭生(のじま あきお、1945年4月6日 - )は、日本の声優、俳優、ナレーター。東京都西東京市出身。シグマ・セブン所属。 3人の息子がおり、長男の野島裕史と次男の野島健児は共に声優、三男は作家の野島智司。孫(健児の長男)は俳優の野島透也。 満州国で生まれ、父は生後40日目に終戦のわずか一か月
    62キロバイト (5,966 語) - 2021年6月3日 (木) 12:43



    (出典 pbs.twimg.com)


    お父さんの昭生さんは 元気いっぱい!!mj

    396 声の出演:名無しさん :2018/10/09(火) 18:12:39.67

    裕史さんゆりんと結婚したって本当?


    【【声優一家】野島ファミリーって 何だか理想的!!【仲良しだよね。】】の続きを読む


    蜘蛛ですがなにか?』(くもですが なにか)は、馬場翁(ばばおきな)によるライトノベル。『小説家になろう』にて連載されたWeb小説を元に、2015年12月10日、KADOKAWAのWeb小説レーベルカドカワBOOKSより単行本化された。略称は「蜘蛛ですが」。イラストは輝竜司が担当している。また、
    184キロバイト (31,084 語) - 2021年5月2日 (日) 08:58



    (出典 scratch.dmm.com)


    珍しいキャラなのにね…mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/05/01(土) 21:14:46.86

    リアルサウンド2021.05.01 08:00
    https://realsound.jp/book/2021/05/post-753119.html

     勇者や英雄になれるとは限らないから異世界転生は厄介だ。カルロ・ゼンの『幼女戦記』では中年男が赤ん坊の女の子にされて送り出された。伏瀬『転生したらスライムだった件』では最弱モンスターのスライムに転生して、文字通りに手も足も出ない状況からの再スタートを迫られた。

     馬場翁による『蜘蛛ですが、なにか?』(KADOKAWA)も転生ガチャのハズレ度合いでは負けていないが、超逆境からのスタートだからこそ味わえるスリリングな展開があって、小説からコミック、そしてアニメへと展開されて大人気になっている。

     異世界転生の女王と言うべきか。声優の悠木碧のことだ。『魔法少女まどか☆まぎか』の鹿目まどか役で知られる人気者だが、テレビや映画のアニメ版『幼女戦記』や、2021年1月からテレビ放送が始まった森田季節『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』のアニメ版で、共に主役の転生者を演じてさすがはトップ声優といった声を聞かせてくれている。

     わけても凄まじいのが、アニメ版『蜘蛛ですが、なにか?』の「私」こと蜘蛛子さんの弾けまくった演技ぶりだ。高校生たちが授業を受けている最中、異世界で繰り広げられていた勇者と魔王の戦いで放たれた魔法が、時空を超えて教室の中で炸裂した。生徒も教師も死亡して、魂が異なる世界で新しい命として生まれ変わった。そんなイントロダクションで始まる小説版『蜘蛛ですが、なにか?』の第1巻で、「私」という存在が教室での記憶を持ったまま、生まれたての蜘蛛として地下大迷宮で目覚め、共食いという状況に直面して大慌てで逃げ出す。

     いきなりクライマックス。必死で逃げながら、自分は転生したのではと考えていた「私」が、頭に響いた声に従ってスキルを獲得したことで、“俺TUEEE”の状態に変わったかというとレベルは最弱のまま。そこで落ち込まず「私」は逃げて戦って食べて成長して、戦って食べて逃げる繰り返しを続けながら、スキルを増やしレベルを上げて地下大迷宮でも強者の地龍と勝負するまで強くなっていく。

     そんな蜘蛛子の奮闘ぶりを、アニメ版でパワフルにテクニカルにソウルフルにエキサイティングに演じてのけたのが悠木碧だ。あまりの逆境ぶりに「ないわー」と脱力しながらも死ぬのはごめんと気を取り直し、迷宮の強者たちに立ち向かっていく蜘蛛子の饒舌な喋りを、まどかとも元OLという『スライム倒して300年』のアズサとも違った声音で表現している。アニメ版を見てから小説版を読むと、文字から悠木碧の、というより蜘蛛子の感情がこもった声が聞こえてくる。それほどまでに一体化している。

     地下大迷宮でのサバイバルを経てモンスターとして成長し、外の世界へと飛び出した「私」がその後どうなるかは、小説版を読んでいけば分かるし、アニメ版でも4月以降の第2クールで描かれていくから見れば分かる。言えるのは、魔王が現れ「私」を巻き込み魔族と人とエルフとのバトルに発展していくということ。その勢力図で人間の側から立つ「勇者」もまた、魔法炸裂で死んだ教室の生徒のひとりだということは、1月からのアニメを見てきた人なら既に知っているだろう。

     勇者だった兄を魔族との戦いで失い、勇者の称号を引き継いだシュンは元は山田俊輔で、大島叶多という男子から公爵家令嬢に転生したカティアや、漆原美麗という女子から地龍へと生まれ変わったフェイらと共に冒険の旅に出る。最弱モンスターから成り上がっていく苦労が喜びに代わる「私」の物語とは別に、「勇者」「美少女」「地龍」「エルフ」「ゴブリン」「吸血鬼」等々、転生ガチャで何になるのが自分にとっては嬉しいかを感じさせてくれる部分もある。

     そんな登場人物たちを影で動かし、世界の命運をかけさせる存在も見えるストーリーが、小説版の第14巻でひとつのクライマックスを迎え、世界を救うための激しい戦いへと向かうことを予見させる。

     誰にとっての正義であり、何にとっての救済なのかが問われる展開が、人間こそ至上といった固定観念を打ち壊しそう。そうなって『蜘蛛ですが、なにか?』は、変化球としての異形転生から脱ヒューマニズムの正典となって、歴史に名を刻むことになるのだ。


