声優


    愛美(あいみ、1991年12月25日 - )は、日本の女性声優、歌手。本名及び旧芸名は寺川 愛美(てらかわ あいみ)。兵庫県神戸市出身。響所属。 2008年『ベストオブシンガーコンテスト 全国大会2008』決勝大会出場。2009年7月5日、『第3回全日本アニソングランプリ』大阪大会で優勝した。 2010年2月6日、『エリーを探せ
    100キロバイト (9,457 語) - 2021年11月26日 (金) 06:53



    (出典 prtimes.jp)


    その明るさに 元気付けられる!!mj

    728 名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 8a70-Z59V [117.109.124.210]) :2021/11/17(水) 06:56:54.58

    夜あそびで初めて愛美さんを知ったんだけど普段の愛美さんとは全然違うの?


    【【声優】「バンドリ!」の戸山香澄役等の 愛美さん。夜遊び出演時って 結構よかったんじゃね??【人見知りしちゃう時も?!】】の続きを読む


    22/7(ナナブンノニジュウニ)は、「デジタル声優アイドル」として活動する日本の声優ユニット・女性アイドルグループ、およびバーチャルアイドルグループ。 秋元康プロデュースのもと、ソニーミュージックとアニプレックスによってメディアミックス展開している。公式略称は「ナナニジ」。
    136キロバイト (14,376 語) - 2021年11月23日 (火) 11:19



    (出典 storage.mantan-web.jp)


    今後どうなるの??mj

    153 声の出演:名無しさん (ワッチョイ 76db-/0jm [175.105.73.156]) :2021/11/23(火) 23:18:02.67

    時間も仕事の枠も有限であるから、
    キャラ活動に時間を割けば生身活動の時間が削られ、逆に生身活動に時間を割けばキャラ活動の時間が削られる
    グループ活動に時間を割けば個人活動の時間が削られ、逆に個人活動に時間を割けばグループ活動に参加する時間がなくなる

    その中で一番需要のある活動が優先されるのは当然だろ


    (出典 hominis.media)


    【【声優ユニット】22/7 このグループは 失敗だったのか【解散するの??】】の続きを読む


    TrySail(トライセイル)は、ミュージックレインに所属する声優、麻倉もも・雨宮天・夏川椎菜の3人により構成される日本の声優ユニット。所属レコードレーベルはSACRA MUSIC。2014年に結成され、2015年から活動を開始した。 「トライアングルガールズユニット」とも称されている。ユニット名
    30キロバイト (1,562 語) - 2021年11月15日 (月) 07:26



    (出典 img.barks.jp)


    声出しちゃダメだっけか。mj

    581 声の出演:名無しさん :2021/11/22(月) 20:12:05.09

    CDのリリースやライブの順番は3人ほぼ均等に回ってきてるから特別冷遇されてるとも思わないけどな
    円盤だけこうなるってことは表に出せない何かしらの理由があるんだろ


    【【声優ユニット】trysail そろそろ ライブではっちゃけてみたいんだが…【他の観客には 迷惑?!】】の続きを読む


    ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』は、キングレコード内レーベル・EVIL LINE RECORDSが手掛ける男性声優による音楽原作キャラクターラッププロジェクト。通称「ヒプマイ」。当初は4チームで12人だったが、2019年9月7日・8日に開催された4th
    85キロバイト (10,175 語) - 2021年11月18日 (木) 03:52



    (出典 pbs.twimg.com)


    結構しっくり来てるからな。mj

    455 声の出演:名無しさん (オイコラミネオ MMfa-Or/N) :2021/11/20(土) 17:21:06.36

    ライブが一番売り上げと話題と新規獲得デカイから無くならないでしょ
    それに年齢の関係でバトルライブ出来ないレベルなら一般ライブも全体曲多くて負担大きいから出来なさそうだし
    その為にVRや3DCGに移行しようとしてるんだろうけど今の状態ならもうバトルない方が良いな
    積まなくても楽しめるジャンルにして幅広く新規獲得しないとヤバそう


    【【声優ユニット】「ヒプノシスマイク」速水奨さんが抜けたら 物足りない気がするのだが…【ベテラン】】の続きを読む


    南條 愛乃(なんじょう よしの、1984年7月12日 - )は、日本の女性声優、歌手。静岡県出身。所属芸能事務所はN3エンタテインメント。所属レコードレーベルはNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン。fripSide、μ'sのメンバー。公式ファンクラブは「ごきんじょるの 友の会」。愛称は「ナンジョルノ」など。
    144キロバイト (12,140 語) - 2021年11月19日 (金) 09:58



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    ラブライブ以外 あまり目立ってない感じだな。mj

