漫画家


    相原 コージ(あいはら コージ、本名:相原 弘治、1963年(昭和38年)5月3日 - )は、日本の漫画家。北海道登別市出身。 妻の両角ともえも漫画家で、現在は相原のアシスタント(元・いしかわじゅんのアシスタント)。兄はミュージシャンの相原ピリカ。 北海道室蘭東高等学校(現・北海道室蘭東翔高等学校)…
    9キロバイト (1,089 語) - 2022年10月29日 (土) 23:37
    『うつ』とは なかなか抜け出せない物なんだろうな…mj

    1 朝一から閉店までφ ★
    2022年10月20日 19:58
    コミックナタリー編集部

    相原コージの単行本「うつ病になってマンガが描けなくなりました 発病編」が、本日10月20日に発売された。

    webアクションで連載中の「うつ病になってマンガが描けなくなりました」は、コロナ禍の中で突如うつ病になってしまった相原が、病と戦う日々を淡々と描いたドキュメンタリー。
    自宅でのケガをきっかけにネームが進まなくなった相原は、緊急事態宣言で外出がままならないことも相まって孤独を募らせていく。食欲がない日々が続き体重は激減、ついには自宅で自殺を図り……。
    単行本には発病から閉鎖病棟への入院までを収録し、伊集院光が推薦コメントを寄せた。その後の入院生活のエピソードは2023年発売予定の「入院編」に収められる。

    https://natalie.mu/comic/news/498343

    【【漫画家】相原コージ氏。心の病だった模様。【今は大丈夫なのか??】】の続きを読む


    永井 (ながい ごう、本名:永井 潔(ながい きよし)、1945年9月6日 - )は、日本の漫画家。石川県輪島市出身。血液型はO型。 石ノ森章太郎のアシスタントを経て、1967年『目明しポリ吉』でデビュー。代表作に『ハレンチ学園』『あばしり一家』『デビルマン』『マジンガーZ』『キューティーハニー…
    50キロバイト (6,154 語) - 2022年7月9日 (土) 08:59
    エログロより もっと深い事を追求してる感じ。mj

    1 夜のけいちゃん ★ :2022/12/03(土) 07:38:06.81ID:0jbZ09y99
    12/3(土) 7:31配信
    MANTANWEB

     マンガ家の永井豪さん原作のロボットアニメ「マジンガーZ」のテレビアニメの放送が始まった1972年12月3日から50年たった。永井さんの名作「デビルマン」「マジンガーZ」の50周年を記念したトリビュート本「漫画家本スペシャル 永井豪本」(小学館)も発売された。インタビュー、評論、エッセーのほか、「ハレンチ学園」の約27年ぶりの新作「新装開店ハレンチ学園」を掲載。同書でも触れられているが「デビルマン」「マジンガーZ」の衝撃的な最終回で「正義とは何か?」をという大きな問いを投げかけ、幕を下ろしたようにも見える。普遍的な問いであるから、永井豪作品は色あせず、令和の時代にも新鮮に感じる。永井さんに「正義とは何か?」と問いかけてきた理由を聞いた。

    【写真特集】「ハレンチ学園」27年ぶりの新作 庵野秀明、ちばてつやも すごすぎる永井豪本も
     ◇どこかで人間を信じたい 僕はモラリスト
     「デビルマン」「マジンガーZ」の連載、テレビアニメの放送が始まったのは1972年で、半世紀も前だ。今も昔も「正義とは何か?」という問いに答えは出ない。永井さんは「正義を振り回す人たちに危うさを感じていたんです」と語る。
     「日本人の正義、英語のジャスティスは違うようにも感じています。日本は、正しい道をいく、道徳感を守る、道を究めることが正義であることに対して、ジャスティスは悪いやつを裁く。そういう感覚があります。正義は危ういものだと思っています。『デビルマン』は、主人公が信じている道を突き進む。ジャスティスに近い。そこに疑問が芽生えていく。正義の倫理観を振り回し、自分たちの正義と違うものを抹殺しようとして、悪魔狩りが起き、牧村家が惨殺されてしまいます。今の戦争の在り方もそうですね。正義、道徳、倫理は常に揺らいでいる。そういうのを感じさせることができる作品になればいいとは思っていました」
     ネットでデマに踊らされ、ネットリンチが起きたり、炎上したりするのを見ると「デビルマン」を思い出す。
     「昔の正義のヒーローは白ずくめの格好で戦っていて、本当にそうなの?と思っていました。それが『デビルマン』につながった。全ての人にとって正義なのだろうか? そんなに単純なものなのか? 解決しない問題ですね。人間は矛盾にも満ちた生き物ですから。日本も昔は正義のために太平洋戦争を戦った。当時の倫理観に疑問を持つ人は少なかった。今もマスクをしていない人を殴ったり、ネットの社会でみんなが“いいね”といったものがマジョリティーになって、マイノリティーの意見をたたく。たたいている人は、自分が正しいと思っているかもしれない。でも、本当にそうなのか?と立ち止まってほしい。そこまでたたかなくてもいいはずだし、マイノリティーの言い分をすくい上げてもいい。人間の社会は、難しいんです。そういうことが『デビルマン』『マジンガーZ』にも入っています」

