チェンソーマン


    チェンソーマン』(Chain saw Man)は、藤本タツキによる日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて第1部「公安編」が2019年1号から2021年2号まで連載され、第2部「学園編」は『少年ジャンプ+』(同社)にて2022年7月13日より連載中。2023年1月時点でコミックス計13…
    146キロバイト (23,089 語) - 2023年2月8日 (水) 11:13
    原作から人を選ぶ??mj

    1 爆笑ゴリラ ★
    2023年2月6日

    アニメ『チェンソーマン』大コケは妥当だった! 原作ファンが「序盤は微妙だった説」を提唱

    アニメ『チェンソーマン』のDVD&Blu-ray第1巻が1月27日に発売されたが、売り上げが大コケだったとしてネット中で話題を呼んでいる。その結果、アニメを手掛けた中山竜監督などに矛先が向かっているが、実は「妥当な結果だった」という見方もあるようだ。

    原作「サムライソード編」の評価

    「チェンソーマン」は、『週刊少年ジャンプ』で連載されていた藤本タツキのダークファンタジー漫画。チェンソーの悪魔と契約した主人公・デンジと、その仲間たちが数々の悪魔を倒していくストーリーだ。

    今回アニメ化されたのは、原作第5巻に収録されている第38話までの内容。エピソードとしては「サムライソード編」までにあたり、早川アキと姫野といったキャラクターに焦点を当てた作りとなっている。

    ところが、そもそも「サムライソード編」は「チェンソーマン」全体から見て“入口”のようなエピソードだ。「ジャンプ」に連載されていた当時もそこまでブレイクしていたわけではなく、読者アンケートを反映した掲載順では10位前後を行き来していた。

    連載当時、本格的に盛り上がったのは、「サムライソード編」の次に描かれた「レゼ編」と呼ばれるエピソードから。デンジと新キャラクター・レゼを中心にしたストーリーは、「チェンソーマン」どころか藤本タツキ作品でも屈指の完成度と言われている。


    アニメ2期では盛り返せるのか

    つまり「サムライソード編」を題材としたアニメ1期は、もとより大ブレイクするような話ではなかったということだろう。

    ネット上では、《原作でもアニメ化された部分はそんなに面白くなかったよ サムライソード編以降はすげー面白かった》《サムライソード編までがチュートリアルで、レゼ編以降が急激に面白くなってくる》《この売上は妥当。レゼ編だったらもっと行ってた》といった声が少なくない。

    アニメ第2期が実現すれば、物語の流れ的に「レゼ編」からスタートすることは間違いない。今度こそ大盛り上がりすることを期待できそうだ。

    ただ、その一方で気になるのが監督の続投問題。中山竜監督は第1期を作り上げる際に、邦画的な演出を取り入れたのだが、インタビューなどでそうした方針を語ったことでアニメファンの反感を買ってしまっている。

    たとえばSNS上では、《次は中山さん降ろして》《レゼ編は別の監督がいい》といった声が続出。さらに『change.org』では、昨年12月から「アニメ『チェンソーマン』を新たな監督で作り直してください」という署名活動が行われ、3,000人近くの署名が集まっていた。

    今後、原作ファンを手のひら返しさせられるのか、アニメ2期の結果を見守りたい。

    https://myjitsu.jp/enta/archives/117549

    【【アニメ】「チェンソーマン」なぜコケたのか 原因を探ってみた。【厳しい意見】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    チェンソーマン』(Chain saw Man)は、藤本タツキによる日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて第1部「公安編」が2019年1号から2021年2号まで連載され、第2部「学園編」は『少年ジャンプ+』(同社)にて2022年7月13日より連載中。2023年1月時点でコミックス計13…
    146キロバイト (23,005 語) - 2023年2月5日 (日) 02:27
    人気作品だからこその タイアップ?!mj

    1 首都圏の虎 ★ :2023/02/05(日) 18:54:00.88ID:nvXAQof09
    アニメ『チェンソーマン』のオープニングテーマ、米津玄師の『KICK BACK』が「令和4年アニソン大賞」に選ばれた。いわゆるアニソンシンガーが、サビで作品名や主人公の名を叫ぶような昭和のアニメ主題歌は無くなり、最近はテレビドラマや映画の主題歌をヒットさせるJ-POPアーティスト達がアニメ主題歌を歌うことが当たり前になって来ている。もちろん、主演の声優アーティストが主題歌を歌うというケースは今でもあるが、社会現象となるようなヒットアニメの主題歌を手掛けるのはJ-POPアーティストがほとんどだ。今回は、そんな最新アニソン事情をチェックしてみよう。

