事は


    手から逃げ延び、諏訪頼重らとともに再起を期す時行物語が展開される。戦って死ぬことこそが武士誉れとされた時代において、敵から逃げることで英雄となった時行生涯を、史実をもとに描いている。 第1話は『週刊少年ジャンプ』2021年8号に掲載されたが、その際に「駆け出す! 史上最も逃げ上手の英雄
    38キロバイト (5,567 語) - 2022年1月12日 (水) 12:00



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    細すぎてしんどすぎるわ!!mj

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/01/07(金) 22:46:34.67

    2022年01月04日 19:06

    松井優征さんの漫画「逃げ上手の若君」第4巻が発売された。

    「魔人探偵脳噛ネウロ」「暗殺教室」などで知られる松井優征さんの作品。鎌倉時代から室町時代にかけての北条時行の生涯を描く歴史漫画だ。

    幕府の後継者のはずだった少年・時行は、謀反によって故郷も家族も失ってしまう。だが時行は生き延びることに秀でており、信濃国の神官・諏訪頼重ともに再起を目指す。

    集英社による内容紹介は以下の通り。各巻の試し読みができるほか、少年ジャンプ+で第1~3話が読める。

    http://www.new-akiba.com/news/195303

    後醍醐天皇が送り込んだ国司・清原信濃守の圧政に耐えかねた諏訪神党・保科弥三郎は勝ち目が無いと知りながら反乱の兵を挙げる。保科党を止めようと説得に向かう時行だったが、戦場で散ることを美学としている武士たちに時行の声は全く届かないまま、開戦してしまい…?


    【【漫画】「逃げ上手の若君」とりあえず歴史上の事は 置いといて読むに限る作品らしいな【史実を語ると きりがなくね??】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    デカダンス』(DECA-DENCE)は、NUT制作による日本のテレビアニメ作品。2019年7月に制作が発表され、翌2020年7月よりAT-Xほかにて放送中。 西暦4000年ごろ、文明が崩壊した世界で、人類は怪物のような生命体ガドルの脅威に晒されていた。ガドルは人類の敵だが、その体液は巨大移動要塞
    10キロバイト (776 語) - 2020年8月7日 (金) 11:57


    【【アニメ】「デカダンス」ナツメが 急成長した模様【それまでの事はなしかよ…】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む

    このページのトップヘ