声優


    小野 友樹(おの ゆうき、1984年6月22日 - )は、日本の男性声優、歌手。フリー。静岡県静岡市出身。静岡県立静岡高等学校を経て、早稲田大学スポーツ科学部卒業。 小学3年の時、Jリーグを観てサッカー選手を目指す。高校2年の時、清水エスパルスのスカウトに声をかけられたが、3年の秋、球技大会の練習
    153キロバイト (13,327 語) - 2020年8月28日 (金) 03:34



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    おめでとう!!

    1 爆笑ゴリラ ★

    8/28(金) 10:23
    スポニチアネックス

    「黒子のバスケ」「ジョジョ」声優・小野友樹 第1子誕生報告「大切に育てていきたい」
    小野友樹
     声優の小野友樹(36)が28日、自身のブログを更新し、第1子ととなる長男が誕生したことを発表した。

     小野は「この度、第一子として男の子が誕生しました。諸々の環境がようやく落ち着いて参りましたので、ご報告させて頂きました」と報告。「世の中が困難な状況を迎えている中で、元気に生まれてきてくれた我が子。夫婦力を合わせて、大切に育てていきたいと思っております」と決意を記し、「一家の大黒柱として、声優として、これからも日々精進して参りますので、引き続きご声援のほど、どうぞよろしくお願い致します」とつづった。

     小野は2006年にデビュー。以後、アニメ「黒子のバスケ」の火神大我役や「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」の東方仗助役など多くの作品に参加。2016年からはテレビ東京の子ども向けバラエティー番組「おはスタ」で、1年半にわたりMCを務めた。2017年に一般女性との結婚を発表していた。


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/751037f3f7830edb6bc346993dc05300bed6335b


    【【声優】ジョジョ声優小野友樹 第1子誕生!!ざーさんじゃないよww【おめでとう!!】】の続きを読む


    増元 拓也(ますもと たくや、1983年3月19日 - )は、日本の男性声優。広島県出身。賢プロダクション所属。 映画好きの少年期を過ごし、大塚明夫に憧れて吹き替えをやりたいと考え、声優を志すようになる。声優になるため上京したが、日活芸術学院の1年目で舞台に目覚め、2年目は声優科に行かず俳優科に進む。
    35キロバイト (3,268 語) - 2020年8月22日 (土) 14:25



    (出典 resize.blogsys.jp)


    少しずつ減ったとはいえ まだまだ根強いよな…mj

    1 ひかり ★ :2020/08/25(火) 10:48:19.90 ID:CAP_USER.net

    「アイドルマスターSideM」の信玄誠司役などで知られる声優の増元拓也が、新型コロナウイルスのPCR検査で「陽性」が確認されたことを、所属事務所が報告した。

    賢プロダクションは24日、公式サイトで「このたび弊社所属の増元拓也が新型コロナウイルス感染症に対するPCR検査により陽性であることが確認されました」と報告。「8月18日の夜中に発熱、翌8月19日は大事をとって自宅待機しておりましたが、熱が下がらなかったため8月20日にPCR検査を受け、8月22日に陽性が判明した次第です。保健所の指導をいただいた上で公表すべきとの考えから本日のご報告となりましたが、直近でお会いしていた関係者の皆様には個別に進捗を連絡しております」とした。

    感染経路については心当たりがないという。「現在保健所の指導により濃厚接触者の有無等の確認を進めております。弊社所属声優および社員に該当するものはおりませんでしたが、弊社関係者以外に濃厚接触者が確認された場合には、適切に連絡・対応してまいります。また、現在の症状は安定していて、今後は保健所の指導に従い指定の宿泊施設にて療養する予定です」とした。


    【【声優】「アイマスシリーズ」の 信玄誠司役の増元拓也さんが コロナの餌食に…【早くよくなってください…】】の続きを読む


    南條 愛乃(なんじょう よしの、1984年7月12日 - )は、日本の女性声優、歌手。静岡県出身。所属芸能事務所はN3エンタテインメント。所属レコードレーベルはNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン。fripSide、μ'sのメンバー。公式ファンクラブは「ごきんじょるの 友の会」。愛称は「ナンジョルノ」など。
    135キロバイト (11,385 語) - 2020年8月2日 (日) 03:53



    (出典 pbs.twimg.com)


    ラブライブの声優ってそれぞれ出世した感じはするけどな。mj

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/08/23(日) 11:49:01.269 ID:M9kFvQULd.net

    1人だけラピスなんとかいう当たりコンテンツの強キャラポジションで起用されてる


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【声優】「ラブライブ!」の声優って 南條愛乃ちゃん以外誰が生き残ってる?!】の続きを読む


    宮野 真守(みやの まもる、1983年6月8日 - )は、日本の声優、俳優、歌手。埼玉県出身。劇団ひまわりとKING AMUSEMENT CREATIVEに所属。本名:同じ。 公式ファンクラブは「Laugh & Peace」。代表作に『DEATH NOTE』(夜神月)、『機動戦士ガンダム00』(刹
    245キロバイト (19,678 語) - 2020年8月22日 (土) 17:03



    (出典 pbs.twimg.com)


    顔芸...www

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/08/23(日) 22:30:29.76 ID:CAP_USER9.net

    8/23(日) 22:00配信
    デイリースポーツ

    宮野真守

     TBSドラマ「半沢直樹」が23日、放送され、声優の宮野真守が初登場。金融庁の検査官・黒崎(片岡愛之助)の背後に部下として宮野がおり、いきなりの顔芸にネット上で「セリフなしで顔芸」などと盛り上がった。

