どうか安らかに


    漫画家(まんがか)は、漫画作品を描く人および職業。1コマの風刺漫画、4コマ漫画、1話完結型漫画、長編ストーリー漫画などの絵を描く制作者が漫画家と呼ばれ、分類されている。 日本漫画家協会は英名が「JAPAN CARTOONISTS ASSOCIATION」であり、漫画家
    10キロバイト (1,511 語) - 2022年10月23日 (日) 04:30
    う~ん…マニアック過ぎるのか…mj

    1 少考さん ★
    プロレス漫画家・河口仁さん死去 | 東スポ
    https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/245320

    2022年11月17日 17:47


    (出典 tokyo-sports.ismcdn.jp)

    ザ・グレート・カブキ(右)と河口仁さん(2019年)

     大のプロレスファンとして知られた漫画家の河口仁(かわぐち・じん)さんが、誤嚥性肺炎のため療養先の群馬県内で12日に死去していたことが分かった。72歳だった。

     1950年に山口・長門市に生まれ、赤塚不二夫さん(故人)のフジオプロでアシスタントとして漫画家デビュー。79年には週刊少年マガジンに〝呪術師〟ことアブドーラ・ザ・ブッチャーをモデルにした、プロレス・ギャグ漫画「愛しのボッチャー」を連載して独立した。

     その後は、週刊ゴングで「河口仁のワンポイント・パフォーマンス」を終刊まで連載するなど、プロレス専門誌を中心に執筆活動を行っていた。

     河口さんはブッチャーをはじめ、ジャイアント馬場さん、アントニオ猪木さん、ドリー・ファンク・ジュニア、天龍源一郎、大仁田厚、鈴木みのる、藤原喜明らが好きで、プロレス会場には温かいまなざしでリングを見守る河口さんの姿があった。

     交流が深かったみのるは、2013年11月に河口さんから送られた文面を自身のツイッターに投稿。(略)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

    【【漫画家】【訃報】「愛しのボッチャー」の 河口仁氏 死去…【どうか安らかに…】】の続きを読む


    森山 周一郎(もりやま しゅういちろう、1934年7月26日 - 2021年2月8日)は、日本の俳優、声優、ナレーター。本名、大塚 博夫(おおつか ひろお)。愛知県出身。 愛知県立犬山高等学校卒業(高校時代は野球部に所属)、日本大学藝術学部映画学科中退。劇団東芸 を経て、(株)オフィス森山
    60キロバイト (7,241 語) - 2021年2月10日 (水) 14:56



    (出典 hochi.news)


    洋画の吹き替え されていたっけ…mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/02/09(火) 19:28:48.21 ID:CAP_USER.net

    映画『紅の豚』のポルコ・ロッソの声などで知られる、俳優で声優の森山周一郎さんが8日午後9時10分、肺炎のため埼玉県内の病院で亡くなったことが9日、所属事務所への取材で分かった。86歳。葬儀は家族葬にて執り行う。

    森山さんは1934年7月26日生まれ、名古屋市出身。俳優としてNHKの連続テレビ小説『エール』や大河ドラマ『徳川慶喜』などに出演。またジブリ映画『紅の豚』主人公のポルコ・ロッソ役や、『刑事コジャック』の吹き替え、テレビ朝日系ドラマ『TRICK』のナレーションを務めるなど、幅広く活躍した。

    所属事務所は「芸能生活63年の間、皆々様には永い間大変お世話になりました。この場を借りて心より御礼申し上げると共に、ここに謹んでお報せいたします」とコメントしている。


    【【声優】「紅の豚」の ボルコ・ロッソ役等の 森山周一郎さん。肺炎で死去 86歳…【どうか安らかに…】】の続きを読む


    矢口 高雄(やぐち たかお、1939年10月28日 - 2020年11月20日)は、日本の漫画家、エッセイスト。株式会社矢口プロダクション代表取締役。本名、高橋 高雄(たかはし たかお 戸籍上は「高」が異体字(はしご髙)で髙橋 髙雄)。血液型A型。 自然の中での生活をテーマにした作品を描き、代表作
    19キロバイト (2,718 語) - 2020年11月25日 (水) 20:17



