男性声優


    河西 健吾(かわにし けんご、1985年2月18日 - )は、日本の男性声優。大阪府出身。マウスプロモーション所属。 実家は喫茶店。 声優になるきっかけは子供の頃からアニメ、ゲームが好きであり、高校がエスカレーター式だったが、大学に進学してまた勉強をして、そこから就職をするということに「面白くない
    85キロバイト (8,378 語) - 2022年6月24日 (金) 10:06

    (出典 www.suruga-ya.jp)


    本人 心外では??mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2022/06/27(月) 17:06:38.50
    ポストセブン2022.06.27 07:00
    https://www.news-postseven.com/archives/20220627_1768006.html?DETAIL

    『鬼滅の刃』の時透無一郎、『東京リベンジャーズ』の河田ナホヤ、『Dr.STONE』のあさぎりゲンや『ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle-』の躑躅森盧笙(つつじもり・ろしょう)役などさまざまな話題作に出演する河西健吾(37)。

     数多くのキャラクターを担当してきているが、声の特徴とキャラクターの個性がピタッとはまっている印象を受ける。彼が担当したキャラクターを思い出す際に、声も一緒に浮かんでくるという人も多いのではないだろうか。

     第一線で活躍を続ける河西だが、インタビューで見えてきた素顔は、まさに戦略家。「声優」という仕事と徹底的に向き合い、周りが何を求めているのかに対してアンテナを張り続け、セルフプロデュースに余念がないのだ。

    「実は、お仕事を始めてすぐは、熱血系のキャラクターをやりたいなと思っていたんです。熱血系キャラを担当することが多い声優の関智一さんの演技は、子どもの頃の僕にすごく影響を与え、それは大人になっても変わらないままでした。

     ただ、声優として勉強をしていく中で、僕の声質はそっちにはあまり向かないなということがだんだんわかってきました。そして、いろいろな話を聞いて“必要な情報を得ること”や“相手が求めるものを考える”ことの大切さを感じるようになりました。僕はどちらかというと少しクセのあるキャラクターとか謎があるキャラクターの役を多く演じているので、それで知ってくださっている人が多いのかなと思います。なので、今はそういう方向性を重視して、自分を磨くようにしています」

      “やりたいこと”と“できること”そして、“求められること”を俯瞰して見て、どうこの世界で生き残っていくのかを戦略的に考え、自分の武器を磨き上げていく──。その姿は、彼が演じるキャラクターの中に通じるものがあるようにも感じる。

    「演技の教科書は先輩声優です。ただ単に学ぶだけではなく、そこに自分なりのスパイスを入れられるように意識して作っていくというのが、なんとなくの僕のスタンスです。特に自分が学生時代に見てきたアニメの声優さんの演技からは、非常に影響を受けています。多くの人の演技を取り入れていきたいと思っていますが、特に関智一さんや『銀魂』桂小太郎役で有名な石田彰さんには影響を受けていますね。

     ただ、この職業についてから、アニメをリアルタイムで観ることは減りました。自分の演技を磨くために学び、吸収しようと意識しているのは過去のアニメや現在のアフレコ現場です。リアルタイムのアニメは、役者の顔が浮かんでくることがある。ストーリーがとても好みなものは観ますが、役者の顔がちらついて集中できないものに関しては観なくなりました」

     “必要な情報を得ること”や相手が求めるものを考えること”を常に意識して行動をしているというが、仕事をする上であえて収集しない情報があるという。

    「原作は基本的に読み込みすぎないようにしています。原作は原作、アニメはアニメです。以前、原作が大好きなアニメ作品とのご縁があったんですが、その作品のとあるシーンで監督の方向性と僕の中でのズレがありました。原作で読んできたこのキャラクターはこんな表現はしないというふうに頑なになってしまった。

     リテイクを重ねるなかで、僕の中でもなかなか整理ができませんでした。その後オンエアを観ましたが、自分の演技としては中途半端だったと思いました。

     アニメってチームでひとつの作品を作っていて、最終的な決断を下すのが監督。監督の頭のなかに皆さんにお届けする一話一話の全体像があるんです。そんな中、『僕はこれがいい!』って言ってもうまくまとまらないし、原作を知った演技になってしまうのもよくないと思うようになりました」

    ※長文の為以下リンク先で

    【【声優】「東リべ」の 河田ナホヤ役等の 河西健吾さん。インタビューが 変に解釈されてしまった模様【酷くね??】】の続きを読む


    鈴木 達央(すずき たつひさ、1983年11月11日 - )は、日本の男性声優、歌手。アイムエンタープライズ所属。千葉県市川市生まれ、愛知県岡崎市育ち。 日本ナレーション演技研究所名古屋校(3年間通学)を経て、アイムエンタープライズに所属。所属後は事務所の方針で日本ナレーション演技研究所東京校に1年通っている。
    189キロバイト (16,658 語) - 2022年6月19日 (日) 08:33

