キン肉マン


    ングが作られ、アニメにおけるいわゆる「キャラクターソング」の先駆者的存在となった。 2024年にはキン肉星王位争奪の続編となる、完璧超人始祖編を映像化した『キン肉マン 完璧超人始祖編』(キンにくマン パーフェクトオリジンへん)が放送予定。アニメーション制作は東映アニメーションから変更し、Production…
    101キロバイト (8,205 語) - 2024年2月12日 (月) 09:32
    昔は、日曜日の朝だったな。mj

    1 ひかり ★ :2024/02/09(金) 18:14:13.44 ID:I5rd50ml
    ゆでたまご原作によるTVアニメ「『キン肉マン』完璧超人始祖編」が7月放送開始であることが明らかになった。4月に新設されるCBC/TBS系全国28局ネットのアニメ枠「アガルアニメ」で、毎週日曜日23時30分より放送される。

    アニメ「キン肉マン」の40周年を記念して制作される「『キン肉マン』完璧超人始祖編」。キン肉マン役は宮野真守が務め、初代キン肉マン役として知られる神谷明がキン肉マンの父・キン肉真弓と、師匠であるプリンス・カメハメの2役を演じる。アニメーション制作はProduction I.Gが担当。「アガルアニメ」枠のほかBS11での放送も決定している。

    「アガルアニメ」枠はCBCテレビが「名古屋から、日本が、世界がアガるアニメを届ける」をコンセプトに開設する新しいアニメ放送枠。なお4月からは「転生貴族、鑑定スキルで成り上がる」を放送する。



    ■ アニメ「キン肉マン」完璧超人始祖編
    □ 放送情報
    CBC/TBS系全国28局ネット:2024年7月放送開始、毎週日曜日23:30~
    BS11:2024年7月放送開始

    □ スタッフ
    原作:ゆでたまご(集英社「週刊プレイボーイ」「週プレNEWS」連載中)
    監督:さとう陽
    シリーズ構成:深見真
    キャラクターデザイン:丸藤広貴
    音楽:高梨康治
    アニメーション制作:Production I.G

    □ キャスト
    キン肉マン:宮野真守
    キン肉真弓/プリンス・カメハメ:神谷明

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8aea85ac1381a0bf904822f608470f6b359370e6

    【【アニメ】「キン肉マン」 完璧超人始祖編が、放送開始なんだが、なぜ深夜枠??【声優も、変更されてるし】【感想】】の続きを読む


    キン肉マン』(キンにくマン)は、ゆでたまごによる日本の漫画作品。およびそれを原作としたアニメ作品であり、作中に登場するヒーローの名前でもある。 『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1979年22号から1987年21号まで連載された。その後、キン肉マンの第2世代を描いた『キン肉マン
    191キロバイト (28,816 語) - 2023年9月14日 (木) 12:53
    おっさんには懐かしいけどな。mj

    1 muffin ★
    https://natalie.mu/comic/news/542922
    2023年9月29日 0:00

    ゆでたまご「キン肉マン」の新作TVアニメ「『キン肉マン』完璧超人始祖編」が、2024年に放送。アニメーション制作はProduction I.Gが担当する。

    アニメ「キン肉マン」の40周年を記念して制作される「『キン肉マン』完璧超人始祖編」。これまでアニメで描かれたキン肉星王位争奪編の続きとなる、完璧超人始祖編が映像化される。監督はアニメ「アオアシ」のさとう陽、シリーズ構成は「PSYCHO-PASS サイコパス」の深見真が担当し、「ルパン三世 PART6」の丸藤広貴がキャラクターデザイン、「NARUTO–ナルト– 疾風伝」の高梨康治が音楽を手がける。「キン肉マン」に思い入れの強いスタッフ陣のコメントは記事末に掲載した。なおリングの前に立つキン肉マンを描いた新ビジュアルも公開されている。

