かなり


    『週刊少年チャンピオン』(しゅうかんしょうねんチャンピオン)は、秋田書店が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1969年7月15日創刊(創刊当初は隔週刊行で誌名も「少年チャンピオン」。1970年6月24日から誌名を「週刊少年チャンピオン」と改めて毎週刊行化)。毎週木曜日発売。略称は 「チャンピオン」・「週チャン」など。…
    51キロバイト (4,691 語) - 2023年1月13日 (金) 13:05
    今なら入間くんか。mj

    1 muffin ★ :2023/01/14(土) 23:55:21.67ID:sIvQieTH9
    https://www.zakzak.co.jp/article/20230114-GE7FVRKI7RLELEUG6KQIJAGZU4/
    2023.1/14 15:00

    今回はあるマンガ雑誌の絶頂時代を調査。

    「板垣恵介さんの刃牙シリーズが好きで、30年以上『週刊少年チャンピオン』を愛読しています。先日、家のそばのコンビニで買いそびれたので、会社の近所で買って持っていたら、上司に見つかってしまいました。何か言われるのかと思ったら、『チャンピオンか、昔は日本一売れていたのになあ』とだけ。そんなに売れていたことがあったんですか? 探偵局で調べてください」 (会社員・47歳)

    『週刊少年チャンピオン』は現存する少年週刊誌としては最後発で、1969年7月の創刊。当初は隔週刊だったが、70年6月から週刊化された。
    執筆陣には、発行元・秋田書店の新書判単行本シリーズ「サンデー・コミックス」の常連だった手塚治虫、さいとう・たかを、横山光輝、石ノ森章太郎らが名を連ねていた。
    前年創刊の『週刊少年ジャンプ』が本宮ひろ志ら新人マンガ家を中心にしたラインアップだったのとは対照的だ。

    創刊当初は発行部数24万部と出遅れたが、72年春に2代目編集長に就任した壁村耐三が、「少年マンガの王道路線」と「毎号読み切り連載」という大胆な改革を打ち出したことがターニングポイントになった。

    壁村は、柔道マンガとしてスタートした水島新司の『ドカベン』を野球マンガに路線変更。71年スタートの横山光輝『バビル2世』と『ドカベン』を除いた連載を一旦打ち切り、新連載は原則1話完結式としたのだ。ここから生まれたのが、手塚治虫の『*・ジャック』だった。少年誌では人気が低迷していた手塚は、この作品で復活を遂げた。

    ギャグでは、山上たつひこの『がきデカ』、鴨川つばめの『マカロニほうれん荘』、ホラーでは古賀新一『エコエコアザラク』、藤子不二雄Ⓐ『魔太郎がくる!!』、つのだじろう『恐怖新聞』、学園マンガでは石井いさみ『750ライダー』、望月あきら『ゆうひが丘の総理大臣』とヒットを連発。77年には200万部を達成して、『週刊少年ジャンプ』と少年週刊誌トップを争った。その後、79年の1月22・29日合併号で250万部を記録して名実ともにナンバーワンになった。

    しかし

    全文はソースをご覧ください

    1977年5月2日号表紙。「日本一の少年誌」の文字がある

    (出典 i.imgur.com)


    前スレ
    ★1:2023/01/14(土) 17:08:04.71
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1673683684/

    【【漫画】「週刊少年チャンピオン」全盛期って かなり個性的な作品ばっかだった??【マカロニほうれん荘とか 懐かしいよな!!】】の続きを読む


    岸辺露伴 ルーヴルへ行く』(きしべろはん ルーヴルへいく、Rohan au Louvre)は、フランスのルーヴル美術館と、フュチュロポリス社が2005年より実施してきたBD(バンド・デシネ)プロジェクトの第5弾として2009年に発表された荒木飛呂彦の漫画作品。 2023年5月に実写映画が公開予定 26×18…
    25キロバイト (3,793 語) - 2023年1月5日 (木) 01:23
    フランスまで行くって スゴくね??mj

    1 湛然 ★ :2023/01/05(木) 05:24:46.74ID:f+aDPuMX9
    「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」映画化!高橋一生・飯豊まりえやスタッフ続投
    2023年1月5日 5:00 1 映画ナタリー編集部
    https://natalie.mu/eiga/news/507631
    (c)2023「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」製作委員会 (c)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

    (出典 ogre.natalie.mu)


    ●映画「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」超特報映像


    (出典 Youtube)




    荒木飛呂彦原作のドラマ「岸辺露伴は動かない」の出演者、スタッフが再集結した映画「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」が5月26日に公開される。

