漫画


    沈黙の艦隊』(ちんもくかんたい)は、かわぐちかいじによる日本漫画作品。『モーニング』(講談社)で1988年から1996年まで連載し、1990年に第14回講談社漫画賞一般部門を受賞する。2023年1月に紙と電子両媒体を合わせた累計発行部数が3200万部を超える。アニメやラジオドラマ、劇場版映画と実写ドラマが制作された。…
    111キロバイト (15,386 語) - 2024年2月18日 (日) 11:35
    原作者の評判がいいって、1番いい事じゃね??mj

    1 muffin ★
    https://encount.press/archives/585787/
    2024.02.20

    俳優の大沢たかおが主演兼プロデューサーを務め、Prime Videoで配信中のAmazon Originalドラマ『沈黙の艦隊 シーズン1 ~東京湾大海戦~』(全8話)の続編の制作が決定したことが20日、発表された。併せて、大沢と本作の原作者・かわぐちかいじ氏のコメントが到着した。

     1988~96年に『モーニング』(講談社)で連載されたかわぐち氏の同名漫画を実写化した映画『沈黙の艦隊』が2023年9月29日に公開。ドラマのシーズン1では、劇場未公開シーンを加え、前半は劇場版のストーリーをより多くの登場人物にフォーカスして描かれ、東京湾に舞台を移して勃発する大海戦のクライマックスまでを描く全8話を完全版連続ドラマとして世界に送り出された。配信が開始されるや、Prime Videoにてライブスポーツを除く実写作品の中で、配信開始後4日間時点の国内視聴者数で歴代1位を記録した。

     シーズン1では、日米政府が極秘に建造した原子力潜水艦・シーバットを乗っ取り、独立国家「やまと」の設立を全世界に宣言した主人公・海江田四郎(大沢)が、日米政府を相手に緊迫の潜水艦バトルと手に汗握る交渉劇を繰り広げた。海江田の“ライバル”で、たつなみの艦長・深町洋(玉木宏)や日本を守るために苦悩し奮闘する官房長官・海原渉(江口洋介)ら政治家たち、正しい報道のために奔走するニュースキャスター市谷裕美(上戸彩)ら、登場人物がそれぞれの正義を胸にぶつかり合う熱い人間ドラマが描かれた。

     続編制作決定について、本作で主演兼プロデューサーを務めた大沢は「映画『沈黙の艦隊』そしてAmazon Originalドラマ『沈黙の艦隊 シーズン1 ~東京湾大海戦~』の続編制作が正式に決定しましたことをご報告いたします。すでに映画、ドラマをご覧になってくださった皆様、改めて感謝申し上げます。これまで以上に壮大で手に汗握るスリル満点の新たな『沈黙の艦隊』を創り上げるため、これまで以上にしっかり準備し、これまで以上に全スタッフ、キャスト一丸となり、魂を込めて次なる戦いへ挑んで参ります。『沈黙の艦隊』の新たなる航海を是非楽しみにしていてください」と、ファンへの感謝と喜びの気持ちを語った。

    本作の原作者・かわぐち氏は、「連載から30年以上経った現代に、この物語を実写版のドラマとして世界に届けられたこと、そしてたくさんの人に見てもらえたことをとても嬉しく思います。期待以上のドラマ作品で、非常に気に入っています。原作では、伝えたい大切なメッセージは終盤に浮かび上がってきます。是非最後までしっかりと描いてほしいし、それを皆さんにも見て頂きたいです」とドラマの完成度に太鼓判を押した。

    全文はソースをご覧ください

    『沈黙の艦隊』シーズン1 ~東京湾大海戦~ 本予告動画 |プライムビデオ


    (出典 Youtube)




    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)

    【【漫画】【実写化】「沈黙の艦隊」原作者からのお墨付きをもらって、いい感じになってる模様【あの騒ぎが、どうしても後を引くよな…】【感想】】の続きを読む


    トリリオンゲーム』は、原作:稲垣理一郎、作画:池上遼一による日本の漫画作品。『ビッグコミックスペリオール』(小学館)にて2021年1号より連載中。2023年11月時点でコミックスの累計発行部数は160万部を突破している。 2023年7月よりTBS系列にてテレビドラマが放送された。…
    136キロバイト (20,455 語) - 2024年2月18日 (日) 02:01
    イメージに合ってるかどうかが、よく分かんないわ。mj

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/02/17(土) 13:30:16.83 ID:mBFfoODZ9
    2024-02-17 12:42

     Snow Manの目黒蓮が主演、佐野勇斗が共演した、TBS系金曜ドラマ『トリリオンゲーム』(2023年7月期)の公式SNSが更新され、2025年に劇場版が公開されることを発表した。

