ドラマ化


    ACMA:GAME (アクマゲームからのリダイレクト)
    そんなある日、「ゲームの勝者が要求するものを敗者からなんでも奪う」という「アクマゲーム」を発動する「悪魔の鍵」を持つ者が目の前に現れたことで、照朝は「アクマゲーム」に巻き込まれる。そして、「アクマゲーム」で政界を操る謎の組織「グングニル」の存在を知り、その正体に迫る。…
    119キロバイト (17,312 語) - 2024年5月28日 (火) 12:22
    ドラマ化しない方がいい??mj

    1 ぐれ ★
    ※5/29(水) 7:30配信
    まいどなニュース

    日本テレビ系日曜ドラマ『ACMA:GAME アクマゲーム』の原作者である漫画家のメーブさん(@meebmeebmeeb)が、放送中のドラマの内容についてXで苦言を呈し、視聴者や原作ファンらの間で話題になっている。

    「週刊少年マガジン」で2013~17年に連載された同名漫画が原作で、悪魔の鍵をかけて争う命懸けの頭脳バトル「アクマゲーム」をめぐるストーリー。主演は間宮祥太朗さん。

    ドラマは現在、第8話まで放送されており、メーブさんは1話が終わるごとにイラストを添えて感想をポストしてきた。放送序盤は「楽しませていただきました」「とにかくテンポがいい」「触れたい場面多すぎてイラストの枚数が増える一方」など、比較的肯定的な感想をつづっていた。

    しかし第7話終了後の5月21日、「ちょっと流石に不明なこと、はっきりしないことが増えすぎて、7話は楽しめなかった…」と打ち明けた。

    メーブさんはこの日、11個のポストを連ねた。ドラマの登場人物たちが何を目的にゲームに参加しているのか明示されないまま物語が進んだこと/原作で示されていた「絶対服従」という概念を削ぎ落としたために登場人物の行動が不自然に見えること/個別のゲームの名称が不自然に原作から改変されていること…など、演出や脚本の不備を理路整然と指摘した。視聴者からも共感の声が相次いだ。

    ■「漫画と設定を変えてもいいんだけど…」

    続きは↓
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ca73659f43bf719c30b0a9f7ba762ea8d3d4497d

    【【漫画】【ドラマ化】「ACMA:GAME」作者氏。苦言を呈してる様だが、ドラマ化になって失敗だと思ってるのかな??【あの問題再び?!】【感想】】の続きを読む


    GTO』(ジーティーオー)は、藤沢とおるによる日本の漫画。講談社『週刊少年マガジン』において、1997年2号から2002年9号まで掲載されたのち、2009年28号より『GTO SHONAN 14DAYS』(ジーティーオー・ショウナン・フォーティーンデイズ)として復活し、2011年42号まで連載さ…
    213キロバイト (33,313 語) - 2024年3月2日 (土) 12:54
    テーマソング、前と一緒でよくね??mj

    1 朝一から閉店までφ ★ :2024/04/01(月) 23:22:04.76 ID:L7f1OCAY9
    2024-04-01 22:49ORICON NEWS

     1998年の夏に放送された俳優・反町隆史主演の連続ドラマ『GTO』が26年ぶりに復活し、カンテレ・フジテレビ開局65周年特別ドラマ
    『GTOリバイバル』として、きょう1日午後9時から放送された。98年版『GTO』で鬼塚英吉(反町)と結ばれ、その後に結婚した冬月あずさ(松嶋菜々子)が本作でも登場。
    なかなか共演シーンがなかった鬼塚と冬月だが、最後の最後でようやく夫婦2ショットが実現した(以下、ネタバレあり)。

    https://www.oricon.co.jp/news/2320970/full/

    【【漫画】【ドラマ化】「GTOリバイバル」反町と松島夫婦には、ほっこりするらしいな!?【POISON】【感想】】の続きを読む


    ACMA:GAME』(アクマゲーム)は、原作:メーブ、作画:恵広史による日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』(講談社)にて、2013年19号から2017年14号まで連載された。 2024年4月より、日本テレビ系列にてテレビドラマが放送予定。 プロローグ 織田照朝は、8年前に両親が相次いで他界した…
    80キロバイト (11,554 語) - 2024年3月10日 (日) 06:51
    今、そんなタイミングじゃないだろ。mj