    長文につきあとはソースで

    https://news.yahoo.co.jp/articles/72cd056408e8225f3399a49b61f5cb54a17fbb35

    【【漫画家】「デビルマン」等でお馴染みの 永井豪氏。結構グロ要素高めの作品多いよな。【トラウマになった人 結構居るのでは??】】の続きを読む


    キャプテン翼』(キャプテンつばさ)は、高橋陽一による日本のサッカー漫画。および、それを原作にした派生作品。「ボールは友達」が信条の主人公・大空をはじめ、ひた向きにサッカーに打ち込む少年達の姿を描き、連載時に日本国内でサッカーブームを起こすと、後にプロサッカー選手となる多くの選手達に影響を与えた。…
    193キロバイト (24,573 語) - 2022年11月18日 (金) 12:24
    サッカーは奥深いのだ。mj

    1 フォーエバー ★ :2022/12/03(土) 06:21:09.96ID:Daxe8NsC9
    12/3(土) 5:05配信

    スポニチアネックス
    「キャプテン翼」29巻。大空翼(右)と岬太郎

     サッカーW杯カタール大会で日本時間2日に行われた日本―スペイン戦で、勝ち越しゴールを決めた田中碧と、ゴールラインギリギリのボールを折り返してアシストした三笘薫のコンビに、サッカー漫画「キャプテン翼」の作者・高橋陽一氏(62)も大興奮だ。

     三笘の折り返しを信じて飛び込んだ田中との絆を「同じ小学校出身で(キャプテン翼の)翼や岬、石崎たちの漫画のような話」と指摘。作中で「ゴールデンコンビ」として以心伝心のプレーを見せた主人公・大空翼と岬太郎らになぞらえて称えた。

     3人は南葛小の同級生で、後に各年代で日本代表の主力として活躍する。

     高橋氏は現在、翼や岬が五輪代表世代に成長した「キャプテン翼 ライジングサン」で、まさに日本とスペインの一戦を執筆中。「漫画でいま描いていることもあって、スペイン戦は思い入れがありました。漫画より先に現実で結果を出してくれて本当にうれしいです」とコメントした。

     「キャプテン翼」の第一部は、翼が元ブラジル代表のロベルト本郷に指導を受け、中学卒業後はブラジルに渡って完結。ブラジルサッカーへのリスペクトを描いてきた高橋氏だが、スペインのサッカーについても「ブラジル同様に攻撃的で魅力的なサッカー。スペインの方が細かくパスをつなぐこと、組織的である印象」と興味津々。翼は後にスペイン・バルセロナに移籍している。

     今回の日本代表の勝利は、そんな特別な国から挙げただけに作品への影響もありそうだ。「おおまかなストーリーは決めているので、漫画の試合に大きな影響を与える事はないが、細かな部分で参考にさせてもらうかもしれません」。歴史的勝利が「キャプテン翼」にフィードバックされることもありそうだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a14090a3d9987280a924be0979d1b3721c06ad06


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l

    【【漫画家】「キャプテン翼」原作者の 高橋陽一氏って 実はサッカーに疎い??【知らなかったら 描けないのでは…】 】の続きを読む


    平野 耕太(ひらの こうた、1973年7月14日 - )は、日本の漫画家。東京都足立区出身、在住。アクション・ギャグ作品を主に手がける。愛称は「ヒラコー」。 高校時代は漫画研究部の部長を務め、その後、専門学校東京デザイナー学院アニメーション科(現東京ネットウエイブ)に入学し、中退。同校の漫画研究会…
    21キロバイト (2,309 語) - 2022年11月15日 (火) 08:49
    とりあえずは 治療に専念した方がええかもな。mj

