バイオハザード


    バイオハザード』(BIO HAZARD, 日本国外ではResident Evil)は1996年にカプコンより発売されたPlayStation用ホラーアクションアドベンチャーゲーム。その後様々なプラットフォームに移植される。 本項では同作品の移植作、リメイク作品も合わせて解説する。 タイトルの「BIO
    94キロバイト (14,457 語) - 2020年11月24日 (火) 03:10



    (出典 sm.ign.com)


    怖い物好きには楽しいかも!!mj

    【【ゲーム】【バイオハザードシリーズ】「バイオハザード Re2」は 無茶苦茶怖いらしい…【真夜中はやらない方が良いみたいだな…】【評価】】の続きを読む


    バイオハザードシリーズ(BIOHAZARD、欧米では: Resident Evil)は、カプコンから発売されているテレビゲームの一シリーズ。主なジャンルは「サバイバルホラー」で、派生作品によっては、「サバイバルガンシューティング」「サバイバルアクション」「サバイバルシューター」などと銘打たれたものも含まれている。
    172キロバイト (23,176 語) - 2020年10月7日 (水) 08:11



    (出典 av.watch.impress.co.jp)


    今度はどんな感じになるのかな!!

    150 名無しさん@恐縮です :2020/10/07(水) 17:07:17.18 ID:PjU1eDFt0.net

    おそらくレンタルで全部見たと思うが2以降全然覚えてない。こんなことは初めて。


    【【ゲーム】『バイオハザード』が完全新作で再び映画化!!【キャストは良さげ?】】の続きを読む


    PlayStation(プレイステーション)は、日本のソニー傘下のソニー・インタラクティブエンタテインメント (SIE)により開発・発売されている家庭用ゲーム機およびサービスのブランド名、トレードマーク(商標)である。「PS」(ピーエス)、「プレステ」などと略される。
    14キロバイト (1,546 語) - 2020年4月11日 (土) 04:47



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    いまでも出てるシリーズ多いな

    1 名無しさん@実況で競馬板アウト :2020/04/29(水) 17:33:34.31 ID:/LJ8tVEH0.net

    プレイステーション1の


    【【ゲーム】プレイステーションのゲームで最高傑作はなんだった?】の続きを読む


    PlayStation 5 (PS5からのリダイレクト)
    5(プレイステーション ファイブ、略称: PS5)は、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE) が2020年秋に発売を予定している家庭用ゲーム機。 2019年10月、PlayStation 4 (PS4) の後継機であるPlayStation 5 (PS5) が、2020年の年末商戦期の発売を予定していることが明らかとなった。
    10キロバイト (1,112 語) - 2020年3月24日 (火) 13:00



    (出典 enotakagame.info)


    バイオハザードとFFは出そう

    1 名無しさん必死だな :2020/03/25(水) 18:08:46.25 ID:Odobf60la.net

    バイオ4リマスター
    バイオ5リマスター
    バイオ6リマスター
    バイオ7リマスター


    (出典 n-styles.com)


    【【ゲーム】PS5で出そうなゲームって何?【予想】】の続きを読む


    クリーンルーム ケミカルハザード バイオセーフティーレベル 労働安全衛生 感染症、院内感染 感染管理(感染制御)、医療廃棄物 感染制御学、微生物学、細菌学、口腔細菌学、ウイルス学、真菌学、寄生虫学、免疫学 生物兵器、細菌兵器 バイオハザードシリーズ - 名前の通りバイオハザードを題材としたカプコンのホラーゲーム
    57キロバイト (6,001 語) - 2020年3月7日 (土) 04:43



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    お前らそれぞれに思い出語ってけよ
    俺はバイオハザードが好き 

    1 muffin ★ :2020/03/23(月) 10:15:31 ID:f6VvqJBR9.net

    https://magmix.jp/post/25267

    1996年3月22日にカプコンから発売された『バイオハザード』は次世代機「プレイステーション」の性能を生かした、当時としては極めてハイレベルな画像と鮮烈な演出で人気作となりました。「プレイステーション」と「セガサターン」による次世代機戦争に大きな影響を与えた本作は多くの続編が作られ、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演による映画も好評を博しました。

     1996年初頭、次世代ゲーム機「プレイステーション」と「セガサターン」の争いは、1995年末に3D対戦格闘ゲーム『バーチャファイター2』を投入した「セガサターン」が若干優勢となっていました。当時の『バーチャファイター2』の人気は大変なもので、多くのゲームセンターには対戦台がずらりと並べられているにも関わらず、それ以上の数のゲーマーが列を作るほどの活況を呈していました。当然、セガサターン版も売れに売れていたのです。

     しかしながら1996年2月、スクウェア(現:スクウェア・エニックス)が『ファイナルファンタジーVII』を「プレイステーション」で発売すると発表し、大きく流れが変わります。さらに3月、カプコンが発売した『バイオハザード』は次世代機の性能を存分に生かした美麗なグラフィックと演出を見せつけ、新たな世代のゲームとはこういうものだと多くの人に強烈な印象を与えて、次世代機戦争の流れを「プレイステーション」側に傾けました。

     筆者自身は両ハードを所有していましたが、どちらかと言うと「セガサターン」派だったので、『バイオハザード』はしばらく様子見していました。しかし周囲の人間が口々に「『バイオハザード』はすごい!」と絶賛するので、それほどすごいのなら見てみようと思い、当時アルバイトしていたコンビニで購入してみたのです。

     まず目を奪われたのは、ゲームのキャラクターが実写で登場するムービーでした。これほど良い画質の映像は、かつてのゲーム機では絶対に観ることはかなわないものだったのです。
    中略
     一通り『バイオハザード』をプレイし終えた筆者は、まるで自分が映画の主人公となって生き延びたような感覚を覚えました。最近は参加者が現実で自ら主人公となって謎解きやミッションをクリアしていく体験型ゲームがあちらこちらで遊べるようになっていますが、これを家庭用ゲームで20年以上前に実現していたのが『バイオハザード』なのかもしれません。

     その後の『バイオハザード』の広がりはすさまじいものです。続編として無数のゲームが今なお発売され続けており、息の長い人気シリーズとして定着しています。2002年にはミラ・ジョヴォヴィッチ主演の映画も公開され、オリジナルストーリーでありながら見事に『バイオハザード』の世界観を反映した作品に仕上がっています。こちらも人気作品となり、全6本が製作されました。ゲーム本編の最新作は2017年に発売された『バイオハザード7』ですが、先日情報が公開された「プレイステーション5」で最新作が登場するのではないかと筆者は期待しています。


    (出典 magmix.jp)


    (出典 magmix.jp)


    全文はソースをご覧ください

    ★1が立った日時:2020/03/22(日) 11:52:42.73
    【ゲーム】PS・サターンハード戦争、『バイオハザード』が大きな一手 ゲームが映画になった日 ★2
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1584858863/


    【【ゲーム】PS・サターンハード戦争 お前ら思い出でも語ってけよ。】の続きを読む

    このページのトップヘ