アニメって


    プロジェクト アニメ ウィクショナリーに関連の辞書項目があります。 アニメ アニメ アニメーション - アニメーション(Animation)の略語。アニメーションを用いて構成された映像作品全般を指す。アニメーションとは動かない絵や物体をコマ撮りと映写によって動いているように見せる表現技法。日本でのアニメ
    958バイト (183 語) - 2023年10月4日 (水) 04:48
    話題作 勢揃い?!mj

    1 愛の戦士 ★ :2023/12/28(木) 19:20:35.54 ID:DTpzbsxx9
    AbemaTimes 2023/12/27 16:00

     SNSサービス「X」のポストデータに基づき、2023 年のトレンドワードが発表された。アニメのトレンドTOP5も発表され、最もポストされたのは「機動戦士ガンダム 水星の魔女」だった。

     アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』は、MBS・TBS系にてSeason1が2022年10月より、Season2が2023年4月より放送された作品。巨大な経済圏を構築した「A.S.(アド・ステラ)122」という架空の時代を舞台に、初の女性主人公による物語となっている。TVアニメのガンダムシリーズとしては『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』以来、5年ぶりの新シリーズだった。

     なお、2位に「呪術廻戦」、3位に「葬送のフリーレン」がランクイン。さらに「進撃の巨人」「推しの子」が続いた。

    ※全文・詳細はリンク先で
    https://times.abema.tv/articles/-/10108263?page=1

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    ◆関連
    「Filmarks」2023年アニメ部門ランキングTOP10を発表 2位【推しの子】、3位『フリーレン』1位は…? [Anonymous★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1703560068/

    【【アニメ】Xで話題になったアニメって 実際話題になってるん??【2023大注目作?!】【感想】】の続きを読む


    アニメーション > 日本のアニメーション 日本のアニメーションでは、主にアニメーション日本使用について記述する。 アニメーションは、絵や物体など動かない素材を少しずつ動かしながら、撮影装置を用いてコマ撮りにし、スクリーンなどに連続映写することによってあたかも素材が動いているように見せる技法と…
    33キロバイト (4,531 語) - 2023年3月16日 (木) 09:14
    人気コンテンツの割にはね…mj

    1 樽悶 ★ :2023/07/17(月) 21:56:09.34 ID:nlLqu2ih9
    スラムダンクに登場するキャラクター「三井寿」のファンの唐仁さん。手には名前の由来になったという日本酒=2023年4月16日、上海市、井上亮撮影

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)


     「スラムダンク」「すずめの戸締まり」など、海外で日本アニメの大ヒットが相次いでいる。背景には、海外を拠点とする動画配信サービスの普及によって、世界のアニメファンのすそ野が広がっていることもあるようだ。

     日本アニメの市場規模は2011年の約1兆3千億円から、21年には約2兆7千億円と、10年で倍以上に拡大(「アニメ産業レポート2022」)。21年には全体のほぼ半分、約1兆3千億円を海外が占めた。

     アニメに詳しいジャーナリストの数土直志さんは、欧米や中国などの配信業者が主要な買い手となったことが大きいとみる。子ども向けが中心だった海外アニメとは異なり、日本アニメは10代~30代を中心に、より幅広い世代の鑑賞に堪える内容があり、ファンタジーから日常を描いた作品までジャンルが豊富なことも魅力に映るという。

     昨年は「チェンソーマン」(藤本タツキ原作)が、ソニーグループの米動画配信サービス「クランチロール」で世界配信されて人気を集め、今年はネットフリックスでの配信が控える「PLUTO」(浦沢直樹×手塚治虫原作)が話題となっている。

     数土さんは「日本アニメは多くの人に見られるコンテンツ。サブカルチャーとされてきたアニメは、いまやメインカルチャーだと配信業者も気がついたのです」。

     配信業者にとっては、「コスパのよさ」も魅力だという。欧米の人気ドラマの制作費は1話数億円とも言われる一方、日本アニメは数千万円。「破格の安値」もあって配信が増えた結果、海外でもファンの裾野が広がっていったとみる。

     ただ、「コスパのよさ」には弊害もあると数土さんは指摘する。海外で高まる人気の一方で、国内ではアニメ制作を手がける中小のスタジオ(制作会社)の経営難などが課題となっている。(黒田健朗)

    7/15(土) 9:00配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/dba5d834a8bd758ad222ee319c737d6002a1aac7

    ★1:2023/07/17(月) 19:26:51.45
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1689589611/

    【【アニメ】日本のアニメって 外国での評価は高いのだが なかなか儲けにならないらしいな【どうして??】【感想】】の続きを読む


    プロジェクト アニメ アニメ アニメーション - アニメーション(animation)の略語。アニメーションを用いて構成された映像作品全般を指す。アニメーションとは動かない絵や物体をコマ撮りと映写によって動いているように見せる表現技法。日本でのアニメーションの使用全般については「日本のアニメーション」を参照。…
    987バイト (179 語) - 2023年1月29日 (日) 03:25
    パチスロから知った人も。mj

    1 ◆8iY.HttYmFe3 愛の戦士 ★ :2023/03/16(木) 10:23:55.28ID:skA6484c9
    マグミクス 2023.03.16

    アニメ・マンガを問わず、多数の作品がパチンコ化される現代。演出の進化などのおかげか、意外にもパチンコ経由で作品にハマったという人は少なくありません。まったくアニメに興味がなかった人をも惹きつける、パチンコ化がきっかけで人気に拍車がかかった作品とは?