    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    復帰は無理な模様。mj

    1 爆笑ゴリラ ★
    6/19(日) 0:07
    オリコン

    『東リベ』新たなドラケン役は福西勝也 鈴木達央からキャスト交代 7月以降の放送や配信など随時変更

     キャスト交代が発表されていた、アニメ『東京リベンジャーズ』(東リベ)の“ドラケン”こと龍宮寺堅役の新たなキャストが19日、発表された。前任の声優・鈴木達央から、福西勝也が新たに担当する。なお、福西は、鈴木が担当していた『機界戦隊ゼンカイジャー』(2021年)ゲゲ役も務めていた。

     公式サイトでは「TVアニメ『東京リベンジャーズ』を応援いただき、誠にありがとうございます。龍宮寺堅のキャストにつきまして、福西勝也さんが担当します。また、発売予定のBlu-ray BOX、7月以降の放送や配信などにつきましても順次、龍宮寺堅のキャストは福西勝也さんとなります。今後ともTVアニメ『東京リベンジャーズ』をよろしくお願い申し上げます」と説明している。

     キャスト交代については2021年12月27日に公式サイトにて「龍宮寺堅役を演じてこられた鈴木達央さんですが、事務所、委員会双方協議の上、役を交代となりますことをお知らせいたします。聖夜決戦編の制作をキャスト・スタッフ一丸となって進めて参ります」と報告されていた。

     なお、今回のドラケン役のキャスト変更発表にあわせて、アニメ『東京リベンジャーズ』の続編となる第2期“聖夜決戦編”が、MBS・テレビ東京などで2023年1月より放送されることが決定。さらに、7月よりテレビ東京など各局で”8・3抗争編””血のハロウィン編”が放送されることも発表された。

     同作は、主人公で人生どん底のダメフリーター花垣武道(タケミチ)が、ある日、中学時代に付き合っていた人生唯一の恋人・橘日向(ヒナタ)が最凶最悪の悪党連合“東京卍會”に殺されたことを知る。そして、事件を知った翌日、何者かに背中を押され線路に転落し、死を覚悟したが、目を開けるとなぜか、人生のピークだった12年前の中学時代にタイムリープしていた。そこでタケミチは、恋人を救うため、逃げ続けた自分を変えるため、人生のリベンジを開始するストーリー。 

    全文はソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/65d1fcf0abc7ac9bcc00ae28b9d9066871730188


    (出典 Youtube)


    【【声優】「東京リベンジャーズ」の ドラケン役だった 鈴木達央さん。とうとう交代に…【未だ 深い溝】】の続きを読む


    竹内 幸輔(たけうち こうすけ、1976年7月4日 - 2022年6月8日)は、日本の男性声優、元お笑いタレント。秋田県大曲市(現:大仙市)出身。ケッケコーポレーション所属。 日本大学芸術学部音楽学科中退。劇団であるPROPAGANDA STAGE結成に参加し、以後しばらくは劇団員として活動した。
    8キロバイト (748 語) - 2022年6月15日 (水) 09:06

    (出典 nijimen.net)


    やっくんの元へ行っちゃうとか…mj

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/06/15(水) 11:37:20.32
    6/15(水) 11:27配信
    ENCOUNT

    アニメ「テニスの王子様」天根ヒカル役などで活躍
     声優の竹内幸輔さんが8日に亡くなっていたことが15日、分かった。45歳だった。所属事務所がホームページ(HP)で発表した。

     HPでは「病気のために永眠いたしました」と説明していて、葬儀告別式は親族のみで執り行われたという。

     竹内さんはアニメ「テニスの王子様」で天根ヒカル役を務めるなど、数多くの作品に出演。ナレーションやラジオの仕事などもこなしていた。

     2013年に亡くなったお笑いタレント・桜塚やっくん(享年37)と05年までお笑いコンビ「あばれヌンチャク」として活動していた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9bd8e806950a6a1f366fd912ec417b90d48a2043

    【【声優】【訃報】「テニプリ」の 天根ヒカル役等の 竹内幸輔さんが 45歳で死去…若くね…【元・あばれヌンチャク】】の続きを読む


    落合 福嗣(おちあい ふくし、1987年8月20日 - )は、日本の男性声優、ナレーター、タレント。愛知県名古屋市生まれ、東京都育ち。青二プロダクション所属。 落合博満・信子夫妻の長男。元プロレスラーのジャイアント落合は従兄。 国士舘大学21世紀アジア学部卒業。アミューズメントメディア総合学院東京校声優タレント学科卒業。
    50キロバイト (5,404 語) - 2022年6月7日 (火) 17:06

    (出典 img.animatetimes.com)


