ベルサイユのばら


    ベルサイユのばら』は、池田理代子による漫画作品。通称「ベルばら」。フランス革命前から革命前期ベルサイユを舞台に、男装麗人オスカルとフランス王妃マリー・アントワネットら人生を描く、フィクション作品。 この項目では、集英社マーガレットコミックス第1巻から第10巻までを「本編」、第10巻
    271キロバイト (41,198 語) - 2024年7月3日 (水) 07:35

    昔のままの方が、良くね??mj

    1 はな ★
    劇場アニメ『ベルサイユのばら』25年春公開 - オスカルに沢城みゆき、マリー・アントワネットに平野綾
    2024-07-02 06:00:00 +0900 更新 FASHION PRESS
    https://www.fashion-press.net/news/120681

    (出典 www.fashion-press.net)



    (出典 Youtube)




    劇場アニメ『ベルサイユのばら』が2025年新春に公開決定。

    『ベルサイユのばら』が“完全新作”で劇場アニメ化

    「ベルサイユのばら」は、革命期のフランスで懸命に生きる人々の愛と人生を鮮やかに描いた、池田理代子による漫画作品。1972年より「週刊マーガレット」にて連載された本作は、連載中から読者の熱狂的な支持を集め、宝塚歌劇団による舞台化やTVアニメ化など、日本中で社会現象を巻き起こした。

    そんな「ベルサイユのばら」が2025年新春、完全新作で劇場アニメ化。将軍家の跡取りで“息子”として育てられた男装の麗人オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェと、隣国オーストリアから嫁いできた純真無垢な王妃マリー・アントワネットの2人を中心に、1972年の連載開始から50年以上の時を経てなお色あせない「ベルサイユのばら」の世界を描き出す。

    劇場アニメ『ベルサイユのばら』キャスト解禁


    ※全文・動画等はリンク先で

    【【アニメ】劇場「ベルサイユのばら」新作らしく、CVは別の人らしいが、良いのかどうかよく分かんない件【アンドレ役は、亡くなられたしな…】【感想】】の続きを読む


    ベルサイユのばら』は、池田理代子による漫画作品。通称「ベルばら」。フランス革命前から革命前期ベルサイユを舞台に、男装麗人オスカルとフランス王妃マリー・アントワネットら人生を描く、史実を基にしたフィクション作品。 この項目では、集英社マーガレットコミックス第1巻から第10巻までを「本編」、第
    254キロバイト (38,983 語) - 2022年9月8日 (木) 11:47

    (出典 www.cdjournal.com)


    43年前位にやってたっけな。mj

    1 愛の戦士 ★
    ORICONNEWS 2022-09-07 06:00

     漫画『ベルサイユのばら』(略称:ベルばら 原作:池田理代子)の誕生50周年を記念して、完全新作となる劇場アニメが制作されることが7日、発表された。あわせてティザービジュアルと特報映像、池田氏描き下ろしのお祝いイラストが公開された。

     『ベルサイユのばら』は、18世紀後半・フランス革命の時代を舞台に、将軍家の跡取りで、“息子”として育てられた男装の麗人オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェと、隣国オーストリアから嫁いできた純真無垢な王妃マリー・アントワネットらの愛と人生を描いた作品。時代に翻弄されながらも、それぞれの人生を懸命に生き抜いた愛と運命の物語。

    『ベルサイユのばら』完全新作の劇場アニメ制作決定 誕生50周年記念で特報映像が公開
    2022-09-07 06:00
    comment tweet Facebook Hatena Bookmark LINE

     漫画『ベルサイユのばら』(略称:ベルばら 原作:池田理代子)の誕生50周年を記念して、完全新作となる劇場アニメが制作されることが7日、発表された。あわせてティザービジュアルと特報映像、池田氏描き下ろしのお祝いイラストが公開された。

     『ベルサイユのばら』は、18世紀後半・フランス革命の時代を舞台に、将軍家の跡取りで、“息子”として育てられた男装の麗人オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェと、隣国オーストリアから嫁いできた純真無垢な王妃マリー・アントワネットらの愛と人生を描いた作品。時代に翻弄されながらも、それぞれの人生を懸命に生き抜いた愛と運命の物語。

    1972年から1973年まで『週刊マーガレット』(集英社)にて連載され、マーガレット・コミックスは全10巻を刊行、2014年からは40年ぶりとなる新エピソードの単行本4巻も発売されており、累計発行部数は2000万部を突破している。

     メディアミックスの先駆けと言われており、1974年には宝塚歌劇団により舞台化され、その後、1979年にテレビアニメ化、1990年に映画化と、さまざまな方面で社会現象を巻き起こした。

     解禁となったティザービジュアルには「激しく、美しく、生きた―」というキャッチコピーとともに、オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェと、マリー・アントワネットが美しく描かれている。特報では、クラシック音楽にあわせて原作漫画とティザービジュアルが映し出されている。

     また、池田氏から寄せられた描き下ろしのお祝いイラストには、「いつまでも忘れないでね」のコメントとともにオスカルとマリー・アントワネットが描かれている。

     今回の劇場アニメ化について池田氏は「多くのファンの方たちから、新しいアニメをというご希望をよくいただくので、まさかそれが実現するなんて、驚きとうれしさでいっぱいです」とし、自身にとって『ベルサイユのばら』の存在は「作品は、読む読者が感じ取るもので、私にとってどうと聞かれると難しいのですが、世代を超えて読み継がれるということは、本当にうれしいです」とコメントを寄せた。

    https://www.oricon.co.jp/news/2248414/photo/1/
    劇場アニメ『ベルサイユのばら』のティザービジュアル (C)池田理代子プロダクション/ベルサイユのばら製作委員会

    【【漫画】【懐アニメ】「ベルサイユのばら」とりあえず 新作は 声優陣は変えないで欲しいよな!!【子供には難しいだろ】】の続きを読む


    ベルサイユのばら』は、池田理代子による漫画作品。通称「ベルばら」。フランス革命前から革命前期のベルサイユを舞台に、男装の麗人オスカルとフランス王妃マリー・アントワネットらの人生を描く、史実を基にしたフィクション作品。 この項目では、集英社のマーガレットコミックス第1巻から第10巻までを「本編」、
    222キロバイト (35,337 語) - 2020年2月22日 (土) 20:50



    (出典 img.anikore.jp)


    大人の作品だったねぇ。

    23 メロンさんex@ご利用は紳士的に :2019/05/16(木) 18:32:10.02 ID:T1lZqJvCd.net

    薔薇はライラックになれない


    (出典 media-01.creema.net)


    【【アニメ】「ベルサイユのばら」この時代にフランス貴族に生まれた時点で罰ゲームだろ...【感想】【ネタバレ】】の続きを読む

    このページのトップヘ