漫画家


    しげの 秀一しげの しゅういち、本名:重野 秀一〈読み同じ〉[要出典]、1958年(昭和33年)3月8日 - )は、日本漫画家・同人作家。新潟県十日町市松之山出身。新潟県立十日町高等学校卒業。血液型はA型。星座はうお座。 代表作に『バリバリ伝説』、『頭文字D』。…
    10キロバイト (1,296 語) - 2022年11月22日 (火) 04:57
    この間も 漫画家さん亡くなられたし…mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2022/11/21(月) 21:58:11.86ID:Lp4OCnLH
    スポニチ2022年11月21日 16:46
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/11/21/kiji/20221121s00041000466000c.html

    大ヒット漫画「頭文字D」などで知られる漫画家のしげの秀一氏(64)が、体調不良のため現在連載中の「MFゴースト」の連載を休止すると発表した。週刊コミック誌「ヤングマガジン」編集部が伝えた。

    「MFゴースト」は、走り屋の物語としてテレビアニメ、映画化された大ヒット漫画「頭文字D(イニシャルD)」の後継作。未来の車の自動運転が普及した日本を舞台に、実在する公道でのレースを題材とした自動車漫画で、来年テレビアニメ化が決定していた。

    この日、同編集部ツイッターが「【MFゴースト 休載のお詫び】」と題する文書を掲載。「作者・しげの秀一氏の体調不良のため、ヤングマガジン52号よりしばらくの間休載いたします」と発表した。再開時期は未定。再開については、ヤングマガジン本誌で告知するとした。

    この投稿には「しげのさんが万全に回復して、永く今後も読んでいきたいので待ってます」「いつも楽しく興奮しながら読ませて頂いております!先生!充分にお休みしてください!」「アニメが始まる頃までには、復帰して欲しいです」「しげの秀一先生、ゆっくり休養してください」「どうか無理せず、慌てず元気になってからお仕事再開してください」とファンから心配や応援のコメントが多く寄せられた。

    【【漫画家】「頭文字D」等の作者 しげの秀一氏が 体調不良で 連載お休みに…【変な病気じゃないよな??】】の続きを読む


    野球漫画(やきゅうまんが)は、漫画のジャンルのひとつであり、野球をテーマとした漫画野球を物語の重要な要素とした漫画を指す。一般的にはフィクションであるが、プロ野球をテーマとする場合、チーム名や選手、それに優勝したチームについては現実に合わせることもある。 野球
    28キロバイト (4,343 語) - 2022年10月29日 (土) 13:29
    スポ根の あの情熱は 終わった…??mj

    1 脱衣クマ ★ :2022/10/31(月) 13:05:23.34ID:Wckw1XIA9
     「ビッグコミック」で連載されていた人気野球漫画『フォーシームNEXT』(さだやす圭)が、10月25日発売の同誌にて最終回を迎えた。そして、26日発売の「週刊少年マガジン」48号では、アニメも好評を博してきた『ダイヤのA actII』(寺嶋裕二)が幕を閉じる。

    『フォーシームNEXT』は第一章となる『フォーシーム』の開始から数えて約9年、『ダイヤのA actII』は『ダイヤのA』を含めて約16年続いた長期連載であり、「野球漫画」というジャンルを語る上で、ひとつの象徴的なタイミングになりそうだ。

    全文はこちらから
    https://news.yahoo.co.jp/articles/00b74d019db16c4c21808c68c4731c967b056c9b

    国内最大級の電子書籍ストア「ブックライブ」による「少年マンガ・青年マンガ 上半期ランキング2022」(集計期間:2022年1月1日~5月31日)においては、発表された50位までに野球漫画の姿がない。創作のモチーフとしても、あるいは実際の競技としても、「野球」は「サッカー」と比較され続けてきたが、同ランキングでは5位に『ブルーロック』(原作:金城宗幸:漫画:ノ村優介)、6位に『アオアシ』(小林有吾)と、アニメ化も話題のサッカー漫画2作がランクインいるのが対照的だ。

    【【漫画】野球漫画って サッカー漫画に負けたんか??【スポーツ漫画そのもの どうなん??】】の続きを読む


    萩尾 望都(はぎお もと、本名同じ、1949年5月12日 - )は、日本の漫画家。女性。女子美術大学客員教授。 福岡県大牟田市生まれ。1969年に「ルルとミミ」でデビューする。1972年から『ポーの一族』を連載、1976年に同作および『11人いる!』により第21回小学館漫画賞を受賞した。同時期に連
    81キロバイト (11,723 語) - 2022年7月23日 (土) 10:19