    【【アニメ】「蜘蛛ですが、なにか?」最初は 面白かったけど だんだん何だか違う感じを受ける件【最初は好評だったのにさ…】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む

    第1期「竈門炭治郎 立志」放送終了後、続編にあたる劇場アニメ『劇場版 鬼滅の刃 無限列車』が2020年10月16日に公開。 劇場アニメ続編として、第2期「遊郭編」が2021年に放送予定。 アニメ化企画は原作漫画連載開始から間もなく提案された。提案したはアニプレックス所属で本作
    94キロバイト (12,509 語) - 2021年4月27日 (火) 11:28ダウンロード

    槍玉にあげられた気がするんだよな…mj 【【アニメ】「鬼滅の刃 遊郭編」が 炎上してるけど 何故この作品ばっか叩くの??【何だか 違う気がする】】の続きを読む


    マッドハウス (Sonny Boyからのリダイレクト)
    ブギーポップは笑わない 4月 - 2020年3月 ダイヤのA actII 4月 - 6月 消滅都市 10月 - 2020年3月 ちはやふる3 10月 - 12月 ノー・ガンズ・ライフ 第1期 2020年 7月 - 9月 第2期 2021年 - 2021年 10月 - 吸血鬼すぐ死ぬ 時期未定 Sonny Boy
    47キロバイト (2,492 語) - 2021年4月28日 (水) 09:12



    (出典 anime.shochiku.co.jp)


    江口寿史氏の奥様は 元アイドル!!mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/04/28(水) 19:51:03.74

    夏目真悟さんが監督・脚本を務めるオリジナルTVアニメ『Sonny Boy』(サニーボーイ)の製作が決定! 2021年に放送開始となります!

    『無人惑星サヴァイヴ』以来 18年ぶりに江口寿史さんがTVアニメのキャラクター原案を、銀杏BOYZが初めてアニメ主題歌を担当します!

    このたび、夏目真悟監督、江口寿史さん、銀杏BOYZ・峯田和伸さんのコメントと、江口さん描き下ろしのコンセプトビジュアルが到着! さらに、銀杏BOYZが書き下ろした主題歌「少年少女」の使用されたティザーPVが解禁となりました!

    イントロダクション
    誰もいない空っぽの教室、退屈な日々。それはいつもと変わらない夏休みのはずだった。突如、異次元を漂流し始めた学校と、そこに取り残され、超能力に目覚めた36人の少年少女。なぜ? どうして? ……次々と浮かぶ疑問の渦の中、理不尽に満ちた世界でのサバイバル生活が始まりを告げる。

    世界的な大ヒットアニメ「ワンパンマン」の監督・夏目真悟と『サマーウォーズ』「DEATH NOTE」などを手掛けるアニメスタジオ・マッドハウスが贈る、青春SFサバイバル群像劇。再びタッグを組む両者だからこそ生み出せた、エッジの効いたビジュアルとユニークな世界観も、本作の魅力のひとつだ。またキャラクター原案として、マンガ家&イラストレーターとしてジャンルレスに活動を続け、多くの人々を魅了する江口寿史が参加。突如として、平穏な日常から放り出されてしまった少年少女たちの表情を、繊細に鮮烈に描き出してみせる。

    そして、本作の主題歌を銀杏BOYZが担当しているのも注目のポイントだろう。銀杏BOYZといえば、青春の痛みをヒリつくサウンドに乗せて、多くのファンを熱狂させてきたロックバンド。2005年にリリースしたアルバム「君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命」では、ジャケットイラストに江口寿史を起用したことでも話題を呼んだ。今回の主題歌「少年少女」では、子供と大人の間で揺れ動く思春期という青い季節を鮮やかなメロディラインで描き出し、「Sonny Boy」の世界観とも強く共振してみせる。ノイジーな音響の中を疾走する、ボーカル・峯田和伸の歌声も印象的だ。

    「少年少女」たちがたどり着くのは地獄か、それともユートピアか。忘れられない「夏」が幕を開ける。

    ストーリー
    長い長い夏休みも半ばを過ぎた8月16日。学校に集まっていた中学3年生・長良〈ながら〉たちは突然、思いも寄らない事態に巻き込まれていた。長良自身はもちろんのこと、謎の転校生・希〈のぞみ〉や瑞穂〈みずほ〉、朝風〈あさかぜ〉ら、36人のクラスメイトとともに、学校が異次元に漂流してしまったのだ。しかも彼らは、漂流と同時にさまざまな《能力》を入手。人知を越えた能力に大喜びし、好き勝手に暴れ回る者もいれば、リーダーとして他の生徒たちを統率しようとする者も、元の世界に戻るための方法を必死で探す者もいる。渦巻く不信や抑えきれない嫉妬、そして支配欲からくる対立。次々と巻き起こる不可解な事態を前に、少年少女たちは突如として、サバイバル生活に放り込まれてしまう。果たして長良たちはこの世界を攻略し、無事に元の世界に帰ることができるのだろうか……?

    スタッフ
    監督・脚本:夏目真悟
    キャラクター原案:江口寿史
    アニメーション制作:マッドハウス
    キャラクターデザイン:久貝典史
    美術監督:藤野真里(スタジオPablo)
    色彩設計:橋本賢
    撮影監督:伏原あかね
    編集:木村佳史子
    音響監督:はたしょう二
    主題歌:銀杏BOYZ「少年少女」

    イラスト

    (出典 animeanime.jp)


    PV

    (出典 Youtube)


    【【アニメ】「Sonny Boy」制作決定!!江口寿史氏の絵って 何だか懐かしくね??【『Sonny』って??】】の続きを読む

    このページのトップヘ