漫画家


    浩哉(おくひろや、男性、1967年9月16日 - )は、日本の漫画家。福岡県福岡市出身。代表作は『GANTZ』。デビュー作である『変[HEN]』を連載していた当時のペンネームは久遠矢広。 非常に特徴的なタッチの持ち味。元々は、大友克洋や池上遼一の影響を受け、劇画路線を目指していた。『GANTZ』
    9キロバイト (1,319 語) - 2021年8月22日 (日) 08:42



    (出典 cdn.tsutaya.tsite.jp)


    多分 物申しても何も変わらない。mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/09/05(日) 17:35:51.71

    日刊スポーツ2021年9月5日13時45分
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202109050000458.html

    「GANTZ」や「いぬやしき」などの作品で知られる漫画家の奥浩哉氏が、近年の一部の漫画に「読みにくい」と苦言を呈した。

    奥氏は4日にツイッターで、「今の漫画って読みにくいのばっかり。僕が若い頃は編集さんに口酸っぱく読み易さに気をつけてと言われたけど、最近は何も言わないのかな?」と疑問を投げかけて、「アクションシーンとか本当に何やってんのかわかんないのばっかり。まあ、アニメ化すればわかり易くなってるんですけどね」とこぼした。

    「前のコマと後のコマが繋がってないんだよね。背景描かないから位置関係もわかんないしなんかデフォルメパースの人物ポーズだけ並べた感じで本当に何やってるのかわからない」と具体的な問題点を指摘しており、「読みにくいけど人気ある漫画は、補ってあまりあるキャラの魅力があるんでしょうけど、あとはアニメ頼りってゆう。人気があっちゃうと編集さんも何も言えない」と業界が抱える問題に持論を述べた。「まず、僕が関わって来た編集さんは出版社問わずこのコマわかりづらいの指摘はしっかりして来てた。じゃないと掲載に至らなかった」と、読みやすさ重視だった過去を振り返っている。

    奥氏の意見には「アニメを見て初めてわかる動きがある」「『どっちがどうなってる?』と読み直す漫画が多い」「ストレスの溜まる作品が増えた」「文字数多すぎ説明多すぎは辛い」などと賛同する声が寄せられている。

    奥氏の代表作の「GANTZ」は週刊ヤングジャンプで00年から約13年連載。テレビアニメ化や、実写映画化もされた。


    【【漫画】「GANTZ」奥浩哉氏が 物申してるのだが どう思う??【貴方がそれを言う?!】】の続きを読む


    みなもと 太郎みなもと たろう、1947年(昭和22年)3月2日 - 2021年8月7日)は、日本の漫画家。京都府京都市出身。本名は浦 源太郎(うら げんたろう)。ペンネームは本名の「源」を読み替えたもの。代表作は『ホモホモ7』『風雲児たち』。 京都市の現・北区(当時は上京区から分区以前)に生まれ
    17キロバイト (2,419 語) - 2021年8月19日 (木) 22:02



    (出典 www.iwasakishoten.site)


    才能に溢れた方だった…mj

    144 ニューノーマルの名無しさん :2021/08/20(金) 06:48:46.74

    こうの史代の桜の国の推薦文書いてたなあ
    やはり見る目がある人だよ
    ご冥福をお祈りします


    (出典 i.ytimg.com)


    【【漫画家】【訃報】みなもと太郎さん死去…「風雲児たち」は ドラマにもなったな。【残念】】の続きを読む


    漫画家(まんがか)は、漫画作品を描く人および職業。1コマの風刺漫画、4コマ漫画、1話完結型漫画、長編ストーリー漫画など、これら漫画の絵を描く制作者は漫画家と呼ばれる。 日本漫画家協会は英名が「JAPAN CARTOONISTS ASSOCIATION」であり、漫画家
    11キロバイト (1,645 語) - 2021年7月20日 (火) 18:06



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    若過ぎるよ…mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/07/28(水) 10:55:43.07

