今の


    キン肉マン』(キンにくマン)は、ゆでたまごによる日本の漫画作品。およびそれを原作としたアニメ作品であり、作中に登場するヒーローの名前でもある。 『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1979年22号から1987年21号まで連載された。その後、キン肉マンの第2世代を描いた『キン肉マン
    191キロバイト (28,816 語) - 2023年9月14日 (木) 12:53
    おっさんには懐かしいけどな。mj

    1 muffin ★
    https://natalie.mu/comic/news/542922
    2023年9月29日 0:00

    ゆでたまご「キン肉マン」の新作TVアニメ「『キン肉マン』完璧超人始祖編」が、2024年に放送。アニメーション制作はProduction I.Gが担当する。

    アニメ「キン肉マン」の40周年を記念して制作される「『キン肉マン』完璧超人始祖編」。これまでアニメで描かれたキン肉星王位争奪編の続きとなる、完璧超人始祖編が映像化される。監督はアニメ「アオアシ」のさとう陽、シリーズ構成は「PSYCHO-PASS サイコパス」の深見真が担当し、「ルパン三世 PART6」の丸藤広貴がキャラクターデザイン、「NARUTO–ナルト– 疾風伝」の高梨康治が音楽を手がける。「キン肉マン」に思い入れの強いスタッフ陣のコメントは記事末に掲載した。なおリングの前に立つキン肉マンを描いた新ビジュアルも公開されている。

    原作シナリオ担当の嶋田隆司と作画担当の中井義則からなるゆでたまごによる「キン肉マン」は、キン肉星から来たドジでマヌケな落ちこぼれ超人・キン肉マンが、超人格闘界最強の男へと成長を遂げていく物語。1979年に週刊少年ジャンプで連載スタートし、週刊プレイボーイ、週プレNEWS(すべて集英社)に籍を移して連載が続いている。単行本は83巻が本日9月29日に発売。TVアニメ版は1983年より放送された。

    全文はソースをご覧ください


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)

    【【アニメ】「キン肉マン」今の若い人ってみるのかね??【新シリーズなんだってな?!】【感想】】の続きを読む


    この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(要追記(どの文字?))が含まれています(詳細)。 『キングダム』は、原泰久による日本の漫画作品。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて2006年9号より連載中。 第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞作品である。2023年11月時点で累計部…
    116キロバイト (19,008 語) - 2023年9月27日 (水) 21:55
    後何年かしたら 進展があるとか?!mj

    1 爆笑ゴリラ ★
     人気漫画『キングダム』(作者:原泰久)のコミックス累計発行部数が、11月17日発売の第70巻を持って1億部(電子版含む)を突破することが28日、集英社より発表された。2006年の連載スタートから17年で大台に到達し、集英社の青年漫画誌史上初の1億部突破の快挙となる。また、累計発行部数が1億部を超えている集英社作品は、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』、『DRAGON BALL』、『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ、『SLAM DUNK』、『ONE PIECE』、『NARUTO-ナルト-』、『BLEACH』、『鬼滅の刃』となっている。


     累計発行部数1億部突破の快挙に作者・原氏は「今から17年前、『キングダム』第1巻は初版2万5000部からスタートしました。連載当初から苦戦を強いられた「週刊ヤングジャンプ」のアンケート順位と同様に、コミックスもなかなか重版がかからず、3巻では初版1万5000部までダウン。とにかく読んでもらう難しさを痛感しました」と苦い思い出を告白。

     「でもそこから、毎週毎週諦めずに、ひたすら粘り強く漫画を描いているうちに、少しずつ『キングダム』を読んでいただける方が増えていくのを実感しました。ゲーム化やアニメ化、映画化、舞台化と多くのメディアミックスの機会もいただき、『キングダム』はさらに世に広がりました。途中で念願だった新刊初版100万部も実現し、気づけば今回、累計1億部というこんなに大きな部数にたどり着くことができました」と大記録を喜んだ。

     「今、目の前で手にしているこのコミックスが、電子版も含みますが、全国に1億冊。とても想像もできない量です。『キングダム』を手にしてくださったすべての読者の方々に、心から御礼を申し上げたいと思います。どうもありがとうございます」と読者に感謝し、「これからも『キングダム』の物語は続きます。中華統一へ向けて、天下の大将軍に向けて、さらに面白くさらに熱く描いていきますので、一人でも多くの方に最終話までついて来ていただけると幸いです」と意気込んだ。

