キングダム


    キングダム (漫画) > キングダム 運命の炎 キングダム (映画) > キングダム2 遥かなる大地へ > キングダム 運命の炎キングダム 運命の炎』(キングダム うんめいお)は、2023年7月28日に公開予定日本映画。原作は原泰久による漫画『キングダム』。主演は山﨑賢人。2022年に公開された映画『キングダム2…
    7キロバイト (609 語) - 2023年6月9日 (金) 05:35
    この実写版 高評価みたいだな。mj

    1 muffin ★ :2023/06/19(月) 23:05:13.37ID:Bl0+e8o69
    https://www.cinematoday.jp/news/N0137529
    2023年6月19日

    原泰久の漫画を山崎賢人主演で実写映画化するシリーズの第3弾『キングダム 運命の炎』(7月28日公開)で長澤まさみ演じる楊端和のキャラクタービジュアルに「きたー!」「待ってました!」の歓声が沸くと共に、その美貌が注目の的になっている。
    中略

    鋭いまなざしが目を引く第3作のビジュアルが公開されると「美しすぎる」「最高」「ビジュアルのクオリティーすごい」「かっこいい」「やばい」と驚き、興奮の声が続々。久々の楊端和降臨に期待が高まっている。

    本作では、第2作『キングダム2 遥かなる大地へ』で初陣となる「蛇甘平原の戦い」で武功をあげた信が、百人の特殊部隊・飛信隊を率いて趙国との「馬陽(ばよう)の戦い」へ。そして、かつてエイ政を救い中華統一の夢に向かわせた恩人・紫夏(しか/杏)のエピソードも描かれる。

    本作では14日から19日にかけて全15種のキャラクタービジュアルを映画公式サイト・SNSで公開。楊端和のほか信、羌カイ(清野菜名)、飛信隊(岡山天音、三浦貴大、濱津隆之、真壁刀義、田中美央、やべきょうすけ、佳久創、町田大和ら)、エイ政、河了貂(橋本環奈)、昌文君(高嶋政宏)、趙荘(山本耕史)、馮忌(片岡愛之助)、万極(山田裕貴)、昌平君(玉木宏)、呂不韋(佐藤浩市)、紫夏、王騎(大沢たかお)、騰(要潤)が公開された。(編集部・石井百合子)

    全文はソースをご覧ください

    公式
    https://kingdom-the-movie.jp/

    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)


    (出典 kingdom-the-movie.jp)

    【【漫画】【映画】「キングダム 運命の炎」実写版キャストって 凄く気になるよな?!【キャスティングいい感じ??】【感想】】の続きを読む


    ゼルダの伝説シリーズ > ゼルダの伝説 ティアーズ オブ キングダムゼルダの伝説 ティアーズ オブ キングダム』(ゼルダのでんせつ ティアーズ オブ キングダム、The Legend of Zelda: Tears of the Kingdom)は、2023年5月12日に任天堂より発…
    16キロバイト (1,947 語) - 2023年5月18日 (木) 00:45
    任天堂も嬉しい事だろうよ。mj

    1 muffin ★
    https://www.famitsu.com/news/202305/17302942.html
    2023.05.17 22:11


    任天堂は、2023年5月12日に発売したNintendo Switch用ソフト『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』が、発売後3日間で1000万本(うち国内販売本数224万本)を突破したことを発表した。

    任天堂の販売タイトルとしては、2022年11月24日の『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』の世界販売本数1000万本突破に続いて、半年ぶりの記録となる。

    『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』は、2017年3月にNintendo Switch / Wii U用ソフトとして発売された『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の続編タイトル。前作から引き続き広大なハイラルが舞台となっているが、大地だけでなく、空などへも舞台が広がっているほか、さまざまな物体を自由に組み立てられる新システムも話題となり、SNSでは連日さまざまな動画が拡散される反響が続いている。

    https://store-jp.nintendo.com/list/software/70010000063713.html

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)

    【【ゲーム】「ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム」国外での売り上げが スゴい事に!!【日本では どうなのよ?!】【評価】】の続きを読む


    ゼルダの伝説シリーズ > ゼルダの伝説 ティアーズ オブ キングダムゼルダの伝説 ティアーズ オブ キングダム』(ゼルダのでんせつ ティアーズ オブ キングダム、The Legend of Zelda: Tears of the Kingdom)は、2023年5月12日に任天堂より発…
    15キロバイト (1,895 語) - 2023年5月14日 (日) 10:31

    やらない方がいい??mj

    1 シコリアン ★ :2023/05/12(金) 07:25:35.10ID:JKqf8Z2G9
    『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』がIGN本家のレビューで10点満点を獲得!「ブレワイ」が小規模な作品に思えてしまうほど作り込まれている!?
    傑作を新しい傑作で塗り替えた

    Updated 2023年5月11日21:03

    IGN本家が『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム(以下、TotK)』のレビューを掲載しており、10点満点のスコアを与えている。本作はIGN JAPANでも独自にレビューを進める予定だが、本稿ではトム・マークスが担当したIGN本家のレビューの内容を詳しく紹介していきたい。まずは判定部分の引用から始めよう。

