漫画


    浜田 ブリトニー(はまだ ブリトニー、1979年4月7日 - )は、日本の女性漫画家、タレント。漫画家養成校の日本マンガ塾昼間部プロ養成科卒業。エヴァーグリーン・エンタテイメント→株式会社PIECE EIGHT(ピース・エイト 個人事務所)所属。 千葉県千葉市出身。生年月日および実際の年齢は公表して
    23キロバイト (3,162 語) - 2020年11月6日 (金) 12:00



    (出典 geitopi.com)


    幸せそうで何より!!mj

    【【漫画家】浜田ブリトニーさん。第二子誕生!!【おめでとうございます!!】】の続きを読む


    2より連載開始の『少女決戦オルギア』デビュー。2016年Vol.6まで連載された。 2015年12月、2016年1月に自身のウェブサイト『柚子森さん』を掲載。その後、『柚子森さん』は『やわらかスピリッツ』(小学館)にて、2016年6月から2018年3月まで連載された。 『対ありでした
    5キロバイト (599 語) - 2021年1月20日 (水) 23:55



    (出典 yurinavi.com)


    お嬢様と格闘技ゲームって珍しいよね!!mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/01/21(木) 08:38:58.53 ID:CAP_USER.net

    お嬢様たちが、対戦格闘ゲームで熱い闘いを繰り広げるマンガ『対ありでした。~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~』のアニメ化が決定。あわせて、原作者・江島絵理からのイラストカット&コメントが到着した。

    『対ありでした。~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~ 』は、「月刊コミックフラッパー」(毎月5日発売)にて連載中の江島絵理によるコミック。
    1巻発売と同時にPVが公開され、“お嬢さま×格闘ゲーム”のギャップに注目が集まっていた本作が、早くもアニメ化決定。最新コミック第2巻は1月21日に発売される。

    庶民ながらお嬢さまに憧れ、黒美女子学院に入学してきた深月綾と、同じ外部生ながら誰よりも気品あふれるお嬢さまオーラを放つ、白百合さま。
    接点のないふたりだったが、ある日の放課後、綾は白百合さまが誰もいない教室で格闘ゲーム「Iron Senpai4」に熱中している所を目撃してしまい、ひょんなことから対戦することに。
    一度は格闘ゲームを諦めた綾と、それにまぶしいくらい熱中する白百合さま。ふたりの熱い格闘ゲーム対戦の様子が描かれる。

    アニメに関する最新情報は、今後発売の「月刊コミックフラッパー」誌面などで随時告知されるので、今後の続報に期待しよう。

    <以下、コメント全文掲載>
    著者:江島絵理 コメント
    『対ありでした。~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~ 』アニメ化決定カット(C) KADOKAWA CORPORATION
    なんと『対あり』のアニメ化が決まったそうです!
    対ありを読んでくださっている皆さまは、「は?? 」「さすがに早くね? 」「最初からアニメ化ありきの企画だったのか? 」などの感想を抱いておられるかと思うのですが、私は私で「今回の連載はアニメ化目指すくらいの気持ちで頑張ってみる! 」と通話で友人に意気込んだ一カ月後に「アニメ化の話が来てます」と教えていただいたので、第一声は「本当ですか!? 」でも「きたぁ!」でもなく、「早くないですか???」になってしまいました。
    連載を追ってくださったり、単行本を買ったり、人に勧めたりしてくださった皆さま、そしてこの漫画を描きたいと思わせてくれた格ゲーマーの皆さまに、心より感謝を申し上げつつ引き続きベストを尽くしていく所存ですので、原作の続きもアニメの続報も楽しみにお待ちいただけますと幸いです。

    画像

    (出典 animeanime.jp)


    【【漫画】【アニメ化】「対ありでした。」ストーリー展開が わかんねぇ…【とりあえず 面白いのか?!】】の続きを読む


    黒の組織によって少年化させられた高校生探偵・工藤新一が江戸川コナンと名乗り、組織の行方を追いながら数々の事件を解決していく推理漫画。『週刊少年サンデー』(以下、『サンデー』)にて1994年5号より『名探偵コナン』の連載が開始された。2014年6号で連載20周年、2017年37-38合併号で1
    158キロバイト (17,584 語) - 2021年1月14日 (木) 13:12



