アニメ


    2024年4月19日閲覧。  ^ “「ユーリ!!! on ICE 劇場版 : ICE ADOLESCENCE」 公開延期のお知らせ”. ユーリ!!! on ICE公式サイト (2019年9月6日). 2019年9月6日閲覧。 ^ “「ユーリ!!! on ICE 劇場版 : ICE ADOLESCENCE」製作中止を発表”…
    62キロバイト (7,105 語) - 2024年4月19日 (金) 05:38
    本当の理由は??mj

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/04/19(金) 12:25:29.26 ID:b01UKyw8
     公開が延期されていた『ユーリ!!!on ICE劇場版:ICE ADOLESCENCE』が、製作中止となった。公式サイトで19日までに発表された。同作は2019年の公開を予定していた。

     同作の製作委員会とアニメ制作会社のMAPPAの連名で発表。「お待たせしてしまっていた何年もの間、変わらぬ声援を送ってくださった皆様のご期待に応えることができず、誠に申し訳ございません」と伝え、「本作品を製作委員会・スタッフ一同でつくりあげ、皆様のもとに届けるべく、度重なる協議や調整を続けてまいりましたが、諸般の事情により製作を断念せざるを得ないという判断に至りました」と説明。

     最後に「本作品の公開を心待ちにして下さっていたすべての皆様に、心よりお詫び申し上げます」と締めくくった。

    ■(以下、発表全文)

    「ユーリ!!! on ICE 劇場版: ICE ADOLESCENCE」製作中止のお知らせ

    いつも「ユーリ!!! on ICE」を応援していただき、誠にありがとうございます。
    公開を延期していた「ユーリ!!! on ICE 劇場版:ICE ADOLESCENCE」について、このたび製作を中止させていただくことになりました。

    お待たせしてしまっていた何年もの間、変わらぬ声援を送ってくださった皆様のご期待に応えることができず、誠に申し訳ございません。

    本作品を製作委員会・スタッフ一同でつくりあげ、皆様のもとに届けるべく、度重なる協議や調整を続けてまいりましたが、諸般の事情により製作を断念せざるを得ないという判断に至りました。

    本作品の公開を心待ちにして下さっていたすべての皆様に、心よりお詫び申し上げます。

    ユーリ!!! on ICE 製作委員会
    株式会社MAPPA

    https://www.oricon.co.jp/news/2323520/full/

    【【アニメ】「ユーリ!!!on ICE劇場版:ICE ADOLESCENCE」延期から中止になったとの事だが、原因は国のせいなの??【そんなに、大事だったの??】【感想】】の続きを読む


    怪獣8』(かいじゅうはちごう、英語: Kaiju No.8)は、松本直也による日本の漫画作品。怪獣発生率が世界屈指となっている架空の日本を舞台としたバトル漫画。ウェブコミック配信サイト『少年ジャンプ+』(集英社)にて、2020年7月3日より連載中。 毎週金曜更新とされているが、描き溜めが無くなっ…
    60キロバイト (8,624 語) - 2024年4月14日 (日) 12:57
    せっかくアニメ化したのにね…mj

    1 ひかり ★
     集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」で連載中の松本直也さんの人気マンガが原作のテレビアニメ「怪獣8号」の先行上映会が3月31日、TOHOシネマズ日比谷(東京都千代田区)で開催され、主人公・日比野カフカ役の福西勝也さんら声優陣が登場した。2021年に「次にくるマンガ大賞2021」のウェブマンガ部門の大賞に選ばれ、コミックスの累計発行部数は1200万部以上の話題作が原作で、福西さんはアニメについて「世界に誇れる作品になっていると思います」と熱く語った。

     福西さんは「声優というお仕事で自分が関われることは小さく、アニメはたくさんのスタッフの方々の努力の結晶です。小さな存在の自分が何で貢献できるか? 代表をしているような顔をして、熱い魂をお届けすることだと思った」と同作への思いを明かした。

     上映会には、亜白ミナ役の瀬戸麻沙美さん、市川レノ役の加藤渉さん、四ノ宮キコル役のファイルーズあいさん、保科宗四郎役の河西健吾さんも登壇した。
     福西さんと加藤さんは、大画面で同作を見る機会があったといい、福西さん「ため息がでました。音、すげえ!って」と話し、加藤さんは「音が素晴らしい!」とうなずいた。

     ファイルーズさんが「音楽がとにかく素晴らしい。胸を打たれました!」、瀬戸さんが「世界に引き込まれました。没中して、圧倒されました!」、河西さんが「映像美が素晴らしい!」と熱弁した。

     「怪獣8号」は、2020年7月から「少年ジャンプ+」で連載中。怪獣が容赦なく日常を侵す怪獣大国・日本を舞台に、謎の生物に体を怪獣化された主人公・日比野カフカの活躍を描く。アニメは「攻殻機動隊」シリーズなどのProduction I.Gが制作し、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズなどのスタジオカラーが“怪獣デザイン&ワークス”を担当する。テレビ東京系ほかで4月13日から毎週土曜午後11時に放送される。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4777b1da6b0c505e6d9c714fe6461228406a9b8b