    テレ朝ニュース2021/07/26 17:31
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_geinou/articles/hot_20210726_110.html

    漫画誌「イブニング」(講談社)で「ヤンキー水戸黄門」を連載中の漫画家の和田洋人さんが今月18日、脳出血などにより亡くなった。46歳だった。同社が26日、公式サイトで発表した。告別式などは親族により執り行われたという。

    「イブニング」編集部は訃報を伝え、「編集部一同、驚きと悲しみにくれております」と記した。21日に同作の単行本第1巻が発売されたばかりで、「これからのご活躍が期待されておりましただけに無念の極みです。心よりの哀悼の意を捧げるとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします」と追悼。「これまでご愛読、応援いただいた読者・関係者の皆様に深く感謝申し上げます」と結んでいる。

    和田さんは他に、「殿さまとスティッチ」「ファラ夫」などを手掛けた。


    【【漫画家】【訃報】「ヤンキー水戸黄門」等の和田洋人先生。脳出血等で 死去…【46歳…】】の続きを読む


    玉吉(さくら たまきち、本名:野澤 朗、1961年3月2日 - )は、日本の漫画家、イラストレーター。東京都出身。東京都立芸術高等学校卒業、多摩美術大学中退。有限会社「玉屋」社長。実姉はイラストレーターの真野匡。 エンターブレイン(旧・アスキー出版)の雑誌を中心に、漫画日記やコンピュータゲームを
    17キロバイト (2,356 語) - 2021年4月12日 (月) 06:23



    (出典 64.media.tumblr.com)


    何が有った??…mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/06/18(金) 11:42:51.07

    中日新聞
    2021年6月17日 16時00分 (6月17日 16時00分更新)
    https://www.chunichi.co.jp/article/274158

     今月十日に出たマンガ誌『月刊コミックビーム』7月号には驚かされた。ただし、マンガにではない。桜玉吉の連載ページにこんな言葉が載ったのだ。

     「5月中旬から桜玉吉先生と連絡が取れず、〆切直前にまる1日自宅前で待機、付近を捜索したものの、深夜になってもタヌキにしか会えなかったため、新作の原稿が間に合わなくなってしまいました」

     タヌキ云々(うんぬん)はふざけてみせているが、「担当編集 高橋」が署名入りで失態を詫(わ)び、「目撃情報募集中」と記している。「失踪?」と心配の声が上がった。

     しかし、結論的には失踪というわけではなかったらしい。7月号の発行直前には、担当編集も桜本人と連絡が取れたとのことだ。

     ただ、桜はこれまで鬱病(うつびょう)で休筆するなど波乱多いマンガ家生活を送り、それをまたマンガのネタにするといったことを行ってきた。

     マンガ家の失踪といえば、吾妻ひでおの『失踪日記』を思い出す。飲酒癖と鬱症状で失踪し、自殺未遂を経てホームレスになった経緯を赤裸々に描いて評判になり、各種マンガ賞を総なめにした。
     
     自分の苦しみを作品の題材にするのは私小説以来の日本の文壇の伝統だったが・・・(以下会員記事)


    【【漫画家】桜玉吉氏。一時的に音信不通になってしまう。【プレッシャー??】【スランプ??】】の続きを読む


    魔王学院の不適合者 〜史上最強魔王始祖、転生して子孫たち学校へ通う〜』(まおうがくいんふてきごうしゃ しじょうさいきょうまおうしそ てんせいしてしそんたちがっこうへかよう)は、秋による日本ライトノベル。イラストはしずまよしのりが担当している。略称は「魔王学院
    97キロバイト (15,563 語) - 2021年7月13日 (火) 10:36


    膵臓癌 しんどかったろうな…mj

    【【漫画】「魔王学院の不適合者」漫画担当の かやはるか氏が 膵臓癌で死去…悲しみに包まれてしまう…【まだお若いのに…】】の続きを読む

    このページのトップヘ