どうして


    この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(ハートマーク)が含まれています(詳細)。 TARAKO(たらこ、1960年〈昭和35年〉12月17日 - 2024年〈令和6年〉3月4日)は、日本の声優、ナレーター、女優、タレント、シンガーソングライター、脚本家、エッセイスト。…
    63キロバイト (5,976 語) - 2024年3月10日 (日) 11:43
    立て続けの訃報に、心が沈みそうになる…mj

    1 朝一から閉店までφ ★ :2024/03/10(日) 19:40:52.38 ID:X9Hsdv2o9
    [2024年3月10日19時33分]

    フジテレビ系アニメ「ちびまる子ちゃん」が10日放送され、主人公「まる子」の声を務めていたTARAKOさんが死去したことを受け、哀悼の意を表するテロップがオープニング前に表示された。

    桜の木が並ぶ絵をバックに「1990年の放送開始から34年以上にわたりまる子役の声優を務めていただいたTARAKOさんが逝去されました。
    天真らんまんで、みんなに愛される『まる子』を大切に演じてくださったTARAKOさんのご冥福を心からお祈りいたします。長い間、本当にありがとうございました キャスト・スタッフ一同」メッセージが表示された。

    メッセージが流れた後に、E-girlsバージョンの「おどるポンポコリン」が流れ、15年4月5日に放送された「おばあちゃんの誕生日」の巻が放送された。

    15年の放送当時、まる子のお姉ちゃんこと、さくらさきこの声優は16年に亡くなった水谷優子さん、ナレーションは2021年に引退したキートン山田さんが担当していた。
    X(旧ツイッター)では「#ちびまる子ちゃん」のトレンド1位に始まり「姉ちゃんの声」「水谷優子さん」「キートン山田さん」などがランクインした。「姉ちゃんの声もキートンさんも懐かしいわ!!私は非常に悲しい」「あっちびまる子ちゃんの姉ちゃんの声も初期か!懐かしい」「TARAKOさんが亡くなられて水谷優子さんやキートン山田さんの名前があがってるけど、
    富山敬さんと青野武さんの名前も思い出してほしいと思う」「見てたら目から桜が この後も再放送で水谷さんとTARAKOさんとキートン山田さんを聞きたい 2代目まる子に慣れるかどうかなんだよね」などと書き込まれていた。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202403100001466.html

    【【声優】「ちびまる子ちゃん」の、まる子役だった、TARAKOさんが死去で、後任はだれなのか、気になる…【どうして、訃報は続くんだよ…】】の続きを読む


    アニメーション > 日本のアニメーション 日本のアニメーションでは、主にアニメーション日本使用について記述する。 アニメーションは、絵や物体など動かない素材を少しずつ動かしながら、撮影装置を用いてコマ撮りにし、スクリーンなどに連続映写することによってあたかも素材が動いているように見せる技法と…
    33キロバイト (4,531 語) - 2023年3月16日 (木) 09:14
    人気コンテンツの割にはね…mj

    1 樽悶 ★ :2023/07/17(月) 21:56:09.34 ID:nlLqu2ih9
    スラムダンクに登場するキャラクター「三井寿」のファンの唐仁さん。手には名前の由来になったという日本酒=2023年4月16日、上海市、井上亮撮影

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)


     「スラムダンク」「すずめの戸締まり」など、海外で日本アニメの大ヒットが相次いでいる。背景には、海外を拠点とする動画配信サービスの普及によって、世界のアニメファンのすそ野が広がっていることもあるようだ。

     日本アニメの市場規模は2011年の約1兆3千億円から、21年には約2兆7千億円と、10年で倍以上に拡大(「アニメ産業レポート2022」)。21年には全体のほぼ半分、約1兆3千億円を海外が占めた。

     アニメに詳しいジャーナリストの数土直志さんは、欧米や中国などの配信業者が主要な買い手となったことが大きいとみる。子ども向けが中心だった海外アニメとは異なり、日本アニメは10代~30代を中心に、より幅広い世代の鑑賞に堪える内容があり、ファンタジーから日常を描いた作品までジャンルが豊富なことも魅力に映るという。

     昨年は「チェンソーマン」(藤本タツキ原作)が、ソニーグループの米動画配信サービス「クランチロール」で世界配信されて人気を集め、今年はネットフリックスでの配信が控える「PLUTO」(浦沢直樹×手塚治虫原作)が話題となっている。

     数土さんは「日本アニメは多くの人に見られるコンテンツ。サブカルチャーとされてきたアニメは、いまやメインカルチャーだと配信業者も気がついたのです」。

     配信業者にとっては、「コスパのよさ」も魅力だという。欧米の人気ドラマの制作費は1話数億円とも言われる一方、日本アニメは数千万円。「破格の安値」もあって配信が増えた結果、海外でもファンの裾野が広がっていったとみる。

