アメトークで


    チェンソーマン』(Chain saw Man)は、藤本タツキによる日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて第1部「公安編」が2019年1号から2021年2号まで連載され、第2部「学園編」は『少年ジャンプ+』(同社)にて2022年7月13日より連載中。2022年10月時点でコミックス計1…
    131キロバイト (20,913 語) - 2022年11月18日 (金) 13:38
    作品の評価を落としてどうする??mj

    1 朝一から閉店までφ ★
    2022年11月17日

    11月17日放送の「アメトーーク!」の一場面=テレビ朝日提供 1 / 3

    (出典 storage.mantan-web.jp)



     多彩な趣味や嗜好(しこう)の人気芸人らがさまざまな「くくり」で出演し、赤裸々トークを繰り広げる人気バラエティー番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)。11月17日は、藤本タツキさんの人気マンガ「チェンソーマン」の熱狂的ファンが集結する「チェンソーマン芸人」を午後11時20分から放送する。
     メンバーは、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の野田クリスタルさん、中川翔子さん、バカリズムさん、「品川庄司」の品川祐さん、ケンドーコバヤシ(ケンコバ)さん、お笑いトリオ「ジャングルポケット」の太田博久さん、「ウーピーウーピー」の吉川きっちょむさん。MC側ゲストは「銀シャリ」の橋本直さん。
     マンガ通のメンバーがキャラクターのコスプレをして登場し、チェンソーマンの魅力を解説する。
     作品は悪魔と契約する主人公・デンジの活躍を描く。主人公の戦う理由や技の名前が無いなど、少年マンガでおなじみのヒーロー像とはかけ離れている。
     ケンコバさんの「ささいな一コマ、ささいな一言が伏線回収のネタ振りになっている」との言葉通り、今後の展開を考察するファンも多い。野田さんは「2部に突入しても明かされていない謎が多くて、収録直前までみんなで考察していました」と話す。
     「読んだことがない」というMC蛍原徹さんと橋本さんも、各メンバーの考察や熱烈なプレゼンテーションを受け、一気にテンションが上がる。

    https://mantan-web.jp/article/20221117dog00m200006000c.html

    【【漫画】「チェンソーマン」『アメトーク』で 取り上げられたけど ただのネタバレだった件【作品 楽しみにしてる人は さぞやガッカリしただろう…】【感想】】の続きを読む


    チェンソーマン』(Chainsaw Man)は、藤本タツキによる日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて第1部「公安編」が2019年1号から2021年2号まで連載され、第2部「学園編」は『少年ジャンプ+』(同社)にて2022年7月13日より連載中。2022年10月時点でコミックス計12…
    126キロバイト (20,368 語) - 2022年11月3日 (木) 02:35
    『アメトーク』に取り上げられるって名誉??mj

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/11/03(木) 19:51:04.18ID:wtmZVKvT9
    2022.11.03 17:32

    毎回「○○芸人」と題し、テーマに沿った知識を持つ芸人たちがトークを繰り広げる番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)。11月17日の放送は、大人気作品『チェンソーマン』について語る〝チェンソーマン芸人〟に決定したのだが、アニメファンからは早くもブーイングが殺到しているようだ。

    2019年から2021年にかけて『週刊少年ジャンプ』に第1部が掲載され、今年10月よりテレビ東京系列でアニメの放送が始まった「チェンソーマン」。チェンソーマンに変身できる主人公・デンジが、悪魔や魔人と対峙する姿が描かれている。

    そんな同作を愛してやまない芸人を集め、「チェンソーマン芸人」が放送されることに。『マヂカルラブリー』野田クリスタルやバカリズム、『品川庄司』品川祐、『ウーピーウーピー』吉川きっちょむ、ケンドーコバヤシといった芸人以外に、番組常連の中川翔子の出演も決定。番組公式サイトには、「チェンソーマン」のキャラにコスプレした出演者の姿も公開されている。

    他にも人気作品はたくさんあるのに…

    しかし、同番組はまだ『鬼滅の刃』や『呪術廻戦』といった大ヒット作を取り上げていない。なぜ今「チェンソーマン芸人」を放送するのか疑問を持った人も多かったようで、ネット上では、

    《アニメの宣伝も兼ねてるのは承知の上だけど、アメトークでチェンソーマン芸人ってなんやねん。まだ鬼滅の刃芸人も呪術廻戦芸人もやってねーのによ》
    《「チェンソーマン芸人」はあるのに「鬼滅の刃芸人」がないのが永遠の謎》
    《鬼滅芸人すらまだなのに。この企画を爆速で持ってくるあたりが「マーケティング~!」って感じ》
    《鬼滅芸人とか呪術芸人を押さえて、先にチェンソーマン芸人は攻めてんな》
    《幾らなんでも「チェンソーマン芸人」は、ステマが過ぎるというか…。鬼滅やワンピースですら「○○芸人」やったことないやん》
    《チェンソーマンアニメが思いのほか賛否両論で、いろんなとこで宣伝して巻き返そうという作戦か?》
    などと指摘する声が見受けられる。

    「このタイミングで『チェンソーマン』を特集するのは、アニメが不人気だからと考えるファンも少なくありません。前評判は非常に高かったアニメですが、実際に放送が始まると《監督にセンスがない》《なんで邦画っぽく作ってるの?》といった批判の声が多く寄せられました。アニメ『チェンソーマン』は製作委員会を持っていないため、アニメ制作の『MAPPA』と版元の集英社が威信をかけて作った作品なので、宣伝に力を入れているだけでしょう。〝ステマ〟と叩かれていますが、全然ステルスではありません」(アニメライター)

    チェンソーマン芸人を放送することによって、より評判が悪くならなければいいのだが…。

    https://myjitsu.jp/archives/390181

    (出典 pbs.twimg.com)

    【【漫画】「チェンソーマン」『アメトーク』で取り上げられるらしいのだが 一部の漫画ファンには ブーイングも…【『視なきゃいいだけ』とも…】】の続きを読む

    このページのトップヘ