    パチンコならではの夢の共演!
     「AKB48」や「倖田來未」さんなどをはじめとして、パチンコ化されて人気がさらに沸騰するパターンは多いですよね。さまざまな題材を取り扱うパチンコ業界ですが、なかにはパチンコ化によって人気に拍車がかかったと言われている作品も。パチンコならではの独自演出や夢の競演などで原作ファンを楽しませるだけでなく、非オタにアニメへの興味を抱かせた作品とは? アニメとパチンコの融合でどんな魅力が生まれたのか、代表的な3作品を見ていきます。

     まずご紹介するのは、いまやパチンコ業界にはなくてはならない存在となった『新世紀エヴァンゲリオン』をチョイス。アニメ版は1995年に放送され、斬新な映像と独特なストーリー展開などから人気を博しました。TVアニメ終了後も劇場版などが発表されていましたが、2004年のパチスロ化で人気が再爆発。2005年にはファン待望のパチンコ化を果たし、アニメを忠実に再現した演出と数々の名セリフで人気を博しました。しかしファンも納得するほど力の入ったさまざまな演出は、原作ファン以外からの支持も集める結果に。

     パチンコのヒットも受けつつ、2008年には新作劇場版『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の上映が発表。以後劇場版は最新作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』まで合計4部作を公開し、いずれも大ヒットを記録しました。

     競うようにパチンコも続々と最新作が登場。最近ではなんと『ゴジラ対エヴァンゲリオン~G細胞覚醒~』と、アニメでは夢のような『ゴジラ』とのバトルシーンが描かれたIFストーリーも展開しています。アニメ・パチンコの両ファンともが納得する、パチンコ化大成功の代表タイトルともいえるでしょう。

     続いては40年以上の歴史を誇る『マクロス』シリーズ。ロボットアニメでありながら「歌」をメインテーマにするユニークな世界観と、三角関係など複雑な恋愛物語を描く大人気作品です。同シリーズの25周年記念作品である『マクロスF』は、2011年のパチンコ化直後から驚きのスピードで大人気に。パチンコは大当たり中に音楽が演出を彩るため、名曲が多い『マクロス』シリーズとの相性は抜群だったのかもしれません。特にリーチ演出中の楽曲は「外れてもなんだか楽しめる」と、パチンコファンにも愛されています。

     Twitter上でも「パチンコ人気でエヴァの新劇が見られるなら大感謝しかない」「友人がパチンコをきっかけにマクロスのアニメを見るようになった」など、パチンコとの相乗効果を喜ぶ声が多い様子。作品の人気が復活するだけでなく、作品の布教にも繋がったのは意外な話ですね。

    CMが話題となったロボットシリーズ!パチンコ台でも合体!?
    ※続きはリンク先で
    https://magmix.jp/post/143802

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)

    【【アニメ】パチスロ好きに 人気があるアニメって何??【音楽・演出共に良い!!】】の続きを読む


    チェンソーマン』(Chain saw Man)は、藤本タツキによる日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて第1部「公安編」が2019年1号から2021年2号まで連載され、第2部「学園編」は『少年ジャンプ+』(同社)にて2022年7月13日より連載中。2023年1月時点でコミックス計13…
    146キロバイト (23,005 語) - 2023年2月5日 (日) 02:27
    人気作品だからこその タイアップ?!mj

    1 首都圏の虎 ★ :2023/02/05(日) 18:54:00.88ID:nvXAQof09
    アニメ『チェンソーマン』のオープニングテーマ、米津玄師の『KICK BACK』が「令和4年アニソン大賞」に選ばれた。いわゆるアニソンシンガーが、サビで作品名や主人公の名を叫ぶような昭和のアニメ主題歌は無くなり、最近はテレビドラマや映画の主題歌をヒットさせるJ-POPアーティスト達がアニメ主題歌を歌うことが当たり前になって来ている。もちろん、主演の声優アーティストが主題歌を歌うというケースは今でもあるが、社会現象となるようなヒットアニメの主題歌を手掛けるのはJ-POPアーティストがほとんどだ。今回は、そんな最新アニソン事情をチェックしてみよう。

    J-POPアーティストが主題歌を歌ってヒットしたアニメと言えば、最近の例では、『SPY×FAMILY』を思い浮かべる人が多いだろう。第1クールでは、Official髭男dismと星野源が主題歌を担当し、アニメと共に曲も大ヒット。特に、オープニングの髭男の『ミックスナッツ』は、現在までにストリーミング累計3億回再生を突破している。そして、3か月後に再開した第2クールでは、BUMP OF CHICKENとyamaが主題歌を担当。次はこう来たか…と、アニメファンのみならず、音楽ファンも熱い視線を送った。今年は、Season2と劇場版の制作も発表されている。放送時期や公開時期などの詳細はもちろんだが、主題歌を歌うアーティストは誰なのか?続報を楽しみに待ちたい。

