漫画家


    高橋 陽一(たかはし よういち、1960年7月28日 - )は、日本の漫画家・経営者。男性。東京都葛飾区四つ木出身。東京都立南葛飾高等学校卒業。元妻は声優の日比野朱里(旧名:小粥よう子)。血液型はA型。 主にスポーツを題材とした作品を執筆している。代表作はサッカーを題材にした作品『キャプテン翼』。…
    15キロバイト (1,816 語) - 2024年1月28日 (日) 07:15
    反応が…mj

    1 冬月記者 ★ :2024/04/03(水) 01:38:38.14 ID:QSHjC/Bp9
    『キャプテン翼』作者・高橋陽一「漫画家は引退」 体力の衰え実感…あす漫画連載43年に幕でネーム連載へ

     サッカー漫画『キャプテン翼』(作者:高橋陽一 63歳)シリーズの漫画連載が、あす4月4日発売の『キャプテン翼マガジンvol.20』で終了し、1981年より続いたシリーズ連載が43年の歴史に幕を下ろす。

     漫画連載の終了理由は、作者・高橋氏の体力の衰えや執筆環境の変化により、漫画を描くことが困難になってきたことが理由で、高橋氏は「漫画家は引退しますが、絵を描くこと、ストーリーを考えることはまだ好きなことなので、それらはこれからも続けていくつもりです」とコメントを寄せた。

     漫画連載は終了するが、今後の物語について集英社は本日3日、今夏より掲載の場を新たに立ち上げたWEBサイト『キャプテン翼WORLD』に移して、鉛筆描きの「ネーム形式」で週刊連載していくと発表。

     これは、高橋氏曰く、まだ構想がある今後の物語をすべて漫画化すると40年以上かかることから、ペン入れなし、トーンも貼られていない状態のネームの形で制作を継続。この方法について「執筆ペースが速まり、みなさんにこの先の物語をお届けできるペースも速くなる予定です」と説明している。

     なお、1月に漫画連載を終了することを発表した際、高橋は「これまで、身体は大きな病気をすることもなく、現在も健康状態は維持できていると思います。ただ年齢も60を超え、「週刊少年ジャンプ」や「週刊ヤングジャンプ」で週刊連載をしていた頃と比べると、老眼やめまいなどに苛まれ、だいぶ身体にガタがきていることもたしかです」と告白。

     「ここ数年、この先の物語をいったいどこまで描けるのか、ずっと考えていました。そして今回、最後まで連載にこだわり体力の限界まで“漫画”を描き続けるよりも、連載をやめ『キャプテン翼』の最終回までの“物語”を残す決断をしました」と、今回のネーム形式での連載を決めたと説明していた。


     高橋氏の漫画家デビュー作品となる『キャプテン翼』は、サッカーの天才少年・大空翼を主人公に、翼やそのチームメイト、ライバルたちの成長を描いた物語。爽やかなストーリーと個性豊かなキャラクター、そして誰もが真似したくなる迫力のある技の数々で一躍大人気となり、国内外で多くのプロサッカー選手誕生のきっかけになるなど、現実世界に大きな影響を与えてきた。

     1980年4月に『週刊少年ジャンプ』にて読切作品として掲載、81年3月から同誌で連載をスタートさせ、翼の小学生~ジュニアユース時代を描いたのち、88年22号で連載が終了すると、翼の成長にあわせ物語の舞台を移し、これまで数々のシリーズを連載させてきた。

     『週刊少年ジャンプ』にて『キャプテン翼<ワールドユース編>』、『週刊ヤングジャンプ』にて『同 ROAD TO 2002』、『同GOLDEN-23』、『同 海外激闘編 IN CALCIO 日いづる国のジョカトーレ』、『同 海外激闘編 EN LA LIGA』を掲載。そして現在の最新シリーズ『同 ライジングサン』を『グランドジャンプ』で2013年末から2019年まで連載し、2020年からは発表の場を『キャプテン翼マガジン』に移し連載。コミックスの全世界シリーズ累計発行部数は9000万部以上で、テレビアニメ化、ゲーム化もされた。

     作者の高橋陽一氏は、1960年7月28日生まれ。東京都葛飾区出身。第10回月例フレッシュ☆ジャンプ賞入選作品として、「週刊少年ジャンプ」に読切『キャプテン翼』が掲載されデビュー。翌年連載を開始、サッカー漫画の金字塔と呼ばれる作品となった。

    続きはリンク先
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f80506fbfcb006e39231291c6baa30d10e325bc9

    【【漫画家】「キャプテン翼」の高橋陽一氏が、漫画の方を引退って言うけど、特に寂しさを感じてない模様【それも、悲しくね??】】の続きを読む


    佐藤 秀峰(さとう しゅうほう、1973年12月8日 - )は、日本の漫画家。 北海道中川郡池田町出身。東京都武蔵野市在住。札幌市立手稲宮丘小学校、札幌市立宮の丘中学校、北海道札幌西高等学校卒業、武蔵野美術大学造形学部映像学科中退。漫画家の佐藤智美は元妻。…
    18キロバイト (2,551 語) - 2024年2月4日 (日) 09:22
    先生、気難しそうなイメージが…mj

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/02/11(日) 19:34:33.01 ID:EmEkqL0X9
    2024年2月11日14時0分

