アニメ


    チェンソーマン』(Chain saw Man)は、藤本タツキによる日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて第1部「公安編」が2019年1号から2021年2号まで連載され、第2部「学園編」は『少年ジャンプ+』(同社)にて2022年7月13日より連載中。2022年10月時点でコミックス計1…
    136キロバイト (21,665 語) - 2022年11月30日 (水) 15:13
    『ちょる』って 西日本限定??mj

    20 風の谷の名無しさん@実況は実況板で (ワッチョイ 89c0-RPwI [160.237.156.47]) :2022/12/01(木) 21:44:44.06ID:+nrWnPJI0
    一番チェンソーマンのアニメ監督になってはいけない人がなった結果よ

    (出典 i.imgur.com)

    【【アニメ】「チェンソーマン」姫野は 結局何処出身なんや??【あの言葉って 東京じゃないよな】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    邪神ちゃんドロップキック』(じゃしんちゃんドロップキック)は、ユキヲによる日本のウェブコミック作品。『COMIC メテオ』(フレックスコミックス)にて2012年4月25日より連載中。2020年10月時点で累計発行部数は約100万部を記録している。 第148話「危険な存在」は2019年7月中までの…
    114キロバイト (15,865 語) - 2022年12月1日 (木) 11:31
    地域限定作では トラブってたよな。mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2022/11/30(水) 23:11:43.63ID:aY7X9Cs6
    オリコン2022-11-30 21:47
    https://www.oricon.co.jp/news/2258853/

    テレビアニメ『邪神ちゃんドロップキック』の続編となるOVAが制作されることが決定した。

    公式ツイッターでは「クラウドファンディング開始から35分で3000万円突破!アニメ続編(OVA)製作決定!本当に本当にありがとうございます!」と報告している。

    同作は、『COMIC メテオ』にて2012年4月25日より連載中のWEB漫画が原作で、魔界の悪魔、通称「邪神ちゃん」とブラックな心を持つ女子大生「花園ゆりね」が繰り広げる同居生活コメディー。テレビアニメが2018年より放送がスタートし、第3期まで放送された。

    また、富良野市議会の決算審査特別委員会が今月、市がふるさと納税で制作費を募り、今夏に放送された富良野編のアニメ内容の一部が不適切だと判断し、ファンなどが「え…まじかよ」「作品の面白さを理解できてないのか!」などと話題となった作品。しかし本日30日に行われた本会議で、認定と不認定が8対8の同数となったうえで、議長裁決で認定されていた。

    【【アニメ】「邪神ちゃんドロップキック」実は人気あるん??【クラファン集まったもんな!!】】の続きを読む


    』→『奇跡の魔法!』 『映画 プリキュアリームスターズ!』→『ドリームスターズ!』 『映画 プリキュアスーパースターズ!』→『スーパースターズ!』(10作目) 『映画 HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』→『メモリーズ』(15周年記念映画) 『映画 プリキュアミラクルユニバース』→『ユニバース』…
    220キロバイト (25,828 語) - 2022年11月30日 (水) 04:37
    今度はどの層向け??mj

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/11/30(水) 06:12:25.68ID:maNC1JmL9
    2022年11月30日

    「プリキュア」シリーズの第20弾「ひろがるスカイ!プリキュア」のロゴ(C)ABC-A・東映アニメーション 1 / 1

    (出典 storage.mantan-web.jp)