    【【アニメ】「怪獣8号」声優陣は推してるけど、思ってたより盛り上がらない件【逆に不評みたいやで?!】【感想】】の続きを読む


    プロジェクト アニメ ウィクショナリーに関連の辞書項目があります。 アニメ アニメ アニメーション - アニメーション(Animation)の略語。アニメーションを用いて構成された映像作品全般を指す。アニメーションとは動かない絵や物体をコマ撮りと映写によって動いているように見せる表現技法。日本でのアニメ
    958バイト (183 語) - 2023年10月4日 (水) 04:48
    昔を知ってたら、再アニメはダメ??mj

    1 ひかり ★
     現在放送中のアニメ版『ONE PIECE(ワンピース)』が最終章へ突入しているなか、『THE ONE PIECE』として原作1話目からの新アニメシリーズの制作が決定しています。過去にもさまざまな事情があり、複数回にわたってアニメ化された作品があります。今回は、なかでも賛否を巻き起こしながら「再アニメ化」された3タイトルを見ていきましょう。

    ●『鋼の錬金術師』

    『鋼の錬金術師』は2003年に初アニメ化されるも、まだ当時は原作マンガが連載中ということもあり、途中からアニメオリジナル、いわゆる「アニオリ」のストーリーが展開されました。

     錬金術の存在する世界で、兄の「エドワード・エルリック」(以下、エド)と弟の「アルフォンス・エルリック」(以下、アル)のふたりの主人公は、亡き母を蘇らせるため、禁忌であった人体錬成に手を出して失敗。その代償としてエドは右腕と左足を、アルは魂以外の全身を奪われてしまいます。そして元の姿に戻るために手掛かりとなる「賢者の石」を求め旅に出ます。この大枠は原作と同じですが、途中からアニオリのストーリーになっていきます。

     特に最終回は完全オリジナルで、エドが現実世界のドイツへ転生するところで終了し、後の『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』につながるストーリー展開となりました。

     また、当時話題となったのは登場人物の「ロゼ」のアニオリ展開、通称「ロゼ事件」です。ロゼは軍に連行され、暴行を受けたと思わせるオリジナルの描写がされました。このシーンには良い印象を持たなかった人が多かったようで、後の「アニメディア」2004年10月号でのインタビューで、原作者の荒川弘先生も「私が目指す少年マンガにおける娯楽の範囲から逸脱していた」と苦言を呈したほどでした。

     一方で、再アニメ化となる2009年版『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』では、原作のストーリーに沿った展開で最終回まで描かれ、原作ファンにとっても満足度の高い内容となったようです。

    ●『封神演義』

    『封神演義』は、藤村竜先生により1996年から2000年にかけて「週刊少年ジャンプ」で連載されていたマンガで、1999年に初代のアニメ作品『仙界伝 封神演義』が放送されました。

     仙人界の道士である主人公の「太公望」が、悪の仙人を封じるための「封神計画」を進めていく物語を描く同作ですが、当時マンガが連載中だったこともあり、アニオリ展開が多めの構成でした。ストーリーも原作の途中で終わってしまったため、「1クールでやり切るには無理があった」など、物足りなさを感じるファンは少なくありませんでした。

     一方で、2018年のリメイク版『覇穹 封神演義』では、原作に忠実で満足度の高いアニメ化が期待されていました。しかし、長い原作マンガをアニメの限られた尺で表現し切るのは難しかったようです。

     コミックス全23巻に対してアニメも全23話と、1巻1話ペースになってしまうため、重要なシーンのカットが相次ぎました。そのせいもあり、総集編のような展開で矢継ぎ早に出てくるキャラたちに「あなた誰?」状態に陥るなど、困惑するファンの声が相次ぎました。

    ●『るろうに剣心』

     JUDY AND MARYの「そばかす」のオープニング曲が印象深い1996年放送の旧アニメ『るろうに剣心』は、「京都編」の終わりまでのストーリーとアニオリでの全94話で構成されました。一方、2023年放送のリメイク版は、2クール全24話で、志々雄真実の討伐へ向かうところまでが描かれています。

     旧アニメが大ヒットしたこともあり、どうしても旧作の声優や音楽と比較する声も一定数あがっています。とはいえ、20年ぶりの再アニメ化であり、今回が初見の人も多く、「続きが気になる」「期待以上の内容だった」と続編を心待ちにする声もありました。

     また、映像に関しても「作画がもっと良ければ、覇権が取れるのにもったいない」など期待を込めた厳しい意見も見られた一方で、「最新映像で『るろうに剣心』が見られるなんて贅沢すぎる」など、今の技術で作り直された映像美に感心する声もあがっています。『るろうに剣心』2期もすでに予定されているため、今後のさらなる盛り上がりに期待するファンも多いようです。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/87801dacd6ab88b60132e43570628b6440bff356?page=2