    1 朝一から閉店までφ ★
    2024-03-07 17:07ORICON NEWS

     日本テレビは7日、2024年春の改編説明会を行い、日曜ドラマ『ACMA:GAME アクマゲーム』(毎週日曜 後10:30)の原作からの変更点について説明した。

     『ACMA:GAME アクマゲーム』は、間宮祥太朗が主演。2013年~17年に『週刊少年マガジン』(講談社)に連載された、原作・メーブ氏、作画・恵広史氏による同名漫画を、超大型プロジェクトとして完全実写化。
    13年前、父・清司を謎の組織に殺され、全てを失った照朝は、99本集めると、この世のすべてを手にすることができると言われる「悪魔の鍵」を賭けて争う、
    命がけの「アクマゲーム」に挑む。照朝は時に人の命を奪い合う“究極のデスゲーム”に翻弄(ほんろう)されながらも、仲間とともに鍵の謎に迫っていく。

     照朝は幼いころ、母親が事故死した。日本有数の総合商社・織田グループを経営する父親と2人で生きてきたが、
    その父親は「悪魔の鍵」と呼ばれる古びた鍵を照朝に託した直後、目の前で謎の男に殺害される。敬愛する父の言葉を生きる指針として、父の死の真相に関わる「悪魔の鍵」の秘密を探るため世界を放浪していたが、謎の財産譲渡事件が相次ぐ日本に帰国。
    その照朝の前に「悪魔の鍵」を狙う人物が現れ、「アクマゲーム」に挑むことになる。それは、時に人の命を奪い合う“究極のデスゲーム”だった。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://www.oricon.co.jp/news/2317446/full/
    (最終更新:2024-03-08 10:52)

    【【漫画】【ドラマ化】「ACMA:GAME アクマゲーム」日テレの改変説明に、非難コメが続々!!【言い訳かよ?!】【感想】】の続きを読む


    2016年には『不祥事』の続編として『読売新聞』に連載され、2017年9月に文庫本中公文庫から刊行された。 「花咲舞が黙ってない」の表記は誤り。 メガバンク・東京第一銀行の臨店班、花咲舞と相馬健のコンビ、銀行内の様々なトラブルを解決してゆく。 臨店班とは問題を起こした支店へ直接出向き、業…
    43キロバイト (4,996 語) - 2024年2月15日 (木) 07:08
    不祥事と言えば、この騒動も近い感じもする。mj

    1 冬月記者 ★
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1cc0d94738228182c520ab9c802429a78638df4f


    (出典 i.imgur.com)


    今田美桜の主演で日本テレビ系「花咲舞が黙ってない」が9年ぶり復活 杏の主演で2014年、15年に大ヒット

     女優、今田美桜(26)が4月13日スタートの日本テレビ系「花咲舞が黙ってない」(土曜後9・0)に主演することが14日、分かった。

     作家、池井戸潤氏が銀行を舞台に執筆した「不祥事」を原作に、女優、杏(37)の主演で2014、15年に放送されて大ヒットした人気シリーズが、主演を代えて9年ぶりに復活。同局の新ドラマ枠「土ドラ9」のトップバッターとして放送される。

     今作は、池井戸氏が前作放送後に出版したドラマと同タイトルの新作小説が原作で、大手銀行の窓口係から突然、支店を巡回して管理、指導する本部の臨店班に異動した花咲舞が、事件や不祥事を解決していく物語。

     池井戸氏は「(今田が)どう演じられるか、本当に楽しみ」と期待を寄せ、「花咲よ、風になれ!」とエール。

     今田は「(主人公の)曲がったことが許せない姿勢に私も力をもらいますし、視聴者の皆様が爽快な気持ちになれるような、そんな土曜日にできたらうれしい」と声を弾ませ、閉塞感が漂う日本社会に一陣の風を吹き込むことを誓った。

