漫画家


    漫画家(まんがか)は、漫画作品を描く人および職業。1コマの風刺漫画、4コマ漫画、1話完結型漫画、長編ストーリー漫画など、これら漫画の絵を描く制作者は漫画家と呼ばれる。 日本漫画家協会は英名が「JAPAN CARTOONISTS ASSOCIATION」であり、漫画家
    11キロバイト (1,645 語) - 2021年7月20日 (火) 18:06



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    若過ぎるよ…mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/07/28(水) 10:55:43.07

    テレ朝ニュース2021/07/26 17:31
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_geinou/articles/hot_20210726_110.html

    漫画誌「イブニング」(講談社)で「ヤンキー水戸黄門」を連載中の漫画家の和田洋人さんが今月18日、脳出血などにより亡くなった。46歳だった。同社が26日、公式サイトで発表した。告別式などは親族により執り行われたという。

    「イブニング」編集部は訃報を伝え、「編集部一同、驚きと悲しみにくれております」と記した。21日に同作の単行本第1巻が発売されたばかりで、「これからのご活躍が期待されておりましただけに無念の極みです。心よりの哀悼の意を捧げるとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします」と追悼。「これまでご愛読、応援いただいた読者・関係者の皆様に深く感謝申し上げます」と結んでいる。

    和田さんは他に、「殿さまとスティッチ」「ファラ夫」などを手掛けた。


    【【漫画家】【訃報】「ヤンキー水戸黄門」等の和田洋人先生。脳出血等で 死去…【46歳…】】の続きを読む


    邪神ちゃんドロップキック』(じゃしんちゃんドロップキック)は、ユキヲによる日本のウェブコミック作品。『COMIC メテオ』(フレックスコミックス)にて2012年4月25日より連載中。2020年10月時点で累計発行部数は約100万部を記録している。 第148話「危険な存在」は2019年7月中までの
    90キロバイト (13,226 語) - 2021年5月25日 (火) 15:51



    (出典 photrip-guide.com)


    ついこの間騒ぎになったヘビも出演??mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/05/30(日) 07:29:48.43

    アニメイトタイムス2021-05-30 00:20
    https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1622298567

    現在2022年に放送が予定されている、アニメ3期『邪神ちゃんドロップキックX』。このたび新キャラクターとして、ヴァンパイア族の姫「エキュート」とその従者「アトレ」が登場することが決定しました。

    黒髪クール&バイオレンスのアトレを演じるのは、2年にわたって邪神ちゃんドロップキックの公式レポーターを勤めてくれた長谷川玲奈さんです。

    そしてアトレが仕える主、小さな金髪姫「エキュート」のキャストを、公開オーディションで募集することが決定しました!

    アニメの公開オーディションは多々あれど、普通は最終決定は委員会が行うものですが、邪神ちゃんのオーディションは違います。

    最終決定権を邪教徒の皆さん(※邪神ちゃんファンの皆さん)に委任し、投票結果のみで決定します。ぜひ、邪教徒の皆さまの目と耳で、皆さまに愛されるエキュートを選んで下さい!

    『邪神ちゃんドロップキック』は、クラウドファンディングやふるさと納税などを通じてタイトル命名やモブ出演など「参加するアニメ」として、ファンの皆さんと共に作品作りを行なっています。

    イラスト

    (出典 img2.animatetimes.com)


    【【アニメ】「邪神ちゃんドロップキックX」第3期決定!!兎田ペコラの元ネタだったっけ??【あのキャラって一体何??】】の続きを読む


    フルーツバスケット』は、高屋奈月による日本の漫画。『花とゆめ』(白泉社)において、1998年16号から2006年24号まで連載された(ただし、2000年18号から2001年19号まで作者の体調不良により休載)。全23巻。略称は「フルバ」・「フルバス」など。作者の高屋奈月は、「フルバ」と呼称している。
    78キロバイト (7,306 語) - 2021年5月24日 (月) 17:02



    (出典 railwaysmovie.jp)


    『のんのんびより』も良さげみたいだな。mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/05/28(金) 06:36:35.30

    アニメージュ+
    2021/05/27 21:05
    https://animageplus.jp/articles/detail/37282

    つみきが運営する国内最大級の映画やドラマ、アニメのレビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2021年春アニメ ランキング」の中間集計結果を発表した。

    2021年春(3月27日から4月30日までの間)に放送・配信開始の新作アニメを対象に、2021年5月20日時点のFilmarksのデータを集計。満足度(★評価)、 Mark!数(レビュー数)、エピソードコメント数、それぞれ上位5作品を中間結果として発表した。

    ■満足度(★評価)
    1位『フルーツバスケット The Final』(4.37)
    2位『僕のヒーローアカデミア 第5期』(4.32)
    3位『キングダム 第3シリーズ』(4.14)
    4位『ゾンビランドサガ リベンジ』(4.099)
    5位『憂国のモリアーティ 第2期』(4.098)

    ■Mark!数(レビュー数)
    1位『極主夫道』(1,414)
    2位『東京リベンジャーズ』(1,232)
    3位『僕のヒーローアカデミア 第5期』(815)
    4位『不滅のあなたへ』(610)
    5位『オッドタクシー』(372)