    【【アニメ】再アニメ化って、結局やらないのが一番??【シリーズ物としてなら、あり??】【感想】】の続きを読む


    すずめの戸締まり』(すずめのとじまり、英: Suzume)は2022年(令和4年)に公開された日本アニメーション映画。脚本・監督は新海誠。日本各地廃墟に点在する災い出口・“扉”を閉じていく少女解放と成長を描くロードムービー。 宮崎県静かな町で叔母・岩戸 環(いわと たまき)と暮らす17歳の女子高校生・岩戸…
    153キロバイト (19,292 語) - 2024年4月8日 (月) 06:31
    何のかんので、みてる人多め⁉️mj

    1 muffin ★ :2024/04/08(月) 20:20:13.54 ID:2AQ6TaWh9
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202404050000089.html
    2024年4月8日10時5分

    新海誠監督のアニメ映画「すずめの戸締まり」が5日の日本テレビ系「金曜ロードショー」(午後9時)で放送され、平均世帯視聴率が12・7%だったことが8日、ビデオリサーチの調べで分かった。平均個人視聴率は8・4%だった。同アニメは22年11月に公開され、今回地上波で初放送となった。

    「すずめの戸締まり」は、原菜乃華とSixTONES松村北斗、深津絵里らが声優を務めた。九州の静かな町で暮らす17歳の岩戸鈴芽(原)が“災い”をもたらす扉を閉めることを使命とする「閉じ師」宗像草太(松村)と出会い、日本各地の廃虚を舞台に災いの元となる”扉”を閉めていく、鈴芽の解放と成長を描いた現代の冒険物語。

    新海監督は、11年に発生した東日本大震災で、感じ、考えさせられ、高校生男女の入れ替わりを描いた16年「君の名は。」を製作。同作では、直接的に震災を描いてはいないが、「すずめの戸締まり」では、3・11を明確に描き込んだ。

    【【アニメ】【金ロー】「すずめの戸締まり」視聴率が、結構良かったらしいのが、意外だと言う意見多数?!【面白かったんか】【感想】】の続きを読む


    響け! ユーフォニアム > 響け!ユーフォニアム (アニメ) この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(Microsoftコードページ932(はしご高))が含まれています(詳細)。 『響けユーフォニアム』(ひびユーフォニアム)は、武田綾乃による同名の小説を原作とする日本のテレビアニメシリーズ。…
    99キロバイト (10,152 語) - 2024年4月7日 (日) 15:37
    現実は、色々あるんだよ。mj

    1 Anonymous ★ :2024/04/07(日) 17:46:29.64 ID:tQnsnGWj9
    https://mantan-web.jp/article/20240406dog00m200029000c.html

     武田綾乃さんの小説が原作のテレビアニメ「響け!ユーフォニアム」の最終章となる第3期「響け!ユーフォニアム3」が、NHK・Eテレで4月7日から毎週日曜午後5時に放送される。テレビアニメ第1期がスタートした2015年から約9年がたった。同作は、高校生の黄前久美子らの成長、心の変化を丁寧に描いている。テレビアニメ第1期から同作を手掛けてきた京都アニメーションの石原立也監督に、約9年掛けてからこそ描けたこと、第3期について聞いた。

    ◇高校3年間の濃密な時間を丁寧に

     「響け!ユーフォニアム」は、北宇治高校の吹奏楽部を舞台に、ユーフォニアム担当の黄前久美子ら吹奏楽部員が成長する姿を描いている。テレビアニメ第1期が2015年4~6月、第2期が2016年10~12月に放送された。

     石原監督は第3期について「アニメや映画は、言葉にならないテーマを映像にするところがいいのですが、一言で言うと久美子の成長を描きます。彼女たちが、いろいろなことを考え、決断していきます。視聴者の方々がいろいろ考えることがあればと思いながら作っています」と語る。
     第1期では高校1年生だった久美子も3年生になり、吹奏楽部の部長になった。約9年掛けたから描けたこともある。

     「結果的に出来たことなのですが、約10年 という長い時間を掛けて、時間の変化を描くことができました。昔は、1年放送するテレビアニメが多く、例えば10歳の主人公が、最終回で15歳くらいまで成長するアニメもありました。あの頃のアニメは1年間見て、最終回を迎えた時の満足感もありました。結果的に10年近く掛かったわけですが、久美子と一緒に10年過ごしてきた満足感のようなものがあります。若い人からすると、10年は長いけど、僕からすると若い頃の3年くらいの感覚です。高校の3年間というのは濃密な時間で、それを描けたと思っています。作品と長く付き合うと解像度が上がっていくところもあり、このキャラクターなら、こんな時はこんなふうに考える……と想像しやすくなるところもあります。そこは表現できているはずです」

    ※略


    (出典 ogre.natalie.mu)

    【【アニメ】「響け!ユーフォニアム3」大変な部活の物語だった?!【ギスギス】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