     人気アニメ「プリキュア」(ABCテレビ・テレビ朝日系)シリーズの第20弾のタイトルが「ひろがるスカイ!プリキュア」となることが11月30日、分かった。翼のようなモチーフが描かれたタイトルロゴも公開された。詳細は今後、発表される。
     「プリキュア」シリーズは、普通の女の子が伝説の戦士プリキュアに変身し、さまざまな困難に立ち向かう姿を描くアクションファンタジー。第1弾「ふたりはプリキュア」が2004年2月にスタートし、現在は第19弾「デリシャスパーティ プリキュア」が放送中。
     ◇これまでの「プリキュア」シリーズのタイトル
     「ふたりはプリキュア」(2004年)▽「ふたりはプリキュア Max Heart」(2005年)▽「ふたりはプリキュア Splash☆Star」(2006年)▽「Yes!プリキュア5」(2007年)
    ▽「Yes!プリキュア5GoGo!」(2008年)▽「フレッシュプリキュア!」(2009年)▽「ハートキャッチプリキュア!」(2010年)▽「スイートプリキュア♪」(2011年)▽「スマイルプリキュア!」(2012年)
    ▽「ドキドキ!プリキュア」(2013年)▽「ハピネスチャージプリキュア!」(2014年)▽「Go!プリンセスプリキュア」(2015年)▽「魔法つかいプリキュア!」(2016年)▽「キラキラ☆プリキュアアラモード」(2017年)▽「HUGっと!プリキュア」(2018年)
    ▽「スター☆トゥインクルプリキュア」(2019年)▽「ヒーリングっど プリキュア」(2020年)▽「トロピカル~ジュ!プリキュア」(2021年)▽「デリシャスパーティ プリキュア」(2022年)

    https://mantan-web.jp/article/20221129dog00m200036000c.html

    【【アニメ】 プリキュアシリーズって ネタ切れは無いのか??【モチーフは無限大!!】】の続きを読む


    チェンソーマン』(Chain saw Man)は、藤本タツキによる日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて第1部「公安編」が2019年1号から2021年2号まで連載され、第2部「学園編」は『少年ジャンプ+』(同社)にて2022年7月13日より連載中。2022年10月時点でコミックス計1…
    136キロバイト (21,665 語) - 2022年11月30日 (水) 10:11
    アニメにすると コンプライアンスがねぇ…mj

    1 Anonymous ★ :2022/11/30(水) 13:08:04.92ID:ziOTDO0y9
     テレビ東京系で毎週火曜24時から放送されているアニメ『チェンソーマン』が、盛り上がりをみせている。本作は、チェンソーの悪魔と契約した少年デンジが、公安のデビルハンターとして戦う姿を描いた物語で、原作は『週刊少年ジャンプ』で藤本タツキが連載していた同名漫画。現在は漫画アプリ『少年ジャンプ+』で第2部が毎週配信されているのだが、アニメと同じ火曜24時に最新話が配信されるため、火曜24時のSNSは『チェンソーマン』の話題でもちきりである。筆者も『週刊少年ジャンプ』で連載されていた時から『チェンソーマン』のファンだったので、アニメ化は楽しみにしていた。

     アニメ版『チェンソーマン』は、原作漫画の中にあった映画的な持ち味を活かした作りとなっており、実写映画的なアプローチが強まっている。大きな違いはアクションの見せ方だろう。たとえば第1話の、デンジがチェンソーマンに変身してゾンビの悪魔が率いる無数のゾンビたちと対決する場面は、漫画では見開きの大ゴマでデンジがゾンビたちと対峙する場面を描いた後、細かい戦闘描写は大胆に省略されている。対してアニメ版では、ゾンビと戦う場面を丁寧に描いており、動きの激しいアクションとカメラワークを用いることで、立体感のある戦闘シーンとなっている。


     第3話でデンジとコウモリの悪魔が戦う場面も同じアプローチとなっているのだが、静止画の連続によって読者に行間を想像させる漫画と、画を動かすことで物語を紡ぐアニメの違いが大きく表れている。また、第5話でマキマが「銃の悪魔」について語るくだりは、漫画では「11月18日 午前10時」「『銃の悪魔』日本に26秒上陸」「5万7912人 死亡」「アメリカ124秒上陸 54万8012人 死亡」と、各国の死亡者数を次々と表記していく場面があったのだが、アニメ版ではカットされている。好きなシーンだったため、カットされたこと自体は残念だったが、逆にカットされたことでこの描写が、漫画ならではの表現だったことに気付かされた。

