どうか


    チェンソーマン』(Chain saw Man)は、藤本タツキによる日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて第1部「公安編」が2019年1号から2021年2号まで連載され、第2部「学園編」は『少年ジャンプ+』(同社)にて2022年7月13日より連載中。2022年10月時点でコミックス計1…
    136キロバイト (21,665 語) - 2022年11月30日 (水) 10:11
    アニメにすると コンプライアンスがねぇ…mj

    1 Anonymous ★ :2022/11/30(水) 13:08:04.92ID:ziOTDO0y9
     テレビ東京系で毎週火曜24時から放送されているアニメ『チェンソーマン』が、盛り上がりをみせている。本作は、チェンソーの悪魔と契約した少年デンジが、公安のデビルハンターとして戦う姿を描いた物語で、原作は『週刊少年ジャンプ』で藤本タツキが連載していた同名漫画。現在は漫画アプリ『少年ジャンプ+』で第2部が毎週配信されているのだが、アニメと同じ火曜24時に最新話が配信されるため、火曜24時のSNSは『チェンソーマン』の話題でもちきりである。筆者も『週刊少年ジャンプ』で連載されていた時から『チェンソーマン』のファンだったので、アニメ化は楽しみにしていた。

     アニメ版『チェンソーマン』は、原作漫画の中にあった映画的な持ち味を活かした作りとなっており、実写映画的なアプローチが強まっている。大きな違いはアクションの見せ方だろう。たとえば第1話の、デンジがチェンソーマンに変身してゾンビの悪魔が率いる無数のゾンビたちと対決する場面は、漫画では見開きの大ゴマでデンジがゾンビたちと対峙する場面を描いた後、細かい戦闘描写は大胆に省略されている。対してアニメ版では、ゾンビと戦う場面を丁寧に描いており、動きの激しいアクションとカメラワークを用いることで、立体感のある戦闘シーンとなっている。


     第3話でデンジとコウモリの悪魔が戦う場面も同じアプローチとなっているのだが、静止画の連続によって読者に行間を想像させる漫画と、画を動かすことで物語を紡ぐアニメの違いが大きく表れている。また、第5話でマキマが「銃の悪魔」について語るくだりは、漫画では「11月18日 午前10時」「『銃の悪魔』日本に26秒上陸」「5万7912人 死亡」「アメリカ124秒上陸 54万8012人 死亡」と、各国の死亡者数を次々と表記していく場面があったのだが、アニメ版ではカットされている。好きなシーンだったため、カットされたこと自体は残念だったが、逆にカットされたことでこの描写が、漫画ならではの表現だったことに気付かされた。

     アニメ版『チェンソーマン』は、漫画的表現を封印し、動かすことで全てを表現する映画的手法に落としこもうとしている。その姿勢はとてもストイックなもので、中山竜監督を中心とするアニメスタッフが、原作をリスペクトしているからこそ、漫画をそのままなぞるのではなく、アニメだからこそできる表現を追求していることがよくわかる。

    続きはソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/12f5b94ac5eeb63bbf9e867534ce8b2b5e910ac0

    【【アニメ】「チェンソーマン」原作の方がいいのかどうか よく解らない件【原作ファンには 不評らしいな】【感想】】の続きを読む


    ウマ娘 プリティーダービー』(ウマむすめ プリティーダービー)は、Cygamesによるスマートフォン向けゲームアプリとPCゲーム、およびそれを中心としたメディアミックスコンテンツ。略称は『ウマ娘』。ジャンルは基本プレイ無料の育成シミュレーションゲームで、競走馬を擬人化したキャラクターである「ウマ娘
    234キロバイト (29,725 語) - 2022年8月21日 (日) 07:09

    (出典 i.ytimg.com)


    馬ならば 大往生かも?!mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2022/08/17(水) 14:10:50.60ID:CAP_USER
    日刊スポーツ2022年8月17日12時24分
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202208170000291.html

    実在の競走馬をモデルとしたゲーム、アニメなどのメディアミックス作品「ウマ娘 プリティーダービー」プロジェクトは17日、モチーフの1頭だったタイキシャトル(牡)が同日に28歳で急死したことを受け、追悼のコメントを公式ツイッターに掲載した。

    公式では「8月17日、本作品でモチーフとさせて頂いておりますタイキシャトル号の訃報が届きました」と報告し、「関係者様にはお悔やみ申し上げると共に、偉大な名馬のご冥福を心よりお祈り申し上げます」と記された。

    同馬は日仏でG1・5勝を挙げた98年の年度代表馬。訃報は引退馬協会が公式サイトで発表した。「ウマ娘」劇中では「パワフルで人懐っこいカウガール」「短距離が得意」などの設定となっており、大坪由佳が声優を務めている。

