これで


    !!男塾』(さきがけ!! おとこじゅく)は、宮下あきらによる日本の漫画作品。また、それを原作にしたテレビアニメ、実写映画作品。2019年5月時点で累計発行部数は2700万部を突破している。 行き場の無くなった不良少年たちを全国から集め、過激なスパルタ教育を施す男塾
    57キロバイト (7,108 語) - 2022年7月27日 (水) 05:45

    (出典 content.bookoffonline.co.jp)


    このキャスティング 誰向け??mj

    1 シャチ ★ :2022/07/27(水) 13:56:04.99ID:CAP_USER9
    週刊少年ジャンプにて1985年から1991年まで連載された宮下あきら氏によるアクション漫画の金字塔『魁!!男塾』の舞台化が決定した。

     今作は、行き場の無くなった不良少年たちを全国から集め、過激なスパルタ教育を施す「男塾」に入塾した塾生たちのコミカルな日常と友情、壮絶な死闘を描いた物語。総発行部数2700万部を超える大ヒットを記録し、1988年にはアニメ化もされ、一世を風靡(ふうび)した。

     その後、スピンオフ作品も数多く世に出され、今なお熱烈なファンが多い漫画史に残る名作。そんな男塾を、『舞台ハイスクール!奇面組』や『舞台サルまん』を手がけた田中大祐氏による脚本・演出で初舞台化。主演の剣桃太郎役に武子直輝、伊達臣人役に縣豪紀、赤石剛次役に賀集利樹、江田島平八役には元K-1ファイターの武田幸三が出演する。さらに元力士、中国武術アジアチャンピオンなどリアルな肉体派キャストが集結。笑いと狂気の男塾ワールドを完全再現し、令和の世に熱く届けられる。

     『舞台 魁!!男塾』は、10月7日から10月11日まで、東京・渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホールで。

    ■キャスト
    剣桃太郎:武子直輝
    伊達臣人:縣豪紀
    富樫源次:柏木佑介
    虎丸龍次:梶原颯
    J:滝川広大
    極小路秀麻呂:深澤大河
    田沢慎一郎:中村祐志
    松尾鯛雄:オラキオ
    鬼ヒゲ:コウガシノブ
    飛行帽:錦織純平
    月光:両國宏
    飛燕:金澤慎治
    雷電:長田拓郎
    修羅和尚:農塚誓志
    丸山二号生:Kいち
    椿山清美:長谷場俊紀
    キース:添田翔太
    コング:樋口裕司
    ジョーンズ:アレス
    関東豪学連:賀谷亮祐
    関東豪学連:新大悟
    赤石剛次:賀集利樹
    江田島平八:武田幸三

    ■あらすじ
     真の日本男児を育成するため、過激なスパルタ教育を施す男塾。塾長の江田島平八は、「男塾の卒業生こそがこれからの日本の舵を取ってゆく」と言って憚(はばか)らない。そんな男塾に入塾してきた新一号生たちは、筆頭の剣桃太郎を中心に、男塾名物と呼ばれる壮絶なシゴキに耐えながら、男を磨いてゆく。鬼の二号生との対面、アメリカ海軍兵学校との対抗戦など、さまざまな死闘を乗り越え、絆を深めてゆく一号生たち。そんな男塾に狙いを定めたのが、日本最大の愚連隊、伊達臣人率いる「関東豪学連」。やがて一号生たちは、豪学連との壮絶な死闘に飲み込まれてゆく…!

    ソース オリコン
    https://www.oricon.co.jp/news/2243653/full/
    画像

    (出典 contents.oricon.co.jp)

    【【漫画】「魁!!男塾」舞台化のキャストに ため息が出てしまう件【これでいいのか…】【感想】】の続きを読む


    新九郎奔る!』(しんくろう、はしる)は、ゆうきまさみによる日本の歴史漫画。『月刊!スピリッツ』(小学館)にて、2018年3月号(2018年1月27日発売)から2019年12月号(2019年10月27日発売)まで連載された後、週刊『ビッグコミックスピリッツ』(同社刊)へ移籍して、2020年7号から隔週で連載中。
    173キロバイト (34,150 語) - 2022年2月14日 (月) 07:39



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    歴史が好きな人には 面白いだろうね。mj

    1 朝一から閉店までφ ★

    2022年02月10日 19:05

    ゆうきまさみさんの漫画「新九郎、奔る!」第9巻が発売された。

    伊勢新九郎(後の北条早雲)を主人公とした本格歴史漫画だ。時の権力者、伊勢伊勢守貞親を伯父にもつ千代丸11歳(伊勢新九郎)が、離れて暮らす父・伊勢備前守盛定に呼びだされ、伯父・貞親邸で暮らすことになって物語が始まる。

    小学館による内容紹介は以下の通り。各巻の試し読みができる。

    http://www.new-akiba.com/news/195746

    室町コミックブームの火付け役! 最新巻!