    元々の才能なんだろうな。mj

    1 jinjin ★ :2022/06/14(火) 00:57:46.95
    落合博満氏 声優の息子・福嗣は「あの性格だと野球選手は無理」 その理由も


    元中日監督の落合博満氏が12日に放送された日本テレビ系列「行列のできる相談所」に出演。
    息子で声優の落合福嗣(34)について語った。


    この日がバラエティー「初めて」という落合氏。
    息子が声優の道を選んだことについて「息子が自分で選んだ仕事ですからね。親としては文句は言わないです」と言い切った。

    進行役の東野幸治が「野球(の道に)いってほしかったとかは?」と聞くと、「あの性格だと野球選手は無理です」ときっぱり。

    その理由を「人を蹴落としてまでも、自分がのし上がろう、そういう性格でないと無理でしょうね。人が寝てる間でも自分が練習しなきゃいけない、という世界です」。自身の経験に裏打ちされた“名言”が次々に発せられていた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/f3bc2e57ddf50869634326a760e889727acb8e6c

    【【声優】「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜」の轟役等の 落合福嗣さん。野球選手より 声優に行って大成功?!【昔は小生意気だったな。】】の続きを読む


    古川 登志夫(ふるかわ としお、1946年7月16日 - )は、日本の声優、俳優、ナレーター。元大阪芸術大学短期大学部教授。青二プロダクション所属。妻は同じく声優の柿沼紫乃。 栃木県栃木市(旧下都賀郡大平町)出身。10男5女の15人兄弟の末っ子として生まれた。長兄の善一郎は太平洋戦争時に重巡洋艦鳥海
    109キロバイト (12,603 語) - 2022年6月6日 (月) 14:51

    (出典 img.animatetimes.com)


    元気だよなぁ!!mj

    1 muffin ★ :2022/06/11(土) 16:56:29.24
    https://www.cinematoday.jp/news/N0130635

    (出典 img.cinematoday.jp)

    2022年6月11日

    アニメ「ドラゴンボール」シリーズで長年にわたりピッコロの声を担当する声優・古川登志夫が、映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』(全国公開中)で共にメインを張る孫悟空の息子・悟飯との関係を振り返りながら、生涯現役への思いを語った。

    前作『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』(2018)から4年ぶりとなる新作劇場版。かつて、悟空が壊滅させた悪の組織・レッドリボン軍の意志を継ぐ者たちが生んだ、人造人間ガンマ1号とガンマ2号を相手に、ピッコロと悟飯の師弟コンビが共闘する。

    中略

    ピッコロをはじめ、数々の名キャラクターを演じ、今なお一線で活躍する古川。悟飯と共に成長するピッコロのように、自身も若い世代から学び続けているという。「若い人たちから学ぶこともたくさんあります。今は録音機材の進化に合わせて演技論そのものも変わっている。僕らの時代は、声優なんだから声を出せなんて言われましたが、マイクの進化で、かすかな声のニュアンスも伝えられるようになった。すると音響監督さんに、この場面では後輩たちのトーンに合わせた演技をしてくださいと言われることさえあります」

    「現場でそうしたことを体得していかないと、置いて行かれてしまう。ずっとお芝居をし続けられるように、生涯現役という意識でやっていかないと遅れてしまいます。感覚的には、2年も休んだら、もうついていけなくなる気がするんです」

    また、その現役としての思いゆえに「Twitterでよくディスられるんですよ」とSNS時代の批判にも言及する。「これまで、おじいさん役を振られることはあまりなかったのですが、いざ演じると、Twitterで老人のような声になったなんて言われる。それでまた昔の声に戻って演じると、全然変わってない、すごいなって言われたりする。1,000人のうち999人が若い時と全然変わってないと言ってくれても、そのうちのたった一人の『劣化した』の声が一番気になったりするんですよね」

    「だけど仕事ですから、そこで落ち込んでいられない。じいさんの役がくればやるし、よれているような声で喋らなきゃいけなければそうするだけです」という古川は、その批判に真っ向から立ち向かう強い意志をのぞかせた。「こういう仕事をしている以上は、賛否両論が常に付きまとうことはわかっていても、常に精進し続けなくてはならない。SNS時代の功罪というんですかね。劣化したなんて自分では思ってもいない訳ですが、それはやっぱり気になるもの。贅沢といいますが、無理なのはわかっていますが、プロとしては、そんなことを一人にも言われないようにやってやろうなんて思ってしまうものなんですよ」(編集部・入倉功一)

    全文はソースをご覧ください

    動画
    古川登志夫、ピッコロは孫悟飯にとって“父親以上の存在”『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』インタビュー


    (出典 Youtube)


    【【声優】「ドラゴンボール」のピッコロ役等の 古川登志夫さん。76歳でも 声は衰え知らずじゃね??【大ベテラン!!】】の続きを読む

    このページのトップヘ