     今回の1億部突破を記念して、さまざまな企画も実施。『キングダム』×GEORGIA(日本コカ・コーラ株式会社)とのコラボ企画「キングダムフレームメーカー」企画では、作中の名シーンと自分の写真を1枚の「キングダム」風写真に生成できるWEBサービスを展開する。

     そのほか、1億部達成前後の『週刊ヤングジャンプ』51号(11月16日発売)、同52号(11月22日発売)では、作品初の2号連続表紙で作品を盛り上げる。

     同作は、2006年より『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて連載中で、紀元前の中国・春秋戦国時代が舞台。500年以上にわたり戦乱が続く中で、天下の大将軍を目指す主人公・信と、中華統一を志す若き王の活躍を描いたストーリー。

     テレビアニメが第4期まで放送されており、2024年1月より第5期が放送。2019年4月に実写映画が公開されると、興収57.3億円を突破する大ヒットを記録し、実写映画4第の制作も決定している人気作品となっている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8940d78d235cf5d2b3314c7b1298700685dde495

    【【漫画】「キングダム」今の時点で国を滅ぼして無いらしいな。【それも凄くね??】【感想】】の続きを読む


    サザエさん > サザエさん (テレビアニメ) 『サザエさん』は、1969年(昭和44年)10月5日からフジテレビ系列で放送されているテレビアニメである。長谷川町子による同名漫画を原作とし、主人公のサザエさんをはじめとした磯野家・フグ田家が織りなす日常を描いている。エイケン制作。…
    179キロバイト (19,507 語) - 2023年2月19日 (日) 13:36
    定期的に 思うんよな。mj

    1 jinjin ★ :2023/02/20(月) 09:07:09.49ID:vOgyzYXw9
    サザエさんたちの「年齢」に驚愕? 昭和の人は老けて見えたのか
    実在のスターと比較


    『サザエさん』といえば、日本人ならば誰もが知っている国民的アニメです。原作マンガは1974年に連載終了、作者の長谷川町子先生は1992年に亡くなっていますが、アニメは69年から今まで継続中で、その歴史は半世紀を越えています。


    さて「サザエさん時空」と表現される『サザエさん』の作中時間は、その長い放送期間に対して完全にストップしています。
    登場人物であるサザエさんたちは年をとらないのですが、そもそもの登場人物たちの年齢設定を知って、驚いた方も多いのではないでしょうか?


    ●磯野一家の年齢設定

    一部では有名な『サザエさん』の磯野家の面々の年齢設定ですが、改めてまとめると

    ・フグ田サザエ(24歳)

    ・磯野波平(54歳)

    ・磯野フネ(50歳ぐらい、公式サイトの表記は「50ン歳」)

    ・フグ田マスオ(28歳)

    ・子供たち:磯野カツオ(11歳)、磯野ワカメ(9歳)、フグ田タラオ(3歳)

    (※磯野一家の年齢設定については、アニメ公式サイト記載のものを正としています)

    子供のカツオ、ワカメ、タラオは、特に意外性はないですが、初めて知ったときに大人4人の年齢に驚いた人も多いのではないでしょうか。


    落ち着いて所帯じみているサザエはまだ20代半ばの若者、見た目、声などに落ち着きがあり、アラフォーくらいに見えるマスオも、まだ20代の若者です。

    また、おじさん、おばさんと言うよりおじいちゃん、おばあちゃんに見える波平とフネは、まだ50代。
    少なくとも現代では「老人」とはみなされない歳です。


    ただ、原作が連載されていた49~74年の時期は、「55歳定年」が主流だったため、当時に当てはめると、54歳の波平はいわば「隠居間際」の人です。
    しかし、2013年に「高年齢者雇用安定法」が改正され、2025年4月からは企業へ「65歳定年制」が義務化される現代の目線で見ると、64歳設定だったとしても「波平は老けて見える」と言う人もいるでしょう。

    『サザエさん』に限らず、昔の人の方が今より老けて見えるというのは、よくある話ではあります。
    例えば、「今の年齢の自分や同級生が、子供のときにイメージしていた年齢よりも幼く見える」「自分が1年生の時の部活の3年生と、3年生になった自分たちが同じ年齢とは思えない」「60~70歳になった親が、子供のときに見た同年齢期の祖父母より若く感じる」というのは、よく話題になる「あるあるネタ」ですが、それも必ずしも気のせい、感覚の問題とは言い切れません。


    スポーツ庁の調べによると、65歳以上の高齢者を対象にした体力テストの結果が、この20年で男性5歳以上、女性は10歳以上若返っていると言います。
    また、厚生労働省による「国民生活基礎調査」によれば、「腰痛」「耳がきこえにくい」「目のかすみ」「物忘れ」などの悩みを抱える65~74歳の高齢者の率も、年々下がっているそうです。

