ゲーム


    『ロマンシングサガ -ミンストレルソング- アルティマニア』P299 ^ 『ロマンシングサガ -ミンストレルソング- アルティマニア』P300 ^ a b c d 『ロマンシングサガ -ミンストレルソング- アルティマニア』P602 ^ “『ミンサガ リマスター』登場するキャラクター情報と紹介PVが公開!…
    92キロバイト (14,730 語) - 2022年12月31日 (土) 05:24
    特別な技がある訳では無いのか…mj

    305 ゲーム好き名無しさん (ワッチョイ 7ebb-PQFN [217.178.215.90]) :2023/01/11(水) 21:37:48.18ID:+kyn5t2y0
    引き継げる術具が各術属性ごとに満遍なく散らされておらず偏っている
    火はロッド、フランベルジュ、槍、と3つもある


    (出典 www.famitsu.com)

    【【ゲーム】「ロマンシングサガ-ミンストレルソング」死の剣と鎧は ダメっぽい??【役に立たん??】【評価】】の続きを読む


    ボードゲームのグループは、上で述べられているトリヴィアゲーム、ユーロスタイルボードゲームのほかにレースゲーム、ロール・アンド・ムーブ・ボードゲーム、アブストラクトゲーム、言葉遊び、ウォー・シミュレーションゲームを含む。いくつかのボードゲーム
    56キロバイト (7,661 語) - 2022年12月29日 (木) 10:04
    やりきった達成感がたまらん!!mj

    956 ゲーム好き名無しさん (スッップ Sdba-Sv2V)
    収集率99パーまで来た。楽しい

    【【ゲーム】「ざくざくアクターズ」コンプの為とは言え しんどい事この上ない件【どのゲームも変わらんよな…】【評価】】の続きを読む


    Pikmin Bloom』(ピクミン ブルーム)は、Nianticと任天堂が共同開発し2021年より配信開始されたiOS/Android用位置情報ゲーム。 任天堂が展開するピクミンシリーズを題材としたアプリで、スマートフォンを持ち歩くことにより、半動物・半植物の小さな生物であるピクミン
    9キロバイト (1,223 語) - 2023年1月1日 (日) 06:51
    ちゃんと機能してないと ユーザー離れるかもな。mj

    288 名無しですよ、名無し!(広島県) (ワッチョイW 79ee-+Hhj) :2023/01/09(月) 13:40:37.19ID:4waxC/9u0
    炎のキノコがはえているせいかマップ見るたびにカクカクして困る
    苗の入替えにも時間がかかる


    (出典 app.famitsu.com)

    【【ゲーム】「Pikmin Bloom」せっかく頑張って歩いてたのに データ消えちゃうって 有り得なくね??【何でじゃ~!!】【評価】】の続きを読む


    ゲームソフトは、コンピュータゲームのためのソフトウェア(コンピュータ・プログラム)である。 ゲーム機(ゲーム専用機)用も、汎用のパーソナルコンピュータ用もある。さらに言うとメインフレーム上などで動くゲームソフトもある。最近ではスマホやタブレット用のものもあり、それらはゲーム・アプリと呼ばれる。…
    25キロバイト (3,459 語) - 2022年12月8日 (木) 07:31
    やりたかったゲームなら安かったかも?!mj

    1 muffin ★ :2023/01/08(日) 14:46:26.35ID:jhzSDAgu9
    https://magmix.jp/post/131424
    2023.01.08

    時代によってゲームソフトの価格はある程度上下しますが、小中学生が気軽に買える額ではありませんでした。しかし大人の娯楽として考えると、むしろコスパの良さが光ります。ゲームソフトは高いのか、安いのか。それぞれの意見に迫ります。

    ゲームソフトが高いと感じる理由は、まず価格そのものにあります。インディーを含む小規模の開発であれば数千円、時には数百円で買えるゲームもありますが、注目を集めやすい大作などは6~8千円くらいが現在の標準的なラインです。ここに消費税も加わるため、高めのものだと1万円近くの出費を覚悟するケースもあります。

    世の中にはさまざまな娯楽があり、作品単位で楽しめるものだと、マンガや小説、アニメにドラマ、映画など、枚挙に暇がないほどです。こうしたコンテンツ同士で比べると、1作品で1万円近いこともあるゲームソフトは、高めという印象を受けます。

    完結まで長い作品もあり、例えば全10巻~20巻ほどのマンガや小説だと、ゲームソフトと同程度と言えるかもしれません。しかしゲーム側も、前後編であったり直接繋がる複数本のシリーズなどもあるため、「比較しても高め」というイメージは拭いにくいところ。

    また金額に対する印象は、状況や立場によっても変化します。毎月数千円のお小遣いをもらう学生の立場だと、数か月かけてお金を貯めないとゲームソフトを買えません。最初のゲームライフがこうした状況だと、その印象が後々まで続くので、「高い」と感じるのも至極当然でしょう。

    またゲームは、時代と共にあり方が変わっており、それが価格のイメージに影響を与えているケースもあります。特に顕著なのは、携帯電話やスマホの普及で一気に拡大した、「基本無料系ゲーム」の台頭です。

