感想まとめ


    ゾイドを使う盗賊団などが登場している。 第2シーズンとされる2019年7月以降のシリーズ展開ではワイルド大陸やゾイドハンターなどの用語は登場していないが、アニメ『ゾイドワイルドZERO』は過去、漫画『ゾイドワイルド2』は未来を舞台としている。 ゾイドワイルドシリーズで発売されるゾイド
    174キロバイト (19,219 語) - 2020年9月19日 (土) 05:14


    【【アニメ】「ゾイドワイルド ZERO」ジョナサン・シーガル役の 堀内賢雄さんの 演技はピカイチ!!【やっぱりベテランはスゲーな!!】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    ゾイドを使う盗賊団などが登場している。 第2シーズンとされる2019年7月以降のシリーズ展開ではワイルド大陸やゾイドハンターなどの用語は登場していないが、アニメ『ゾイドワイルドZERO』は過去、漫画『ゾイドワイルド2』は未来を舞台としている。 ゾイドワイルドシリーズで発売されるゾイド
    174キロバイト (19,219 語) - 2020年9月19日 (土) 05:14


    【【アニメ】「ゾイドワイルド ZERO」あのトリオは 戦いが終わるとどうなるのか気になる【仲良しこよしで よろしく!!】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    ノーガンズライフ』は、カラスマタスクによる日本の漫画。『ウルトラジャンプ』(集英社)2013年8月号に掲載後、2014年4・5月号に読み切りとして再掲載を経て、同年10月号から連載中。 身体の一部を機械化し、機能拡張した人間「拡張者(エクステンド)」と生身の人間が共存する社会。とあるスラム街で
    49キロバイト (6,185 語) - 2020年9月18日 (金) 22:34


    【【アニメ】「ノー・ガンズ・ライフ」原作は ごちゃごちゃで 読みづらくってしょうがねぇ…【感想】【ネタバレ】】の続きを読む


    ノーガンズライフ』は、カラスマタスクによる日本の漫画。『ウルトラジャンプ』(集英社)2013年8月号に掲載後、2014年4・5月号に読み切りとして再掲載を経て、同年10月号から連載中。 身体の一部を機械化し、機能拡張した人間「拡張者(エクステンド)」と生身の人間が共存する社会。とあるスラム街で
    49キロバイト (6,185 語) - 2020年9月18日 (金) 22:34


    【【アニメ】「ノー・ガンズ・ライフ」サブタイトルが読めねぇ!!【かな振ってくれよ!!】【感想】【ネタバレ】】の続きを読む



    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』(やはりおれせいしゅんラブコメはまちがっている、英題:My Youth Romantic Comedy Is Wrong as I Expected / My Teen Romantic Comedy SNAFU)、渡航による日本
    136キロバイト (18,011 語) - 2020年9月18日 (金) 04:30


    【【アニメ】「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完」一色いろはって スピンオフ出したら ファン喜ぶ?!【感想】【ネタバレ】】の続きを読む

    このページのトップヘ