    1 muffin ★ :2022/11/27(日) 17:27:21.05ID:O2Rj4lyC9
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202211270000907.html
    2022年11月27日17時12分

    「HELLSING」や「ドリフターズ」などの作品で知られる漫画家の平野耕太氏が、このほど入院中であることが分かった。平野氏のツイッターで明かされた病状に対して、心配の声が続々と寄せられている。

    平野氏は今月20日、「3日ほど胃痛がずーッと続いて飯を食うと12時間ほどウンウン唸る羽目になるのでなにも食えんで白湯(さゆ)ばかり飲んでる」と体調不良を伝えた。同22日には「オペ終了。寝てる間に終わっていた」とベッドの写真を公開し、「やはり胆石が胆管閉塞(へいそく)させてたようで、内視鏡で見た後そのまま内視鏡手術もやってくださったようで、寝てる間に終わっていた」と詳しい診断内容を報告した。

    さらに27日には「膵炎(すいえん)併発。昨日は激痛で一晩のたうちまわった。今日もう一回内視鏡手術。内視鏡手術のたびに膵炎再併発するかもて。気が重い」とツイートしており、手術後もつらい状態が続いていることを明かしている。

    アニメ版「HELLSING」で主人公アーカード役を演じた声優の中田譲治は「さぞお辛いでしょうね。私を含め沢山のファンが快復を祈っております!!」。「BLACK LAGOON」の作者である漫画家の広江礼威氏は「ウエー予後があんまり良くないのね。快癒お祈りしております…」。漫画原作家の七月鏡一氏も「どうぞお大事になさってください。回復を心からお祈りしております」とリプライを寄せた。

    【【漫画家】「ドリフターズ」の 平野耕太氏。体調不良は 不摂生の結果??【怖い病気やで…】】の続きを読む


    しげの 秀一しげの しゅういち、本名:重野 秀一〈読み同じ〉[要出典]、1958年(昭和33年)3月8日 - )は、日本漫画家・同人作家。新潟県十日町市松之山出身。新潟県立十日町高等学校卒業。血液型はA型。星座はうお座。 代表作に『バリバリ伝説』、『頭文字D』。…
    10キロバイト (1,296 語) - 2022年11月22日 (火) 04:57
    この間も 漫画家さん亡くなられたし…mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2022/11/21(月) 21:58:11.86ID:Lp4OCnLH
    スポニチ2022年11月21日 16:46
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/11/21/kiji/20221121s00041000466000c.html

    大ヒット漫画「頭文字D」などで知られる漫画家のしげの秀一氏(64)が、体調不良のため現在連載中の「MFゴースト」の連載を休止すると発表した。週刊コミック誌「ヤングマガジン」編集部が伝えた。

    「MFゴースト」は、走り屋の物語としてテレビアニメ、映画化された大ヒット漫画「頭文字D(イニシャルD)」の後継作。未来の車の自動運転が普及した日本を舞台に、実在する公道でのレースを題材とした自動車漫画で、来年テレビアニメ化が決定していた。

    この日、同編集部ツイッターが「【MFゴースト 休載のお詫び】」と題する文書を掲載。「作者・しげの秀一氏の体調不良のため、ヤングマガジン52号よりしばらくの間休載いたします」と発表した。再開時期は未定。再開については、ヤングマガジン本誌で告知するとした。

    この投稿には「しげのさんが万全に回復して、永く今後も読んでいきたいので待ってます」「いつも楽しく興奮しながら読ませて頂いております!先生!充分にお休みしてください!」「アニメが始まる頃までには、復帰して欲しいです」「しげの秀一先生、ゆっくり休養してください」「どうか無理せず、慌てず元気になってからお仕事再開してください」とファンから心配や応援のコメントが多く寄せられた。

    【【漫画家】「頭文字D」等の作者 しげの秀一氏が 体調不良で 連載お休みに…【変な病気じゃないよな??】】の続きを読む

    このページのトップヘ