    原作シナリオ担当の嶋田隆司と作画担当の中井義則からなるゆでたまごによる「キン肉マン」は、キン肉星から来たドジでマヌケな落ちこぼれ超人・キン肉マンが、超人格闘界最強の男へと成長を遂げていく物語。1979年に週刊少年ジャンプで連載スタートし、週刊プレイボーイ、週プレNEWS(すべて集英社)に籍を移して連載が続いている。単行本は83巻が本日9月29日に発売。TVアニメ版は1983年より放送された。

    全文はソースをご覧ください


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)

    【【アニメ】「キン肉マン」今の若い人ってみるのかね??【新シリーズなんだってな?!】【感想】】の続きを読む


    キン肉マン』(キンにくマン)は、ゆでたまごによる日本の漫画作品。およびそれを原作としたアニメ作品であり、作中に登場するヒーローの名前でもある。 『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1979年22号から1987年21号まで連載された。その後、キン肉マンの第2世代を描いた『キン肉マン
    188キロバイト (28,210 語) - 2023年6月3日 (土) 17:07
    甲本ヒロトさんも 考案してたとか。mj

    1 ◆Sen4E3P802 愛の戦士 ★ :2023/06/08(木) 17:34:10.49ID:v+qS4wGc9
    マグミクス 2023.06.08

    今も連載が更新されるたびにSNSで話題になる『キン肉マン』にはファンがデザインした個性豊かな超人たちが次々と登場します。なかには“元ネタ”のある超人も。新しいファンは知らないかもしれない、超人のモデルたちをご紹介します。

    チアガールや親衛隊もついたアイドルレスラー
     新作アニメの制作が発表されるなど、今も新たなファンを獲得し続けている『キン肉マン』。1979年に連載が始まって以来、昭和、平成、令和と三つの時代にわたって愛され続けているバトルマンガの傑作です。

     ところで、『キン肉マン』には元ネタがある登場人物が何人もいます。もともとギャグマンガとしてスタートしているので、パロディー的な要素もあったのでしょう。しかし、連載開始から40年以上経っていることもあり、新しいファンにモデルとなった人物のことが知られていない場合が出てきているようです。40代、50代以上の昭和世代の読者には常識でも、10代、20代の令和世代には馴染みのないキャラクターの元ネタをいくつか紹介しましょう。

    ●テリーマン
     アメリカ出身の正義超人であり、キン肉マンの名パートナーでもあるテリーマン。モデルはプロレスラーのテリー・ファンクです。

     70年代初頭から来日していたテリー・ファンクは、ジャイアント馬場率いる全日本プロレスで人気が爆発しました。チアガールや親衛隊がつくほどで、兄のドリー・ファンク・ジュニアとともに実況アナからは「世界のアイドル」と呼ばれていました。キン肉マンやテリーマンが「アイドル超人」と呼ばれているのも、このあたりがルーツでしょう。

     テリーマンの出身地がテキサスなのも、異名が“テキサスの荒馬”や“テキサス・ブロンコ”なのも、得意技がスピニング・トーホールドとテキサスクローバーホールドと左の拳によるナックル・パートなのも、テリー・ファンクと同じ。マックス・ラジアルとの対戦時、ロープを支えに立ち上がろうとしている姿もテリー・ファンクそっくりに描かれていました。

     83年にテリー・ファンクが惜しまれながら引退したときは、テリー・ファンクをテリーマンが肩車して「おつかれさま! あなたの分までがんばるぜ!!」という扉絵が描かれました。テリー・ファンクの引退理由はヒザの故障の悪化でしたが、テリーマンも左足を負傷して切断に追い込まれています。テリー・ファンクは引退の翌年に復活、ハードコアスタイルに転身して長く活躍しました。

    ●ウルフマン
     キン肉マンと同じく日本代表の超人で、後にアイドル超人の仲間としてともに戦ったウルフマン(アニメではリキシマン)。モデルは昭和から平成にかけて活躍した名横綱・千代の富士です。“ウルフ”は精悍な顔つきからつけられたニックネームでした。


