ドラマ化


    トは一連のコメントを行うために新たに開設したばかりのもの。 ^ 作者の死去にともない未完で終了。 ^ a b c “漫画家・芦原妃名子さんが死亡 「セクシー田中さん」など連載|日テレNEWS NNN”. 日テレNEWS NNN (2024年1月29日). 2024年1月29日閲覧。 ^ a b c…
    10キロバイト (1,136 語) - 2024年2月7日 (水) 04:19
    まだ終息しそうに無さそう。mj

    1 ひかり ★ :2024/02/08(木) 20:22:47.21 ID:FlHqYykn9
     日本テレビで昨年10月に放送された連続ドラマ「セクシー田中さん」の原作者で、漫画家の芦原妃名子さん(享年50)が死去したことを受け、ドラマの脚本を担当した脚本家・相沢友子氏がコメントを発表。ドラマを巡る自身の投稿を反省し、追悼した。

     「このたびは芦原妃名子先生の訃報を聞き、大きな衝撃を受け、未だ深い悲しみに暮れています。心よりお悔やみ申し上げます」。

     続けて、「芦原先生がブログに書かれていた経緯は、私にとっては初めて聞くことばかりで、それを読んで言葉を失いました」と、芦原さんが投稿した映像化の経緯について触れ、「いったい何が事実なのか、何を信じればいいのか、どうしたらいいのか、動揺しているうちに数日が過ぎ、訃報を受けた時には頭が真っ白になりました。そして今もなお混乱の中にいます」とした。

     また、自身の発言について「SNSで発信してしまったことについては、もっと慎重になるべきだったと深く後悔、反省しています」と反省し、「もし私が本当のことを知っていたら、という思いがずっと頭から離れません。あまりにも悲しいです」と悲痛な思いを吐露。「事実が分からない中、今私が言えるのはこれだけですが、今後このようなことが繰り返されないよう、切に願います」と呼びかけた。

     最後に「今回もこの場への投稿となることを、どうかご容赦ください」とし、「お悔やみの言葉が遅くなってしまい、本当に申し訳ありません。芦原妃名子先生のご冥福をお祈りいたします。2024年2月8日 相沢友子 これを最後に、このアカウントは削除させていただきます」と結んだ。

     原作者の芦原さんは1月26日、自身のX(旧ツイッター)で「ドラマ『セクシー田中さん』について」とし、「色々悩んだのですが、今回のドラマ化で、私が9話・10話の脚本を書かざるを得ないと判断するに至った経緯や事情を、小学館とご相談した上で、お伝えする事になりました」と投稿。ドラマ化にあたって“必ず漫画に忠実に”などの条件が守られていなかったことを明かし、自ら9、10話の脚本を手がけることになったと説明した。視聴者に向けて謝罪したが、芦原氏は28日に当該の投稿を削除。上記についてつづったブログも閉鎖した。

     日本テレビは同日、ドラマの公式サイトで「芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます」と哀悼の意を表し、「2023年10月期の日曜ドラマ『セクシー田中さん』につきまして、日本テレビは映像化の提案に際し、原作代理人である小学館を通じて原作者である芦原さんのご意見をいただきながら脚本制作作業の話し合いを重ね、最終的に許諾をいただいた脚本を決定原稿として、放送しております。本作品の制作にご尽力いただいた芦原さんには感謝しております」と説明した。

     芦原妃名子さんは1994年に別冊少女コミックの「その話おことわりします」で漫画家デビュー。03年から連載された「砂時計」は05年に小学館漫画賞を受賞。ドラマ化や映画化もされ、累計700万部を突破する大ヒットとなった。13年には「Piece」で自身2度目となる小学館漫画賞を受賞。こちらも後にドラマ化された。

    スポニチ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/80b8f30c1f81e13fa6ea7f8803e4d240426c6049

    前スレ
    ドラマ「セクシー田中さん」脚本家・相沢友子氏がコメント「頭が真っ白に」 自身の投稿を反省「深く後悔」 ★5 [ひかり★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1707388543/

    【【漫画】【ドラマ化】「セクシー田中さん」脚本家が謝罪も 厳しいコメが止まらないのだが…【そりゃそうなるよな…】【感想】】の続きを読む


    『【推しの子】』(おしのこ)は、原作:赤坂アカ、作画:横槍メンゴによる日本漫画作品。 『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて、2020年21号より連載中。1週遅れでウェブコミック配信サイト『少年ジャンプ+』(集英社)でも毎週木曜更新で連載されている。 原作担当赤坂にとって4作目、作画担当
    141キロバイト (22,536 語) - 2024年1月24日 (水) 07:53
    アニメ化が成功したからか。mj

