ちびまる子ちゃん


    ちびまる子ちゃん』(ちびまるちゃん)は、さくらももこによる日本の漫画作品、および同作品を原作とするテレビアニメである。また本作の主人公のニックネームでもある。 本作品は、1970年代の静岡県清水市(現:静岡県静岡市清水区)の入江地区で少女時代を過ごした、作者のさくらももこの投影である小学3年生の…
    220キロバイト (29,149 語) - 2023年1月9日 (月) 02:04
    昔は『子供にみせたくないアニメ』だったんやで??mj

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/01/14(土) 11:00:47.34ID:+UBxefOA9
    1/13(金) 17:01配信 女性自身

    毎週日曜日に放送されている国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)。1月8日放送回では「~新春!さくらももこ脚本まつり~」と題して、原作者であるさくらももこさん(享年53)がアニメ用に書き下ろした脚本の中でもより人気の高い作品が新規作画・演出で放送された。しかし、その中の「『成人の日』の巻」の一場面をめぐって、ネットで物議を醸している。

    まる子が「成人の日」を過ごす1日を描いた「『成人の日』の巻」。休みで暇を持て余したまる子が、親友のたまちゃんを誘って遊びに出かけると、写真店から出てきた談笑する晴れ着姿の女性たちを見かけることに。「ねぇ、あの人すごい綺麗だね」「本当だ、美人だね」「着物もあんな人が着るとよく似合うねぇ」と、遠目で盛り上がる2人をよそに、気の抜けた効果音とともに写真店から別の晴れ着姿の女性があらわれる。

    最初に見かけた女性たちが整った顔立ちで描かれているのとは対照的に、口や鼻の穴が大きく描かれたその女性。見かけたまる子は思わず「げっ、すごいのが出てきたね」と一言。たまちゃんも「うん、すごいね……」と声をひきつらせた。

    そこに、呉服店を営む佐々木のじいさんが登場。まる子たちが驚いた女性の着物は佐々木のじいさんの店で購入されたもので、じいさんは写真店を訪れた女性に挨拶へやってきたという。女性へ声をかける佐々木のじいさんを眺めながら、まる子とたまちゃんは会話を続ける。

    まる子「まぁ、高そうな着物だけどね」
    たまちゃん「うん、立派な着物だね」
    まる子「似合う似合わないは別としてね」
    たまちゃん「うん、それは別だね」

    さらに、まる子は「あっちの美人の人が着たら、ものすごく似合うだろうね」とチクリ。佐々木のじいさんが女性に「本当によくお似合いですね、写真もきっと綺麗に撮れているでしょう」と声をかけるのを聞いてからも、「きっと着物の写真“は”綺麗に撮れているだろうね」「着物“は”綺麗だもんね」と、皮肉めいたコメントを続けていた。

    その後、場面は変わって神社で出会う新成人の青年の話になっていくが、終盤にはまたその女性が登場。たまちゃんのお父さんが渋々その晴れ着姿をカメラにおさめる、という“ダメ押し”の一幕も描かれた。

    この一連の流れに対して、見た目で人間の価値を判断するという“外見至上主義・ルッキズム的”だと、放送直後からネット上で批判的な声が相次いでいるのだ。

    《今日のちびまる子ちゃんめちゃめちゃルッキズムで辛辣だった》
    《ちびまる子ちゃんの成人式の話を見てたんだけどなんかブスは良い着物ても意味ないみたいな中々えぐいシーンが何度もあってめっちゃ不愉快やった。もともとこんな感じだったっけ、久しぶりに見て違和感。子供の頃大好きやったのに。。》
    《今日のちびまる子ちゃん死ぬほど不愉快なんだけど》
    《子供向けの番組で外見至上主義を植え付けるようなことするのやめてくれんか?最悪すぎるでしょ》

    そのいっぽうで、原作者であるさくらももこさんの作風に馴染み深い視聴者からは、こんな声も。

    《さくらももこ作品は昔からそういう性格悪い話多いやろ。むしろそれが作風》
    《さくらももこらしさがあって面白いと思うけどな~》
    《前時代的な作品で、原作者がさくらももこなら、許容範囲だと個人的には思ってしまうけれど》
    《もともと毒舌な作風のちびまる子ちゃんがルッキズム云々で炎上って、意味わからんね》

    https://news.yahoo.co.jp/articles/71e5e0511d1ad797ede43b58161e3e5fee328ddb

    ★1 2023/01/13(金) 19:09:06.48
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1673621703/

