感想まとめ


    くま クマ ベアー』(くまクマくまベアー)は、くまなのによる日本のライトノベル。2014年より小説家になろうで連載され、書籍版は主婦と生活社(PASH!ブックス)によって発行された。イラストは029が担当している。2020年9月時点でシリーズ累計発行部数は100万部を突破している。
    101キロバイト (15,385 語) - 2020年11月26日 (木) 12:06



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    クマのキャラって 割と少ないよね。mj

    220 なまえないよぉ~ :2020/11/12(木) 15:07:40.51 ID:TmEFifNU.net

    ストーリーが退屈。
    異世界で最強なやつがお節介やくってだけの話


    【【アニメ】「くまクマ熊ベアー」クマが可愛くて 薄っぺらさを忘れさせてくれる??【原作とどう変わってるんだろ】【感想】】の続きを読む


    『ひげを剃るそして女子高生を拾う。』(ひげそる そしてじょしこうせいひろう)は、しめさばによる日本のライトノベル。20歳代のサラリーマンと、家出した女子高生が出会い、共同生活送るさま描く。公式略称は「ひげひろ」。 本作はKADOKAWAが運営する小説投稿サイトの「カクヨム」にて2017年
    19キロバイト (2,382 語) - 2020年11月26日 (木) 13:57



    (出典 cdn.kdkw.jp)


    タイトルから 物議を醸し出しそうだよな…mj

    1 朝一から閉店までφ ★

    足立いまるさんの漫画「ひげを剃る。そして女子高生を拾う。」第4巻が発売された。

    しめさばさんの小説のコミカライズ。テレビアニメが2021年放送予定。サラリーマンの主人公・吉田はフラれてやけ酒で酔っぱらって帰る途中に、家出JK・荻原沙優を拾い、同居生活が始まるストーリーだ。

    吉田は、エッチするから泊めてくれという沙優を保護するが、片思いの相手・後藤愛依梨がいるために沙優には手を出さない。後輩の新入社員・三島柚葉も絡んだ日常が描かれる。

    KADOKAWAによる内容紹介は以下の通り。各巻の試し読みができるほか、ComicWalkerで第1~2話と連載分が読める。原作小説短編集「Each Stories」が12月26日に発売される。


    TVアニメ化決定! 【家出JK×サラリーマン】の同居ラブコメディ!

    後藤とも打ち解け、あさみと楽しそうに笑いあう沙優。そんな微笑ましい姿を見て、吉田はこんな穏やかな日々がずっと続いてほしいと願う。しかし、沙優のバイト先に現れた”とある男”の手によって事態は急変する…。


    (出典 www.new-akiba.com)


    【【漫画】【アニメ化決定!!】「ひげを剃る。そして女子高生を拾う。」これって 本当に放送出来るの??【ヤバみ】【感想】】の続きを読む



    (出典 prtimes.jp)


    いわゆる黒歴史モノだよな。mj

    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/11/19(木) 19:39:27.56 ID:CAP_USER.net

    なぜ満州はアヘンで滅びたのか? 人がクスリをやめられない意外な理由とは
    マンガ『満州アヘンスクワッド』原作者インタビュー

    現在、講談社コミックDAYSで連載中の人気作『満州アヘンスクワッド』の原作者・門馬司さんに話を聞いた。

    ◆ ◆ ◆

     1931年に起きた満州事変から90年が経とうとしています。

     その後に建国された満州国では、歳入予算6400万円のうちアヘン専売による収入が1000万円を占めていたといわれています。まさに、満州という国はアヘンという薬物で栄えた一方で、アヘンとともに滅びた国と言えると思います。






    アヘンで栄えた満州という地域の現実

     この『満州アヘンスクワッド』という作品は、関東軍として満州にやってきた貧乏兵士がアヘンの密売に手を染め、成りあがっていくクライムサスペンスとして描いているのですが、いろいろ過去の資料を調べてみると、いまの時代にもつながるいろんな人間心理が垣間見えてきます。


    満州国皇帝奉祝の人文字-1935年撮影 ©文藝春秋/amanaimages

    (出典 bunshun.ismcdn.jp)

    この記事の画像(8枚)
    https://bunshun.jp/articles/-/41213


     アヘンって実は日本国内だと御禁令が結構早めにでているんですよね。というのは、アヘン戦争で清がボロボロになったのを見ていたので、それをもって日本は結構早い時点から厳しく規制をしたんです。だから日本の人たちにとって「アヘン」ってあまりピンとこなかったんだと思うんです。

     ところが満州となると、その状況が変わってくる。満州はアヘンという薬物にかなり汚染された地域だなという印象でした。だからこそ、そこを舞台にしてみようかなと。日本人もたくさんいましたし、読者も興味を持ちやすいだろうということで満州を舞台に選びました。


    満州国のアヘンは政府が専売の形で小売人に売るシステムで、そのアヘン畑が各地にあった。当然、身近な畑からは違法栽培、密売が横行し、利権も生まれていた。 『満州アヘンスクワッド』第1巻より ©門馬司/鹿子 講談社

    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    【【漫画】「満州アヘンスクワッド」歴史を題材にした漫画って やっぱりデリケートで難しくね?!【感想】】の続きを読む


    BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-』(ボルト ナルト ネクスト ジェネレーションズ)は、原作・監修:岸本斉史、作画:池本幹雄、脚本:小太刀右京による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年23号から2019年28号まで月1で連載された後、
    221キロバイト (32,945 語) - 2020年11月22日 (日) 13:20



    (出典 image.kddi-video.com)


    【【アニメ】「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」NARUTOの これから先の命はどうなっちゃうんだろう…【生か死か…】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    ラブライブ!シリーズ > ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 『ラブライブ虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』(ラブライブ!にじがさきがくえんスクールアイドルどうこうかい)は、KADOKAWA(アスキー・メディアワークスブランド)、ランティス(バンダイナムコアーツ)、サンライズの3社によるプロジェクト「ラブライブ
    89キロバイト (10,427 語) - 2020年11月21日 (土) 14:03



    (出典 www.bs11.jp)


    【【アニメ】「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」モブキャラ無しで 盛り上げれたって 凄くね??【余計な物など無いよね】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む

    このページのトップヘ