    1 シャチ ★
    1月24日、原作・赤坂アカ氏、作画・横槍メンゴ氏による人気マンガ『【推しの子】』の実写化が発表された。

    主人公が推していたアイドルの子供に転生したことで、物語が動き出す本作。華やかな芸能界の舞台裏をリアルに描き、サスペンスや恋愛要素も取り入れた斬新なストーリーだ。

    ’20年4月に「週刊ヤングジャンプ」で連載が始まり、累計発行部数は1500万部を突破。昨年にはアニメもスタートし、第2期の制作も発表された。YOASOBIが担当した主題歌「アイドル」もヒットを後押しし、社会現象を巻き起こした。『【推しの子】』の実写化作品は今冬に、ドラマシリーズが「Amazon Prime Video」で世界独占配信。映画は東映配給で劇場公開される。

    実写化に際して、ファンの最大の関心事はやはり配役だろう。

    母であるアイの死の真相を暴くため、芸能界に潜り込む主人公・アクア役を演じるのは櫻井海音(22)。アクアの母で、アイドルグループ「B小町」のセンターで一世風靡したアイドル・アイ役は、乃木坂46の元メンバーの齋藤飛鳥(25)が。

    アクアの双子の妹で亡き母・アイのようなアイドルを目指すルビー役を演じるのは、=LOVEの元メンバーの齊藤なぎさ(20)。ルビーと共にアイドル活動を始める有馬かな役を、原菜乃華(20)が務める。

    そして茅島みずき(19)が、「劇団ララライ」に所属する女優の黒川あかね役を。人気YouTuberとして活動し、のちにアイドルの道を歩み始めるMEMちょ役にはあの(年齢非公表)が抜擢された。

    6人がそれぞれの役に扮したスペシャルビジュアルも公表されたが、ファンの目を引いたのはカラフルな衣装だったようだ。

    ニュースサイトのコメント欄やSNSでは、《めっちゃ楽しみだなぁ》《MEMちょクォリティ高けえwww》と期待を寄せる声が。

    だがそのいっぽうで、早すぎる実写化や衣装のクオリティに対して苦言を呈する声も相次いでいる。

    《何ですぐ実写化したがるんだろ、、、》
    《ファンが作ったコラ画かと思った》
    《推しの子の実写のKV、キャストは別に相違無いのになぜか安っぽく見えるのなんでだ…衣装?画角?めちゃくちゃ雑なコスプレみたいに見える》
    《せっかくアイドルを卒業したばかりで年齢的にも大人の女性になりつつある飛鳥ちゃんにまたアイドル役をやらせるとは、これは悪手では…?》

    原作者の赤坂アカ氏も、発表されたコメントの中で《キャストの皆様にも制作陣の皆様にも「本当に大丈夫ですか?」と聞きたくなる気持ちでした》と率直な気持ちを明かしていた。早くも賛否が巻き起こっている実写化は、映像を見たファンたちを虜にさせられるだろうかーー。

    1/24(水) 16:01配信 女性自身
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b73a5e5f092b6533274e6b7bc0e0a1ddd4ada5a1
    画像 (東映オフィシャルサイトより)

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=640&exp=10800

    【【漫画】【ドラマ化】「【推しの子】」実写化に 感想辛辣すぎて草【学芸会じゃないよ?!】【感想】】の続きを読む


    月と湖(2007年、Betsucomi) Piece(全10巻) Bread & Butter(集英社、2013年 - 2020年、マーガレットコミックス、全10巻) セクシー田中さん(『姉系プチコミック』連載中、既刊7巻) 砂時計イラスト集 [脚注の使い方] ^ a b c d e f g h i j “プレスリリース 小学館からのお知らせ…
    5キロバイト (529 語) - 2024年1月26日 (金) 16:51
    だけど改変ってありがちじゃね??mj

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/01/27(土) 06:00:11.39 ID:/Ma0nseV9
    昨年10月クールに放送され、人気を呼んだドラマ『セクシー田中さん』(日本テレビ系)。12月24日の放送終了から1カ月が経ったが、漫画原作者の芦原妃名子氏がXで異例の声明を発した。

    『セクシー田中さん』は、『姉系プチコミック』(小学館)にて連載中の漫画で、単行本の累計部数が100万部を突破する人気作品だ。

    ドラマ化にあたって脚本を務めたのは、『失恋ショコラティエ』や『ミステリと言う勿れ』(ともにフジテレビ系)などこれまで数々の人気ドラマを手がけた相沢友子氏。しかし、ドラマ公式サイトのスタッフ欄を見ると相沢氏が脚本を手掛けたのは1~8話で、9~10話に関しては原作者である芦原氏の名前がクレジットされていた。

