かなり


    ONE PIECE (ワンピース (漫画)からのリダイレクト)
    『ONE PIECE』(ワンピース)は、尾田栄一郎による日本の少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1997年34号より連載中。略称は「ワンピ」。 海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン。
    282キロバイト (36,020 語) - 2022年8月7日 (日) 04:51

    (出典 sm.ign.com)


    映画館で観れば 迫力のあるもんな!!mj

    1 muffin ★
    https://www.crank-in.net/news/112235
    2022/8/9 12:00

    8月6~7日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、原作者の尾田栄一郎が2016年公開の『ONE PIECE FILM GOLD』以来となる総合プロデューサーを務めた長編劇場版第15弾『ONE PIECE FILM RED』が、初週土日動員158万人に迫り、興収は22億5400万円を突破する大ヒットスタートで首位を獲得。この数字は今年度ナンバー1オープニング興収で、前作、劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』の初日からの3日間の数字と比較しても178%という高い数字、さらに配給の東映のオープニング動員・興収ともに歴代1位という記録づくめの結果となった。

    2位は『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』が、週末土日動員34万3000人、興収5億3700万円という高水準の数字を出したものの、先週の1位からワンランクダウン。累計では動員181万人、興収27億2400万円を突破した。
    中略

    8月6~7日の全国映画動員ランキングは、以下の通り。
    第1位:『ONE PIECE FILM RED』
    第2位:『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』
    第3位:『ミニオンズ フィーバー』
    第4位:『キングダム2 遥かなる大地へ』
    第5位:『トップガン マーヴェリック』
    第6位:『今夜、世界からこの恋が消えても』
    第7位:『ゴーストブック おばけずかん』
    第8位:『劇場版 仮面ライダーリバイス バトルファミリア/暴太郎戦隊ドンブラザーズ THE MOVIE 新・初恋ヒーロー』
    第9位:『モエカレはオレンジ色』
    第10位:『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』


    (出典 www.crank-in.net)


    全文はソースをご覧ください

    【【アニメ】「ONE PIECE」映画版は かなりいい評価らしいな?!【未だに 人気作?!】【感想】】の続きを読む


    トイストーリー」を知らない。」。 1995年公開の『トイストーリー』、1999年公開の『トイストーリー2』、2010年公開の『トイストーリー3』に続くトイストーリーリーズ第4作目であり、ピクサーの長編映画としては2018年公開の『インクレディブル・ファミリー』に次ぎ『トイストーリー
    82キロバイト (9,597 語) - 2022年6月25日 (土) 21:03

    (出典 www.jigsaw.jp)


    割と印象が悪かった気がしたが…mj

    602 名無しさん@恐縮です :2022/06/26(日) 12:00:58.51
    3から4は何年後に公開されたんだっけ
    CG技術はだいぶアップしてたな

    【【アニメ】【映画】「トイ・ストーリー4」かなり酷評だった件【思い入れが違うからなのか】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    おおつぼ マキ(本名:大坪 万記、1958年10月23日 - 2022年5月14日)は、日本の漫画家。兵庫県神戸市出身。兵庫県立神戸高校出身。 1980年、『週刊少年ジャンプ』(集英社)の「ぶち丸アウトロー」でデビュー。ゆでたまごのアシスタントをしていたこともある(『キン肉マン闘魂スペシャル』内の
    5キロバイト (619 語) - 2022年5月25日 (水) 10:24

    (出典 assets.st-note.com)


    安らかにお眠りください…mj

    1 muffin ★ :2022/05/25(水) 21:14:02.31

    https://www.oricon.co.jp/news/2236138/full/
    2022-05-25 19:00

     『貧民の食卓』などで知られる漫画家のおおつぼマキさんが、14日に病気で亡くなっていたことが25日、わかった。グルメ漫画誌『思い出食堂』編集部が公式ツイッターで発表した。

     ツイッターでは「漫画家のおおつぼマキさんが今月14日、お亡くなりになりました」と報告。

    「おおつぼさんは、1980年に週刊少年ジャンプでデビュー。明るく軽妙な作風で、多くのコメディ作品を発表され、『思い出食堂』特別編集等でもさまざまな漫画を描いていただきました。温めていた新企画の一回目を完成させた直後にご入院、そして永眠されました」と伝えた。

     「病と闘いながら描かれた最後の作品は力強いタッチで、やはり明るく軽妙でした。シリーズ名は『新日本FOOD記』、タイトルは『阪神沿線の串カツ』です。5月30日発売の『思い出食堂』に掲載されます」


    「最後まで漫画家として生き、描き抜かれた姿に心からの敬意と感謝を表しつつ、ご冥福をお祈り申し上げます」とつづった。

     おおつぼさんは、1980年に『週刊少年ジャンプ』(集英社)の「ぶち丸アウトロー」でデビュー。『キン肉マン』などで知られるゆでたまごのアシスタントを務めていた過去がある。


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【【漫画家】【訃報】「おだいじに!」の おおつぼマキ氏。末期ガンにより 死去…かなり際どい作品だった思い出【RIP】】の続きを読む


    ファイナルファンタジーシリーズ > ファイナルファンタジーXIファイナルファンタジーXI』(ファイナルファンタジーイレブン、FINAL FANTASY XI、FINAL FANTASY XI ONLINE、略称:FFXI、FF11)は、スクウェア・エニックスが開発したファイナルファンタジーシリーズ初のオンラインゲームMMORPG。
    64キロバイト (6,311 語) - 2022年1月22日 (土) 03:27

    (出典 www.4gamer.net)


    しんどい思いしたよな。mj

    197 名無しさん@恐縮です :2022/05/18(水) 13:40:22.62

    俺のFFは1から来て10の後は12だわ
    ネトゲって面倒くせぇ


    【【ゲーム】「ファイナルファンタジーXI」かなり面倒なゲームだった思い出【評価】】の続きを読む


    恋愛頭脳戦〜』連載中に本作を始めており、異例"2作品同時週刊連載"となった。 主人公青年が死後に前世記憶を持ったまま、推していたアイドルの子供に生まれ変わる「転生もの」。「推し」とは、アイドルファンなど間で「応援ている人」意味で使われ、本作タイトルは「推していたアイドルの子
    26キロバイト (4,176 語) - 2022年2月24日 (木) 07:53



    (出典 pbs.twimg.com)


    子供には罪はない…mj

    774 名無しんぼ@お腹いっぱい (ワッチョイ a3bf-EcOz [58.183.10.33]) :2022/02/24(木) 23:11:07.51

    宮崎でアクア=ゴロー先生を知ってヒロイン参戦するはず


    【【漫画】「推しの子」関係性について かなり闇深い様なんだが【不倫かよ】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む

    このページのトップヘ