時をかける少女』(ときをかけるしょうじょ)は、筒井康隆のSF小説。学習研究社の学年誌『中学三年コース』1965年11月号から『高1コース』1966年5月号に連載(全7回)、鶴書房盛光社「ジュニアSF」シリーズ第5巻として1967年3月に刊行された。ラベンダーの香り嗅いだことで時を
45キロバイト (5,351 語) - 2022年7月1日 (金) 06:38

(出典 asset.watch.impress.co.jp)


実写の方が良かった??mj

101 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2022/07/01(金) 22:04:35.371
男も女も全員女々しいんだよね。
そういう時代というかそういう恋愛モノが受けてた。




(出典 images-na.ssl-images-amazon.com)

【【アニメ】【金ロー】「時をかける少女」結局 何を伝えたいのか解んない件【面白いのか···??】【感想】】の続きを読む