    (出典 bunshun.jp)


    さすが!!ベテラン漫画家!!mj

    1 muffin ★
    https://www.yomiuri.co.jp/culture/20220723-OYT1T50225/
    2022/07/23 18:04

    米国の権威ある漫画賞のアイズナー賞で、漫画家の萩尾望都さん(73)が、「コミックの殿堂」を受賞した。小学館が23日、発表した。

    同賞は漫画家の殿堂入りを認めるもの。小学館によると、日本人ではこれまでに手塚治虫さんや大友克洋さん、宮崎駿さんらが受賞しており、萩尾さんは7人目となる。萩尾さんは1949年生まれ。代表作に「ポーの一族」「トーマの心臓」などがある。

    萩尾さんは、「私の尊敬する漫画家は手塚治虫です。この方は2002年にコミックの殿堂入りとなりました。手塚治虫はアメリカのアニメーションに感動し、生涯漫画でその動きと美しさを追求しました。私は10代の頃、そういう手塚治虫の作品に感動して漫画家の道を目指しました。そして今、アメリカのアイズナー賞をいただいています。文化や表現はこのように派生し受け継がれていくのだと、改めて思います。そして、私の作品を読んでくださったたくさんの方に感謝します。漫画という文化を世界の人々が愛して下さるのを心から感謝します」とコメントしている。


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)

    【【漫画家】「ポーの一族」の 萩尾望都さん。米国で アイズナー賞受賞!!改めて凄い漫画家なんやな!!【素晴らしい!!】】の続きを読む


    尾田 栄一郎(おだ えいいちろう、本名同じ、1975年1月1日 - )は、日本の漫画家。熊本県熊本市出身。九州東海大学中退。血液型はA型。妻は元モデルの稲葉ちあき。愛称は尾田っち。 1997年より、『週刊少年ジャンプ』で『ONE PIECE』を連載中。同作の2021年7月時点の累計発行部数は、国内
    47キロバイト (6,702 語) - 2022年5月5日 (木) 11:55

    (出典 news.matomegamer.com)


    有名漫画家だからこそ 嬉しいんだろうな!!mj

    1 muffin ★
    https://sirabee.com/2022/06/15/20162876281/
    2022/06/15

    歌手のAdoが15日、自身の公式ツイッターを更新。『ONE PIECE』(集英社)作者の尾田栄一郎氏から送られた自身のイラストに歓喜した。

    Adoは尾田氏から送られた自身をイメージしたイラストを添え、「ななんと、尾田栄一郎先生が私を描いてくれました!! 超シビれます!!!」と、歓喜。

    尾田氏らしい身長が高めで細身のイラストに「このイラスト…やっぱり何度見返してもすごいスタイルが良いな」と感想を述べた。

    8月に公開予定の映画『ONE PIECE FILM RED』で“別次元”と称される歌姫であり、作中で重要な人物の1人・赤髪のシャンクスの娘ともいわれるキャラクター・ウタの歌唱パートを演じている。

    また同作の主題歌「新時代」もウタとして担当しており、今夜20時よりYouTubeにてミュージックビデオがプレミア公開される。


    (出典 pbs.twimg.com)


    アルバム「ウタの歌」ジャケット

    (出典 ogre.natalie.mu)

    【【漫画家】「ONE PIECE」の尾田栄一郎氏。歌手の Adoさんを描いた結果 本人だけが嬉しかった模様!!【周囲は そうでも無いな…】【感想】】の続きを読む


    冨樫 義博(とがし よしひろ、本名同じ、1966年(昭和41年)4月27日 - )は、日本の漫画家。妻は同じく漫画家の武内直子。弟の冨樫冨樫秀昭)も漫画家。 1987年(昭和62年)に『『週刊少年ジャンプ』Winter Special』に掲載された「とんだバースディプレゼント」でデビューし、19
    22キロバイト (1,553 語) - 2022年5月24日 (火) 13:59

    (出典 www.usj.co.jp)


    本当に本人だよな??

    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします

    アシスタントが確認取ったらマジだったらしい


    (出典 3.bp.blogspot.com)


    【【漫画家】速報!!Twitterの冨樫本物確定!!【長かった!!】【あと4話で終わり??】rb】の続きを読む

    このページのトップヘ