ネタバレ


    キン肉マン』(キンにくマン)は、ゆでたまごによる日本の漫画作品。およびそれを原作としたアニメ作品であり、作中に登場するヒーローの名前でもある。 集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年22号(1979年5月28日号)から1987年21号(1987年5月4日号)まで連載。日本に住む
    137キロバイト (19,247 語) - 2021年2月9日 (火) 10:11



    (出典 animeanime.jp)


    今でも 人気だよな!!mj

    707 名無しさん@恐縮です

    知恵の輪マンとかルービックキューブマンとかも強敵と闘うのかな。


    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    (出典 i.ytimg.com)


    【【漫画】「キン肉マン」キン肉マングレートってかっこいいけど もう出て来ないのかよ?!【でも素顔は イケメン!!】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    裏世界ピクニック』(うらせかいピクニック)は、宮澤伊織による日本の小説。ハヤカワ文庫JA(早川書房)より2017年2月から刊行。ストルガツキー兄弟の『ストーカー』(原題の邦訳『路傍のピクニック』)を意識した作品で「理解の及ばない異世界でのお宝探索」というコンセプトに、インターネット上で流布される
    26キロバイト (2,851 語) - 2021年2月27日 (土) 00:24



    (出典 shop38-makeshop.akamaized.net)


    危機感無さ過ぎるわ!!mj

    156 風の谷の名無しさん@実況は実況板で :2021/02/11(木) 10:47:40.33 ID:qcTrjrOb.net

    男の作画がひどいな。
    見る気無くした

    2話まで見たが、怖さが無くて中学生向けって感じだな…


    【【アニメ】「裏世界ピクニック」空魚と鳥子って 頭がお花畑なのかよ…【なんかおかしい…】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    ひぐらしのなく頃に > ひぐらしのなく頃に (アニメ) 『ひぐらしのなく頃に』(ひぐらしのなくころ)は、同人サークルである07th Expansionが製作した同人ゲーム『ひぐらしのなく頃に』を原作として放送されたテレビアニメである。正式なタイトル記述は原作ゲームと同様、「な」を赤文字で表記する(『ひぐらしのなく頃に』)。
    76キロバイト (5,595 語) - 2021年2月25日 (木) 15:43



    (出典 higurashianime.com)


    たまったもんじゃない…mj

    954 風の谷の名無しさん@実況は実況板で (ワッチョイ b316-G/89) :2021/02/26(金) 05:28:18.13

    詩音が出番無さすぎて発狂しそう


    (出典 img.animanch.com)


    【【アニメ】「ひぐらしのなく頃に業」裏切ると 殺される世界って 相当怖くね??【そこまでするかよ…】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    かげきしょうじょ!!』は、斉木久美子による日本の漫画作品。『かげきしょうじょ!』として『ジャンプ改』(集英社)にて2012年6月号から2014年11月号まで連載された。その後同誌の休刊に伴い、タイトルを『かげきしょうじょ!!』と改題して『MELODY』(白泉社)にて2015年4月号より連載中。20
    37キロバイト (5,962 語) - 2021年2月12日 (金) 22:18



    (出典 prtimes.jp)


    黒髪じゃないのね…mj

    134 花と名無しさん :2020/12/30(水) 00:32:56.75 ID:kdlrMpc20.net

    次は休載かー。4ヶ月待つの辛すぎる。


    【【漫画】【アニメ化!!】「かげきしょうじょ!!」さらさって オシャレ少女??【髪色2色!!】【ネタバレ】】の続きを読む


    ワンダーエッグプライオリティ』(WONDER EGG PRIORITY)は、CloverWorks制作による日本のテレビアニメ作品。2021年1月より日本テレビほかにて放送中。略称は「ワンエグ」。 野島伸司が初めて原案および脚本を手掛けるオリジナルアニメ作品となり、日本テレビおよびNTTドコモの両社のコンテンツ投資会社であるD
    21キロバイト (2,191 語) - 2021年2月23日 (火) 15:00


    【【アニメ】「ワンダーエッグ・プライオリティ」闇深い展開だよなぁ…【感想】【ネタバレ】】の続きを読む

    このページのトップヘ