漫画家


    ちばあきお 川三番地 - 2013年よりちばてつやのアシスタント時代を描く自伝的漫画『あしたのジョーに憧れ』を連載中。 倉田よしみ ながとしやすなり 政岡としや 梅本さお 石井さだよし 村尾忠義(村尾ただよし) あべりつこ(阿部律子) ^ a b 「親子対談 ちばてつや×千葉修平」
    30キロバイト (4,221 語) - 2021年11月3日 (水) 12:59



    (出典 static.chunichi.co.jp)


    今はゆっくり休んで欲しい。mj

    607 名無しさん@恐縮です :2021/11/03(水) 20:13:45.05

    矢吹丈のモデルは・・たこ八郎

    これ本当


    (出典 image.space.rakuten.co.jp)


    【【漫画家】「あしたのジョー」等でお馴染みの ちばてつや氏が入院…早く元気になって欲しいよな!!【矢吹丈の様に いつでも元気で!!】】の続きを読む


    漫画家(まんがか)は、漫画作品を描く人および職業。1コマの風刺漫画、4コマ漫画、1話完結型漫画、長編ストーリー漫画などの絵を描く制作者が漫画家と呼ばれ、分類されている。 日本漫画家協会は英名が「JAPAN CARTOONISTS ASSOCIATION」であり、漫画家
    11キロバイト (1,650 語) - 2021年9月29日 (水) 08:34



    (出典 2.bp.blogspot.com)


    世界的にも 有名になったりね。mj

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/10/29(金) 20:36:38.72

    マグミクス2021.10.29
    https://magmix.jp/post/65713

    ●諫山創(代表作:『進撃の巨人』)

     まず最初は、超ヒット作『進撃の巨人』の作者・諫山創先生です。『進撃の巨人』の持ち込みが「ジャンプ」に落とされたことは、諫山先生自身が明言しており、メディアでもたびたび取り上げられています。当時の担当編集に言われたとされるセリフ「マンガじゃなくて『ジャンプ』を持って来い」も有名です。

     ジャンプに落とされた後に「週刊少年マガジン」編集部に持ち込まれた『進撃の巨人』は新人賞を獲得。その後、「別冊少年マガジン」で連載が開始されると、アニメ化とともに人気が爆発し、現在では累計発行部数1億部を突破する超人気作となりました。

     結果だけみると、「ジャンプ」編集部は失敗したのかもしれませんが、もし通ったとしても、アンケート制の週刊連載であの重厚な物語を描ききれたのかどうか……? 月刊の「別冊少年マガジン」に移行したことも成功の一因かもしれません。

    ●高橋留美子(代表作:『うる星やつら』など)

     数々のヒット作を生み出してきた高橋留美子先生は、インタビューなどで、大学時代に「ジャンプ」に持ち込みをしていたというエピソードを話しています。そのときの担当編集は、のちに鳥山明先生を発掘する名編集者・鳥嶋和彦さん。しかし、「ジャンプ」での連載は叶わず、「週刊少年サンデー」に流れてしまったのでした。

     その「サンデー」で掲載されたのが、デビュー作の読み切り『勝手なやつら』。SF要素の入ったドタバタラブコメは当時斬新で、高い評価を受けることになります。この評価がかの『うる星やつら』の連載につながり、同作は大ヒットを飛ばしました。

     その後、『らんま1/2』『犬夜叉』『境界のRINNE』『MAO』と、長年「サンデー」を支え続ける作家となりました。もしも高橋先生が「ジャンプ」で連載をスタートさせていたら、大きく歴史が変わっていたことでしょう。

    いま振り返れば「努力不足だった」と、大人なコメントも
    10代で集英社の賞を獲得するもデビューできず、遅咲きとなった渡辺航先生の代表作『弱虫ペダル』第1巻(講談社)

    ●オダトモヒト(代表作:『古見さんは、コミュ症です。』)

    「週刊少年サンデー」で連載中のコメディマンガ『古見さんは、コミュ症です。』は、累計発行部数は550万部を突破し、2021年にはアニメ化・ドラマ化されるなど、注目を集めている作品です。

     作者のオダトモヒト先生は、「週刊少年サンデー」の巻末マンガ『サンデー非科学研究所』で、自身のルーツが紹介されていました。それによると、過去に「ジャンプ」に持ち込みをしたものの「つまらない」とバッサリ切られてしまったとのこと。他に持って行ったネームも「多分意味ないと思うけど見るわー」と言われるなど、かなりひどい編集に当たってしまったようです。

     オダ先生のネームは『ジャンプスクエア』の編集には好評だったものの、結局「サンデー」で「これすごくいいです!」とかなりの評価を得たため、そのまま読み切りを「小学館新人コミック大賞」に応募して、見事大賞を受賞。その後、2014年に『デジコン』でデビューすることとなります。