    【【小説・漫画】【ドラマ化】「花咲舞が黙ってない」俳優以前に、日テレだからとい言う事で、嫌なイメージしかない様なんだが…【影響が凄い】【感想】】の続きを読む


    トは一連のコメントを行うために新たに開設したばかりのもの。 ^ 作者の死去にともない未完で終了。 ^ a b c “漫画家・芦原妃名子さんが死亡 「セクシー田中さん」など連載|日テレNEWS NNN”. 日テレNEWS NNN (2024年1月29日). 2024年1月29日閲覧。 ^ a b c…
    10キロバイト (1,136 語) - 2024年2月7日 (水) 04:19
    まだ終息しそうに無さそう。mj

    1 ひかり ★ :2024/02/08(木) 20:22:47.21 ID:FlHqYykn9
     日本テレビで昨年10月に放送された連続ドラマ「セクシー田中さん」の原作者で、漫画家の芦原妃名子さん(享年50)が死去したことを受け、ドラマの脚本を担当した脚本家・相沢友子氏がコメントを発表。ドラマを巡る自身の投稿を反省し、追悼した。

     「このたびは芦原妃名子先生の訃報を聞き、大きな衝撃を受け、未だ深い悲しみに暮れています。心よりお悔やみ申し上げます」。

     続けて、「芦原先生がブログに書かれていた経緯は、私にとっては初めて聞くことばかりで、それを読んで言葉を失いました」と、芦原さんが投稿した映像化の経緯について触れ、「いったい何が事実なのか、何を信じればいいのか、どうしたらいいのか、動揺しているうちに数日が過ぎ、訃報を受けた時には頭が真っ白になりました。そして今もなお混乱の中にいます」とした。

     また、自身の発言について「SNSで発信してしまったことについては、もっと慎重になるべきだったと深く後悔、反省しています」と反省し、「もし私が本当のことを知っていたら、という思いがずっと頭から離れません。あまりにも悲しいです」と悲痛な思いを吐露。「事実が分からない中、今私が言えるのはこれだけですが、今後このようなことが繰り返されないよう、切に願います」と呼びかけた。

     最後に「今回もこの場への投稿となることを、どうかご容赦ください」とし、「お悔やみの言葉が遅くなってしまい、本当に申し訳ありません。芦原妃名子先生のご冥福をお祈りいたします。2024年2月8日 相沢友子 これを最後に、このアカウントは削除させていただきます」と結んだ。

     原作者の芦原さんは1月26日、自身のX(旧ツイッター)で「ドラマ『セクシー田中さん』について」とし、「色々悩んだのですが、今回のドラマ化で、私が9話・10話の脚本を書かざるを得ないと判断するに至った経緯や事情を、小学館とご相談した上で、お伝えする事になりました」と投稿。ドラマ化にあたって“必ず漫画に忠実に”などの条件が守られていなかったことを明かし、自ら9、10話の脚本を手がけることになったと説明した。視聴者に向けて謝罪したが、芦原氏は28日に当該の投稿を削除。上記についてつづったブログも閉鎖した。

     日本テレビは同日、ドラマの公式サイトで「芦原妃名子さんの訃報に接し、哀悼の意を表するとともに、謹んでお悔やみ申し上げます」と哀悼の意を表し、「2023年10月期の日曜ドラマ『セクシー田中さん』につきまして、日本テレビは映像化の提案に際し、原作代理人である小学館を通じて原作者である芦原さんのご意見をいただきながら脚本制作作業の話し合いを重ね、最終的に許諾をいただいた脚本を決定原稿として、放送しております。本作品の制作にご尽力いただいた芦原さんには感謝しております」と説明した。

     芦原妃名子さんは1994年に別冊少女コミックの「その話おことわりします」で漫画家デビュー。03年から連載された「砂時計」は05年に小学館漫画賞を受賞。ドラマ化や映画化もされ、累計700万部を突破する大ヒットとなった。13年には「Piece」で自身2度目となる小学館漫画賞を受賞。こちらも後にドラマ化された。

    スポニチ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/80b8f30c1f81e13fa6ea7f8803e4d240426c6049

    前スレ
    ドラマ「セクシー田中さん」脚本家・相沢友子氏がコメント「頭が真っ白に」 自身の投稿を反省「深く後悔」 ★5 [ひかり★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1707388543/

    【【漫画】【ドラマ化】「セクシー田中さん」脚本家が謝罪も 厳しいコメが止まらないのだが…【そりゃそうなるよな…】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