ファン


    上坂 すみれ(うえさか すみれ、1991年12月19日 - )は、日本の声優、女優、タレント、歌手。神奈川県出身。上智大学外国語学部ロシア語学科卒業。ボイスキット所属。レコードレーベルはKING AMUSEMENT CREATIVE。オフィシャルファンクラブはすみぺれんぽう。 代表作には『中二病でも恋がしたい…
    281キロバイト (23,193 語) - 2022年12月19日 (月) 16:26
    結婚したら ファン離れて行っちゃう??mj

    425 名無しさん@お腹いっぱい。 (アウアウウー Safd-z9hC [106.180.50.211]) :2022/12/16(金) 07:45:42.86ID:6BWi15yia
    写真集の売り上げエグくてビックリした
    ラブライブの若い娘より売れてるし


    (出典 tvbros.jp)

    【【声優】「うる星やつら」の 2代目ラム役等の 上坂すみれさん。結婚しそうで しないよな。【ファン寝込むかも?!】】の続きを読む


    日高 里菜(ひだか りな、1994年6月15日 - )は、日本の声優、女優。大沢事務所所属。千葉県出身。 幼稚園の頃、『天才てれびくん』などを見て自分もテレビに出たいと思うようになり、七夕の短冊に書いたところ、その短冊をみた祖父がテアトルアカデミーに応募。芸能界入りを果たす。 開始当初は現場に慣れるため、エキストラ…
    157キロバイト (13,775 語) - 2022年12月1日 (木) 14:21
    ポールダンスアニメって 大人系??mj

    106 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 92ad-fZbQ)
    ポプテピにファイルーズと一緒に出てほしい


    (出典 www.creativevillage.ne.jp)

    【【声優】「トロプリ」の キュアラメール役等の 日高里菜さん。来年も 飛躍しそう!!【ファン大喜び!!】】の続きを読む


    SLAM DUNK > THE FIRST SLAM DUNK THE FIRST SLAM DUNK(ザ・ファーストスラムダンク)は2022年12月3日に公開される予定のアニメーション映画。 『SLAM DUNK』原作者の井上雄彦が監督・脚本を務める。当初はタイトル未定で2022年秋に公開予定であったが、…
    9キロバイト (1,012 語) - 2022年11月25日 (金) 12:20
    やっちまった感 半端ないわ…mj

    1 ネギうどん ★
     90年代にテレビアニメも大ヒットしたバスケ漫画の金字塔『SLAM DUNK(スラムダンク)』の新作アニメ映画『THE FIRST SLAM DUNK』(12月3日公開)。先日、オリジナル版からキャストが一新されることがわかり炎上騒ぎになったが、今度はスタッフの原作へのリスペクトが疑われる発言に批判が殺到する事態が起きている。

     ファンから問題視されているのは、22日に作品の公式サイトで公開されたスタッフ座談会。エフェクトスーパーバイザーの松浦太郎氏、シミュレーションスーパーバイザーの小川大祐氏、シミュレーションアーティストの普久原茉幸氏、中田俊裕氏の4人がCGエフェクトなどの観点から制作の舞台裏などについて語り合っているものだ。

     その中で「どんな作品に仕上がりそうでしょうか」という質問に対し、普久原氏は「コミックで読んでいた時は“青春おバカな感じ”があったんですけど(笑)、映画版はそれとは違う。今観るのにしっくりくる感じだと思ってるんです。そこに技術が結集し、なんかすごいのができるんじゃないかなって思ってます」と返答。続けて、中田氏が「僕はそもそも『SLAM DUNK』をあまり知らなかった人間で。今までジャンプと言ったら『ドラゴンボール』とか、アクションでバーンとやるみたいな感じだと思っていて。だから最初は“『SLAM DUNK』、こんなんで少年の心、掴めるのかよ”って思ってたんですけど(笑)」と答えた。

     この「原作コミックは青春おバカな感じ」「そもそも『SLAM DUNK』をあまり知らなかった」「こんなんで少年の心、掴めるのかよ」といった言葉にファンが反発。「スタッフさんの作品に対するリスペクトが感じられない」「(笑)を入れてるのがバカにしてるみたいで印象悪い」「原作は今しっくりこないってこと?」「普久原さんの発言で完全に観る気が失せました」「原作は踏み台って意識がにじみ出ていて、この発言を載せちゃう公式のバランス感覚がやばい」といった厳しい声がSNS上で飛び交うことになった。

     中田氏の発言については「いざ観たら、原作を全然知らない僕でも“続きが気になる!”って。だから原作を知らない人でも、映画を観てから“『SLAM DUNK』気になる!”という感じで原作を読む人もいるだろうし。もちろん、原作を知っていたらもっと楽しめるだろうしって思いましたね」と続いているので決して否定的な意味合いではないのだが、ファンの中には「スタッフがやたら原作を知らないことを強調している」という時点で不快感を抱く人も少なくないようだ。

    「キャスト一新」でファンが原作リスペクトを疑問視
     今作における「原作リスペクト」が疑問視されたのは、4日にメインキャラクターのボイスキャストが解禁されたことがきっかけだった。90年代に放送されたテレビアニメ版では、桜木花道役が草尾毅、赤木剛憲役が梁田清之、流川楓役が緑川光、三井寿役が置鮎龍太郎、宮城リョータ役が塩屋翼だったが、今作では宮城リョータ役を仲村宗悟、三井寿役を笠間淳、流川楓役を神尾晋一郎、桜木花道役を木村昴、赤木剛憲役を三宅健太が担当する。声優が完全に一新され、これにファンから「テレビアニメ版のイメージが強いから声優交代は受け入れられない」「前売り券を売っておいてからキャスト一新を発表するのは許せない」といったコメントが殺到した。