    「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」の原作は、荒木による「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズのスピンオフ「岸辺露伴は動かない」のエピソードの1つ。2009年にフランス・ルーヴル美術館が国内外のマンガ家とコラボしたバンド・デシネプロジェクトのために荒木が描き下ろし、同美術館で初めて日本のマンガ家の作品が展示された。物語は「この世で最も黒く、邪悪な絵」の謎を追い、露伴がルーヴルを訪れるサスペンス。これまでのドラマ「岸辺露伴は動かない」では描かれることのなかった、露伴の知られざるルーツが明らかにされる。

    映画ではこれまで2020年から2022年にかけて放送されたドラマと同じく、高橋一生が露伴、飯豊まりえが編集者の泉京香を演じる。スタッフもドラマの面々が続投し、監督を渡辺一貴、脚本を小林靖子、音楽を菊地成孔 / 新音楽制作工房、人物デザイン監修・衣装デザインを柘植伊佐夫が担当する。

    昨年の秋から始まった日本国内での撮影は終了し、現在はフランス・パリでの撮影を継続中で、ルーヴル美術館をはじめとした名所での大規模ロケが行われているという。なおルーヴル美術館で映画の撮影許可が下りるのは異例で、日本映画としては2014年に公開された「万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-」以来2作目となる。

    またティザービジュアルと、露伴と泉の掛け合いを切り取った超特報映像も解禁。高橋、飯豊、渡辺、小林からのコメントも到着した。パリでコメントを書いたという高橋は「今作は実写ドラマである『岸辺露伴は動かない』シリーズと地続きであることは大前提で、実際9話目にあたる物語になります。これ迄ドラマシリーズを観てくださった方はもちろん、独立した一つの作品としても、これまでの露伴の足跡をご存知ない方にも楽しんで頂ける映画作品になっていると思います」とアピール。飯豊は「ここまで長く皆さんに楽しみにしていただける作品に、また新しいエピソードが加わることをとても嬉しく思っています! 露伴先生と京香が、遠く離れたルーヴル美術館に隠された謎と、過去に向き合います! 是非これまで通り、楽しんで頂けたらと思っています!」と語った。

    ■ 高橋一生 コメント
    岸辺露伴という人間を演じさせていただいてから、3年目に入りました。
    劇場版や映画版と銘打たない今作においても、岸辺露伴を演じ続けさせていただけていることは、僕の人生にとって非常に特異な出来事です。
    今はパリの現場でこの情報解禁コメントを書いています。
    周りにはドラマの第一期から岸辺露伴を作ってきた素晴らしい日本のチームが居ます。そこに日本の映画チーム、加えてここ数日は極めてプロフェッショナルで真摯な、これまで第一期二期三期を共に作ってきたかと錯覚する様なフランス現地のチームが合流し、唯一の作品が出来上がっていくのを目の当たりにしています。
    第一期の撮影時、演出の一貴さんと、あくまで夢の話として「岸辺露伴ルーヴルへ行く」の話をしていました。
    いつか実際に、パリで撮影が出来たら、と。
    そして今、パリ市街の石畳の上、露伴として立っている自分に違和感を覚えていないのは、間違いなく、卓越したスタッフワークに支えられているからだと思います。異国においてもこれまでと何も変わらずに露伴で居られる事を、心から感謝しています。
    今撮影しているフランスパートだけではなく、既に撮影を終えている日本パートも作品全体の重要な部分を担っています。
    ジョジョの全作品においても大事な要素である血脈、受け継がれるもの、過去、が今作においても語られます。
    それらと向き合うことは、今自分が存在していることに繋がります。
    時間は誰にとっても優しくも残酷にもなりますが、例外なく今作の露伴にも、その存在を問いかけてきます。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【【漫画】【映画】「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」期待してる人かなり居る様だな??【楽しみにしてる!!】【感想】】の続きを読む


    マジンガーZ』(マジンガーゼット)は、永井豪の漫画、原作者を共にする東映動画制作のテレビアニメ、桜多吾作によるコミカライズ作品の題名、またこれら3作品で描かれる主役の巨大ロボットの名称。本項では原作者の漫画とテレビアニメーション、および後世影響等について述べる。桜多吾作によるコミカライズ版については作者の項を参照。…
    256キロバイト (38,459 語) - 2022年12月3日 (土) 15:22
    50周年 おめでとう!!mj

    1 朝一から閉店までφ ★
    2022.12.03

    TVアニメ放送から50年を迎えた『マジンガーZ』は、ロボットアニメの金字塔と言われる歴史的な作品です。その人気は世界にまで及び、その功績は後続のロボットアニメに大きな影響を与えました。
    https://magmix.jp/post/124377