    (出典 res.booklive.jp)


    逆に 最終回が解らない方が良かったりして。mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/01/17(日) 09:46:42.38 ID:CAP_USER.net

    ■連載再開を待ち続けるファン多数!
    まず第3位(9%)にランクインしたのは、冨樫義博氏が『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の『HUNTER×HUNTER』。連載スタートは1998年3月で、まもなく連載開始から23年を迎えようとしている作品だ。

    現在コミックスは36巻まで刊行されているが、ほぼ同時期にスタートした同じ『少年ジャンプ』作品の『ONE PIECE』(1997年7月連載開始)は97巻。この大きな差は、たびたび訪れる『HUNTER×HUNTER』の休載期間によって生まれたもので、2018年11月に掲載されたのを最後に現在も休載が続いている。

    それでも冨樫氏に連載再開を願う熱烈な『HUNTER×HUNTER』ファンは多く、休載中の間もSNSなどでたびたび話題になるほど。まだ明らかになっていない謎が隠されていそうな作品だけに、必ず最終回まで追いかけたいという声も多い。

    そんな『HUNTER×HUNTER』の名前を挙げた人からは「これだけ待ったんだから最後まで読みたい」(37歳・男性)、「休載するたびに“このまま終わるのでは……”と不安になるので」(39歳・男性)、「ヒソカが好きなので最後どうなるのか気になる」(34歳・女性)、「ほかの漫画にはない発想と設定。こちらの考えをいつも上回ってくれる作品なので」(49歳・男性)といったコメントが寄せられている。

    ■いよいよ長旅の終わりが見えてきた!?
    第2位(14.5%)に支持されたのは、尾田栄一郎氏が『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の『ONE PIECE』。連載スタートは1997年で今年の7月で連載開始から24年を迎えることになる。

    現在コミックスは97巻まで刊行されているが、最新刊の読者コーナーで「あと5年で『ONE PIECE』の連載をやめるって本当ですか?」という質問に対し、尾田氏は「はい。やめるっていうか、ルフィの冒険の一番面白い部分、『ONE PIECE』って何なの?の物語が完結するから、終わります」と回答している。

    この尾田氏の発言を手がかりにするなら2025年前後で最終回を迎えることになりそうな『ONE PIECE』。まだ数年先のことだが、ずっと物語を追いかけてきたファンにとって、これから迎えるであろうクライマックスは目が離せない展開になるに違いない。

    そんな『ONE PIECE』を選んだ人からは「壮大なラストが待っていそうな気がする」(39歳・男性)、「ルフィが海賊王になれるかを見届けたい」(32歳・男性)、「最終的に大秘宝のワンピースは何なのかが気になる」(36歳・男性)、「いろいろな謎と伏線の回収が楽しみ」(44歳・男性)、「冒険が永遠に終わらないイメージがあるのでラストはぜひ見たい」(39歳・男性)といった声が寄せられている。

    ■劇場映画も絶好調の推理漫画の金字塔
    そして第1位(31%)に選ばれたのは、青山剛昌氏が『週刊少年サンデー』(小学館)にて連載中の『名探偵コナン』。トップ3の作品の中ではもっとも連載期間が長く、1994年スタート。今年で連載27年目を迎え、『少年サンデー』でもっとも連載期間の長い作品となっている。

    97年からは毎年劇場版が公開され、こちらも大ヒット。しかし2020年公開予定だった最新作『名探偵コナン 緋色の弾丸』は、新型コロナウイルスの影響で公開は2021年4月に延期された。

    現在コミックスは98巻まで刊行されているが、2019年放送のテレビ番組の中で作者の青山氏が物語のクライマックスについて質問され、「100巻だとキリがいい」「もうオチは決まっている」などと発言。本当にあと2巻で完結するのかは分からないが、少なくても物語の核心である“黒の組織”絡みの展開に大きな動きがあるのかもしれない。

