1980年代の架空の日本を舞台に、滅びの運命に抗う13人の少年少女を描くドラマチックアドベンチャーゲーム。巨大ロボット「機兵」に搭乗してのシミュレーションバトルもある。 2019年3月14日に冒頭の3時間ほどをプレイできる『十三機兵防衛圏 プロローグ』が他の商品に添付されて発売された。 2019年10月23日に冒頭の3時間ほど
    30キロバイト (5,080 語) - 2019年11月27日 (水) 16:06



    (出典 gamestalk.net)


    逆に気になるよね?買おうかなー。

    1 名無しさん必死だな :2019/11/28(木) 17:23:13.22 ID:Zr5xnN6fH.net

    『十三機兵防衛圏』の原点を探るヴァニラウェア・神谷盛治氏インタビュー抜粋編。開発者が語る「こんなゲームは二度と作れない」


    ──『十三機兵』の最初にあったものは何だったのですか?

    神谷 複数の視点からバラバラな時系列で描かれる物語は、昔から温めていました。ロボットというアイデアに決まるまでは、“超能力モノ”でしたが。

    ──いつごろから考えていたものなのでしょうか。

    神谷 そうですね……。これがどんな新作であるかということは明言せず、試験的に年賀状にキービジュアルを描いたのが2013年のことでした。

    何をやってもうまくいかなかった

    神谷 話の構成は、『中学生日記』のようにしようと決めていました。
    生徒ひとりひとりにスポットを当てる長寿番組で、討論形式だったりしておもしろかったんですよ。
    あの人数でドラマが成立しているのだから、主人公が増えても大丈夫だと思いましたが……甘かった(笑)。

    前納 たいへんでしたね。

    何をやってもうまくいかなかった

    神谷 話の構成は、『中学生日記』のようにしようと決めていました。
    生徒ひとりひとりにスポットを当てる長寿番組で、討論形式だったりしておもしろかったんですよ。
    あの人数でドラマが成立しているのだから、主人公が増えても大丈夫だと思いましたが……甘かった(笑)。

    前納 たいへんでしたね。

    https://s.famitsu.com/news/201911/28187687.html


    【【6年越しの開発】ヴゥニラウェア・神谷代表激レア出現で『十三機兵防衛圏』発表もあの噂が絶えないwww】の続きを読む


    回復術のやり直し』(かいふくじゅつしのやりなおし)は、月夜涙による日本小説。サブタイトルは「〜即死魔法とスキルコピー超越ヒール〜」。WEB小説サイト「小説家になろう」に掲載され、単行本がKADOKAWA角川スニーカー文庫より刊行されている。イラストはしおこんぶ。2019年11時点でシリーズ累計80万部。
    35キロバイト (5,994 語) - 2019年11月21日 (木) 06:03



    (出典 dengekionline.com)


    逆に話題性があってある意味楽しみじゃん!

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/11/22(金) 19:18:27.145 ID:RM1dft9+0.net

    これは異世界スマホアニメ化以上の衝撃


    【【アニメ化】「回復術士のやり直し」が不評すぎて企画のやり直しが懇願されてるってよ?】の続きを読む


    ファイナルファンタジーVII』(ファイナルファンタジーセブン、FINAL FANTASY VII、略称:FFVII、FF7)は、日本で1997年1月31日にスクウェア(現:スクウェア・エニックス)より発売されたPlayStation用RPG。ファイナルファンタジーシリーズのメインシリーズ7作目にあたる。
    92キロバイト (13,224 語) - 2019年11月15日 (金) 07:18



    (出典 news.denfaminicogamer.jp)


    ff7やりて~!プレステ買おうかな!

    1 名無しさん必死だな :2019/11/26(火) 01:36:52.67 ID:OB7p3P7k0.net

    ttps://www.4gamer.net/games/305/G030589/20191122094/

    >既に次への着手も始まっておりますが、まずは本作を遊んで頂ければ、ミッドガルの外の世界の様に、期待が広がると確信しております。


    【【FF7R】2作目にも着手してるっていうけど発売日まで何年も待つやん??】の続きを読む


    『新機動戦記ガンダムW』(しんきどうせんきガンダムウイング、英題: NEW MOBILE REPORT GUNDAM WING)は、『ガンダムシリーズ』サンライズ制作のテレビアニメ。1995年(平成7年)4月7日から1996年(平成8年)3月29日まで全49話がテレビ朝日系列で毎週金曜日17時00分
    50キロバイト (6,082 語) - 2019年9月11日 (水) 08:43



    (出典 news.mynavi.jp)


    かっこよすぎて涙が止まらない(TT)

    1 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2019/11/20(水) 20:53:24.35 ID:uTIDXQkq0HAPPY●.net BE:876811395-2BP(1000)


    (出典 img.5ch.net)


    (出典 s.animeanime.jp)


    (出典 s.animeanime.jp)


    新機動戦記ガンダムW』の続編にあたる小説『新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop』に登場する幻の機体「白雪姫(スノーホワイト)」が、
    超合金「GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE ウイングガンダムスノーホワイトプレリュード」として初立体化。
    プレミアムバンダイ内「魂ウェブ商店」にて、11月21日16時より予約受付がスタートする。

    (出典 s.animeanime.jp)

    https://s.animeanime.jp/article/2019/11/20/49824.html

    本商品「GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE ウイングガンダムスノーホワイトプレリュード」は、小説第12巻のカバーイラストに描かれている「白雪姫」から、
    カトキハジメによる全身の描き起こしをもとに超合金フィギュア化したアイテムだ。


    【【画像あり】新機動戦記ガンダムWの最新型ガンダム「 ウイングガンダムスノーホワイトプレリュード」に嗚咽してしまったwwww【ウソだろ?カトキハジメ】】の続きを読む


    ヒカルの碁』(ヒカルのご)は、ほったゆみ(原作)と小畑健(漫画)による囲碁を題材にした日本少年漫画。日本棋院所属女流棋士・梅沢由香里が監修を務めた。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて、1999年(平成11年)2・3合併号から2003年(平成15年)33号にかけて連載された。話数
    146キロバイト (25,925 語) - 2019年9月28日 (土) 12:03



    (出典 vmimg.vm-movie.jp)


    囲碁って奥が深いよなぁ(´Д`

    1 名無し名人 :2015/08/22(土) 02:48:11.37 ID:yHKk6HNa.net

    本スレがないようなので

    いまだからこそヒカルの碁について語りましょう


    (出典 festy.jp)


    【【ヒカ碁】ヒカルの碁の話をしてたらファンが考えたその後のストーリーが震えるwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