    1月26日、芦原氏は最近開設したXのアカウントを更新し、ブログにも綴った文章を訪問者が少ないとしてXにも転載した。

    《色々と悩んだのですが、今回のドラマ化で私が9話、10話の脚本を書かざるを得ないと判断するに至った経緯や事情を、きちんとお伝えした方が良いのではと思い至りました。 この文章を書くにあたって、私と小学館で改めて時系列にそって事実関係を再確認し、文章の内容も小学館と確認して書いています》

    まず、芦原氏は《「セクシー田中さん」は一見奇抜なタイトルのふざけたラブコメ漫画に見えますが…。自己肯定感の低さ故生きづらさを抱える人達に、優しく強く寄り添える様な作品にしたいという思いが強くあり、ベリーダンスに纏わる方々の思いにも共鳴しながら、担当編集と共に大切に描いてきた漫画です》と自作への想いを説明。

    ドラマ化にあたって事前に、数話のプロットや脚本をチェックしたという芦原氏。その結果に加え、同作は連載途中で未完の作品であったことから《ドラマ化するなら「必ず漫画に忠実に」。漫画に忠実でない場合はしっかりと加筆修正をさせていただく》《漫画が完結していない以上、ドラマなりの結末を設定しなければならないドラマオリジナルの終盤も、まだまだ未完の漫画のこれからに影響を及ぼさない様「原作者があらすじからセリフまで」用意する。原作者が用意したものは原則変更しないでいただきたいので、ドラマオリジナル部分については、原作者が用意したものを、そのまま脚本化していただける方を想定していただく必要や、場合によっては、原作者が脚本を執筆する可能性もある》を条件に、ドラマ化に合意したという。

    これらの条件について、芦原氏は《脚本家さんや監督さんなどドラマの制作スタッフの皆様に対して大変失礼な条件だということは理解していましたので、「この条件で本当に良いか」ということを小学館を通じて日本テレビさんに何度も確認させていただいた》としている。

    毎回、漫画を大きく改変した脚本が提出され…

    しかし、制作がスタートして以降、まさかの展開が。芦原氏は《毎回、漫画を大きく改編したプロットや脚本が提出されていました》と明かしたのだ。その詳細は次のようなもの。

    《・漫画で敢えてセオリーを外して描いた展開を、よくある王道の展開に変えられてしまう。
    ・個性の強い各キャラクター、特に朱里・小西・進吾は原作から大きくかけ離れた別人のようなキャラクターに変更される。
    ・「性被害未遂・アフターピル・男性の生きづらさ・小西と進吾の長い対話」等、私が漫画「セクシー田中さん」という作品の核として大切に描いたシーンは、大幅にカットや削除され、まともに描かれておらず、その理由を伺っても、納得のいくお返事はいただけない。
    といったところが大きなところですが、他にも細かなところは沢山ありました》

    1~7話の脚本については《枠にハマったキャラクターに変えないでいただきたい。私が描いた「セクシー田中さん」という作品の個性を消されてしまうなら、私はドラマ化を今からでもやめたいぐらいだ》と日本テレビ側に粘り強く説明し、加筆修正を行いなんとか完成させたという。

    芦原氏及び小学館の担当者と、脚本家らドラマ制作スタッフを繋ぐ窓口はプロデューサーのみだったといい、芦原氏は度重なる改変により、脚本家や監督に当初伝えたドラマ化の条件が伝わっているのか、疑問を抱いていたと明かしている。

    ■原作者が用意したドラマオリジナル編のあらすじも大幅改変

    ドラマオリジナルのシナリオとなる8~10話については、芦原氏自らがあらすじやセリフを用意した。しかし、ここでも条件は守られず、用意したものを大幅に改変したものが脚本として提出されたという。

    続きはソースをご覧ください
    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2287558/

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1706283863/

    【【漫画】【ドラマ化】「セクシー田中さん」原作者、ドラマのストーリー展開に困惑してしまってた模様【原作者の思いとは】【感想】】の続きを読む


    小林有吾 (カテゴリ 日本漫画家)
    2020年「アオアシ」で第65回小学館漫画賞一般部門を受賞。 水の森(講談社、KCデラックス)全3巻 てんまんアラカルト(講談社、KCデラックス)全4巻 ショート・ピース(小学館、ビッグコミックス)既刊1巻 フェルマーの料理(講談社、KCデラックス)既刊4巻 アオアシ(小学館、ビッグコミックス)既刊33巻…
    3キロバイト (318 語) - 2023年11月7日 (火) 09:50
    女優陣が もっと露出増えれば良くなりそう??mj

    1 冬月記者 ★ :2023/11/13(月) 12:24:28.76 ID:PDMDtZl99
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a74e81e0976c9d2ff82f2adee7bf582cdc462ca1

    <フェルマーの料理>高橋文哉×志尊淳W主演TBS系“金10” 第4話視聴率5.4% プロと素人の料理の違い

     俳優の高橋文哉さん、志尊淳さんダブル主演の連続ドラマ「フェルマーの料理」(TBS系、金曜午後10時)の第4話が、11月10日に放送され、平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)は世帯5.4%、個人3.1%だった。

