リメイクは


    うる星やつら』(うるせいやつら、ラテン文字表記: Urusei Yatsura)は、高橋留美子による日本の漫画作品。第26回(1980年度)小学館漫画賞少年少女部門受賞作。「うる星」とも。2020年11月時点で累計発行部数は3500万部を突破している。 浮気者の高校生・諸星あたると、彼を愛する一途…
    41キロバイト (6,360 語) - 2022年9月18日 (日) 11:39
    知ってる層も知らない層もいるからなぁ。mj

    1 鳥獣戯画 ★
    コミックナタリー2022年9月29日 18:00
    https://natalie.mu/comic/news/495605

    高橋留美子原作によるTVアニメ「うる星やつら」の第2弾PVが公開された

    10月13日にフジテレビ「ノイタミナ」枠ほかで放送されるTVアニメ「うる星やつら」。トラ柄の宇宙船が地球に迫りくる不穏な雰囲気から始まる第2弾PVでは、上坂すみれ演じるラムの「うち、ここで暮らすっちゃ」のセリフとともに、あたるの受難と友引町の騒がしい日々がスタートする。またしゃべって動く姿は初解禁となるクラマ姫、弁天、おユキ、ランも登場し、あたるの“女難の相”がお目見え。映像の最後は、さまざまな人物の「ラム!」という呼び声と、それに呼応する「僕と!」「俺と!」という声が繰り返すティザー映像に合わせた内容となっている。

    さらにPVでは主題歌情報も解禁に。オープニングテーマ、エンディングテーマともにMAISONdes(メゾン・デ)が担当し、それぞれ「アイウエ feat. 美波, SAKURAmoti」、「トウキョウ・シャンディ・ランデヴ feat. 花譜, ツミキ」に決定した。

    PV


    (出典 Youtube)


    【【アニメ】「うる星やつら」リメイクは 失敗なのか 成功なのか??【謎が謎を呼ぶ!!】【感想】】の続きを読む


    頭文字D』(イニシャル・ディー、英語表記: Initial D) は、しげの秀一による日本の漫画作品。また、それを原作にしたテレビアニメと映画を指す。通称「イニD」。『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて、1995年30号から2013年35号まで連載された。
    77キロバイト (8,130 語) - 2020年10月8日 (木) 07:15



    (出典 images-fe.ssl-images-amazon.com)


    イメージが壊れそう…mj



    12 なまえないよぉ~ :2020/10/23(金) 07:23:44.54 ID:TWAoqYO3.net

    最後どうなったんだろう


    【【漫画】「頭文字D」リメイクは やめた方が良くね…?!【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