男性声優


    津田 健次郎(つだ けんじろう、1971年6月11日 - )は、日本の俳優、声優。大阪府出身。芸能事務所はアンドステアに所属。 幼少時代をジャカルタで過ごした経験をもつ。明治大学文学部文学科演劇学卒業で、元々は映画を撮りたいと思っていた矢先に演じるほうにも興味を持ち、円・演劇研究所専攻科を受けて合格し、演劇活動に熱中する。
    142キロバイト (15,164 語) - 2021年4月10日 (土) 13:34



    (出典 ohitoritv.com)


    クセが強いけど それが良かったりして。mj

    282 名無しさん@恐縮です

    声の系統としては故山田辰夫かな?


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【声優】「極主夫道」の不死身の龍役等の 津田健次郎さん。最近になって 割と表に出て来た??【苦労の連続だったとか】】の続きを読む


    中村 悠一(なかむら ゆういち、1980年2月20日 - )は、日本の男性声優、ナレーター、YouTuber。香川県木田郡庵治町(現:高松市)出身。インテンション所属。 代表作は『おおきく振りかぶって』(阿部隆也)、『CLANNAD』シリーズ(岡崎朋也)、『機動戦士ガンダム00』シリーズ(グラハム
    221キロバイト (22,128 語) - 2021年4月7日 (水) 12:11



    (出典 pbs.twimg.com)


    ダイアクロンって懐かしいわ!!mj

    788 声の出演:名無しさん :2021/04/05(月) 21:30:40.39 ID:zr07vAbsd.net

    ダイアクロンいいなぁって思ったけど値段見てそっ閉じ


    【【声優】「シャーマンキング」のマルコ役等の 中村悠一さん。おやつトークや ダイアクロンで 盛り上がっちゃってる件【そりゃ楽しそう!!】】の続きを読む


    富田 耕生(とみた こうせい、1936年2月4日 - 2020年9月27日)は、日本の声優、俳優。生前はぷろだくしょんバオバブに所属。1969年頃までは本名の富田 耕吉(とみた こうきち)名義で活動していた。 東京府王子区(現:東京都北区)王子に生まれ育つ。小学3年で戦争のため、群馬県粕川村に学童
    101キロバイト (10,212 語) - 2021年4月2日 (金) 16:21



    (出典 pbs.twimg.com)


    そう言えば 彼も 昭和を代表する 声優さんだったなぁ…mj

    875 名無しさん@恐縮です

    紙コップのコーヒーを握りしめた


    【【声優】「天才バカボン」の2代目パパ役等の 富田耕生さんを 改めて偲んでみる。【突然の訃報…】】の続きを読む


    緒方 賢一(おがた けんいち、1942年3月29日 - )は、日本の声優、俳優。福岡県田川郡出身 。オフィス海風所属。 1942年3月29日に福岡県田川郡で生まれた。幼少期からひょうきんな子と言われて育つ。家が料亭を営んでおり、中学卒業と同時に板前の修業に入るが、非常に封建的な職場で友人をかばった
    114キロバイト (12,693 語) - 2021年3月29日 (月) 13:37


    彼はかつて『忍者ハットリくん』の edの『シシ丸のちくわのうた』の作詞したんだよね。mj

    【【声優】「ダイの大冒険」の ブラス役等の 緒方賢一さん。『ポツンと一軒家』のナレーター役に抜擢!!【いい感じやん!!】】の続きを読む


    の陣を敷き裸一貫出直す覚悟で1983年に芸名を「キートン山田」に改名。芸名の由来は、当時読んだ本の影響で喜劇役者のバスター・キートンに肖ったもの。その一方で、学生の頃に「聞いとんのか、山田!」と先生から何度も注意されたのが印象的で、「聞いとんのか山田」を縮めてこの芸名にしたとも語っている。本人曰く
    50キロバイト (5,787 語) - 2021年3月28日 (日) 12:47



    (出典 ckworks.jp)


    最後は 粋な演出だったな。mj

    1 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/03/28(日) 19:00:09.50 ID:VcDEL/7p0.net BE:303493227-2BP(3334)


    (出典 img.5ch.net)

    キートン山田、「後半へ続く」で締め 『ちびまる子ちゃん』31年間のナレーションに別れ
    2021年3月28日 18時30分

     「ある春の一日」というタイトルで前後編にわたるストーリーが放送され、キートンのおなじみ「後半へ続く」のせりふも盛り込まれた。エンディングではキートンのナレーションが総集編のように構成された粋な演出で、最後はやはり「後半へ続く」のせりふで締められると共に、「キートン山田さん、ありがとうございました」と感謝のテロップが表示された。

     アニメ本編のラストではキートンの声で、ある男の子の父親(エンディングではクレジットなし)が「ありがとう、まるちゃん」とまる子に語りかけるシーンもあり、「キートンさんがありがとうって言った瞬間涙が溢れた…」「ありがとうまるちゃんのセリフにグッと来ました」と視聴者からも感動の声が上がった。
     キートンは1990年の番組開始以来『ちびまる子ちゃん』でナレーションを担当。番組卒業に伴い、声優・ナレーター業からも引退する。

    https://news.livedoor.com/article/detail/19929801/


    【【声優】「ちびまる子ちゃん」のナレーション担当だった キートン山田さん。もうリアルタイムで 声が聞こえなくなっちゃうのが 本当残念…【お疲れ様でした!!】】の続きを読む

    このページのトップヘ