啄木鳥探偵處』(きつつきたんていどころ)は、伊井圭による日本の小説。東京創元社より発売された。第3回創元推理短編賞を受賞したミステリ小説。 高塔奇譚 明治42年9月中旬。浅草では毎夜、凌雲閣にあらわれる幽霊が話題になっていた。東京朝日新聞社の校正係の啄木は家族を養うため、副業で探偵啄木鳥探偵
13キロバイト (1,138 語) - 2020年4月20日 (月) 15:50



(出典 i.ytimg.com)


意外に有名じゃないのか。

163 風の谷の名無しさん@実況は実況板で (アウアウウー Sa1b-ycCE) :2020/04/21(火) 13:38:31 ID:djmrXe5za.net

主人公の声がナチュラルじゃなくてなんかきもい


【【アニメ】「啄木鳥探偵處」歴史上人物なのに そんなに知られていない件】の続きを読む