    「TotK」はゲームの史上最高傑作のひとつである「ブレス オブ ザ ワイルド(以下、BotW)」の計り知れないほど素晴らしい続編である。

    実用的な改善点から、純粋によりワクワクするストーリーや可能性が遥かに広がるクリエイティブなビルディングメカニクスまで、ほとんどすべてにおいてさらなる飛躍をみせている。前作のマップをさらに魅力的にし、「BotW」が小規模な作品に思えてしまうほど膨大な新エリアをいくつも導入し、心配になるほどたくさんのクエストをプレイヤーに与え、多くの発見を提供し、自分が向かっていたはずの目的地にいつまでもたどり着かないだけの寄り道を用意している。任天堂は傑作を新しい傑作で塗り替え、ただでさえ想像を超えていた世界のスタンダードをさらに上――それこそ遥か雲の上――まで引き上げている。


    (全文はソースをお読み下さい)
    https://jp.ign.com/the-legend-of-zelda-tears-of-the-kingdom/67714/news/ign10

    【【ゲーム】「ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム」グラは目が疲れるらしいな…【老眼にはツラい…??】【評価】】の続きを読む


    ゼルダの伝説シリーズ > ゼルダの伝説 ティアーズ オブ キングダムゼルダの伝説 ティアーズ オブ キングダム』(ゼルダのでんせつ ティアーズ オブ キングダム、The Legend of Zelda: Tears of the Kingdom)は、2023年5月12日に任天堂より発…
    7キロバイト (744 語) - 2023年2月14日 (火) 14:33
    何か よー解らん事を…mj

    1 爆笑ゴリラ ★
    2023年2月14日

    『ゼルダの伝説』続編に不安の声! 前作マップの“使い回し”疑惑が賛否を巻き起こす

    前作が世に放たれてから約6年、2023年5月12日に満を持して発売される『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』。先日、その最新トレーラー映像が公開されたのだが、なぜか一部のファンからは不安の声が噴出しているようだ。

    新要素への期待が高まる一方で…

    『ゼルダの伝説』シリーズ最新作にあたる『ティアーズ オブ ザ キングダム』は、広大な大地と大空が広がった世界を舞台としたオープンワールドゲーム。

    最新トレーラーではストーリーの片鱗を感じさせるシーンや敵キャラクターとともに、大空と大地を駆け巡る主人公・リンクの姿が収録されている。

    また映像内にはリンクが乗り物に乗って空を移動する場面も登場。他にも車のような乗り物に乗車している姿も確認することができ、前作にはなかった新要素が目白押しだ。

    はやくもファンたちは傑作の予感に期待を膨らませているが、その一方でマップの“既視感”に違和感を隠せない人も多いようだ。

    前作『ブレス オブ ザ ワイルド』と類似したような地形が広がっていたため、《見覚えのある風景が多いけど、まさか 1のマップ使い回しじゃないよね?》《ブレワイから結構マップ流用してない?》《杞憂であってほしいけど、同じマップの焼き増しで大丈夫?》《6年かけてこれかよ》《DLCじゃあかんかったのか?》《マップを使い回すならタイトル変えるな》といった不満げな声が上がっている。


    新作は「空」と「地下」のマップを追加?

    そもそも今作は前作と同じハイラル王国が舞台となっているので、既視感のある風景が多いのは致し方ないことだろう。しかし6年も待ってマップが前作の使い回しとあれば、ファンががっかりするのも無理はない。

    とはいえ最新映像では、地上だけでなく空や地下を探索する様子も確認できる。かねてより今作の舞台は《ハイラルの空の上にまで広がる》と告知されているため、『ティアーズ オブ ザ キングダム』では、少なくとも「空」のマップが追加されることは信じてよさそうだ。

    また同作は、ボリューム的にも前作「ブレス オブ ザ ワイルド」からかなり増量することになる予定だ。

    任天堂のストアページによると、ゲームの必要容量(予定)は18.2GBと記載されているのだが、「ブレス オブ ザ ワイルド」は14.4GB。約4GBも多くなっているため、それだけ未知のマップも増えているかもしれない。

    ふたたび日本を代表する名作ゲームが誕生するのか、続報を心待ちにしていよう。

    https://myjitsu.jp/enta/archives/117849

    (出典 video.twimg.com)

    【【ゲーム】「ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム」続編疑惑に ツッコミの嵐が巻き起こった件【何が??】【評価】】の続きを読む


    ゼルダの伝説シリーズゼルダのでんせつシリーズ、英: The Legend of Zelda series)は任天堂が開発・発売しているコンピュータゲームシリーズ。 1986年初代『ゼルダの伝説発売以来、長きにわたってユーザーに支持されている、任天堂
    108キロバイト (14,373 語) - 2022年9月13日 (火) 21:02

    (出典 www.nintendo.co.jp)


    『ブレワイ』すらやってない人も…mj

    1 muffin ★ :2022/09/14(水) 01:07:37.27ID:CAP_USER9
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2209/13/news211.html

    任天堂は9月13日、同社の「ゼルダの伝説」シリーズの最新作となる、Nintendo Switch用ソフト「ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム」を2023年5月12日に発売すると発表しました。同日放送された「Nintendo Direct 2022.9.13」の中で発表されたもの。


    ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム [Nintendo Direct 2022.9.13]


    (出典 Youtube)




    (出典 i.imgur.com)



    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)

    【【ゲーム】「ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム 」来年の5月発売らしいけど 結婚先じゃね??【大人しく待てる??】】の続きを読む

    このページのトップヘ