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    『釣りキチ三平』ってアニメにもなったな。mj

    1 朝一から閉店までφ ★

    漫画「釣りキチ三平」で知られる漫画家矢口高雄(やぐち・たかお、本名高橋高雄=たかはし・たかお)さんの訃報を受け、漫画家ちばてつや氏らが追悼した。

    ちば氏は25日、ブログを更新。「同じ年だし、同じ時期に、同じ週刊少年マガジンで連載していた同級生なので、とても寂しいです。心よりお悔やみ申しあげます」と哀悼した。

    森川ジョージ氏はツイッターで「矢口高雄先生にもう会えなくなってしまった。残念だ。先日僕は漫画家協会に入会した。偉人とも言える先輩達の姿と言葉を動画にして残しておきたいというのが目的だった。入会直後にユーチューブがしたいと提案した。間に合わなかった。残念でならない」と悔やんだ。

    赤松健氏は「矢口高雄先生のご冥福をお祈りいたします。日本漫画家協会の理事を退任されたのは、これだったのか。まさかこないだの理事会(※例の落書きの時)でお会いしたのが最後になってしまうとは・・・」とツイート。9月11日には「こないだ漫画家協会の理事会で、熱心に聞いていると思われた矢口高雄先生が実は落書きをしていた。見ると精悍な野生動物の絵で、あまりに上手すぎるので誰も注意せず、むしろみんなでそれを鑑賞していた」と、矢口さんに関するエピソードをつづっていた。

    矢口さんは20日午後5時46分、膵臓(すいぞう)がんのため東京都内の病院で死去した。81歳だった。


    【【漫画家】【訃報】「釣りキチ三平」の矢口高雄さん。死去…釣りファンには 悲しいニュースとなってしまった模様…【どうか安らかに…】】の続きを読む


    富田 耕生(とみた こうせい、1936年2月4日 - 2020年9月27日)は、日本の声優、俳優。ぷろだくしょんバオバブ所属で、初代社長を経て顧問。かつては本名の富田 耕吉(とみた こうきち)名義で活動していた。 東京府(現東京都)出身。中央大学法学部卒業。
    89キロバイト (8,596 語) - 2020年10月1日 (木) 11:54



    (出典 www.stereosound.co.jp)


    今年は特に 信じられない人達が 天国に行ってしまう…mj

    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/10/01(木) 19:31:33.36 ID:CAP_USER.net

    声優の富田耕生さん死去 「マジンガーZ」Dr.ヘルや「ゲッターロボ」早乙女博士など多くの博士キャラ、初代ドラえもんも
    千葉繁さん「いつも朗らかでスタジオを明るくしてくれる大先輩でした」。
    [ADAKEN,ねとらぼ]

     声優の富田耕生さんが9月27日に脳卒中のため死去したことが、所属事務所のぷろだくしょんバオバブから発表されました。84歳でした。



    (出典 image.itmedia.co.jp)

    富田耕生さんが84歳で死去(ぷろだくしょんバオバブ公式サイトから)


     富田さんは東京都出身。劇団所属の舞台俳優を経て、1963年放送の「鉄人28号」で大塚署長の声を演じるなど日本のテレビアニメ黎明期から声優として活躍。「マジンガーZ」のDr.ヘルや、「ゲッターロボ」の早乙女博士、「超電磁ロボ コン・バトラーV」の四ツ谷博士、「惑星ロボ ダンガードA」の大江戸博士、
    「サイボーグ009」(1979年版)のギルモア博士など、ロボット・SFものアニメで博士と言えばこの人の声といわれるほど、多くのキャラクターを演じました。また、日本テレビで放送された「ドラえもん」(1973年)で初代ドラえもんを演じたことも知る人ぞ知る仕事の一つです。

     「優しいオヤジさん」のイメージそのままに、ユーモアいっぱいにしゃべるコミカルな芝居と、時折見せるシリアスな演技で独特の魅力を放つ唯一無二のその声は、世代を超えて多くのファンの耳に刻まれていることでしょう。



    (出典 image.itmedia.co.jp)

    ロボットアニメの博士役や初代ドラえもん、「平成天才バカボン」のパパなど多彩なキャラを演じた富田さん(ぷろだくしょんバオバブ公式サイトから)


     富田さんの訃報に、声優の千葉繁さんは「数多くの作品でご一緒させて頂きましたが、いつも朗らかでスタジオを明るくしてくれる大先輩でした。御冥福をお祈りします」とTwitterでコメントしています。


    【【声優】【訃報】「バカボン」の2代目バカボンのパパ役の 富田耕生さん死去…【どうか安らかに…】】の続きを読む

    このページのトップヘ