     ただ、「コスパのよさ」には弊害もあると数土さんは指摘する。海外で高まる人気の一方で、国内ではアニメ制作を手がける中小のスタジオ(制作会社)の経営難などが課題となっている。(黒田健朗)

    7/15(土) 9:00配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/dba5d834a8bd758ad222ee319c737d6002a1aac7

    ★1:2023/07/17(月) 19:26:51.45
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1689589611/

    【【アニメ】日本のアニメって 外国での評価は高いのだが なかなか儲けにならないらしいな【どうして??】【感想】】の続きを読む


    ファブル(『週刊ヤングマガジン』、全22巻) ファブル The second contact(『週刊ヤングマガジン』、既刊5巻)※『ファブル』の第2部 ざ・ふぁぶる(『コミックDAYS』、全1巻)※『ファブル』のスピンオフ作品…
    4キロバイト (508 語) - 2022年11月4日 (金) 10:41
    ある意味衝撃やな━━mj

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/11/08(火) 19:32:14.52ID:PpOAH3/S9
    2022年11月08日 14時32分 公開
    「※広告規制により、サンマを持たされています」 殺し屋がサンマを構える『ザ・ファブル』の広告に「こんなん笑う」「ズルいわ」
    コンプライアンスを守りつつも強そう。
    [沓澤真二,ねとらぼ]
     
     漫画『ザ・ファブル The second contact』の巨大でユニークな広告が、大阪各地に登場し話題を呼んでいます。いかつい殺し屋たちが、武器じゃなくてサンマ持たされてる……!



    (出典 image.itmedia.co.jp)

    「※広告規制により、サンマを持たされています」――とりあえずクチバシが黄色くて新鮮そうな良いサンマですね!


     同作は伝説の天才殺し屋「ファブル」ことアキラが、訳あって表の社会で一般人として暮らしながらも、裏社会の事情に巻き込まれる物語。ゆえに作中では、しばしば物騒なシーンが描かれます。

     こうした“せっかくの見せ場”は広告規制に触れるため使えないのですが、今回のポスターでは問題を「サンマの起用」で解決(?)。アキラが刃物や銃の代わりにサンマを構えることで、表現をぐっとマイルドにしました。それでいて、「たいがいのことは知恵と工夫で乗り切れる」というせりふもあって、「アキラならサンマでもどうにかできそう」といった迫力を感じさせるのだからすごい。

     「いい――サンマだな――」「プロはサンマでも宣伝できる」「サンマなら誰も傷つけねえ――」など、せりふまでサンマ寄りに改変された広告は、Twitterで「こんなん笑うわ」「ズルいわこんなん」と大好評。広告は道頓堀やなんば、心斎橋や梅田、御堂筋など大阪各所で、第1弾が11月11日まで掲出されており、11月14日から11月18日には第2弾が登場する予定です。

    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/2211/08/news149_0.html

    【【漫画】「ザ・ファブル The second contact」何故か 秋の味覚とコラボ?!【どうして こうなった━━】】の続きを読む


    アオアシ』は、小林有吾による日本の漫画作品。監修はスポーツライターの飯塚健司。Jリーグの男子高校生年代「Jユース」を扱っているサッカー漫画で、『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて、2015年6号から連載中。 2015年当時の『スピリッツ』副編集長が「Jユースを本格的に取り扱った漫画がない」こ
    55キロバイト (7,286 語) - 2022年5月9日 (月) 15:40

    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    つまらない要素 あった?!mj

    18 名無しんぼ@お腹いっぱい (アウアウエー Sa9f-OblA)

    漫画板は……


    【【アニメ】「アオアシ」スポーツアニメの中で 視聴者ヤバいらしいな…【どうして差が出来た??】【感想】】の続きを読む


    ヴィンランドサガ』(VINLAND SAGA)は、幸村誠による日本の漫画。『週刊少年マガジン』(講談社)にて2005年4月から連載が始まったが、週刊連載に幸村の執筆が追いつかず、同年10月に同誌での連載を終了、同年12月より『月刊アフタヌーン』(講談社)にて月刊ペースの連載を再開。
    92キロバイト (13,787 語) - 2022年1月21日 (金) 03:52



    (出典 res.booklive.jp)


    ただの殺し合い漫画かよ…mj

    197 名無しんぼ@お腹いっぱい :2022/02/03(木) 17:11:14.18

    母方の親戚がやたら出てくる漫画


    【【漫画】「ヴィンランド・サガ」どこでどうして つまらんくなったんだろ…【感想】【ネタバレ】】の続きを読む

    このページのトップヘ