    【【アニメ】「ちびまる子ちゃん」今更 まる子の性格を悪いって おかしくね??【元々そうでしょ??】【感想】】の続きを読む


    ちびまる子ちゃん』(ちびまるちゃん)は、さくらももこによる日本の漫画作品、および同作品を原作とするテレビアニメである。また本作の主人公のニックネームでもある。 本作品は、1970年代の静岡県清水市(現:静岡県静岡市清水区)の入江地区で少女時代を過ごした、作者のさくらももこの投影である小学3年生の…
    217キロバイト (28,648 語) - 2022年10月5日 (水) 19:11
    頭脳明晰っていい事じゃん。mj

    1 湛然 ★
    実写版ちびまる子・森迫永依、25歳の今が「素敵な女性」と反響…英検1級、上智大卒で4か国語ペラペラ
    10/5(水) 21:00 スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20221005-OHT1T51027.html
    森迫永依(08年撮影)

    (出典 hochi.news)

    森迫永依のインスタグラムより@ei_morisako

    (出典 hochi.news)


    (出典 hochi.news)



     2006年にフジテレビ系人気アニメの実写ドラマ版「ちびまる子ちゃん」で、まる子を演じ脚光を浴びた女優の森迫永依(25)が5日までに自身のインスタグラムを更新し、最新ショットを公開した。

     9月11日に25歳の誕生日を迎えた森追。同22日の投稿では、「一気に秋の香り」とつづり、Tシャツを着たラフな姿をアップ。フォロワーから「永依ちゃん、かわいすぎ~」「笑顔可愛すぎです」「笑顔が眩しい」「天使のような笑顔ですね!」「ずっとかわいい」などの声が上がった。

     森迫は高校在学時に英検1級を修得。英語、韓国語、中国語を含めた4か国語を話せるマルチリンガルで上智大学を卒業し、現在は日本テレビ系「スッキリ!」(月~金曜・午前8時)にコメンテーターとしても出演。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【【漫画】【ドラマ化】「ちびまる子ちゃん」主役やってた森迫永依さんって 好かれてなかった??【頭良いけどな】】の続きを読む


    ちびまる子ちゃん』(ちびまるこちゃん)は、さくらももこによる日本の漫画作品、および同作品を原作とするテレビアニメである。また本作の主人公のニックネームでもある。 本作品は、1970年代の静岡県清水市(現:静岡県静岡市清水区)の入江地区で少女時代を過ごした、作者のさくらももこの投影である小学3年生の
    212キロバイト (27,666 語) - 2022年4月16日 (土) 09:03

    (出典 pbs.twimg.com)


    元気そうで何より!

    【【アニメ】「ちびまる子ちゃん」放送1500回記念に萩本欽一が本人役で初の出演決定!【今の子欽ちゃん知ってるの??】【まるちゃん昭和の話だもんな】rb】の続きを読む


    ちびまる子ちゃん』(ちびまるちゃん)は、さくらももこによる日本の漫画、および同作品を原作とするテレビアニメである。また本作の主人公のニックネームでもある。 本作品は、1970年代の静岡県清水市(現:静岡県静岡市清水区)の入江地区で少女時代を過ごした、作者のさくらももこの投影である小学3年生の「ち
    183キロバイト (25,716 語) - 2021年7月18日 (日) 11:30



    (出典 www.nishinippon.co.jp)


    憎めないキャラだよな。mj

    1 彼氏いない歴774年

    わたしはみどりちゃん系


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【アニメ】「ちびまる子ちゃん」ブサかわキャラって居たよな?!【みぎわさん?!】】の続きを読む


    ちびまる子ちゃん』(ちびまるちゃん)は、さくらももこによる日本の漫画、および同作品を原作とするテレビアニメである。また本作の主人公のニックネームでもある。 本作品は、1970年代の静岡県清水市(現:静岡県静岡市清水区)の入江地区で少女時代を過ごした作者のさくらももこの投影である小学3年生の「ちび
    180キロバイト (25,215 語) - 2021年4月4日 (日) 09:58



    (出典 goodsmileshop.com)


    変更して間無しは やっぱり仕方ないよね…mj

    1 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/04/04(日) 18:02:44.45 ID:7HdhyPt600404.net BE:838442844-2BP(1000)


    (出典 img.5ch.net)

    「ちびまる子ちゃん」新ナレーターにきむらきょうや 4月4日放送回から参加
    https://eiga.com/news/20210404/13/

    アニメ「ちびまる子ちゃん」の新ナレーターが、きむらきょうやに決定した。4月4日放送のエピソード「まる子、一人暮らしにあこがれる」「まる子、新しい鬼ごっこを考える」から参加している。

    きむらは、「めちゃ×2イケてるッ!」「進め!電波少年」「芸能人格付けチェック」など数々の人気番組のナレーションを担当し、4月放送のテレビアニメ「ましろのおと」には声優として出演している。


    【【アニメ】「ちびまる子ちゃん」もはや アニメじゃなく バラエティのイメージに?!【ナレーターが変わったからね。】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