いくら何でも


    千と千尋の神隠し』(せんちひろかみかくし)は、スタジオジブリ制作長編アニメーション映画。監督は宮崎駿。興行収入は316.8億円。 制作きっかけは、宮崎駿個人的な友人である10歳少女を喜ばせたいというものだった。この少女は日本テレビ映画プロデューサー、奥田誠治娘であり、主人公・千尋の
    175キロバイト (23,504 語) - 2021年2月26日 (金) 11:09



    (出典 www.digima-japan.com)


    キャスティング的にどうなん…mj

    436 名無しさん@恐縮です :2021/02/26(金) 16:24:34.33 ID:WDzIVcdI0.net

    ナウシカの歌舞伎は面白かったが、千と千尋の舞台は
    どうかなあ?


    【【アニメ】【舞台化】「千と千尋の神隠し」橋本環奈さん&上白石萌音さんが 千尋役だとさ…【いくら何でも 無理あるだろ…】】の続きを読む


    本作を連作形式にした理由については、読者が気軽に読んでもらうようにすることと、明るい話と暗い話両方を書きたかったと、前述インタビュー中で説明している。 なお、タイトル(たびたび)」という単語は、当初にタイトルとする予定だった「魔女の旅」では安直すぎ、他のものと被る恐れがあると考えた作者による造語である。
    36キロバイト (4,980 語) - 2020年10月23日 (金) 14:29



    (出典 i-ogp.pximg.net)


    【【アニメ】「魔女の旅々」いくら何でも 吹雪の中の妊婦って 人としても有り得ない件【身体は大事にしてくれ!!】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む

    このページのトップヘ