その後は


    漫画家(まんがか)は、漫画作品を描く人および職業。1コマの風刺漫画、4コマ漫画、1話完結型漫画、長編ストーリー漫画などの絵を描く制作者が漫画家と呼ばれ、分類されている。 日本漫画家協会は英名が「JAPAN CARTOONISTS ASSOCIATION」であり、漫画家
    11キロバイト (1,650 語) - 2021年9月29日 (水) 08:34



    (出典 2.bp.blogspot.com)


    世界的にも 有名になったりね。mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/10/29(金) 20:36:38.72

    マグミクス2021.10.29
    https://magmix.jp/post/65713

    ●諫山創(代表作:『進撃の巨人』)

     まず最初は、超ヒット作『進撃の巨人』の作者・諫山創先生です。『進撃の巨人』の持ち込みが「ジャンプ」に落とされたことは、諫山先生自身が明言しており、メディアでもたびたび取り上げられています。当時の担当編集に言われたとされるセリフ「マンガじゃなくて『ジャンプ』を持って来い」も有名です。

     ジャンプに落とされた後に「週刊少年マガジン」編集部に持ち込まれた『進撃の巨人』は新人賞を獲得。その後、「別冊少年マガジン」で連載が開始されると、アニメ化とともに人気が爆発し、現在では累計発行部数1億部を突破する超人気作となりました。

     結果だけみると、「ジャンプ」編集部は失敗したのかもしれませんが、もし通ったとしても、アンケート制の週刊連載であの重厚な物語を描ききれたのかどうか……? 月刊の「別冊少年マガジン」に移行したことも成功の一因かもしれません。

    ●高橋留美子(代表作:『うる星やつら』など)

     数々のヒット作を生み出してきた高橋留美子先生は、インタビューなどで、大学時代に「ジャンプ」に持ち込みをしていたというエピソードを話しています。そのときの担当編集は、のちに鳥山明先生を発掘する名編集者・鳥嶋和彦さん。しかし、「ジャンプ」での連載は叶わず、「週刊少年サンデー」に流れてしまったのでした。

     その「サンデー」で掲載されたのが、デビュー作の読み切り『勝手なやつら』。SF要素の入ったドタバタラブコメは当時斬新で、高い評価を受けることになります。この評価がかの『うる星やつら』の連載につながり、同作は大ヒットを飛ばしました。

     その後、『らんま1/2』『犬夜叉』『境界のRINNE』『MAO』と、長年「サンデー」を支え続ける作家となりました。もしも高橋先生が「ジャンプ」で連載をスタートさせていたら、大きく歴史が変わっていたことでしょう。

    いま振り返れば「努力不足だった」と、大人なコメントも
    10代で集英社の賞を獲得するもデビューできず、遅咲きとなった渡辺航先生の代表作『弱虫ペダル』第1巻(講談社)

    ●オダトモヒト(代表作:『古見さんは、コミュ症です。』)

    「週刊少年サンデー」で連載中のコメディマンガ『古見さんは、コミュ症です。』は、累計発行部数は550万部を突破し、2021年にはアニメ化・ドラマ化されるなど、注目を集めている作品です。

     作者のオダトモヒト先生は、「週刊少年サンデー」の巻末マンガ『サンデー非科学研究所』で、自身のルーツが紹介されていました。それによると、過去に「ジャンプ」に持ち込みをしたものの「つまらない」とバッサリ切られてしまったとのこと。他に持って行ったネームも「多分意味ないと思うけど見るわー」と言われるなど、かなりひどい編集に当たってしまったようです。

     オダ先生のネームは『ジャンプスクエア』の編集には好評だったものの、結局「サンデー」で「これすごくいいです!」とかなりの評価を得たため、そのまま読み切りを「小学館新人コミック大賞」に応募して、見事大賞を受賞。その後、2014年に『デジコン』でデビューすることとなります。

     そしてオダ先生は、2016年から連載の『古見さんは、コミュ症です。』で大ヒットマンガ家の仲間入りを果たしたのです。

    ●渡辺航(代表作:『弱虫ペダル』)

    「少年チャンピオン」にて2008年から連載中の『弱虫ペダル』は、ロードレースを題材とした熱いスポーツマンガ。累計発行部数は2500万部を突破している大ヒット作です。

     作者の渡辺航先生が本作でブレイクしたのは、30代後半のことでした。実は渡辺先生はその20年以上前の1986年、15歳にしてすでに集英社の第22回ホップ☆ステップ賞で佳作を獲得しており、そこから数えるとかなりの遅咲きです。

     もともとは「週刊少年ジャンプ」の大ファンで、賞をとってからすぐにデビューできると考えていたという渡辺先生。しかし、その後も赤塚賞で佳作や準入選は果たすものの、結局「ジャンプ」での連載は叶わず、戦力外通告を受けてしまうのです。

     渡辺先生は当時のことを「ただの努力不足ですよ」と語っています。「ジャンプ」から切られたという経験があってこそ、いまの『弱虫ペダル』があるのかもしれません。

    ※全文はリンク先で


    【【漫画家】少年ジャンプから 蹴られた漫画家のその後は??【成功or失敗】】の続きを読む


    浅野 真澄(あさの ますみ、1977年8月25日 - )は、日本の女性声優、ナレーター、作家、歌手、作詞家、投資家。声優ユニット・Aice5のメンバー。秋田県能代市出身。執筆・創作活動はあさの ますみ名義。声優及び執筆・創作活動はフリー。愛称はますみん。 夫は漫画家の畑健二郎。
    123キロバイト (12,380 語) - 2021年1月1日 (金) 03:15



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    新しい事務所移籍後も 頑張って下さい!!mj

    1 ひかり ★ :2020/12/31(木) 20:59:30.39 ID:CAP_USER.net

     アニメ『Go!プリンセスプリキュア』海藤みなみ/キュアマーメイド役などで知られる声優の浅野真澄が31日、自身のブログを更新。所属する青二プロダクションを退所し、フリーに転身することを発表した。

     ブログでは「私、浅野真澄は、12年間お世話になった青二プロダクションを離れ、2021年1月1日から、フリーランスとして活動していくことになりました」と報告。

     「声優の仕事をはじめて、丸20年。温かく居心地のいい実家を出て、一人暮らしをはじめる新成人――今、そんな心境に近いかもしれません」とし、「正直、不安もあります。でも、たくさん悩んで、自分で決めて踏み出した冒険の旅、こうなったらとことん味わい尽くそう!そう思っています」と今の心境を打ち明けた。

     また、「『言葉』と『声』によって創り出される世界が、私は好きです。どんな声で伝えるかで、同じ言葉なのに意味が変わったり、聞いた人の心に、それまでなかった感情が生まれたり。そんな奥深い世界を、生涯をかけて真摯に極めていきたいのです」とし、「これからも、声優としてナレーターとして、精進していきます。どうか今までと変わらず、応援していただけたら嬉しいです。2021年からも、浅野真澄を、よろしくお願いいたします」と呼びかけた。

     浅野は、アニメ『スパイラル -推理の絆-』結崎ひよの役、『一騎当千』孫策伯符役、『ベイブレードバースト』蒼井千春役などで知られる人気声優。2018年に漫画『ハヤテのごとく!』『トニカクカワイイ』で知られる漫画家・畑健二郎と結婚を発表している。


    【【声優】「トニカクカワイイ」の由崎叶香役等の 浅野真澄さん。人気漫画家と結婚したんだから その後は安泰じゃね??【素晴らしいじゃん!!】】の続きを読む

    このページのトップヘ