キャラデザに


    チェンソーマン』(Chainsaw Man)は、藤本タツキによる日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて第1部「公安編」が2019年1号から2021年2号まで連載され、第2部「学園編」は『少年ジャンプ+』(同社)にて2022年7月13日より連載中。2022年9月時点でコミックス計11巻…
    92キロバイト (15,651 語) - 2022年9月29日 (木) 03:40

    (出典 otajo.jp)


    CVも ちょっと…mj

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/09/29(木) 10:01:12.66ID:CAP_USER9
    2022年9月29日
    カルチャー

    アニメ『チェンソーマン』に珍クレーム! マキマのお尻に海外ファンが激怒!?

    10月11日からアニメ放送開始となる『チェンソーマン』(テレビ東京ほか)。公開に先立ち、キャラクタービジュアルなどが続々発表されている中、ヒロインの1人であるマキマのデザインに対して抗議の声が殺到しているようだ。


    フェティッシュな体型だったのに…

    マキマといえば、デンジやアキといった男性陣たちを魅了するミステリアスなヒロイン。読者からも作中屈指の人気を誇るのだが、その魅力を裏打ちしているのが、パンツスタイルの映えるセクシーボディだ。

    ところがアニメ版のキャラデザインに関しては、落胆するファンが続出している模様。どうやら原作とは打って変わって、ボディラインのメリハリが少なくなってしまったのだという。

    とくに槍玉に上がっているのが、“お尻”のボリューム不足。国内はもちろん、海外のファンにも多大なショックを与えたらしく、世界規模のブーイングが起こっている。

    SNS上では、《マキマがナーフされるなんて》《マキマのお尻はアニメ界に取り返しのつかないことをした》《アニメでマキマのお尻が平たくなっているのを見て悲しい》《マキマのお尻が見られないならチェンソーマンをアニメ化する意味はないだろ?》といった嘆きが飛び交っていた。
    ボディは原作に忠実じゃない?

    これほどまでに落胆するファンが多いのは、同アニメが原作再現に力を入れていると宣伝してきたからかもしれない。

    今年7月にアメリカ・ロサンゼルスで行われた『アニメエキスポ2022』では、アニメ化を手掛けるスタジオ『MAPPA』の面々がインタビューに回答。そこでは、表現規制の少ないハードコアなシーンの重視や、原作者である藤本タツキも交えた制作など、原作を忠実にアニメ化しようとする意気込みが語られていた。

    原作リスペクトを標榜しているということで、魅惑のボディに過剰な期待をしてしまったマキマファンも多かったのだろう。実際、過剰な露出などが自主規制されることはあっても、ヒップのボリューム感が抑えられることはあまり想像できなかったのではないか。

    とはいえ、マキマが持つ魅力はお尻や体つきだけではないはず。アニメの中で動きがつき、声が乗った彼女を見て、新たな魅力を発見してほしいものだ。

    https://myjitsu.jp/enta/archives/112594


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 chainsawman.dog)

    【【漫画】【アニメ化】「チェンソーマン」マキマのキャラデザに 違和感?!【あのボディーラインは…】【感想】】の続きを読む


    桃太郎電鉄シリーズ > 桃太郎電鉄桃太郎電鉄』(ももたろうでんてつ)は、1988年12月2日にハドソンから発売された、ファミリーコンピュータ用ボードゲームソフト。「桃太郎電鉄シリーズ」の第1作目。 タイトルは、1987年に発売され本作と主要スタッフが共通しているRPG『桃太郎伝説』のセルフパロディ。
    14キロバイト (1,570 語) - 2020年11月9日 (月) 17:08



    (出典 akiba-souken.k-img.com)


    『やる気無くす』との意見も…mj

    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/11/09(月) 14:26:16.18 ID:CAP_USER.net

    「桃太郎電鉄」最新作、KONAMIとしては異例の“配信OK”タイトルに 「唯一の特例」「社内調整がたいへんだった」と開発者が明かす
    KONAMIはこれまで原則「個人への許可は行わない」というスタンスでした。
    [オピオン,ねとらぼ]

     11月19日発売予定のNintendo Switch用ソフト「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~」(以下、桃鉄令和)では、KONAMI作品としては例外的に、プレイ動画配信が公式に認められていることが分かりました。今作で副監督を務める桝田省治さん(@ShojiMasuda)のツイートによると「唯一の特例」「社内調整がたいへんだったらしいからもっと話題にしようよw」とのこと。激しいトップ争いも、友達をなくしそうな一方的な展開も「桃鉄令和」なら動画で全世界のプレイヤーと共有できます。


    (出典 image.itmedia.co.jp)


     昔に比べればかなり一般的になりつつあるものの、依然としてネタバレや著作権などの問題もはらんでいるゲームのプレイ動画配信。最近では一定のガイドラインを設けたうえで公式に配信を認めるメーカーも増えてきていますが、KONAMIの場合はこれまで、タイトルを問わず原則「個人への許可は行わない」という形を取っていました。もちろんPS4のシェアボタンやSwitchのキャプチャーボタンなど、ゲーム機本体の機能を使った配信や投稿についてはOKですが、この場合も収益化は不可能となっています。

     “その”KONAMIが今回、公式に配信を認めたというのは本当に異例のこと。2020年11月現在、「桃鉄令和」はKONAMI唯一の動画配信許可タイトルということになります(収益化の可否など詳細はまだ不明)。
        


    【【ゲーム】「桃太郎電鉄」最新作が 配信決定も キャラデザに不評の声!!【何なの??】【評価】】の続きを読む

    このページのトップヘ