    基本無料のゲームは、文字通りただプレイするだけならお金がかかりません(通信費等はかかりますが)。しかもジャンルが多彩で、RPGやパズル、育成にカード系など幅広く展開しており、FPS・TPS系STGも人気を博しています。こうしたゲーム体験を無料で遊べる環境に慣れると、お金がかかる従来のゲーム(買い切り型)を「高い」と感じてしまうのも無理のない話です。

    ちなみに、一般的なゲームソフト1本分よりも高い課金アイテムに手を出すプレイヤーもいますが、課金せずに遊ぶ人も少なくないため、「基本無料」と「買い切り方」に対する印象は意見が分かれやすいところです。

    続きはソースをご覧下さい

    【【ゲームソフト】ゲームソフトの価格って おまいらならどう思ってた??【お得か損か】【評価】】の続きを読む


    ゲームセンター (Game Center) とは、ゲーム機などの遊技設備を設置して客に遊技させる営業を行う店舗やそれに類する区画された施設である。略して「ゲーセン」とも称される。業界やメディアでは「アミューズメント施設」という呼称も積極的に用いられており、GENDA GiGO…
    81キロバイト (10,427 語) - 2023年1月4日 (水) 14:36
    不景気以上に 例の病気が凄いからなぁ…mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2022/12/18(日) 22:24:39.29ID:sCjHzVKR
    マグミクス
    2022.12.18
    https://magmix.jp/post/127500

    ゲームセンターの閉店が止まりません。1986年には2万6573軒が営業許可を得ていたゲームセンターは2020年にはわずか3931店にまで数を減らしていましたが、この2年でさらなる閉店ラッシュが続いています。

     ここ数カ月だけを見ても、10月には町田の老舗「ゲームUFO 町田ターミナル口店」が姿を消し、 11月には相模湖畔にあるレトロゲームの聖地、「富士スポーツランド」が75年の歴史に幕を下ろし、12月には「鉄拳」シリーズで活躍するプロゲーマー・ノビ氏をスポンサードしていた「イスカンダル五井金杉店」も閉店を余儀なくされました。

     実は新規に開店する店もかなりの数があるのですが、かつて一世を風靡したビデオゲーム中心のゲームセンターとは異なり、ショッピングモールなどの商業施設内にUFOキャッチャーを置いた形式の店が大半となっています。ゲームセンターという名前は同じですが、かつてのように腰を据えて仲間とおしゃべりしながらゲームをする場所ではなく、家族連れやカップルが立ち寄って軽く遊ぶ場所へと、役割そのものが変化したのです。

     30年ほど前には、ちょっとした駅や学生街の周りに無数に存在していた「電子音が鳴り響く薄暗い空間」は、もうわずかしか残っていないのです。

     なぜ、ビデオゲーム中心のゲームセンターがさらに減り続けているのか。ひとつめの理由としては電気料金の高騰が挙げられるでしょう。2021年秋ごろから電気料金が上がり始め、ロシアのウクライナ侵攻による影響により値上げの動きは加速、2022年だけでも2割上昇しています。電気を使用する大型の機材を必要とするゲームセンターが負担に耐えられないのは当然と言えるでしょう。

     もちろん、新型コロナウイルスの影響による売り上げの低下もダメージとなりました。また、古いゲームセンターの場合は設備・建物の老朽化や関係者の高齢化も深刻だったようです。苦しい状況でも頑張ってきた店主が、耐震化工事を期に「ここが潮時」と閉店を決めた例も散見されます。プライズ系機材が多い店舗の場合は郊外のゲームセンターを閉店し、都心や観光地といった人が多い場所での再開店を行う事例もあるようです。

     また、時代の変化に伴いゲームセンターが密かに果たしてきた役割が薄れたことも影響しているかもしれません。

    かつて、ゲームセンターは不良のたまり場といわれてきました。しかし改めて振り返ってみれば、ゲームセンターには不良以外にもさまざまな人間がいたように思えます。暇を持て余した学生や仕事をサボっている会社員、ひたすらメダルゲームに興じるご老人など、小銭を払えば居場所のない人間を受け入れてくれる数少ない場所、それがゲームセンターだったように思えます。

     筆者も、学生時代はしばしば起こる不良たちとの諍(いさか)いに悩まされながらも、ゲームセンターに入り浸っていたものです。いつ行っても知っている顔がある。話したことはなくても対戦台に小銭を入れて乱入すれば、そいつがどんな奴なの*ぐわかる。友だちではないけれど、同じ時間と空間、ゲームを共有する仲間たちとの世界がそこにはあったのです。

     どうしてそんな大事な世界が次々と崩れ去っていくのか。

     大きな理由としては、SNSの登場が考えられます。SNS登場以前であればゲームセンターのコミュニティに居場所を求めていた人が、SNSに精神的な居場所を見つけられるようになり、わざわざ外へ出向かなくてもよくなったのかもしれません。

     家庭用ゲーム機の性能向上により、アーケードとそん色ないレベルのゲームが家で遊べるようになったこともあるでしょう。スマホでゲームが遊べるようになったため、ちょっとした暇つぶしのためにゲームセンターに行く必要がなくなったこともあるでしょう。

     しかし、「憩いの場」としてのゲームセンターを体験している者としては、SNSがその役割に取って代わったことが店舗閉店につながっていると、思えてならないのです。

    【【ゲーム】「ゲームセンター」思い出あふれる場所が 無くなるのは惜しいな…【よく小銭両替してもらってたな。】 】の続きを読む

    このページのトップヘ