     黒崎が東京中央銀行の中野渡頭取ら幹部の元に進み、「金融庁担当検査官の黒崎です」と査察に来たことを告げる。「ただいまより金融庁検査を…」という黒崎の背後に宮野の姿があった。宮野は下からにらみつけるような顔芸を披露。

     ネット上で「宮野をあえて寡黙キャラに マモちゃんは顔でしゃべる男」「存在感の強い宮野真守w」「宮野真守さんをして『はい』2回しかしゃべらせなかった贅沢ドラマ半沢」「顔がうるさい『宮野真守」「やっぱり顔がうるさい宮野真守」などと盛り上がった。


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/b25d29466a0ea8a4c2d7a20a0422624292e64810


    【【声優】宮野真守『顔がうるさい』は褒め言葉!?「セリフなし顔芸」半沢直樹に出演しネット反響】の続きを読む


    野島 健児(のじま けんじ、1976年3月16日 - )は、日本の男性声優、歌手、ナレーター。東京都杉並区出身。青二プロダクション所属。 父の野島昭生、兄の野島裕史は共に声優。弟は作家の野島智司。長男は俳優の野島透也。 中学時代に一家そろって大分県の山奥に移住し、自給自足の生活を送っていた。自身も朝
    148キロバイト (14,814 語) - 2020年8月21日 (金) 06:09



    (出典 m-oizumi.cocolog-nifty.com)


    これから どうなるか楽しみではある。mj

    1 ひかり ★ :2020/08/21(金) 16:19:58 ID:CAP_USER.net

     アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズの宜野座伸元役などで知られる人気声優・野島健児の長男・野島透也(のじま・とうや)が、『しょうぐん 天晴れェド!』ボイスドラマで声優デビューを飾ることが明らかになった。健児の父・野島昭生から、ついに親子3代にわたって声優の仕事が受け継がれた。さらに同作では健児と透也の“父子共演”も実現。ORICON NEWSでは2人にインタビューし、共演を経た今の心境や将来への展望、さらに父から息子へ伝えたい俳優としての心構えなどに迫った。

     同作は江戸15代の将軍をモチーフにしたキャラクターたちが、現代で過ごす日常を描くコメディー。WEBコンテンツや舞台など多方面に展開され、1周年を記念して今年ボイスドラマ化が決定した。健児、透也のほか、多くの人気声優の出演が予定されている。なお、健児はこれまで家族に関することを公式には発表しておらず、同作での共演を通じ初めて息子の存在が公にされた。

    ■息子の初アフレコに立ち会い「1人の新人俳優として見ていた」

    ――初アフレコはいかがでしたか?

    【透也】声だけの芝居は初めてだったので、オーディションを受ける前、父に「ここはこういう感情でいいのかな?」「声の出し方は、これでいい?」と聞いたりしていて、何もわからないままゼロからのスタートで収録本番を迎えました。本番を終えて、緊張だらけで、芝居も未熟で、今は悔しい思いもたくさんありますが、貴重な体験をすることができて楽しかったです。

    父に教わりながらアフレコ当日まで台本を読んで練習をしていましたが、いざ本番を迎えると本当にド緊張してしまい…。収録は一緒だったのですが、僕はほぼ全てリテイクで、父は一発OK。以前から尊敬していましたが、改めて父は“プロの声優”なんだと実感しました。

    【健児】まさか息子の初アフレコに立ち会えると思っていませんでしたので、親としてはありがたかったです。セリフを見てほしいと言われ、その様子を見て「自信を持って本番はやりなさい」とエールを送りました。

    彼は普段は映像の仕事がメインなので、初めてになるアフレコの現場はやはり独特の雰囲気があると思うので、ミスはすると思いましたが、そこから音響監督に求められた指示・ダメ出しに対し臨機応変にできるかどうかが大切だったりします。そこを見届ける気持ちで僕は収録に臨んだので、親目線というより意外と仕事モード、「この役者は、どういう仕事をするのか」と1人の新人俳優として彼を見ていた気がします。

    ――透也さんは四代・家綱役、健児さんが演じた松平信綱はその家臣という役どころでしたが、それぞれどんなイメージで臨まれたのですか

    【透也】家綱は15人いる将軍の中では、ほんわかしたキャラクターですが、“漫画家”という設定もあるので、その時は別人のようになる。僕自身も絵を描くことが好きなので共感できる部分がありました。家族に見せている姿と「実は違う」部分があるのは、家綱と似ているなと思いました。

    【健児】僕の松平信綱はミステリアスなキャラクターではあるのですが、家臣という立場なので「お目付け役で頼りがいのある存在にしたい」思いがあり、それが表れるような声の色・ニュアンスで演じました。原作の意図とは違うかもしれませんが、新たな魅力が出ればと思って。

    ――透也さんは、父・健児さんがそばにいる環境のなかで、自然と声優を志すようになったのでしょうか

    【透也】父を近くで見ていたというのもありますが、昔からとにかくアニメが好きだったので、声優というお仕事には父がこの仕事でなくても憧れていた気がします。ただ今は、カメラの前や舞台に立って演技をしたい気持ちも同じくらい強くあるので、これから先は舞台や映像、声優と限らず、幅広く“表現者”として難しい道ではありますが、さまざまなことに挑戦していきたいです。


    【【声優】アニメ版「文豪とアルケミスト」の萩原朔太郎役の 野島健児さんの長男・透也くんが声優デビュー!!親子3代声優とはね!!】の続きを読む

    このページのトップヘ