    J-POPアーティストが主題歌を歌ってヒットしたアニメと言えば、最近の例では、『SPY×FAMILY』を思い浮かべる人が多いだろう。第1クールでは、Official髭男dismと星野源が主題歌を担当し、アニメと共に曲も大ヒット。特に、オープニングの髭男の『ミックスナッツ』は、現在までにストリーミング累計3億回再生を突破している。そして、3か月後に再開した第2クールでは、BUMP OF CHICKENとyamaが主題歌を担当。次はこう来たか…と、アニメファンのみならず、音楽ファンも熱い視線を送った。今年は、Season2と劇場版の制作も発表されている。放送時期や公開時期などの詳細はもちろんだが、主題歌を歌うアーティストは誰なのか?続報を楽しみに待ちたい。

    『少年ジャンプ+』からアニメ化されて社会現象となった、この『SPY×FAMILY』の大ヒットに続き、昨年、アニメ化されたのが『チェンソーマン』だ。同じく、アニメ化が待ち望まれていた作品なだけに、米津玄師が主題歌を担当すると発表された時、原作ファンの期待値は一気に高まったことだろう。米津と言えば、テレビドラマ『アンナチュラル』の主題歌『Lemon』で本格的にブレイクを果たし、その後もドラマ『MIU404』、映画『シン・ウルトラマン』など話題作の主題歌を担当。毎回、作品の世界観を見事に表現した楽曲を提供し、作品のヒットを後押しして来た。

    そんな米津だが、今回はKing Gnuの常田大希との共同アレンジで『チェンソーマン』の攻撃的な世界観やスピード感を表現して、ファンの期待に応えた。米津×常田という天才同士のコラボレーションは、音楽ファンもワクワクが止まらなかったに違いない。ちなみに、テレビ朝日の『関ジャム 完全燃SHOW』の新年恒例企画「プロが選ぶ年間マイベスト10曲」にて、音楽プロデューサーの蔦谷好位置は、「(良くて当然なので)よほどのことがない限り、米津と髭男は選ばない」と断言していたのだが、2022年のマイベスト10曲の中に『KICK BACK』を選出。そのくらい、蔦谷にとっても衝撃を受けた1曲だったようだ。

    全文はソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cca351601fef457873245750488fffa5b70826bb

    【【アニメ】「チェンソーマン」米津玄師さんって このアニメのおかげで 全世界に知名度が上がるか??【アニメって威力があるからな】】の続きを読む


    チェンソーマン』(Chain saw Man)は、藤本タツキによる日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて第1部「公安編」が2019年1号から2021年2号まで連載され、第2部「学園編」は『少年ジャンプ+』(同社)にて2022年7月13日より連載中。2023年1月時点でコミックス計13…
    145キロバイト (22,966 語) - 2023年1月30日 (月) 10:44
    この作品 好き嫌いあるだろうな…mj

    1 爆笑ゴリラ ★ :2023/01/30(月) 15:47:45.73ID:f0yHx/ug9
    2023.01.30 11:05

    1月27日に発売されたアニメ『チェンソーマン』(テレビ東京系)のDVD&Blu-rayが、いろいろな意味で注目を集めている。

    同作は、藤本タツキの同名漫画を原作にしたダークファンタジー。チェンソーの悪魔と契約した主人公・デンジと、その仲間たちが数々の悪魔と対峙する作品で、2022年12月27日に最終回を迎えた。

    「アニメの制作は『呪術廻戦』(TBS系)や『進撃の巨人 The Final Season』(NHK)を手掛けたアニメスタジオ『MAPPA』が担当し、作画クオリティーが大きな話題に。

    ただ実写映画を意識した演出が原作ファンから不評で、放送のたびに賛否を巻き起こしました。

    大きな原作改変などはされていなかったため、アニメ本編は評判がよかったのですが、随所に散りばめられた制作スタッフによる演出へのこだわりが完全に裏目に出たのです」(アニメライター)


    ファンの予想を遥かに超えた大爆死?