    そんな『名探偵コナン』の最終回を楽しみにしているファンからは「黒の組織の全貌を早く知りたい」(34歳・男性)、「工藤新一と灰原哀が元の姿に戻れるのかが気になる」(34歳・男性)、「黒ずくめのボスは、いったい誰なのか? 自分の推理が当たっているのか知りたい」(39歳・男性)、「コナンの正体を蘭が知ったときの反応が見たい」(32歳・女性)、「好きなキャラが死なないか心配だけど、結末は気になる」(37歳・女性)といったコメントが寄せられていた。

    4位以降には、往年の漫画ファンの誰もが結末を気にしている作品から、作者自身も完結を危惧している人気作品までランクイン。(長文のため一部削除)

    ランキング結果(1-6位)

    (出典 futaman.ismcdn.jp)

    (7-11位)

    (出典 futaman.ismcdn.jp)


    【【漫画】「名探偵コナン」死ぬまでに 最終回を読みたい漫画 1位らしいな!!【おまいらは何??】】の続きを読む


    異世界(いせかい)は、日本のフィクション作品のジャンルのひとつで現代とは別世界を舞台にし、現代から異世界へ行く物語でもある。 物語の類型としての界転移譚は『古事記』の時代からみられるが、欧米ファンタジーの影響を受けた異世界召喚ものの嚆矢は高千穂遙『異世界の勇士』(1979年)とみられている。
    8キロバイト (1,048 語) - 2020年8月8日 (土) 05:21



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    日本が舞台って…ネタ尽きてないか…mj

    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/01/03(日) 06:07:35.99 ID:CAP_USER.net

    高野千春さんの漫画「日本国召喚」第3巻が発売された。

    「第4回ネット小説大賞」を受賞した、みのろうさんの小説のコミカライズ。「日本」が国ごと異世界へと突然転移したことから始まるファンタジー戦記。転移先の近隣の「クワ・トイネ公国」と国交を樹立したことで、敵対国「ロウリア王国」との戦争に巻き込まれていく。

    KADOKAWAによる内容紹介は以下の通り。各巻の試し読みができるほか、ComicWalkerで連載分が読める。

    https://www.new-akiba.com/news/189367

    ロウリア編、終結! そして自衛隊の次の敵は――魔王!?

    王城に潜入した自衛隊は、ロウリア王を無事確保し、ロウリア戦を終結させた。これを機にクワ・トイネのほかにも周辺諸国との交流を進める日本だったが、関係国が増える中で新たな問題を抱えることになる。


    【【漫画】「日本国召喚」次の異世界モノは 日本かよ…【異世界モノ多いよな…】【感想】】の続きを読む


    DAYS』(デイズ)は、安田剛士による日本の漫画。『週刊少年マガジン』(講談社)で2013年第21・22合併号より連載中。自転車ロードレースや陸上競技を題材とした連載経験のある安田剛士によるサッカー漫画。サッカー名門校に入部した主人公(初心者)が、そこで得たチームメイトに仲間と認められ、成長していく姿が描かれている。
    125キロバイト (19,176 語) - 2020年12月16日 (水) 21:52



    (出典 res.booklive.jp)


    サッカーは 男らしいからなん??mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/01/13(水) 08:26:31.12 ID:CAP_USER.net

    人気サッカー漫画『DAYS』が、20日発売の連載誌『週刊少年マガジン』(講談社)8号で完結することが、13日発売の同誌7号にて発表された。連載約8年の歴史に幕を下ろす。

     『DAYS』は『週刊少年マガジン』で2013年4月より連載がスタートしたサッカー漫画で、何のとりえもない、特技もない少年・柄本つくしが、孤独なサッカーの天才・風間陣と出会い、サッカーの名門校に入部して、成長していくストーリー。コミックスは累計1000万部を突破しており、テレビアニメが2016年に放送されている。

     最終回を記念して、生原稿大放出、特大ポスタープレゼントなどの特別企画が今後展開される。


    【【漫画】「DAYS」この作品ってBLなん??【完結するのか…】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