     原作は『ビッグコミックスペリオール』(小学館)で連載中の同名漫画(原作:稲垣理一郎、作画:池上遼一)。主人公である“世界一のワガママ男”のハルと、“気弱なパソコンオタク”のガクという正反対の二人が、ゼロから起業し、型破りな方法で1兆ドル(トリリオンダラー)を稼いで、この世のすべてを手に入れようと成り上がる前代未聞のノンストップ・エンターテインメントだ。

     公式SNSは「世界一のワガママ男&気弱なパソコンオタクの最強タッグ ハルとガクが帰ってくる」と投稿し、キャストには目黒、佐野、そして原作・稲垣理一郎、作画・池上遼一、監督・村尾嘉昭、脚本・羽原大介の名前が並んだ。

     稲垣氏も自身のSNSで「ぼく原作&池上遼一先生作画のマンガ『トリリオンゲーム』劇場映画化が決定しました!!!ドラマ化、アニメ化に引き続き、嬉しい発表が続いております。これも全て、読者の皆様、そしてドラマを応援してくださった皆様のおかげです。本当にありがとうございます……!!」と喜びの思いをつづっている。

     ファンからは「嬉しい発表、ありがとうございます」「スクリーンでハルガクに会えるなんて 楽しみにしています」「トリリオンゲーム映画化 ありがとうございます ハルとガクのタッグまたみたかったのでとても嬉しいです」などの声が寄せられている。

    https://www.oricon.co.jp/news/2314868/full/

    【【漫画】【映画化】「トリリオンゲーム」映画化決定なんだけど、実際ウケは良いのか分かんない件【目黒蓮君ファンは、嬉しいかもな。】【感想】】の続きを読む


    ONE PIECE (ワンピース (漫画)からのリダイレクト)
    『ONE PIECE』(ワンピース)は、尾田栄一郎による日本の少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1997年34号から連載中。略称は「ワンピ」。 海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン。…
    317キロバイト (39,849 語) - 2024年2月16日 (金) 13:21
    考察されるほど、人気作では??mj

    1 ネギうどん ★
    現在、最終章に入り熱い展開が続く尾田栄一郎による漫画『ONE PIECE(ワンピース)』(集英社)。物語の面白さはもちろんだが、読者を楽しませている要因の一つが「伏線」である。ネット上ではワンピースの考察者が乱立し、再生回数数百万を超える動画も数多い。

     そんななか、もっか“2人の神考察者”に注目が集まっているという。サブカルライターが言う。

    「考察系YouTuberの中でも異色なのが、『コーキタコヤキ大阪』です。彼は尾田先生の仕掛けや言葉遊びとか規則性を探して、“ワンピースを裏から読む”“ワンピースがどういう構図でできているかを解き明かす”スタイル。世界の神話や世界史なども元に考察しており、扉絵に隠されている風刺的、寓意的な意味を紐解き、そこから立てられる予想を披露しているのも特徴です」

     そんなコーキタコヤキ氏が提唱しているのが「周期表×話数理論」である。現在、物語は科学の島である『エッグヘッド編』に突入しているが、話数と周期表の元素番号の関連が99%仕掛けられているという。

    「コーキタコヤキ氏によれば、1060話なら60番の元素、1080話なら80番の元素の特徴が物語に反映されているといい、実際に1095話=95番の元素はアメリシウムで、アメリカ大陸由来の元素名。なので、アメリカっぽいことが描かれると予想したところ、ユタ州のバレー・オブ・ザ・ゴッズをモチーフにした「ゴッドバレー島」の謎が描かれました。また、科学の周期表は縦で似ているという性質があり、95番と縦の関係にあるのは63番で、1095話には1063話と関連した内容も盛り込まれていました。ほぼ毎話でこの理論が的中しており、尾田先生が元素番号を反映させているのはほぼ確実のように思えます」(前出・サブカルライター)

    そのコーキタコヤキ氏も舌を巻くのが、仮面YouTuberの『ユデロン』である。ユデロン氏のワンピース考察方法は、「語呂合わせ」と「話数の理論」です。

    「たとえば、1106話の場合、『愛のヒーロー』『アイドル』などと読むことができ、内容がそれぞれにピッタリ当てはまると指摘しています。さらに、斬新なのが『類似話数』から内容が予想できるというもの。1106話と116話、106話、6話、そして反転話数6011(611話)には関連性があることを明かしています。1106話に関しては、他の考察者や読者たちが全外しだった展開予想に“ほぼ正解”のところまで迫り、ネット上では『ユデロンがバケモンすぎる』『予想の精度がとんでもなく凄すぎ』『尾田先生本人説があってもおかしくないわ』との声も飛び交っているほどです」(前出・サブカルライター)

     ここまで深掘りできる考察者たちも凄いが、何よりも毎週これだけの仕掛けを盛り込んでいる尾田先生は改めてトンデモナイ大天才と感服するしかない。2人の目からうろこな考察チャンネルを見れば、ワンピースがこれまでの10倍面白くなる!?