    『少年ジャンプ+』からアニメ化されて社会現象となった、この『SPY×FAMILY』の大ヒットに続き、昨年、アニメ化されたのが『チェンソーマン』だ。同じく、アニメ化が待ち望まれていた作品なだけに、米津玄師が主題歌を担当すると発表された時、原作ファンの期待値は一気に高まったことだろう。米津と言えば、テレビドラマ『アンナチュラル』の主題歌『Lemon』で本格的にブレイクを果たし、その後もドラマ『MIU404』、映画『シン・ウルトラマン』など話題作の主題歌を担当。毎回、作品の世界観を見事に表現した楽曲を提供し、作品のヒットを後押しして来た。

    そんな米津だが、今回はKing Gnuの常田大希との共同アレンジで『チェンソーマン』の攻撃的な世界観やスピード感を表現して、ファンの期待に応えた。米津×常田という天才同士のコラボレーションは、音楽ファンもワクワクが止まらなかったに違いない。ちなみに、テレビ朝日の『関ジャム 完全燃SHOW』の新年恒例企画「プロが選ぶ年間マイベスト10曲」にて、音楽プロデューサーの蔦谷好位置は、「(良くて当然なので)よほどのことがない限り、米津と髭男は選ばない」と断言していたのだが、2022年のマイベスト10曲の中に『KICK BACK』を選出。そのくらい、蔦谷にとっても衝撃を受けた1曲だったようだ。

    全文はソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cca351601fef457873245750488fffa5b70826bb

    【【アニメ】「チェンソーマン」米津玄師さんって このアニメのおかげで 全世界に知名度が上がるか??【アニメって威力があるからな】】の続きを読む


    アニメ アニメーション - アニメーション(animation)の略語。アニメーションを用いて構成された映像作品全般を指す。アニメーションとは動かない絵や物体をコマ撮りと映写によって動いているように見せる表現技法。日本でのアニメーションの使用全般については「日本のアニメーション」を参照。 アニメ (日本のアニメーション作品)…
    991バイト (177 語) - 2023年1月24日 (火) 13:20
    スタッフ不足のせいか??mj

    1 Hitzeschleier ★ :2023/01/26(木) 22:32:24.36ID:QMLddvoI
    2023年1月26日
    https://www.itmedia.co.jp/news/spv/2301/26/news178.html

    アニメの放送延期が相次いでいる。1月22日から24日にかけて放送中のアニメ3作品の延期が発表され、ファンの間で驚きの声が広がっている。

    22日には「NieR:Automata Ver1.1a」の製作委員会が4話以降の放送延期を発表した。28日以降は1話から3話を再放送するという。

     23日には「あやかしトライアングル」5話以降の放送延期が決まった。2月6日以降は1~4話の再放送とし、5話以降の予定は近日中に公表する。


     24日には「久保さんは僕を許さない」の7話以降の放送延期が明らかに。今期の再開は期待できない模様で、4~6月期に改めて第1話から放送するとしている。


    (出典 image.itmedia.co.jp)

    久保さんは僕を許さない製作委員会のお知らせ。新型コロナの感染拡大を理由に挙げているが、中国とは書いていない

     NieR:Automataは延期の理由を「中国における新型コロナウイルス感染拡大の影響」と説明。他の2作品は中国とは書いていないが、やはり「感染拡大の影響」としている。

     アニメ制作の下請けに中国企業が多いことは知られているため、SNSでも「中国はコロナ(感染)多いようだから仕方ない」といった声が多く聞かれた。中には「中国に頼った結果」「スケジュールに無理がある」といった辛口な意見、実は感染拡大より「春節の影響ではないか」といぶかしむ声もあった。

     コロナ禍以降、アニメの放送延期は頻発している。2022年には東映アニメが外部からの不正アクセスを受け「デリシャスパーティプリキュア」「ONE PIECE」など複数の作品の放送予定に影響を受けた他、「ゴールデンカムイ」はメインスタッフの急逝により放送を延期せざるを得なくなっている。

     中国の感染拡大が注目を集めたのは「異世界おじさん」からだった。もともと7~9月期に放送していた同作品は、放送延期後に10~12月のアニメとして再スタート。しかし終盤になって再度の放送延期を発表し、最終話(13話)は未放送のままとなっている。


    (出典 image.itmedia.co.jp)

    アニメ「久保さんは僕を許さない」 © 雪森寧々/集英社・久保さんは僕を許さない製作委員会


    (出典 image.itmedia.co.jp)

    「NieR:Automata Ver1.1a」 © SQUARE ENIX/人類会議


    (出典 image.itmedia.co.jp)

    「あやかしトライアングル」 © 吹健太朗/集英社・あやかしトライアングル製作委員会

    【【アニメ】最近のアニメって 放送休止多くね??【面白い作品なら 残念やけどな…】】の続きを読む

    このページのトップヘ