    ■エピソードコメント数
    1位『不滅のあなたへ』(60)
    2位『僕のヒーローアカデミア 第5期』(54)
    3位『SSSS.DYNAZENON』(53)
    4位『東京リベンジャーズ』(51)
    5位『スーパーカブ』(47)

    評価スコア★4.37(5点満点)を記録し、満足度1位の『フルーツバスケット The Final』を鑑賞したユーザーからは、「終わって欲しくない」「登場人物達みんなに幸せになって欲しい」「毎話泣く」「こんなふうに誰かを想いたい」といった内容のレビューやコメントが寄せられており、他作と比べても高い満足度を得ている。

    ※本ランキングは2021年5月20日までのレビュー数(Mark!数)が50件以上の作品を対象。
    ※記事内の★スコアは2021年5月20日時点のもの。
    ※★スコアは、作品鑑賞後に各ユーザーが★の数(5.0点満点)で評価をしたもの。
    ※各作品の★スコアは、順位付けのため最大で小数点以下3桁まで表示しています。サービス内の正規表示は小数点以下1桁まで。
    ※レビュー投稿(Mark!)・エピソードコメント投稿は、 1作品につき1メンバー1件まで。

    【Filmarks(フィルマークス)とは】
    国内最大級の映画やドラマ、アニメのレビューサービス。人気の国内アニメ中心に約3,600タイトルをデータ登録。国内の地上波TV放送、 VOD配信アニメシリーズなどアニメ作品の鑑賞記録として利用できる他に、 1話ごとにコメントを投稿できる「エピソードコメント」機能や、「TV放送中・放送予定」「動画配信サービス配信中・配信予定」「声優」「制作会社」「放送・配信時期」「#タグ」など、多彩な検索方法から観たいアニメを探すことができる。

    ★Filmarks>>>

    アニメージュプラス編集部


    【【アニメ】春アニメ「フルーツバスケット」が人気!!【好きな作品あった??】】の続きを読む


    アニメーション > アニメ アニメは、アニメーション(英語: animation)の日本語における略語である。アニメーションを用いて構成された映像作品全般を指す。当記事では主に日本の一般向け商業アニメーション(テレビアニメ、劇場アニメ、OVAなど)について記述する。 日本では「アニメーション」の用語は時代にもより以下の訳語も使用された。
    109キロバイト (15,378 語) - 2021年5月17日 (月) 09:32



    (出典 www.thebeijinger.com)


    可愛い感じのキャラなのに グロいなぁ…mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/05/20(木) 20:55:29.78

    アニメアニメ5/20(木) 17:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2a2e47fdbc45183918964ba880a688d4f7e0eff7

    中国史上初の年齢制限付きのアニメとして注目を集め、過激な暴力描写で熱狂的な支持を得たバイオレンスアニメ映画『DAHUFA -守護者と謎の豆人間-』が、2021年に日本でも公開されることが決定した。あわせてポスタービジュアルと場面写真がお披露目となった。

    『DAHUFA -守護者と謎の豆人間-』は、王宮から失踪した皇太子を捜す、奕衛(イーウェイ)国の守護者であるダフファーを主人公とするバイオレンスアニメ映画だ。
    国境を越え、とある謎の村に辿り着いたダフファーだったが、その村の住民は自らの意志を持たず、喋らず、見た目も皆そっくり。村中に不気味な気配が漂うなか、ダフファーは隠された秘密へと徐々に近づいていくことになる。

    ヒトと似て非なる、奇妙な生き物たちの首が次々と切り飛ばされていく暴力的な描写がある一方で、劇中に登場する支配者と村の関係が階級社会への皮肉として描かれるなど、その内容は深みのある思想も垣間見える仕上がり。
    映画のレイティング制度がなく、アニメ作品はこども向けとされている中国本土において、制作側は「13歳未満の鑑賞はお控えください」と自主規制しており、中国国産アニメにおいては“前代未聞”の挑戦となった。

    中国では日本円にして約13.5億円のスマッシュヒットとなり、中国アニメファンから高い評価を得ている作品だ。

    このたび公開されたポスタービジュアルは、“そこは、ニセモノの目と口を付け人間を夢見る亡霊たちの村――”というコピーを掲げたもの。主人公ダフファーが、奇妙な姿形をしたヒトのような生き物たちに囲まれる様子を捉えている。
    あわせてお披露目となった場面写真は、首がはねられた状態のその生き物の傍に佇むダフファーや、その生き物同士が銃殺処刑を行わんとする不穏な様子を捉えたカットなど、独創的な世界観が感じられるものとなった。

    中国発のバイオレンスアニメ映画『DAHUFA -守護者と謎の豆人間-』は、2021年に公開。

    『DAHUFA -守護者と謎の豆人間-』
    監督:不思凡
    製作:光線彩条屋影業、好傳動画
    製作:光線彩条屋影業、好傳動画
    提供:面白映画
    配給:Atemo
    Enlight Pictures. (C)FACEWHITE PICTURES.

    写真
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2a2e47fdbc45183918964ba880a688d4f7e0eff7/images/000


    【【アニメ】「DAHUFA -守護者と謎の豆人間-」中国発なせいか 日本人に 合うのかどうかが 定かではない作品。【主人公は だるまみたいだな。】】の続きを読む

    このページのトップヘ