感想まとめ


    ド級編隊エグゼロス』(きゅうへんたいエグゼロス)は、きただりょうまによる日本の漫画。『ジャンプスクエア』(集英社)にて2017年6月号より連載中。 謎のエイリアン「キセイ蟲」に占領された地球を救うために戦う戦士集団「エグゼロス」の活躍をコメディタッチで描いた作品。単行本の累計発行部数は2020年6月の時点で135万部以上。
    54キロバイト (8,292 語) - 2020年7月4日 (土) 03:24


    【【アニメ】「ド級編隊エグゼロス」果たしてオトナ系アニメとして 成功出来るのか?!【BPOの案件にならない様にね!!】【感想】】の続きを読む


    BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-』(ボルト ナルト ネクスト ジェネレーションズ)は、原作・監修:岸本斉史、作画:池本幹雄、脚本:小太刀右京による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年23号から2019年28号まで月1で連載された後、
    205キロバイト (30,684 語) - 2020年6月29日 (月) 09:25



    ようやく新作って 嬉しい!!mj

    1: もぇもぇあにめちゃんねる 2020/06/28(日) 17:10:25.38
    【再放送】 第9話「自分の証明」

    ボルトが、父や祖父が見守る中、叔母のハナビと手合わせすることになった。
    父に認めてもらうため果敢に戦うボルト。
    だが、どんなにがんばっても白眼を発動させることができず、覚醒した形跡もないことがわかる。
    これまで見えていた歪んだチャクラのような影はすべて錯覚だったのではないかと思い始めたボルトは、認めてもらうどころか、ウソをついたと思われるのではないかと気を落とす。
    そんな中ボルトは、またしても怪しい影に操られた人を見かけ……。

    【【アニメ】「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」ようやく通常運転へ!!【お待たせ~!!】【感想】】の続きを読む


    くまみこ』は、吉元ますめによる日本の漫画作品。『月刊コミックフラッパー』(KADOKAWA)において、2013年5月号から連載中。クマを奉る神社に巫女として仕える中学生の少女まちと、人間の言葉を話すヒグマのナツの交流を描く。 2014年3月よりKADOKAWAが運営するWebコミックサービス・Co
    72キロバイト (11,114 語) - 2020年6月22日 (月) 22:01



    (出典 dic.nicovideo.jp)


    『ピエール』ってだけで拒否反応起こすってどんだけ敏感なのか…mj

    1 朝一から閉店までφ ★

    吉元ますめさんの漫画「くまみこ」第13巻が発売された。

    東北の山奥に住む巫女の女子中学生・まちと、神社に祀られる人間くさい熊・ナツの日常を描いた癒し系の作品。まちが都会の学校へ行きたいと熊に訴え、熊がまちにさまざまな試練を与える。テレビアニメが2016年春に放送された。

    本格的な冬到来!! 屋根の雪おろしから、雪かき、氷柱折りに雪合戦。さらに外に出られない中での冬太り対策と、まちとナツの日常も忙しくなってゆく。そして、東北の田舎の村にもクリスマスがやってくる。


    【【漫画】「くまみこ」アニメ化の際 ピエールと言う名前だけで 脚本家変更要請した件【そこまでするか…】【感想】】の続きを読む


    超時空シリーズ > 超時空世紀オーガス超時空世紀オーガス』(ちょうじくうせいきオーガス)は、1983年7月3日から1984年4月8日まで、毎日放送を制作局としてTBS系各局で放送されたSFアニメ(ロボットアニメ)である。放送時間は、毎週日曜14:00 ‐14:30(JST)。全35話。
    122キロバイト (18,722 語) - 2020年6月16日 (火) 12:23



    (出典 i.gr-assets.com)


    パッとしないまま すぐ終わった気がした…mj

    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/07/04(土) 04:27:57.97 ID:CAP_USER.net

    1983年7月3日、TVアニメ『超時空世紀オーガス』の放送が開始されました。超ヒット作『超時空要塞マクロス』の後継番組として大きな期待を寄せられた意欲作。しかし、難解な内容は子供たちが理解しづらく、玩具が売れないなど苦戦を強いられました。






    『マクロス』の後番組

    『超時空世紀オーガス DVD-BOX』(ムービック)

    (出典 magmix.jp)


     1983年7月3日は、『超時空世紀オーガス』(以下、オーガス)の放送が開始された日です。超ヒット作『超時空要塞マクロス』(以下、マクロス)の後継番組として大きな期待を寄せられました。「オーガス」の独特なデザインや『マクロス』の「バルキリー」を上回る四段変形、作中に織り込まれた膨大なSF設定など前衛的な要素が多い意欲作でしたが、子供が作品内容を理解するのは難しく、ヒットには至りませんでした。『マクロス』が終わり『オーガス』を楽しみにしていたものの、話がよく分からずにオープニングとエンディングしか記憶できなかったライターの早川清一朗さんが回想します。

    * * *

     筆者がまだ小学生だった頃、TVはロボットアニメにあふれていました。膨大な作品群の中で時代を変化させるほどの力を持っていた作品はそう多くはありませんが、そのなかのひとつが『マクロス』だったのです。友達との遊びの予定を断って、日曜の昼に無理やり見ていた『マクロス』も無事に終了し、次の番組『オーガス』が始まると知った筆者は、『マクロス』を超える何かを見ることができるかもしれないと、とても楽しみにしていました。

     そうして始まった『オーガス』でしたが、主人公機「オーガス」のデザインは、小学生には少し難しいものだったと感じました。前作の「バルキリー」と比較するとずんぐりむっくりしており、このデザインをカッコイイと思えるようになるまでには、筆者自身が十分な経験を積む時間が必要だったのです。

     デザインを担当したのは超が付く一流デザイナーの宮武一貴氏でしたが、『オーガス』の製作時期は『聖戦士ダンバイン』や『マクロス』の劇場版の作業も重なり多忙を極めるなかでも「主人公陣営の機体は曲線」「敵方は直線」と意欲的にデザインの切り分けを試みていました。しかしながらおもちゃの売れ行きは芳しくなく、スポンサーのタカトクトイスが倒産の憂き目を見る遠因となってしまったのは返す返す残念です。当時の子供たちには、まだオーガスは早すぎたのでしょう。


    【【アニメ】【悲報】「超時空世紀オーガス」さん。『超時空要塞マクロス』の後釜になれず 早々と打ち切られた件【展開が子供向けじゃねぇし…】【感想】】の続きを読む


    妖怪ウォッチ > 妖怪ウォッチ (アニメ) > 妖怪学園Y 〜Nとの遭遇〜 『妖怪ウォッチJam 妖怪学園Y 〜Nとの遭遇〜』(ようかいウォッチジャム がくえんワイ エヌとのそうぐう)は、レベルファイブより発売されているゲームソフト『妖怪ウォッチ』シリーズを原作する日本テレビアニメ。
    28キロバイト (1,743 語) - 2020年7月3日 (金) 09:55


    【【アニメ】【悲報】「妖怪ウォッチJam妖怪学園 Y~Nとの遭遇~」さん。お下劣アニメになる可能性浮上!!【方向修正した方が…】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む

    このページのトップヘ