    最終話から1カ月後の1月27日に、アニメ第1話~第3話を収めた『チェンソーマン Vol.1』が発売された。しかしオリコンが発表した1月26日付けのデイリーBlu-rayランキングでは、初登場第10位という結果に。

    同時期にアニメ『ラブライブ!スーパースター!!』(NHK)や『アイドリッシュセブン』(TOKYO MXほか)もDVD&Blu-rayを発売しているが、話題性の強かった「チェンソーマン」が惨敗を喫する結果になってしまった。

    もとより賛否の多い作品ということもあり、ファンの間では発売前から売れ行きの悪さを予想する声も少なくなかった。

    その想像を上回る爆死ぶりだったために、ネット上では《爆死爆死言われてたけど、アンチの鳴き声だと思ってたらリアルにヤバそうでビビってる》《当たり前でしょ。めっちゃ期待して待って箱を開けたら意識高い系のお遊びだったんだから》《アニメの出来というよりは客層の問題な気がする》《製作委員会を採用しなかったけど、MAPPAは大丈夫だろうか》《普通にアニメは鬼滅より面白かったけど、これは結構な損失になるだろうね》など驚きの声が後を絶たない。

    ストリーミングで視聴できる時代とはいえ、初登場10位はさすがに致命的だろう。2月24日、3月31日にも第2弾、第3弾の発売を控えているが、果たして大丈夫なのだろうか。

    https://myjitsu.jp/archives/406934

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1675044794/

    【【アニメ】「チェンソーマン」ぶっちゃけ 円盤売れてなくね?!【グロが不味かったのか?!】【感想】】の続きを読む


    アニメ アニメーション - アニメーション(animation)の略語。アニメーションを用いて構成された映像作品全般を指す。アニメーションとは動かない絵や物体をコマ撮りと映写によって動いているように見せる表現技法。日本でのアニメーションの使用全般については「日本のアニメーション」を参照。 アニメ (日本のアニメーション作品)…
    987バイト (177 語) - 2022年12月5日 (月) 06:51
    放送前は 話題性抜群じゃなかった??mj

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/12/30(金) 00:39:22.79ID:GbxtkeII9
    2022年12月29日

    秋アニメ覇権レース『ぼざろ』と『水星の魔女』の人気逆転!?『チェンソーマン』は圏外へ…

    クオリティの高い作品が乱立し、“覇権”の座をめぐる競争が激化している2022年秋シーズンのアニメ。ここにきて『機動戦士ガンダム 水星の魔女』(TBS系)が驚異の追い上げを見せ、アニメファンたちを騒がせているようだ。


    たった1話で手のひら返し

    「水星の魔女」は水星生まれの少女、スレッタ・マーキュリーを主人公とした物語だ。

    舞台は大企業の思惑がうごめく「アスティカシア高等専門学園」、ヒロインは父親との軋轢に苦しむミオリネ・レンブラン、スレッタとの関係性は“花婿と花嫁”…。次世代の「ガンダム」として、ユニークな設定が詰め込まれている。

    第10話『巡る思い』ではそんなスレッタとミオリネの間に亀裂が生じてしまい、不安を抱く視聴者も多かった。

    しかし、わずか1話後の第11話「地球の魔女」では、2人の関係性が修復されるどころか、さらに一歩先に進むという大英断。

    “神回”を見届けたアニメファンたちは、《これは間違いなく今期覇権アニメだろ》《11話によって圧倒的な覇権アニメと認識した》《さすがに水星の魔女が今世紀の覇権か》《スレミオ、覇権です》と沸き立っている。

    ネット上の盛り上がりは、アニメを収録したDVD&Blu-ray、すなわち“円盤”の売れ行きにも影響しているらしい。

    Amazonの売上ランキングが爆伸び

    通販サイト『Amazon』のDVD売れ筋ランキング(2022年12月27日時点)を見てみると、「水星の魔女」Blu-rayの1巻が4位を獲得。「ブルーレイ アニメ」や「アニメ」に絞ったランキングでは、それぞれ1位に輝いている。

    2巻以降もすでに予約が好調らしく、DVD売れ筋ランキングのトップ10に5つ食い込んでいた。

    では、他の2022秋アニメの順位はどうなっているのだろうか。きらら発の本格バンド&ロックアニメ『ぼっち・ざ・ろっく!』1巻は、5位にランクイン。「ブルーレイ アニメ」や「アニメ」のカテゴリーでも2位となっており、「水星の魔女」とデッドヒートを繰り広げている。

    他方で、最有力の覇権候補とされていたジャンプアニメ『チェンソーマン』のBlu-ray1巻は、1,051位。「ブルーレイ アニメ」で229位、「アニメ」では290位と、どの指標でもあまり振るっていない。