    男の子の「夢」が詰まったニューヒーローだった

    アニメ『マジンガーZ』DVD Vol.6(東映ビデオ)

    (出典 magmix.jp)


     本日12月3日は、1972年にTVアニメ『マジンガーZ』が放送開始した日。今から半世紀前の出来事になります。その人気は国内だけにとどまらず世界中に広がり、ロボットアニメの金字塔とまで言われました。

    『マジンガーZ』は、漫画家の永井豪先生と東映動画(現在の東映アニメーション)が制作したアニメ『デビルマン』の打ち合わせのさいに、新企画として生まれました。
    その後、永井先生はひと足早く「週刊少年ジャンプ」でマンガ連載を開始、東映動画はTVアニメ企画として、『デビルマン』同様にアニメとマンガの同時進行というスタイルで動き出します。

    『マジンガーZ』以前にも、ロボットアニメの始祖とも言える『鉄腕アトム』と『鉄人28号』という大ヒット作がありました。
    しかし、日本のTVアニメ界をけん引したこれらの作品にはなかった画期的な発想が『マジンガーZ』にはあります。それが、「操縦者が乗り込んでロボットとひとつになって戦う」という点。この部分が目新しい部分だと言われています。

     当時は怪獣ブームから変身ブームへとTVの注目作品が変わっていきますが、男の子には依然として実写ヒーローが興味の中心にいました。
    しかし、これらのヒーローは誰もがなれるものではなく、ヒーローになれる「特別な人」が変身するというものです。ところが、マジンガーZは操縦席であるホバーパイルダーに乗り込めば自分にも操縦できるかもしれない。……そう思わせるロマンがありました。

     また、もともと男の子は特別なメカが好きなもの。実際ヒーローもののほとんどに、主要キャラたちが乗り込む特殊メカがありました。男の子の好きなものを組み合わせて、より新しいものを作った『マジンガーZ』の化学変化が、当時の筆者を含む子供たちにはたまらなく魅力的に映ったわけです。

     主役であるマジンガーZを魅力的に引き立てたのが、敵役である「機械獣」でした。毎週、まったく違うデザインの機械獣の登場に、興奮しなかった男の子はいなかったと思います。
    実写作品との大きな違いは、人が入るということを想定しないでいい自由度の高いデザインにつきるでしょう。そして、1話で2体、3体と複数の敵が現れることが多いのも魅力でした。

     現在では作画の手間という問題もあって量産型の敵役が当たり前となりましたが、やはり毎回違った敵が現れて戦うという、一期一会のバトルは男の子にはたまらなかったと思います。

     ちなみに20年以上前のこと、『スーパーロボット大戦』シリーズでしか『マジンガーZ』を知らない世代の人が本作を見て、「ガラダK7やダブラスM2は一度しか出ないのですか?」と驚いていました。
    どうやらオープニングにも出ているので何度も登場する量産型だと思ったそうです。確かに現在の常識では考えづらいことかもしれませんね。

    https://magmix.jp/post/124377/2

    次のページ 「超合金」も、玩具会社のアニメ進出も『マジンガーZ』から

    【【アニメ】「マジンガーZ」当時は かなり画期的だったよな!!【超合金って これから始まったんだっけか】【感想】】の続きを読む


    ヴァイオレットエヴァーガーデン』は、暁佳奈による日本の小説。および、それを原作とするアニメーション作品。イラストは高瀬亜貴子が手掛けている。 KAエスマ文庫(京都アニメーション)より2015年12月から2020年3月まで刊行された。 「自動手記人形」と呼ばれる代筆屋の少女を中心に繰り広げられる群…
    72キロバイト (7,675 語) - 2022年11月25日 (金) 12:35
    放送後が気になる…mj

    1 muffin ★ :2022/11/25(金) 12:32:13.14ID:wuKVTBsT9
    https://eiga.com/news/20221125/3/
    2022年11月25日

    名作アニメーション「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が、本日11月25日の午後9時~午後11時34分に、日本テレビ系「金曜ロードショー」で初放送される(放送枠40分拡大)。今回の放送を記念し、ヴァイオレット・エヴァーガーデン役の石川由依、ギルベルト・ブーゲンビリア役の浪川大輔からコメントが到着した。

    暁佳奈氏の小説をアニメ化した「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」シリーズは、戦時中に兵士として育てられ、愛を知らずにいた少女ヴァイオレット・エヴァーガーデンが、「自動手記人形」と呼ばれる手紙の代筆業を通じて、さまざまな愛のかたちを知っていく姿を描いた。

