人気


    声優(せいゆう)とは、映像作品や音声作品に、自身の姿を見せずに声だけで出演する俳優。広義にはナレーターも含まれる。職業を示す意味で使われる場合と映像作品の役割という意味がある。 英語では一般的に男性を voice actor、女性を voice actress といい、日本語でもボイスアクターという場合がある。
    111キロバイト (16,708 語) - 2021年2月20日 (土) 03:06



    (出典 www.ncp.ac.jp)


    やっぱり 年齢が高目の声優さんって イケとんやな!!mj

    【【声優】おまいらが思う イケおじ声優って誰??【大塚芳忠さん 結構人気!!】】の続きを読む


    アニメーション > アニメ アニメは、アニメーション(英語: animation)の日本語における略語である。アニメーションを用いて構成された映像作品全般を指す。当記事では主に日本の一般向け商業アニメーション(テレビアニメ、劇場アニメ、OVAなど)について記述する。 日本では「アニメーション」の用語は時代にもより以下の訳語も使用された。
    109キロバイト (15,377 語) - 2020年11月4日 (水) 11:11



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    自分が面白けりゃいい!!mj

    20 メディアみっくす☆名無しさん :2020/03/12(木) 14:37:41 ID:7EJfLR4l.net

    異種族レビュアーズとか?


    (出典 dengekionline.com)


    【【アニメ】みんなの個人的に好きなアニメを教えて!!【人気・不人気関係なし!!】】の続きを読む


    コール オブ デューティシリーズ(Call of Duty Series)は、戦争をテーマとしたファーストパーソン・シューティングゲーム(FPS)である。略称は「CoD」など。 2003年に発売された『CoD』が大ヒットしたことで、続編が制作される人気シリーズとなった。 『CoD3』までのシリーズ7作品で累計2
    48キロバイト (4,396 語) - 2020年9月8日 (火) 12:34



    (出典 www.callofduty.com)


    最近は重いよなww

    130 :2020/11/07(土) 10:16:15.79 ID:fEPYzTQL0.net

    最近のゲームはすごいな


    【【ゲーム】世界的人気ゲーム「Call of Duty」最新作のインストールに130GBが必要な模様!【ネット騒然】【攻略】【評価】】の続きを読む


    週刊少年ジャンプ (僕とロボコからのリダイレクト)
    -)、「家庭教師ヒットマンREBORN!」・「D.Gray-man」・「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」(2004年 -)などがヒット。漫画業界全体の発行部数が落ち込む中、2002年(平成14年)8月に『週刊少年マガジン』を抜いて再び漫画誌の発行部数1位なる。この時期から誌面を越えた活動が多く見られるようになる
    127キロバイト (14,343 語) - 2020年11月6日 (金) 13:35



    (出典 dosbg3xlm0x1t.cloudfront.net)


    しゃーない

    30 名無しさん@恐縮です :2020/11/06(金) 15:33:10.01 ID:nL2GH+sJ0.net

    神経質すぎるだろ
    全く読んだことないけど


    【【漫画】少年ジャンプ人気ギャグ漫画『僕とロボコ』単行本化で『アクタージュ』パロが全て差し替えにwww【だろうねwww】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    QUEST -ダイの大冒険- 『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』(ドラゴンクエスト ダイのだいぼうけん)は、監修:堀井雄二、原作:三条陸、作画:稲田浩司による日本漫画、およびそれに基づいたアニメ作品。単行本累計発行部数は2019年12月時点で4700万部を突破している。 エニックス
    111キロバイト (16,632 語) - 2020年11月7日 (土) 01:24



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    なんでや!?

    1 風吹けば名無し :2020/11/07(土) 18:41:25.87 ID:x9Csa4eC0.net

    ポップとワニに人気を食われてる


    【【アニメ】ダイの大冒険、主人公のダイの人気が無さすぎる…【普通すぎる??】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む

    このページのトップヘ