    発売日が2023年1月26日まで迫っていることを考えると、なかなか厳しい数字だろう。

    なお、オンライン署名サイト『Change.org』では「アニメ『チェンソーマン』を新たな監督で作り直してください #チェンソーマン再アニメ化」という署名運動も行われており、過激な原作ファンたちが不満を募らせているようだ。

    「チェンソーマン」はもはや覇権争いどころではない状況だが、ここから少しでも巻き返してくれることを期待したい。

    https://myjitsu.jp/enta/archives/116377

    【【アニメ】今期の覇権アニメって 結局何だったん??【チェンソーマン そうでも無かったん??】】の続きを読む


    チェンソーマン』(Chain saw Man)は、藤本タツキによる日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて第1部「公安編」が2019年1号から2021年2号まで連載され、第2部「学園編」は『少年ジャンプ+』(同社)にて2022年7月13日より連載中。2022年12月時点でコミックス計1…
    141キロバイト (22,301 語) - 2022年12月28日 (水) 09:41
    気にしない気にしない!!mj

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/12/28(水) 08:03:26.22ID:Ru2gRVRv9
    2022年12月26日

    『チェンソーマン』EDがマイケル・ジャクソンのパクリ!? Vaundyに音楽ファンツッコミ

    アニメ『チェンソーマン』の記念すべき第1話にて、エンディング楽曲を提供したシンガーソングライター・Vaundy。NHK紅白歌合戦にも出場が決定し、ますます知名度と人気が爆発しているが、その楽曲をめぐって“パクリ疑惑”が浮上していた。


    Vaundyはオマージュのオンパレード?

    パクリ騒動が起きたのは、『チェンソーマン』EDに起用された『CHAINSAW BLOOD』という楽曲。この曲を聴き、マイケル・ジャクソンの世界的大ヒット曲『Beat It』を連想する音楽ファンが続出しているのだ。

    たしかに両楽曲を比べてみると、イントロの攻撃的なギターリフを始めとして、オマージュを感じさせる部分は多い。

    実際にSNS上では、《マイケルのBeat Itに似てることに気づいたらそれにしか聞こえなくなってしまった》《思いっきりマイケル・ジャクソンの“今夜はビートイット”で笑っちゃった》《めっちゃBeat Itみを感じる 頭ん中でマイケルが踊ってる》といった声が相次いでいる。

    「ギリギリバレない」パクリの行く末は

    偶然とは思えないほどそっくりなので、意識的なオマージュとして受け止めるファンも。そもそもVaundyは、過去にも有名楽曲からの引用が指摘されていた。

    たとえば、SpotifyのCMに使用された『不可幸力』は、ラストのサビのメロディがサザンオールスターズの『愛の言霊』にそっくりすぎると話題に。


    他にも、『二人話』という曲のイントロは大塚愛の『フレンジャー』、『恋風邪にのせて』はFIELD OF VIEWの『DAN DAN 心魅かれてく』など、数多くの楽曲に引用元があるのではないかと議論されている。

    とはいえ、売れるポップミュージックのスタイルは、ある程度かぎられているもの。今もっとも売れている女性アーティストの1人、あいみょんの楽曲は、度々先行するアーティストの引用やスタイルの類似を指摘されている。しかしその元ネタであるスピッツや小沢健二もまた、楽曲を紐解けば引用のオンパレードだ。

    むしろ重要なのは、引用元へのリスペクトであり、さらに言えば引用した上で自分自身のオリジナリティをどこまで表現できるか、ということ。

    Vaundyの引用元とされたマイケル・ジャクソンやサザンオールスターズは、10代~20代前半の若者にはあまり馴染みがなく、言うなれば“バレなさそう”なミュージシャンではある。その借用するラインの見極めや、曲の最も印象的な部分を丸々使ってみせる大胆さが、音楽ファンの反感を買ったのだろう。

    しかしオマージュ論争はどうであれ、Vaundyに音楽家としての才能があることは確実。売れっ子のポジションを確立しつつある今こそ、過去のヒット曲や売れ線を意識しすぎず、Vaundyらしさを発揮した楽曲を聞いてみたいところだ。

    https://myjitsu.jp/enta/archives/116181

    チェンソー


    (出典 Youtube)


    マイコー


    (出典 Youtube)


    【【アニメ】「チェンソーマン」EDが あの大御所に 似てるってほんまかいな?!【そんなん言うてたら キリが無いやろ??】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