     アニメ版『チェンソーマン』は、漫画的表現を封印し、動かすことで全てを表現する映画的手法に落としこもうとしている。その姿勢はとてもストイックなもので、中山竜監督を中心とするアニメスタッフが、原作をリスペクトしているからこそ、漫画をそのままなぞるのではなく、アニメだからこそできる表現を追求していることがよくわかる。

    続きはソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/12f5b94ac5eeb63bbf9e867534ce8b2b5e910ac0

    【【アニメ】「チェンソーマン」原作の方がいいのかどうか よく解らない件【原作ファンには 不評らしいな】【感想】】の続きを読む


    鬼滅の刃』(きめつやいば)は、吾峠呼世晴による日本漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号から2020年24号まで連載された。略称は「鬼滅」。単行本(全23巻)累計発行部数は、2021年2月時点で1億5000万部を突破している。 日本大正時代を舞台に、主人公少年が
    417キロバイト (73,026 語) - 2022年11月23日 (水) 14:46
    鬼滅バブルって何だよ??mj

    1 爆笑ゴリラ ★
    2022.11.29 11:04

    アニソン歌手・LiSAによる、約2年ぶりとなる6枚目のオリジナルフルアルバム『LANDER』が11月16日に発売された。

    一般知名度もある話題曲が多数収録されているにもかかわらず、売り上げはイマイチ振るわないようだ。

    「LANDER」に収録されているのは、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌『炎』や『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』の主題歌『往け』など、豪華タイアップ曲を多数含む全14曲。

    アニメ主題歌だけでなく、テレビ朝日系の「FIFA ワールドカップ カタール 2022」テーマソング『一斉ノ喝采』なども収録しているものの、アルバムの売り上げはイマイチのようだ。

    オリコンが発表した28日付の週間アルバムランキング(11月14日~11月20日))では初登場3位にランクインしているが、推定売上枚数は2万6500枚ほどだった。

    「LiSAといえばアニメ『鬼滅の刃』のオープニングテーマ『紅蓮華』で一躍時の人となり、その後も『炎』や『明け星』などで人気を博しました。人気絶頂の2020年にリリースしたシングル曲『炎』は、オリコンの『週間シングルランキング』で初登場第1位を獲得。発売初週には、6万8000枚の売り上げを記録しています。また同日に発売されたアルバム『LEO-NiNE』も初週6万6000枚を記録し、令和初のシングル&アルバム同時1位を獲得しました。当時の人気と比べると、今回のアルバム売り上げは半分以下に減少しています」(音楽ライター)


    鬼滅ブーム終焉でLiSA大ピンチ?

    また、3年連続で出場していた『NHK紅白歌合戦』の出場も逃してしまったLiSA。2020年から続いていた〝鬼滅バブル〟の終焉が近づいていることに、ネット民も気がついているようで、SNS上では

    《一斉ノ喝采で紅白出るかと思ったんだけどな…》
    《鬼滅の歌手枠にはAimerがいるから、LiSAはもう出る枠がない…》
    《LiSAはもうアニメ以外売れないやろ》
    《Aimerさん出場でLiSAさん出ないって時代の移り変わりが早すぎる》
    といった声が多く見受けられる。

    「LiSAのメディア露出が激減したのは、2021年7月に夫である声優・鈴木達央の不貞行為が明らかになった頃から。LiSAはすぐに復活したものの、一部の活動を休止していました。さらに、同年12月より放送されたアニメ『鬼滅の刃』遊郭編の主題歌は、LiSAと同じ事務所ソニー・ミュージックレーベルズに所属するAimerへとバトンが引き継がれました。LiSAといえば鬼滅、と言われていた時代はもう終わりを迎えたのかもしれません」(同・ライター)

    「鬼滅の刃」という後ろ盾を失ったLiSAは、歌手として再起できるのだろうか…。

    https://myjitsu.jp/archives/395540

    【【アニメ】「鬼滅の刃」LiSAって このアニメのイメージ強くね??【違うの??】】の続きを読む

    このページのトップヘ