     ドラマは、マンガ誌「月刊少年マガジン」(講談社)で連載中の小林有吾さんの同名マンガが原作。数学者の道に挫折した天才数学少年・北田岳(きただ・がく、高橋さん)と、謎多きカリスマシェフ・朝倉海(あさくら・かい、志尊さん)が出会い、数学的な思考で料理という難題に立ち向かう青春ストーリー。

     第4話では、国内外で強い影響力を持つレストラン評論家・綿貫哲平の予約が入ったため、海は突然、コース料理の担当替えを発表する。最高評価を得るため、「コースの世界へ引き込む瞬発力」が必要な前菜を岳、メインの肉料理を蘭菜(小芝風花さん)に任せると言う。

     綿貫の来店は1週間後。何を作ればよいかも分からず途方に暮れる岳に、海は「プロになれ」とだけ告げる。着々とメインの肉料理を理想の味に仕上げていく蘭菜。岳はその仕事ぶりに感心するが、蘭菜も誰にも言えない苦悩を抱えていたことを知る。そんな蘭菜からプロと素人の料理の違いを問われた岳は……と展開した。

    【【漫画】【ドラマ化】「フェルマーの料理」視聴率良くなって来てるのか??【結構良さげらしいよ?!】【感想】】の続きを読む


    小林有吾 (カテゴリ 日本漫画家)
    2020年「アオアシ」で第65回小学館漫画賞一般部門を受賞。 水の森(講談社、KCデラックス)全3巻 てんまんアラカルト(講談社、KCデラックス)全4巻 ショート・ピース(小学館、ビッグコミックス)既刊1巻 フェルマーの料理(講談社、KCデラックス)既刊4巻 アオアシ(小学館、ビッグコミックス)既刊33巻…
    3キロバイト (320 語) - 2023年10月20日 (金) 14:08
    キャスティングが不味い??mj

    1 冬月記者 ★ :2023/10/23(月) 10:27:27.52 ID:qFPGmqQ99
    https://news.yahoo.co.jp/articles/413c024b81bea3d2520a472fe122ac0876570746

    高橋文哉、志尊淳「フェルマーの料理」第1話5・5% 岳が作る賄いナポリタンに衝撃を受けた海

     俳優高橋文哉(22)志尊淳(28)がダブル主演を務める、TBS系連続ドラマ「フェルマーの料理」(金曜午後10時)第1話が20日、放送され、平均世帯視聴率(関東地区)が5・5%だったことが23日、ビデオリサーチの調べで分かった。平均個人視聴率は3・2%だった。

     同ドラマの原作は「月刊少年マガジン」(講談社)で連載中の小林有吾氏による同名漫画。数学者を志すもその道を挫折した天才数学少年・北田岳(高橋文哉)と、謎多きカリスマシェフ・朝倉海(志尊淳)が出会い、数学的思考で料理という難題に立ち向かっていく。

     海が経営する新進気鋭の超一流レストラン「K」で、世界中から集まった実力あるシェフたちと切磋琢磨(せっさたくま)し、誰も到達していない“料理の真理の扉”を開くべく「料理×数学」で前人未到の世界に挑む、若きプロフェショナルたちの青春ストーリーだ。

     第1話で、名門ヴェルス学園に通う天才数学少年・北田岳(高橋)の夢は、数学者になること。しかし、数学オリンピック選考会でライバルの圧倒的な実力を目の当たりにした岳は、自分が偉大な数学者にはなれないことを悟ってしまう。岳にとって初めての挫折。うつろになりながら学食のバイトで何げなく賄いを作っていた岳に、料理界のカリスマ・朝倉海(志尊)が声を掛ける。

     海は、自身が経営する二つ星レストラン「K」でヴェルス学園の理事長・西門景勝(及川光博)がパーティーを開くことになり、その打ち合わせに来ていたのだった。岳が作る計算され尽くした賄いのナポリタンに衝撃を受けた海は、自身もナポリタンを振る舞い、岳もまたその完璧な味に驚愕(きょうがく)する。

     その矢先、同級生の魚見亜由(白石聖)から「退学命令が出ている」と岳に連絡が入る。特待生の岳が数学オリンピックを辞退して名門校の名を汚したことに理事長が激怒したのだ。

     しかし、東京大学への進学を期待している最愛の父・北田勲(宇梶剛士)のためにも退学になるわけにはいかない。こうして窮地に立たされた岳に対し、「言われたとおりにすれば、お前の状況を変えてやる」と海が驚きの提案を持ちかける。

    【【漫画】【ドラマ化】「フェルマーの料理」あまりに酷く言われてる件【原因は??】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