    昨年の「金曜ロードショー」では、テレビシリーズの“特別編集版”と「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形」を放送。2週にわたってTwitterのトレンドを席巻し、世界トレンド1位を獲得している。シリーズ完結編となる「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は、2020年に公開され、興行収入21.3億円のヒットを記録。京都アニメーションによる圧倒的映像美と心揺さぶるストーリーで、日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞している。

    代筆業の経験を重ねながら、いつかギルベルト少佐に会えると信じて待ち続けるヴァイオレット。ある日一通の宛先不明の手紙から、物語が大きく動き出していく。今回の初放送にあたり、石立太一監督が自ら監修、再編集を手掛けている。

    石川と浪川のコメントは、以下の通り。

    続きはソースをご覧下さい


    (出典 eiga.k-img.com)


    (出典 eiga.k-img.com)


    (出典 eiga.k-img.com)

    【【アニメ】【金ロー】「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」放送前から かなり煽ってね??【今頃なら 泣いてるかも??】】の続きを読む


    ドラゴンクエストシリーズ > ドラゴンクエストドラゴンクエスト』(DRAGON QUEST)は、1986年(昭和61年)5月27日にエニックス(現:スクウェア・エニックス)より発売されたファミリーコンピュータ(ファミコン、FC)用ロールプレイングゲーム。通称は『ドラゴンクエストI』(ドラゴンクエストワン)。…
    85キロバイト (10,943 語) - 2022年10月10日 (月) 03:14
    改善の余地はあった。mj

    1 フォーエバー ★ :2022/10/18(火) 07:51:46.83ID:pGRO0crT9
    10/18(火) 6:31配信

    ふたまん+
    ファミリーコンピュータ用ソフト『ドラゴンクエスト』(編集部撮影)

     言わずと知れたRPGの名作『ドラゴンクエスト』。その初代が発売されたのは1986年の5月で、時代はまさにバブル期に入る直前だった。筆者もかつては時間を忘れて冒険やレベル上げに夢中になり、親から「早く寝ろ!」と怒られたものである。

    ■ホイミ、メラゾーマを超えて1位となったのは「思わず言いたくなるドラクエの呪文」ランキング1位から10位

     当時味わった興奮と感動を、平成生まれの高校1年の息子にも堪能してもらいたい。スマホアプリでドラクエ5のリメイク版をクリアして感極まっていた息子だけに、“ロト伝説”にも心動くのか?と期待していたら、なんとコントローラーを放り出してしまう結果に……。

     なぜだ? その要因を探ってみよう。

    ■いきなり密室の中で始まるオープニング
     初代ドラクエのオープニングは、王室のなかで始まる。王様から竜王の配下たちが暴れまわっている話を聞き、冒険してこいと背中を押されるのだ。そして、王様からのささやかなプレゼントというべき宝箱が3つ用意されている。それが「120ゴールド」と「たいまつ」、扉を開ける「かぎ」。

     さすがはラダトーム王だ。その寛大な心に胸が打たれる。しかし、そんな思いとは裏腹に、息子から思いもかけない言葉が飛び出す。

    「ねえ、なんで人を呼びつけて扉閉めて鍵かけるの?」
    「え?」
    「扉に鍵をかけておいて、その鍵が入っている宝箱に鍵をかけない王様ってどうなの?」
    「!?」

     思わず絶句してしまった。

     当時はRPGというジャンル自体が珍しく、ほとんどの子どもはRPG初心者だった。そのため、開発者の堀井雄二氏があえて密室にし鍵で扉を開けさせることで、チュートリアルさながらに冒険のヒントを与えてくれていたのだ。

    「それはね、パパたち当時の子どもたちはRPGになじみがなくて……」

     最後まで言い終えないうちに、息子の次の質問がやってきた。

     そう、初代ドラクエであまりにも有名な「はなす」の方角問題だ。

     王様との会話にもあるのだが、宝箱を開ける前に、部屋にいる兵士に冒険のヒントを聞くのが本来の流れ。息子も兵士のそばまで行ったのだが、ここで手が止まる……。トラブルだ。

    「あれ? 『はなす』のコマンドがあるじゃん。ていうか、方角があるんだけど」

     間違いなく突っ込まれるだろうとは思っていたが、初代ドラクエは会話をするのにコマンドを開いてさらに方角を指定しなければならない。

    「いやー、面倒MAX!」

     そう言うと、兵士と会話をすることなく扉を鍵で開け、階段を下りていった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c4e304e70a3f2f8a1ba5f440c2e427abda1bacfa


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l

    【【ゲーム】「ドラゴンクエスト」初代ファミコン版って かなりめんどくせぇよな??【今の子達も 同じらしい】【評価】】の続きを読む

    このページのトップヘ