     登場したときのウルフマンは「ハガネの体」をアピールしていました。同じように千代の富士も、肩の脱臼癖をカバーするために鍛え上げた肉体美は「鋼の肉体」を持つと称されていました。

     またウルフマンはキン肉マンとの対戦時、千代の富士と同じ「V」の字がデザインされた化粧まわしをつけています。64巻の書店用POPにもこのときの化粧まわしが描かれていました。

     ゆでたまご先生は千代の富士を超人のモデルにした理由を「当時千代の富士関が全国の子供たちにとって最強のヒーローだったから」と明かし、アニメ化のときに名前をリキシマンに変えたことについては親交のあった千代の富士(このときは九重親方)から直接「なぜ名前を変えてしまったのか。ウルフマンのままでよかったのに」と伝えられて感動したと語っています(「週プレNEWS」2016年8月1日)。角界では初の国民栄誉賞の栄誉にも輝いた千代の富士ですが、惜しくも61歳の若さで逝去されました。

    ※続きはリンク先で
    https://magmix.jp/post/157238

    (出典 i.imgur.com)

    【【漫画】「キン肉マン」キャラクター達って 読者が考えてるキャラクターが多いよな??【キャラクターたくさん居るよな!!】【感想】】の続きを読む


    キン肉マン』(キンにくマン)は、ゆでたまごによる日本の漫画作品。およびそれを原作としたアニメ作品であり、作中に登場するヒーローの名前でもある。 『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1979年22号から1987年21号まで連載された。その後、キン肉マンの第2世代を描いた『キン肉マン
    182キロバイト (27,268 語) - 2023年3月26日 (日) 14:17
    前呟いてた事と 違う事を呟いてる…mj

    1 朝一から閉店までφ ★
    2023/3/29 10:57

    人気漫画「キン肉マン」の作者である「ゆでたまご」の嶋田隆司さんのツイートが拡散され、話題になっている。

    嶋田さんは28日、「【急告】まだ『キン肉マン』が続いてるのを知らない人たち~!!スグルシリーズ第2期はすでに11年半も経つんだよ」と「キン肉マン」が連載中であることをアピール。さらに「しかもアニメ化も決定したんだよ~」と強調した。

    キン肉星から来た落ちこぼれ超人「キン肉マン」こと、キン肉スグルが、努力、友情、勝利を重ね、超人格闘界最強の男へと成長を遂げていく物語。
    1979年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載が始まり、83年からはテレビアニメの放送も始まった。87年に惜しまれつつも連載終了となったが、いくつかの作品を発表したのち、
    97年から2011年まで「週刊プレイボーイ」(同)でキン肉マンの息子であるキン肉万太郎を主人公とした「キン肉マンII世」が連載され、
    現在も「キン肉マン」のタイトルで、紙版の「週刊プレイボーイ」とWeb版の「週プレNEWS」で新たな物語が展開されている。嶋田さんのツイートのようにテレビアニメの新シリーズ制作も発表されている。


    この投稿は拡散され、ファンたちも「ゆでたまご先生の全盛期は今って言ってもいいくらいに第2期のキン肉マンが面白すぎる」
    「もっと広まってくれ~ガチで神作だから!!昔のキン肉マン知ってる人はプラス懐かしさと胸熱展開に子供みたいにはしゃぐから!」「ゆで先生は今が最盛期どころか天井見えないレベルでまだ面白くなっている!」などとその魅力を紹介。
    また、嶋田さんの呼びかけを受けて「職場で今連載中とはなしたら、驚かれた」「知りませんでした モロ世代なのに」「これ結構多そう、全人類キン肉マン読んで!」と実感を込めるネットユーザーも見受けられた。

    https://www.iza.ne.jp/article/20230329-MHCE55UAMJEUDA2J7DXLPK4PZU/

    【【漫画】「キン肉マン」終わってない事を 作者さんが 呟いてるけど 周りは冷たい反応ばっかな件【そりゃそうだろう】【感想】】の続きを読む


    キン肉マン』(キンにくマン)は、ゆでたまごによる日本の漫画作品。およびそれを原作としたアニメ作品であり、作中に登場するヒーローの名前でもある。 『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1979年22号から1987年21号まで連載された。その後、キン肉マンの第2世代を描いた『キン肉マン
    179キロバイト (26,837 語) - 2023年3月16日 (木) 10:22
    昔を知ってる人なら やっぱりそうなるか??mj