     先日、テレビアニメ版で赤木剛憲役を務めた梁田清之さんが今月14日に亡くなったことが発表されたが、今作の公式SNSなどが訃報に一切触れないこともファンの不信感につながっている。先述のスタッフの座談会での発言は普通ならそれほど問題視されなかったかもしれないが、こうした出来事の積み重ねによって炎上騒ぎになってしまったといえそうだ。

     また、今作は公開まで約1週間となってもあらすじすら発表されず、事前情報がかなり限られている。それなのにスタッフの座談会シリーズがやたら更新されることから「求めている情報と違う」「座談会で裏話なんて作品公開後にやるべきでしょ」「原作への思いがあまり感じられず、スタッフの自分語りばっかりでうんざり」といった意見が目立ち、それもファンの不評を買っている。今作は原作者の井上雄彦氏が監督・脚本を務めるため、こうした「原作リスペクト」を疑われる事態は想定外だったといえそうだ。

     いくら公開前に炎上しようとも、作品が本当に素晴らしければこうした騒動を吹き飛ばすことができるだろうが、はたしてどのような仕上がりになっているのか注目だ。

    https://biz-journal.jp/2022/11/post_327619.html

    【【アニメ】【映画】「THE FIRST SLAM DUNK」スタッフさんの言葉に ファン怒り心頭!!【余り語らない方が良くないか??】【感想】】の続きを読む


    YouTubeチャンネル 中村悠一 - YouTubeチャンネル 中村悠一 - 日本タレント名鑑 中村悠一のプロフィール・画像・写真 - WEBザテレビジョン 中村 悠一|声優名鑑 - 声優グランプリweb 中村悠一 - KINENOTE 中村悠一 - オリコン 中村悠一 - Movie Walker 中村悠一 - 映画…
    268キロバイト (27,225 語) - 2022年10月8日 (土) 18:09
    幼少期 可愛いな!!mj

    601 名無しさん@お腹いっぱい。 (スッププ Sd5f-k+Pz [49.105.93.85]) :2022/10/06(木) 06:43:59.13ID:fb7AOjpLd
    中村さんいくら払えば学園祭来てくれるのかな


    (出典 sp-akiba-souken.k-img.com)

    【【声優】「呪術廻戦」の 五条悟役等の 中村悠一さん。同じ声優の 杉田智和さんとの 仲良ししてる事に ファン喜んでる模様【いい雰囲気】】の続きを読む


    image layout frameless
    チェンソーマン』(Chainsaw Man)は、藤本タツキによる日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて第1部「公安編」が2019年1号から2021年2号まで連載され、第2部「学園編」は『少年ジャンプ+』(同社)にて2022年7月13日より連載中。2022年9月時点でコミックス計11巻…
    104キロバイト (17,231 語) - 2022年10月11日 (火) 11:44
    グロは 人選ぶからなぁ…mj

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/10/11(火) 20:07:49.74ID:CAP_USER9
    2022年10月11日

    「チェンソーマン」の一場面(C)藤本タツキ/集英社・MAPPA 1 / 5

    (出典 storage.mantan-web.jp)


     藤本タツキさんの人気マンガが原作のテレビアニメ「チェンソーマン」が、10月11日深夜からテレビ東京ほかで放送される。第1部が「週刊少年ジャンプ」(集英社)で2018年12月~2020年12月に連載された人気作で、第2部がマンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」(同)で7月から連載中。アニメは「呪術廻戦」「ユーリ!!! on ICE」などのMAPPAが制作することも話題になっている。
     主人公デンジは、“チェンソーの悪魔”ポチタと共にデビルハンターとして暮らしていた。親が残した借金を返済しながら貧乏な生活を送る中、デンジは裏切られ、殺されてしまう。薄れる意識の中、デンジはポチタと契約し、悪魔の心臓を持つチェンソーマンとしてよみがえる。
     デンジの元に、内閣官房長官直属のデビルハンターであるマキマが訪れる。マキマにスカウトされたデンジは、公安対魔特異4課直属のデビルハンターとなる。デンジが先輩の早川アキや血の魔人パワーらと共に、悪魔と戦う姿が描かれる。
     テレビアニメ初主演となる戸谷菊之介さんがデンジ、「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」などの楠木ともりさんがマキマを演じるほか、坂田将吾さん、ファイルーズあいさんらが出演する。
     シンガー・ソングライターの米津玄師(よねづ・けんし)さんがオープニングテーマ「KICK BACK」を担当。「King Gnu」「millennium parade」の常田大希さんが共同で編曲を手がける。アニメ全12話で、週替わりで異なるエンディングテーマ(ED)、エンディング映像が放送される。anoさん、Eveさん、Aimer(エメ)さん、Kanariaさん、「女王蜂」、syudouさん、「ずっと真夜中でいいのに。」、TKさん(TK from 凛として時雨)、TOOBOEさん、Vaundyさん、「PEOPLE 1」「マキシマム ザ ホルモン」がEDを担当する。

    https://mantan-web.jp/article/20221010dog00m200038000c.html

    【【漫画】【アニメ化】「チェンソーマン」アニメ化 どうなる??【ファン増えるかな??】】の続きを読む

    このページのトップヘ