    文明五年(一四七三年)、新九郎のもとに伯父・貞親逝去の報が届く。
    それを皮切りに、応仁の乱のきっかけとなった人々が
    次々とこの世を去ることに。

    世代交代の波が押し寄せるなか、
    新九郎は相も変わらず、自分の家の金策に頭を悩ませていた……

    その矢先、姉・伊都が嫁ぎ先の駿河・今川家にて嫡男を出産。
    父・盛定はお祝いを兼ねて、伊都への金策をしてくるよう
    新九郎に駿河行きを命じるがーーー!?

    乱の中心人物が不在でもなお、終わる気配のない天下の大乱。
    そして荒れる関東。
    時代はいよいよ戦国へと急速に向かい始める!


    【【漫画】「新九郎、奔る!」北条早雲って あまり知名度がないよな…【これで 名前が知られたかもな】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    鬼滅の刃』(きめつやいば)は、吾峠呼世晴による日本漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号から2020年24号まで連載。略称は「鬼滅」。 日本大正時代を舞台に、主人公少年がと化した妹を人間に戻すためにたちと戦う姿を描く、和風剣戟奇譚。単行本(全23巻)
    435キロバイト (76,644 語) - 2021年12月9日 (木) 14:14



    (出典 m.media-amazon.com)


    突っ込みの嵐やん…mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/12/09(木) 12:41:51.71

    オリコン2021-12-09
    https://www.oricon.co.jp/special/57916/

    ■努力の過程が“しつこく描かれない” 現代漫画の新たな潮流
    『鬼滅の刃』がヒットした理由は、「老若男女すべてを引き込む要素があったことです」ときたがわ翔氏。少年漫画と少女漫画の両方の良いところをおさえていたり、大人も子どもも共感できる視点があったりと、作品のバランスが非常に優れているのだという。

    「まず少年漫画的な要素でいえば、作者の吾峠呼世晴先生は『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦・著)から影響を受けているように僕には感じられます。バトルシーンがあり、鬼舞辻無惨というキャラクターがある種、『ジョジョ~』の悪役ディオ・ブランドー的な役割を持っているところに共通性があるように思えるのです。なおかつ、鬼が死んでいくとき、過去の人生を思い出して回想しながら息絶えていくところにセンチメンタリズムがある。そうした部分には、大人も共感できるんですよね。

    一方で、少女漫画を読む読者にとってもわかりやすい内容になっています。例えばバトルシーンで『〇〇の呼吸!』と名前を叫ぶけれど、特にどういう技なのかの説明はありません。僕の経験から言わせてもらうと、読者の中には『物理的な説明は必要ない』と感じる方も多いので、そうした部分も読みやすさに繋がっているのだと思います」

    さらに、きたがわ氏が指摘するのは「努力の過程をあまり描かないこと」。

    「炭治郎が急激に強くなるんですが、努力の過程が描かれることはほとんどありません。でも、それが今の漫画の流行りなんだと思います。

    努力や修行するシーンは、読んでいても盛り上がりに欠ける部分があります。だから、読者が最初から気分よく読めるように、主人公は努力によって何かを得るのではなく、“最初から素質を持っている”ようにする。そして、『その能力をいつ発動するのか』という過程を描いていくんです。今のスマホに慣れきった世代は、できればすぐに答えや結果を知りたいというマインドが強いのではないでしょうか。そうした層にも読んでもらうためなのか、努力の過程をすっ飛ばして物語が進んでいく。言ってみれば、起承転結ではなく、『起結』『起結』の繰り返しみたいなものですね」

    ■かつて尊ばれた「省略の美」から「丁寧に説明してほしいマインド」へ
    そして、もう一つ大きなポイントは作品が「少女漫画的要素」を含んでいること。例えば、主人公の炭治郎が、ひたすらモノローグ(独白)として自身の気持ちを語るような描き方は、少女漫画でよく見られる手法だという。

    「少年漫画の場合、基本的に主人公の心理はそれほど語られません。勝つにしろ敗れるにしろ、戦う姿を見せることで登場人物の心情を伝えていきます。でも、少女漫画は勝ち負けよりも、『この人は、今どういう気持ちなのか』など、主人公や登場人物への“共感性”を重視した作品が多いのです。炭治郎がひたすら禰豆子のためを思って行動したり、死んでいく鬼を可哀想に思ったりする心理描写は、少女漫画的な“共感性”の高い部分と言えます。

    劇場版『鬼滅の刃』無限列車編でも、煉獄さんが最後にたくさん語るじゃないですか。僕個人からすると、『そこまで説明しなくてもいいのでは』と思いますが(笑)、今の時代は逆にあれじゃないと多分ダメなんですね。僕らの世代の漫画の作り方とはまったく違う。後ろ姿でうつむいて、悲しみを表現……だと今の読者には伝わらないのでしょう。現代の読者は、とにかく『その人物が抱いている気持ちを、丁寧に説明してほしい』と思っているように感じます。そして、『読んですぐに理解できる』ことも大事になってきました。だから、描かれた絵やセリフ以上のことを読者に想像してもらうという描き方が、今は難しい時代になってきています」