    https://www.cyzo.com/2024/02/post_363005_entry.html

    【【漫画】「ONE PIECE」考察しても、結局はただの憶測にすぎない件【それも、楽しいでしょ??】【感想】】の続きを読む


    2016年には『不祥事』の続編として『読売新聞』に連載され、2017年9月に文庫本中公文庫から刊行された。 「花咲舞が黙ってない」の表記は誤り。 メガバンク・東京第一銀行の臨店班、花咲舞と相馬健のコンビ、銀行内の様々なトラブルを解決してゆく。 臨店班とは問題を起こした支店へ直接出向き、業…
    43キロバイト (4,996 語) - 2024年2月15日 (木) 07:08
    不祥事と言えば、この騒動も近い感じもする。mj

    1 冬月記者 ★
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1cc0d94738228182c520ab9c802429a78638df4f


    (出典 i.imgur.com)


    今田美桜の主演で日本テレビ系「花咲舞が黙ってない」が9年ぶり復活 杏の主演で2014年、15年に大ヒット

     女優、今田美桜(26)が4月13日スタートの日本テレビ系「花咲舞が黙ってない」(土曜後9・0)に主演することが14日、分かった。

     作家、池井戸潤氏が銀行を舞台に執筆した「不祥事」を原作に、女優、杏(37)の主演で2014、15年に放送されて大ヒットした人気シリーズが、主演を代えて9年ぶりに復活。同局の新ドラマ枠「土ドラ9」のトップバッターとして放送される。

     今作は、池井戸氏が前作放送後に出版したドラマと同タイトルの新作小説が原作で、大手銀行の窓口係から突然、支店を巡回して管理、指導する本部の臨店班に異動した花咲舞が、事件や不祥事を解決していく物語。

     池井戸氏は「(今田が)どう演じられるか、本当に楽しみ」と期待を寄せ、「花咲よ、風になれ!」とエール。

     今田は「(主人公の)曲がったことが許せない姿勢に私も力をもらいますし、視聴者の皆様が爽快な気持ちになれるような、そんな土曜日にできたらうれしい」と声を弾ませ、閉塞感が漂う日本社会に一陣の風を吹き込むことを誓った。

    【【小説・漫画】【ドラマ化】「花咲舞が黙ってない」俳優以前に、日テレだからとい言う事で、嫌なイメージしかない様なんだが…【影響が凄い】【感想】】の続きを読む


    森川 ジョージ(もりかわ ジョージ、本名:森川 常次、1966年1月17日 - )は、日本の漫画家。血液型はO型。東京都足立区出身。越谷市立北陽中学校、埼玉県立松伏高等学校卒業。  講談社専属で少年漫画を執筆。代表作は『はじめの一歩』。2023年現在は日本漫画家協会所属。2023年4月時点で日本漫画家協会常務理事。…
    7キロバイト (813 語) - 2023年11月25日 (土) 18:43
    これからも、続くだろう。mj

    1 阿弥陀ヶ峰 ★
    「はじめの一歩」森川ジョージ氏「改変無しのメディア化はあり得ない」原作者絶対とした上で私見

    ボクシング漫画「はじめの一歩」で知られる漫画家の森川ジョージ氏(58)が15日、X(旧ツイッター)を更新。「セクシー田中さん」の原作者の芦原妃名子さんが亡くなったことで端を発した原作改変問題について「改変無しのメディア化はあり得ないこと」との見解を示した。

     森川氏は、作品の未来は原作者のみが知っているとの理由から、メディア化をめぐっては「原作者が絶対」と主張し、脚本等による改変に関しては入念な話し合いが必要だとの考えを示してきた。一般ユーザーの「でも原作を大きく弄って原作以上の作品になってるモノも数多くあるからな、それは原作者にとってwin-winの関係にはならないのだろうか」との投稿に、「これはその通りで原作を広く遠くまで届けていただけることは大変ありがたいです」と同意。「原作をある程度改変するのは当然のことであり改変無しのメディア化はあり得ないことです」とした。

    また、今回の原作改変問題を受け、原作者と制作サイドの間に第三者が入って契約を結ぶ制度を整備するべきとの声もあがっているが、森川氏は「契約書作成が話題になっていますが自分は慎重派です。お互いを縛り現場の活力を奪うことになるかもしれないからです」とし、「『原作通り』という要望があったとしたらあくまで『根幹』を動かさないでほしいということだと思っています」とつづった。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d7161380bf1270dc35dda0f6ee23b69824ffefc3

    【【漫画家】「はじめの一歩」の森川ジョージ氏。芦原妃名子さんの、騒動に物申す。【騒動は、簡単に収まらない。】】の続きを読む

    このページのトップヘ