    「海猿」などの作品で知られる漫画家・佐藤秀峰氏が、俳優伊藤英明(48)の対応に恐縮するとともに、ある疑問を投げかけた。

    佐藤氏は2日、23年10月期放送の日本テレビ系連続ドラマ「セクシー田中さん」の原作者で漫画家の芦原妃名子さんの訃報を受けてnoteを更新。自分ではない自称・原作者の存在など実写「海猿」シリーズの裏側にあったトラブルを振り返り、「プロデューサーが主演俳優を紹介すると言うので挨拶に行きました。撮影前だったらしく、その俳優はピリピリしていました。プロデューサーが話しかけると『原作者? しゃべんなきゃダメ!?』と吐き捨てました。嫌なヤツだと思いました」と撮影現場での出来事を暴露した。
    「海猿」で主演を務めた伊藤は「記事を読みました」とインスタグラムで佐藤氏の投稿に触れて、「『海猿』は僕にとって一生の財産です」「約20年前、現場に出向いて下さり佐藤先生に頂いた原画を今も大切にしています」などと作品への思いを明かしていた。

    佐藤氏は10日、再びnoteを更新。「伊藤さんの大人な対応に、自分の未熟さを恥じ入るばかりです」と恐縮しきりだった。その一方で、伊藤がインスタグラムで披露していた「佐藤先生に頂いた原画」に違和感を覚えたようだ。原画に書かれたサインには「2005.夏」とあるが、佐藤氏は「僕が撮影現場を訪れたのは2012年(もしくは2011年?)の一度きりです。2005年に伊藤さんが会ったという『佐藤先生』とは、一体誰だったのでしょうか」と疑問を投げかけた。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202402110000623.html

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1707640346/

    【【漫画家】「海猿」の佐藤秀峰氏、俳優とトラブってたらしい件【ドラマ作品では 色々あったもんな…】【感想】】の続きを読む


    芦原 妃名子(あしはら ひなこ、1974年1月25日 - )は、日本の漫画家。女性。兵庫県出身。東京都在住。血液型O型。 『別冊少女コミック』(小学館)1994年10月号に掲載された「その話おことわりします」でデビューした。 2005年、「砂時計」で第50回(平成16年度)小学館漫画賞少女向け部門を…
    5キロバイト (529 語) - 2024年1月26日 (金) 16:51
    精神的にしんどくなりそう…mj

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/01/28(日) 19:57:29.73 ID:uZPgVS4/9
    2024年01月28日 13:48

     日本テレビで昨年10月に放送された連続ドラマ「セクシー田中さん」の原作者で、漫画家の芦原妃名子氏(50)が28日、自身のX(旧ツイッター)を更新。脚本をめぐって局側と折り合いがつかず、自らが9、10話の脚本を書くことになったと告白したことについて謝罪した。

     芦原氏は26日、「ドラマ『セクシー田中さん』について」とし、「色々悩んだのですが、今回のドラマ化で、私が9話・10話の脚本を書かざるを得ないと判断するに至った経緯や事情を、小学館とご相談した上で、お伝えする事になりました」と投稿。ドラマ化にあたって“必ず漫画に忠実に”などの条件が守られていなかったことを明かし、自ら9、10話の脚本を手がけることになったと説明した。

     この告白は大きな反響を呼び、たちまち拡散。ドラマの脚本を担当した脚本家・相沢友子氏に対し批判の声が上がっていた。

     28日、芦原氏は「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい」とし、当該の投稿を削除。上記についてつづったブログも閉鎖した。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/01/28/kiji/20240128s00041000287000c.html

    関連スレ
    【漫画】人気ドラマ『セクシー田中さん』原作者が日テレの“改変”に苦言…視聴者衝撃「なぜこんな行き違いが」「気の毒すぎる」★10
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1706365394/

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1706429030/

    【【漫画家】「セクシー田中さん」で話題の芦原妃名子氏。実際には 芦原氏は悪くないよな??【更に騒動??】【感想】】の続きを読む


    昭二(いずみ しょうじ、1932年4月25日 - 2023年10月29日)は、日本の漫画家。男性。東京府東京市荒川区(現:東京都荒川区)生まれ。法政大学卒業、東京デザインカレッジ漫画科修了。 中学生のとき、大人の雑誌に投稿した作品が掲載され、出版社に原稿料を受け取りに行って驚かれた。この頃に漫画…
    4キロバイト (519 語) - 2023年11月5日 (日) 05:23
    ギネス新記録なんだってな…mj

    【【漫画家】【訃報】「ジャンケンポン」の作者 泉昭二氏。死去…50年以上現役って凄いよな!!【合掌…】】の続きを読む


    赤塚賞の授賞式の際、審査員がペンネームについて尋ねたところ、嶋田が「ゆでたま中井が「」と説明されたとしている。だが、『週刊少年ジャンプ』の目次の作者コメント欄では嶋田が「ゆで」中井が「たまご」と表記されていた。1982年(昭和57年)9号のグラビアページ企画「作者手相」では「ゆでたま」と「」となっている。…
    47キロバイト (5,733 語) - 2023年10月16日 (月) 12:09
    ほっといたら 最後には本当に歩けなくなるんだっけか。mj

    1 少考さん ★
    『キン肉マン』原作者が入院で休載へ 変形性膝関節症の手術「2年間、膝の痛みに苦しめられました」 | ORICON NEWS
    https://www.oricon.co.jp/news/2298728/full/

    2023-10-15 23:15 ORICON NEWS

    漫画『キン肉マン』の原作者・嶋田隆司氏が、変形性膝関節症の手術と入院のため、『週刊プレイボーイ』と『週プレNEWS』で連載中の同作が休載することが発表された。連載再開については、めどが立ち次第、後日発表される。

    (略)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

    ※関連リンク
    https://x.com/yude_shimada/status/1713556966713503959


    (出典 pbs.twimg.com)

    【【漫画家】「キン肉マン」の原作者さん 膝の故障らしいって 辛そうやな...【しっかり治して欲しい】】の続きを読む

    このページのトップヘ