イマイチ


    担当してくれるのは「大原 さやか」さん( @readingradio )! 大原さんからのスペシャルコメントも届いてるよー!みんなチェックしてね!! goo.gl/pyNmfm #デスチャ". X(旧Twitter)より2021年2月1日閲覧。 ^ “カードゲームアプリ『クロノマギア』サリー(CV:大原さやか
    188キロバイト (19,483 語) - 2023年10月13日 (金) 14:13
    人生色々だよ。mj

    1 爆笑ゴリラ ★ :2023/10/14(土) 08:16:00.11 ID:5c+4fk1i9
    10/14(土) 0:54配信
    日刊スポーツ

     アニメ「機動戦士ガンダムSEED C.E.73-STARGAZER-」のセレーネ・マクグリフ役などで知られる、声優の大原さやかが13日、X(旧ツイッター)を更新。離婚を発表した。

     大原は「【ご報告】私事で恐縮ですが、過日婚姻関係を解消致しました」と報告。2009年(平21)12月6日に1歳上の役者と結婚したと発表しており「発表する必要あるかな…?とだいぶ悩んだのですが、結婚の際に祝福して下さった方々へ、そして、毎年私の誕生日に『結婚記念日もおめでとう』とコメントやメッセージを添えてくださる方々へ、この場を借りてきちんとご報告させて頂こうと思いました」と説明。「これからも変わらず、ひとつひとつのお仕事に誠心誠意向き合って参りますので、引き続きどうぞよろしくお願い致します。大原さやか」とつづった。

     大原はラジオパーソナリティー、ナレーターとしても人気で、京急、相鉄、京王、都電荒川線、京成、西武など私鉄のホームアナウンスを広く担当している。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a263a593b0447681d6970b7337ffb1262da4f8fa

    【【声優】「モブせか」のミレーヌ役等の 大原さやかさん。離婚報告も イマイチパッと来ない件【最近では ナレ中心だから??】】の続きを読む


    SAND LAND』(サンドランド)は、鳥山明による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて、2000年23号から同年36・37合併号まで連載された。 鳥山明の作品『COWA!』や『カジカ』と同様に『ドラゴンボール』終了後、短期集中連載で描かれた作品であり、鳥山明が老人と戦車を描きたいということから創られた。…
    42キロバイト (6,424 語) - 2023年8月26日 (土) 12:50
    せっかく上映したのに…mj

    1 ネギうどん ★
    『ドラゴンボール』や『Dr.スランプ』などでお馴染み、レジェンド漫画家・鳥山明の漫画を原作とした劇場アニメ『SAND LAND』が8月18日に公開された。しかしその観客動員数は芳しくないようで、次々と不穏な情報が舞い込んできている。

    賛否両論『クレしん』最新作にすら敗北

    「SAND LAND」の原作は、2000年に『週刊少年ジャンプ』で短期集中連載された作品。悪魔の王子ベルゼブブが、魔物のシーフ、人間の保安官ラオと組み、砂漠のどこかにある「幻の泉」を探す危険な旅に出るというストーリーだ。

    今回の映画化は、そんな知る人ぞ知る“伝説の名作”を、サンライズ×神風動画×ANIMAが劇場アニメに仕立て上げるという触れ込みだった。

    しかし興行通信社が発表した8月18~20日の「週末観客動員数TOP10」によると、同作は初登場6位という微妙な順位。賛否両論を呼んでいる公開3週目の『しん次元! クレヨンしんちゃんTHE MOVIE 超能力大決戦 ~とべとべ手巻き寿司~』にすら敗北している。

    さらにX(旧ツイッター)上に、各地の映画館で座席が“ガラガラ”だったとのレポートが続出。《めっちゃ面白かったんだけど、何であんなガラガラなんだ…?》《公開最初の土曜にも関わらず、なぜか劇場はガラガラでした》《予想以上にガラガラでびっくりした》といった声が相次いでいる様子だ。

    「『SAND LAND』の上映規模はかなり大きく、上映館数は現時点で400館以上。にもかかわらず初登場6位という結果なので、よほど集客に苦戦しているのでしょう。

    8月25日からMX4Dでの上映も始まり、合計444館の公開規模になる予定ですが、今のペースでは到底採算が取れそうにありません。大ヒットを見込んでいた配給会社の関係者たちは、今ごろ頭を抱えていると思います」(映画ライター)

    次なるヒットの鍵は偽アーニャ?