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/03/17(金) 01:15:25.61ID:EIJZyy5D9
    2023-03-17 00:00 ORICON NEWS

     テレビアニメ『キン肉マン』の放送40周年を記念して、新シリーズが制作されることが決定した。『キン肉マン』シリーズの新作アニメ制作は、2006年放送のテレビアニメ『キン肉マンII世』第3期以来、17年ぶりとなる。キャストやスタッフ情報などは追って発表される。

     『キン肉マン』は、人間を超越した存在・超人“キン肉マン”こと主人公のキン肉スグルが、仲間の正義超人とともに、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレスを基礎とした格闘漫画。キン肉星から来たドジでマヌケな落ちこぼれ超人のキン肉マンが、努力、友情、勝利を重ねて、やがて超人格闘界最強の男へと成長を遂げていく姿を描いている。

     作者・ゆでたまご(原作・嶋田隆司、作画・中井義則)による合作作品のデビュー作で、『週刊少年ジャンプ』で1979年5月から87年5月まで掲載。その後、98年より『週刊プレイボーイ』でキン肉マンの息子・キン肉万太郎を主人公とした『キン肉マンII世』を連載し、2011年から24年ぶりに『キン肉マン』の連載を再開。コミックスのシリーズ累計発行部数は7700万部を突破している。

     テレビアニメは1983年4月~86年10月、91年10月~92年9月にかけて放送されており、平均視聴率20%の人気で、7本の映画も制作。キャラクター消しゴム「キンケシ」は2億体を販売するなど大ブームとなった。

     今回の『キン肉マン』の新作アニメは、2006年3月に終了したテレビアニメ『キン肉マンII世』第3期以来、17年ぶりとなり、原作の嶋田氏は「面白いものが着実に出来上がっている、これははっきり言えることです。楽しみにもうしばし待っていてください」、作画の中井氏は「大きな期待もありますが、反面大きな責任も感じています。より一層、皆さんに楽しんで頂ける作品を描いて参ります」とコメントを寄せている。

     また、公開されたビジュアルは、筋肉隆々の背面を描いたキン肉マンが描かれており、17日より発売されるムック本『キン肉マンジャンプ Vol.4~「新アニメ決定&初代TVアニメ放送40周年」記念号~』の表紙イラストとして使用されている。

    ■ゆでたまご・嶋田隆司(原作シナリオ担当)コメント
     やっと皆さんを喜ばせられそうな嬉しい情報を発表できることになりました。『キン肉マン』アニメ化します。まだまだ伝えたいことはいっぱいあるし、皆さんも気になるだろうけど、今はこれしか言えないみたいなので、ごめんなさい。面白いものが着実に出来上がっている、これははっきり言えることです。楽しみにもうしばし待っていてください。

    ■ゆでたまご・中井義則(作画担当)コメント
     「キン肉マン」をもっと多くの方々に読んでもらうにはどうしたらいいか。ひたすらに絵の技術を磨き、一筆入魂で描き続ける以外にないと精進してきました。この思いが多くの方へ届くかもしれない機会がやっと訪れました。大きな期待もありますが、反面大きな責任も感じています。より一層、皆さんに楽しんで頂ける作品を描いて参ります。

    https://www.oricon.co.jp/news/2271818/full/

    【【漫画】「キン肉マン」17年振りのアニメ化に CVが誰になるか気になる件【神谷明さん希望?!】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