    【【ゲーム】「ウマ娘プリティーダービー」亡くなったタイキシャトルに 追悼のコメントを公開。どうか安らかに…【合掌…】】の続きを読む


    竹尾 歩美(たけお あゆみ、9月2日 - )は、日本の女性声優。三重県出身。シグマ・セブンe所属。 趣味は、映画鑑賞、東京散策。特技は、バスケットボール。 シグマ・セブン養成所19期生。同期に千葉翔也、森永千才がいる。 2016年7月より放送されたテレビアニメ『NEW GAME
    11キロバイト (777 語) - 2021年10月1日 (金) 04:12



    (出典 ddnavi.com)


    ベテラン声優さんでも 難しい今日この頃…mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/10/02(土) 20:43:08.39

    『NEW GAME!』飯島ゆん役、『灼熱の卓球娘』鐘梨まゆう役、『温泉むすめ』奥飛騨五十鈴役などでおなじみの声優・竹尾歩美さんが、9月末日をもってシグマ・セブンを退所し、声優活動から引退することを発表しました。

    こちらは、竹尾さんの公式インスタグラムにて発表。「これからの人生を考えた結果、この決断に至りました」と記述しています。

    他にも関係者、参加した作品、演じた役、ファンへの感謝の気持ちを綴り、「これから始まる、私のまた新しい道を少しずつでもいいので、しっかりと前を向いて、力強く歩いていきたいと思います!頑張ります!!」ともコメントしています。

    なお竹尾さんのンスタグラムは、10月3日にアカウント消去するとのことです。

    AnimateTtimes2021-10-01 16:10
    https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1633066783


    【【声優】「NEW GAME!」飯島ゆん役等の 竹尾歩美さん。引退しちゃうって マジかよ…【それが正解なのか どうか…】】の続きを読む


    ぼくたちは勉強ができない』(ぼくたちはべんきょうができない、筒井大志による日本の漫画作品。略称ぼく勉』。ヒロインたちを志望大学に合格させるため、男子高校生の主人公教育係として奮闘するラブコメディ。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2017年10号から2021年3・4合併号まで連載。202
    113キロバイト (17,048 語) - 2021年4月22日 (木) 08:01



    (出典 ecdnimg.toranoana.jp)


    新たな番外編はやらないの??mj

    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/03/04(木) 18:23:55.95

    2021年03月04日 22:08

    筒井大志さんの漫画「ぼくたちは勉強ができない」第21巻が発売された。同作品はこの第21巻で完結となる。

    高校3年生のガリ勉男子・唯我成幸が主人公の、天才美少女・緒方理珠、古橋文乃、武元うるかを巡るラブコメだ。貧乏な家の成幸が学費免除の推薦のために、ヒロインたちに勉強を教えるハメになる。第1期アニメが2019年春、第2期アニメが2019年秋に放送された。

    同作品はラストが「Route:if」として分岐し、4人のヒロインとの恋愛模様が描かれる。第18巻では理珠編が描かれ、第19巻では文乃編、第20巻ではあすみ編、第21巻では真冬編が描かれている。

    第21巻には音声ドラマ&ミニ画集付き同梱版が用意され、美麗ミニ画集とアニメ声優による特別音声ドラマのコードが用意される。ミニ画集はフルカラー16Pで、選りすぐりの美麗&稀少カラーイラストを収録。音声ドラマは専用アプリ「MIRAIL」で、あすみルート「明日の夜の小妖精編」と真冬ルート「薄氷の女王編」が楽しめる。

    集英社による内容紹介は以下の通り。各巻の試し読みができる。

    https://www.new-akiba.com/news/190605

    できない娘たちの教育指導的ラブコメ完結! 「Route:if」真冬編では教師になった成幸が桐須先生に告白!? そして最後に語られる[x]なる物語とは…!?


    【【漫画】「ぼくたちは勉強ができない」完結!!何ENDが良かった??【先生って人気あるのかどうか解んないね。】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    100万の命の上に俺は立っている』(ひゃくまんいのちうえおれっている、山川直輝原作、奈央晃徳作画による日本漫画。『別冊少年マガジン』(講談社)て2016年7月号より連載中。2020年9月時点で累計発行部数150部を突破している。 週刊少年マガジン編集部
    47キロバイト (7,044 語) - 2020年10月30日 (金) 13:13



    (出典 www.bs11.jp)


    【【アニメ】「100万の命の上に俺は立っている」クエストは 成功したのかどうか??【次回に期待!!】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む

    このページのトップヘ