    1 鳥獣戯画 ★

    ザテレビジョン2021/11/16 20:00
    https://thetv.jp/news/detail/1059211/

    アニメ『ラブライブ!』シリーズの絢瀬絵里役や『戦姫絶唱シンフォギア』シリーズの月読調役などで人気を博し、卒業を発表したばかりのfripSideの2代目ボーカリストとしても10年以上の活動歴を誇る声優の。11月10日に発売されたニューシングル「」は、アニメ『』のオープニングテーマ。彼女が“南條愛乃”名義でテレビアニメのオープニングを歌うのは、2012年12月のソロデビュー以来、今回が意外にも“初めて”のこと。

    「“グリザイア”シリーズをはじめ、これまでにエンディグテーマは何曲も歌わせていただきましたし、アプリゲームのオープニングテーマを歌わせてもらったこともあるんですけど、アニメのオープニングテーマは一度もなかったんですよね。来年ソロ10周年を迎えるのに1曲もないんだと思ってて…。いろんな方がオープニングテーマを歌われているのを見て、ちょっと置いてかれてる感はありましたね」

    待望のオープニングテーマの決定にSNS上は「初!」や「おめでとう!!」というコメントで沸いたが、本人にはレコーディング中の何気ない会話の中でぬるっと知らされたそう。

    「私、事務所からはソロの楽曲としか聞かされてなかったんですよね(笑)。レコーディング中にディレクターさんとの会話の中で“オープニング”という単語が出てきて。「え? オープニングなんですか?」って驚きつつ知りました(笑)。私にとっては記念すべき初のオープニングテーマなんですけど、『やったね!』ってみんなで喜ぶ瞬間はなかったです。ただ、ファンの方々が、私以上に喜んでくれて。急にプレッシャーを感じたりしましたけど、曲への向き合い方としてはエンディングテーマを歌わせてもらった作品と変わらずに頑張ろうっていう思いで歌わせていただきました」

    歌った当時の私の心境とリンクしているところがあった
    レコーディングに臨む姿勢は変わらずも、求められるものは違っている。彼女がこれまでに歌ってきたエンディングでは、登場人物の心の奥深くを描いたバラードが多かったが、本作は、“言いわけレベル:15,000,000,000”や“勇者スキル”など、アニメ主題歌らしい単語が並ぶ、疾走感あふれるロックチューンとなっている。

    「遊び心に溢れた歌詞になってるんですけど、歌った当時の私の心境とリンクしているところがあって。特に“何が大切か見極めて進め”というフレーズ。コロナ禍になって、それまでは当たり前だと思っていた常識が一気に崩れていったし、自分と価値観が合う人をより大事にしていきたいなと思うようになった。この歌詞を見た時に、今の自分が考えていることと重なると思ったし、この強い曲調と進化というパワーワードで、誰かの背中を押すような曲にもなりそうだなと。曲調が強いだけじゃなくて、誰かにとってのエールになるという意味でも、アニメのオープニングらしいなと感じたし、アニメ本編と同じく、歌詞にも“ワンパンチ”“摩訶不思議”といったパロディ要素が入っていて。ちゃんと『進化の実?』のオープニングテーマを歌ってるんだなっていう実感がありましたね」
    一度、見失ってしまった自分の軸を再認識したい
    恐れや迷いを捨てて、新しい扉を開く呪文“EVOLUTION”=“進化”というフレーズをパワフルにエネルギッシュに歌う彼女。プライベートでは何か“進化”したことはあるのだろうか。

    「いや、退化してますね。コロナ禍に入って、”何もしないをする”生活を送ってたので(笑)。ただ、変化はしてるなと思います。否が応でも自分が何を大事にしたいかを見つめ直す時間があって…。振り返ってみると、20代後半は自分にとって忙しい時期が続いていました。ところてんが押し出されるようにお仕事をしていたし、自分の生活を犠牲にして、自分を押し殺して仕事をしていたんですね。その結果、何が手元にあるんだろうなと思ったら、個人のの生活には何も残ってなかったんです。もちろん、いろんな経験はさせてもらったんですけど、だからと言って、仕事しかない生活は虚しいなと感じて…。だから、30代に入ってからは、自分個人も大事にしようと思ったし、自分のペースを壊してまで、自分を見失いながら仕事をするのはやめよう!と思って。今後また、がむしゃらに仕事がしたいという時期が来るかもしれないけど、今は自分がちゃんと見えてる、認識できる状態で仕事をしたい。そのことに気づけたのは、大きな変化だなと思いますね」

    (以下リンク先で)


    【【声優】「ラブライブ!」の 絢瀬絵里役等の 南條愛乃さん。散々な言われ様じゃね??【酷くね??】】の続きを読む

    このページのトップヘ