    かつて漫画の世界では「省略の美」が尊ばれる傾向もあった。しかし、今は「一瞬にして状況を理解できる」ほど説明を費やすことが重要だという。『鬼滅の刃』はそうした部分を、非常にバランスよく描いていると、きたがわ氏は語る。

    「『鬼滅の刃』は、バトルのテンポのよさや心理描写の丁寧さなど、少年漫画と少女漫画のいいところを、うまくミックスしていると思います。心理描写の量も過不足なく、バトルのスピード感も絶妙です。そこが老若男女に愛される秘訣なのでしょう」

    ■“嫌な人という存在を認めたくない” 作品の世界観と世間の風潮
    加えて、『鬼滅の刃』のもう一つの魅力として語られる“敵の描き方”にも、時代性が表れているときたがわ氏は読む。

    「昔は、ヒール役はとことん嫌なやつで、改心もしませんでした。ところが、今はヒールにも何かしらの理由をつけて『じつは、いいところもあった』という見え方にしている漫画が多い。
    (以下リンク先で)


    【【漫画】「鬼滅の刃」思い切り修行シーンあるのに 無い事になってる件【これでいいのか?!】【感想】】の続きを読む


    『ルパン三世 カリオストロの城』(ルパンさんせい カリオストロのしろ、英: The Castle of Cagliostro、仏: Le Château de Cagliostro)は、1979年12月15日に公開されたモンキー・パンチ原作アニメ『ルパン三世』劇場映画第2作。宮崎駿映画初監督作品。
    109キロバイト (16,191 語) - 2021年8月30日 (月) 15:09



    (出典 dpc8tamkiuhgi.cloudfront.net)


    ルパン三世も もう50年目かぁ。mj

    1 カラス ★ :2021/09/21(火) 12:49:01.04

    https://news.mynavi.jp/article/20210921-1978053/

    モンキー・パンチ原作による映画「ルパン三世 カリオストロの城」およびモンキー・パンチ総監督短編作品「ルパンは今も燃えているか?」同時上映の来場者特典が明らかになった。国内初解禁のイラストを使ったA4クリアファイルが、数量限定で配布される。

    「ルパン三世」のアニメ化50周年を記念して、10月1日より2週間、全国50館で実施されるこの上映。来場者特典の情報に併せて、「ルパン三世 カリオストロの城」の1979年公開当時のパンフレットを完全復刻した商品が発売されることも発表された。パンフレットには「ルパン三世 カリオストロの城」「ルパンは今も燃えているか?」のポストカード5枚セットが付属する。

    「ルパン三世 カリオストロの城」は宮崎駿の映画初監督作品。ヨーロッパの小国・カリオストロ公国を舞台に、ルパンと公女クラリスの出会いや冒険が描かれる。今回の上映では4K映像と7.1chの多次元サウンドで、視覚と聴覚の両面から臨場感と迫力を味わうことができる。また「ルパンは今も燃えているか?」は、「ルパン三世」の原作誕生50周年を締めくくる記念作品として制作されたもの。ミスターX、パイカル、摩毛狂介などルパンたちを苦しめた歴代キャラクターが登場し、再度ルパン一味に戦いを挑む。

    「ルパン三世 カリオストロの城」4K+7.1ch/「ルパンは今も燃えているか?」
    2021年10月1日(金)より2週間限定全国ロードショー

    「ルパン三世 カリオストロの城」4K+7.1ch
    スタッフ
    原作:モンキー・パンチ
    監督・脚本:宮崎駿
    脚本:宮崎駿、山崎晴哉

    キャスト
    ルパン三世:山田康雄
    峰不二子:増山江威子
    次元大介:小林清志
    石川五ェ門:井上真樹夫
    銭形警部:納谷悟朗
    クラリス:島本須美
    ほか

    「ルパンは今も燃えているか?」
    スタッフ
    原作・総監督:モンキー・パンチ
    監督:川越淳

    キャスト
    ルパン三世:栗田貫一
    次元大介:小林清志
    石川五ェ門:浪川大輔
    峰不二子:沢城みゆき
    銭形警部:山寺宏一
    ミスターX:茶風林
    摩毛狂介:村治学
    パイカル:家中宏
    百地三太夫:浦山迅
    プーン:斧アツシ
    アナウンサー:松浦裕美子


    【【アニメ】「ルパン三世 カリオストロの城」これで何度目??【コバキヨ次元も もう最後か…】【感想】】の続きを読む


    ベルセルク』(BERSERK)は、三浦建太郎による日本の漫画作品。白泉社発行の漫画誌『ヤングアニマル』にて、月イチ連載(第4金曜日)されていた。単行本は白泉社からヤングアニマルコミックスのレーベルで刊行されている。 中世ヨーロッパを下地にした「剣と魔法の世界」を舞台に、身の丈を超える巨大な剣を携え
    124キロバイト (16,182 語) - 2021年8月9日 (月) 13:07


    作者亡き後だからなぁ…mj

    【【漫画】「ベルセルク」最新話来た!!これで 実質最終回かな…【これでいいのかもな。】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