    『サザエさん』の原作が連載されていたのは1946年から1974年で、20年どころか50年以上前のことです。
    20年でこれだけ高齢者の体力が若返っているのですから、原作が連載されていた頃と比較すると、5歳から10歳程度ではなく、もっと若返っている可能性もあるでしょう。

    言い換えると、昔の人は今よりかなり老けて見えて、『サザエさん』の年齢設定は自然だったのかもしれません。


    以下、ソース先で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/13d8d82d4357ca3ad4c7bca2f8be4a82da36f70d

    【【アニメ】「サザエさん」どうしても 年齢が不審に思っちゃう件【昔と今の違い】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    プリキュアシリーズ > ひろがるスカイ!プリキュアひろがるスカイプリキュア』は、2023年2月5日から朝日放送テレビの制作により、テレビ朝日系列で毎週日曜8時30分から9時に放送されている、東映アニメーション制作のテレビアニメ。「プリキュアシリーズ」の通算20作目にして、18代目のプリキュアに当たる。…
    43キロバイト (4,550 語) - 2023年2月8日 (水) 05:46
    結局 面白いんかよ??mj

    1 朝一から閉店までφ ★ :2023/02/05(日) 05:51:14.76ID:BXOGe0Ny
    2023年02月04日 12:00

     人気アニメ「プリキュア」(ABCテレビ・テレビ朝日系)シリーズの第20弾「ひろがるスカイ!プリキュア」が、ABCテレビ・テレビ朝日系で2月5日から毎週日曜午前8時半から放送される。
    第20弾のモチーフは果てしなく広がる「空」で、テーマは「ヒーロー」、キーワードは「知ることで広がる世界」。天空の世界・スカイランドと自然に囲まれたソラシド市の二つの都市を舞台に、プリキュアの活躍を描く。
     関根明良さんがソラ・ハレワタール/キュアスカイ、加隈亜衣さんが虹ヶ丘ましろ/キュアプリズム、古賀葵さんがプリンセス・エル役として出演。村瀬歩さんが演じる男の子プリキュア”のキュアウィング、
    七瀬彩夏さんが演じる“新成人プリキュア”のキュアバタフライが登場することも話題になっている。小川孝治さんがシリーズディレクターを務め、金月龍之介さんがシリーズ構成、斎藤敦史さんがキャラクターデザインを担当する。

    https://mantan-web.jp/article/20230203dog00m200066000c.html

    【【アニメ】「ひろがるスカイ!プリキュア」LGBTに配慮してる??【今の世の中】【感想】】の続きを読む


    メ全78話の中から、わたせが自ら選んだ15話のエピソードを収録した『ハ-トカクテル15th Anniversary Collection』を講談社より発売。 2009年に傑作選『ハートカクテル bitter』と『ハートカクテル sweet』の2種類を刊行。 2013年6月には本作の電子書籍の配信が開始。…
    30キロバイト (3,698 語) - 2022年10月24日 (月) 02:25
    豊かな時代だったからこその 作品だよな。mj

    1 少考さん ★ :2023/01/09(月) 23:43:31.75ID:DLBR62pL9
    わたせせいぞうが描く現代の多様な恋をNHKがアニメ化 『ハートカクテル カラフル』2月放送 - amass
    https://amass.jp/163675/

    2023/01/09 19:26掲載

    https://amassing2.sakura.ne.jp/image/ja*et/300/2023/127399.jpg

    都会的で色鮮やかな描写で、80年代に大ブームを巻き起こした『ハートカクテル』。80年代ブームやシティポップブームで人気が再燃する中、作者わたせせいぞうが20年ぶりに書き下ろした新作をNHKがアニメ化します。題して『ハートカクテル カラフル』。NHK総合で2月末放送予定です。

    ■『ハートカクテル カラフル』
    NHK総合 2023年2月末(#1~5)

    年の差の恋、コロナ禍で会えなくなった恋人たち、シングルマザーの恋…

    現代の“多様な恋”を、恋愛の名手・わたせせいぞうさんが四季の美しい風景と共に描きます。

    声優をつとめるのは「ハートカクテル」の大ファンを公言する亀梨和也さん。さらに、80年代にハートカクテルがアニメ化された際に声優をつとめた奥田民義さん。そして、実力派俳優の満島ひかりさん。

    https://www.nhk.jp/g/blog/4zbxvpwqpipf/

    【【漫画】【アニメ化】「ハートカクテル カラフル」果たして 今の時代に合うのか??【意外と 不評なのね…】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