ニュース


    京都アニメーション放火殺人事件(きょうとアニメーションほうかさつじんじけん)は、2019年(令和元年)7月18日に京都府京都市伏見区で発生した放火殺人事件。 アニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオに男が侵入してガソリンを撒いて放火したことで、同社社員の69人が被害に遭い、うち36人が死亡、被疑者を含む34人が負傷した。
    118キロバイト (17,217 語) - 2019年10月16日 (水) 15:20



    (出典 storage.bengo4.com)


    発言がどうのこうのより、
    人としてどうか?だよ。

    1 ガーディス ★ :2019/10/17(木) 11:21:26.16 ID:WPdlDWzM9.net

    アニメ「エヴァンゲリオン」などを手がけた庵野秀明監督が代表を務める制作会社を、「京アニみたいなことにならないと良いな」と脅迫したなどとして、35歳の男が逮捕された。

    逮捕されたのは、岡山市の無職・犬飼典昭容疑者。警視庁によると、犬飼容疑者は今年7月、庵野秀明監督が代表を務めるアニメ制作会社「カラー」に、ツイッターで「*」「京アニみたいなことにならないと良いな」などと放火をほのめ*投稿をして脅迫し、業務を妨害した疑いが持たれている。

    犬飼容疑者は3年ほど前から、「カラー」に対して「著作権は自分の家族にある」などとするメールを送っていたという。犬飼容疑者は調べに対し、「何度も説明を求めていたが、一向に返信がなく腹が立った」と供述しているという。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17244993/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【犬飼容疑者エヴァンゲリオンアニメ制作会社に◯◯みたいに‥脅迫逮捕!】の続きを読む


    令和の時代に、残業代未払って違う意味でタイトル通り。

    1 muffin ★ :2019/10/19(土) 18:02:55.58 ID:ml1eBf2O9.net

    https://bunshun.jp/articles/-/14852


    「アニメ業界で働く人間は、みんなアニメや映画が好き。残業代が出なくても魅力的だと思う瞬間もあるけれど、それでは『やりがい搾取』になってしまう。魅力的な仕事であることで(残業代未払いを)ごまかされてはいけないなと感じます」(Aさん)

    劇場版アニメ『海獣の子供』などの作品で知られるアニメ制作会社「STUDIO4℃」(正式名称は株式会社スタジオよんどしい)で残業代の未払いがあったとして、同社で制作進行を担当する男性社員・Aさん(25歳)が残業代と付加金など合計約535万円の支払いを求めて10月10日付で東京地裁に提訴した。Aさん、Aさんが加入する労働組合「ブラック企業ユニオン」、代理人弁護士が10月18日の記者会見で明らかにした。

    「STUDIO4℃」はスタジオジブリ出身の田中栄子氏が代表を務め、世界的にも評価が高い作品を世に出してきた。

    2016年4月に「STUDIO4℃」に入社したAさんは、制作進行を担当した。制作進行の業務とは、端的に言えばアニメーション制作の工程管理。TVアニメであれば1話数ごと、劇場用長編映画であればパートや工程ごとを担当して、スケジュール、スタッフ、素材などの管理を行う。2014年から2015年にかけて放送されたアニメ『SHIROBAKO』では、主人公の宮森あおいが制作進行を担当していた。

    『海獣の子供』では動画の制作進行を担当したAさんは、映画完成の直前、2019年3月には月103時間の時間外労働をしたものの、残業代が支払われることはなかった。会社側は、「専門業務型裁量労働制に当たるため」と説明している。

    一方、ブラック企業ユニオンの坂倉昇平氏は「制作進行の業務は、実際には裁量のある働き方ではなかった」としている。旬報法律事務所の大久保修一弁護士も、「基礎となる給料は、時給にして1100円~1200円。低賃金で長時間拘束して、果たして裁量労働制として認められるのか。裁判所にしっかり判断していただきたい」と述べている。

    今年4月にAさんが残業代を請求したところ、会社側は応じず、代わりに1年前の日付が記された労働条件通知書を出してきたという。さかのぼって1年前から「専門業務型裁量労働制」が適用されていたことを認めさせる狙いがあったと見られる。

    残業代の未払いに関しては、三鷹労働基準監督署が6月に「STUDIO4℃」に対して是正勧告を出している。しかし、会社側は「タイムカード記載の時間は実労働時間ではない」と主張して、そもそも残業代の算定ができないと支払いを拒否している。Aさんは「タイムカードの時間が労働時間でなければ何なんだろう」と首をかしげる。

    今年9月には組合と会社側の団体交渉が行われたが、会社側からは何ら具体的な回答がなく、Aさんは提訴に踏み切ったという。
    中略

    現在、Aさんの月給は基本給15.9万円、職務給(見込残業手当)と見込深夜手当なども含めた合計が22.2万円。フリーランスのアニメーターは、月収10万円程度で毎月数百枚の作画を行っているケースもざらにあるという。Aさんは、労働環境について「自分よりも長時間労働だった人は周囲にたくさんいました。アニメ業界では、隣で働いている人が『明日*んじゃないか』という思いは常にあります。健全であるとは思えません」と語っている。

    全文はソースをご覧下さい


    【【明日、隣の人が死ぬんじゃないか】制作会社残業代未払い!「STUDIO4℃」を提訴!】の続きを読む

    このページのトップヘ