    「ジャンプ」ファンから神のごとく崇められている鳥山明だが、ことアニメ化に関しては、ほかのジャンプレジェンドよりも勢いが劣っている。

    国内の興行収入で比べてみると、井上雄彦が監督・脚本などを務めた『THE FIRST SLAM DUNK』は150億円、尾田栄一郎全面監修の『ONE PIECE FILM RED』は197億円を記録。その一方、鳥山が原作・脚本・キャラクターデザインを担当した昨年6月の劇場アニメ『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』は、国内興行収入25億円程度で終わっている。

    同じ「ジャンプ」のレジェンド作家が全面監修したアニメ化作品のなかで、大きな差がついているのが現状だ。

    「鳥山作品のアニメ化が社会現象クラスのヒットに恵まれないのは、やはり想定ターゲット層の狭さが原因の1つでしょう。少年、もしくは少年の心をもった大人男性がターゲットのため、どれだけ口コミがよくても限界があります。

    しかも『SAND LAND』に関しては、鳥山作品マニアにしか響かないようなニッチな原作です。もし『Dr.スランプ』を映画化していれば、結果は違ったかもしれませんね。『SPY×FAMILY』人気にあやかって、“偽アーニャ”として売り出せば、ファミリー層も釣れたでしょう」(同)

    鳥山作品がふたたび国民的アニメとなる日は来るのだろうか。

    https://myjitsu.jp/enta/archives/121018

    【【アニメ】【映画】「SAND LAND」イマイチ観客が伸びないらしい件【昔の作品と言うけれど…】【感想】】の続きを読む


    西田 望見(にしだ のぞみ、1990年7月22日 - )は、日本の女性声優、歌手。マウスプロモーション所属。レコードレーベルはFlyingDog。岐阜県出身。明治大学卒業生。血液型はA型。愛称はのぞみる。 旧芸名は茅田望見(かやた のぞみ)。2012年までアイドル育成カフェ「AKIHABARAバッ
    70キロバイト (7,871 語) - 2021年7月22日 (木) 03:09



    (出典 pbs.twimg.com)


    反応が薄いのは可哀想かな…mj

    1 ひかり ★ :2021/07/22(木) 10:55:04.26

     テレビアニメ『マクロスΔ』マキナ・中島役などで知られる声優の西田望見が22日、自身のツイッターを更新。一般男性と入籍したことを報告した。

     書面にて西田は「世間が大変な状況の中で、私事で大変恐縮ですが、かねてよりお付き合いをしていた一般の方と入籍しましたことを誕生日という新しい一歩を踏み出すこのタイミングでご報告させていただきます」と報告。

     続けて「どんな時も心穏やかで冷静な判断ができる彼に支えられています。まだまだ未熟ですが、力をあわせて、幸せな笑いの絶えない家庭を築いていきたいと思います」とし、「これまで私を応援し支えて下さった皆様に心から感謝をお伝えするとともに、声優としてのお仕事も今まで以上に頑張って参ります。これからもどうぞよろしくお願いいたします」と伝えた。

     西田は『マクロスΔ』に出演する女性声優・歌手らによるグループ・ワルキューレのメンバー。『八月のシンデレラナイン』有原翼役、『武装少女マキャヴェリズム』眠目さとり役、『銀の墓守り』ファリン役などで知られる人気声優。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b7b807ada6acec7907511d7e4db46d5907770e7a


    【【声優】「ハチナイ」の有原翼役等の 西田望見さん。結婚!!めでたいんだけど 反応がイマイチ…【とりあえずおめでとう!!】】の続きを読む


    亜人』(あじん)は、桜井画門による日本の漫画作品。『good!アフタヌーン』(講談社)にて、23号(2012年7月6日発売)から2021年3月号(2021年2月5日発売)まで連載された。 単行本1巻には原作者として「三浦追儺」の名前があったが、2巻から(第5話以降)は全て桜井が担当している。
    81キロバイト (12,340 語) - 2021年2月4日 (木) 18:33



    (出典 cv.bkmkn.kodansha.co.jp)


    思ったより そんなに話題にはならなかった模様…mj

    1 ひかり ★ :2021/02/05(金) 00:29:42.00 ID:CAP_USER.net

     テレビアニメ化、実写映画化もされた桜井画門さんの人気マンガ「亜人」が、2月5日発売の連載誌「good!アフタヌーン」(講談社)3月号で最終回を迎え、約9年の連載に幕を下ろした。同号に「戦い続ける永井の物語、完結!」と掲載された。コミックス最終17巻が5月7日に発売される。

     「亜人」は、「good!アフタヌーン」で2012年に連載が始まった。交通事故をきっかけに、何度*でも生き返る新生物・亜人であることが判明した少年・永井圭が、警察などの捕獲作戦から逃れる姿や、亜人でテロリストの佐藤との戦いが描かれた。
     テレビアニメが2016年に放送され、劇場版アニメ3部作が2015~16年に公開された。俳優の佐藤健さん主演の実写映画が2017年に公開されたことも話題となった。


    【【漫画】「亜人」アニメ・実写化もあったけど イマイチぱっとしなかったみたいで悲しい…【9年間お疲れ様…】【感想】】の続きを読む


    彼女お借りします』(かのじょ りします)は、宮島礼吏による日本の漫画。『週刊少年マガジン』(講談社)で2017年32号から連載中。話数カウントは「満足度〇」。略称は『かのかり』。単行本は2020年8月時点で累計500万部を突破。 宮島が職業としての「レンタル彼女
    44キロバイト (5,936 語) - 2020年9月26日 (土) 07:58



    (出典 pbs.twimg.com)


    主人公がね...

    2 なまえないよぉ~

    まさか2期があるとは思わなかった


    【【アニメ】<彼女、お借りします>テレビアニメ第2期制作決定も反応イマイチww】の続きを読む

    このページのトップヘ