     そしてオダ先生は、2016年から連載の『古見さんは、コミュ症です。』で大ヒットマンガ家の仲間入りを果たしたのです。

    ●渡辺航(代表作:『弱虫ペダル』)

    「少年チャンピオン」にて2008年から連載中の『弱虫ペダル』は、ロードレースを題材とした熱いスポーツマンガ。累計発行部数は2500万部を突破している大ヒット作です。

     作者の渡辺航先生が本作でブレイクしたのは、30代後半のことでした。実は渡辺先生はその20年以上前の1986年、15歳にしてすでに集英社の第22回ホップ☆ステップ賞で佳作を獲得しており、そこから数えるとかなりの遅咲きです。

     もともとは「週刊少年ジャンプ」の大ファンで、賞をとってからすぐにデビューできると考えていたという渡辺先生。しかし、その後も赤塚賞で佳作や準入選は果たすものの、結局「ジャンプ」での連載は叶わず、戦力外通告を受けてしまうのです。

     渡辺先生は当時のことを「ただの努力不足ですよ」と語っています。「ジャンプ」から切られたという経験があってこそ、いまの『弱虫ペダル』があるのかもしれません。

    ※全文はリンク先で


    【【漫画家】少年ジャンプから 蹴られた漫画家のその後は??【成功or失敗】】の続きを読む


    白土 三平(しらと さんぺい、1932年2月15日 - 2021年10月8日)は、日本の漫画家。東京府出身。男性。本名は岡本 登(おかもと のぼる)。A型。『忍者武芸帳 影丸伝』『サスケ』『カムイ伝』など忍者を扱った劇画作品で人気を博した。 父親はプロレタリア画家の岡本唐貴。妹は絵本作家の岡本颯子
    18キロバイト (2,838 語) - 2021年10月26日 (火) 09:53



    (出典 i.ytimg.com)


    弟さんも近日亡くなられたとか…mj

    376 ニューノーマルの名無しさん :2021/10/26(火) 22:15:22.09

    カムイ外伝は後半部分が池波正太郎みたいになっていてずっこけた記憶が

    h
    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    【【漫画家】【訃報】「カムイ伝」等の 白土三平氏死去…【忍者漫画の大御所】】の続きを読む


    高橋 留美子(たかはし るみこ、1957年〈昭和32年〉10月10日 - )は、日本の女性漫画家。有限会社るーみっくプロダクション代表取締役。新潟県新潟市出身。血液型A型。 1978年『勝手なやつら』でデビュー。代表作に『うる星やつら』『めぞん一刻』『らんま1/2』『犬夜叉』『境界のRINNE』など
    53キロバイト (7,796 語) - 2021年10月16日 (土) 16:19



    (出典 grapee.jp)


    日本が誇る漫画家!mj

    1 鳥獣戯画 ★

    日刊スポーツ2021年10月14日13時58分
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202110140000376.html

    「うる星やつら」「めぞん一刻」「らんま1/2」などで知られる、漫画家の高橋留美子氏が、米国の漫画賞「ハーベイ賞」で殿堂入りを果たした。同氏の公式ツイッターが14日、同氏のコメントを発表した。

    「この度は素晴らしい賞をいただきありがとうございます。アメリカの皆様に楽しんでいただき、とても光栄です。『漫画』を通じて皆様と交流できることがとても嬉しいです。コロナ禍で大変世の中です。私の漫画が少しでも皆様の心の安らぎになればと願っています。高橋留美子」(コメントは原文のまま)

    「ハーベイ賞」は米国の漫画家、芸術家で、ポップカルチャーのアイコンとしても知られるハーベイ・カーツマンの名を冠した賞で、1988年(昭63)に創設された漫画、コミック業界で最も権威のある賞。高橋氏の殿堂入りは8日付。同電動には、日本からは20年に手塚治虫さんが選出。


    【【漫画家】「うる星やつら」等の 高橋留美子氏 アメリカの漫画賞 ハーベイ賞殿堂入り!!【すごくね??】】の続きを読む


    さいとうたかを(本名:齊藤 隆夫、1936年11月3日 - 2021年9月24日)は、日本の漫画家。和歌山県和歌山市生まれ、大阪府堺市出身。東京都中野区、岩手県花巻市在住。 貸本漫画時代に劇画の分野確立した人物の一人であり、一般漫画の世界に転向後も『ゴルゴ13』はじめとする数々のヒット作品
    30キロバイト (4,541 語) - 2021年9月29日 (水) 17:43



    (出典 static.chunichi.co.jp)


    巨星 落つ…mj

    379 ニューノーマルの名無しさん :2021/09/30(木) 01:09:38.53

    ある日、日本のとある山奥の古寺に一人の外国人記者が訪れる。忽然と消えたゴルゴ13とその莫大な財産の行方を追っているという。寡黙でオシの如く何一つ喋らない不気味な老和尚。剃髪だがその姿はかのゴルゴにそっくり。身体が不自由なのかどこかぎこちない…。
    全く相手にされないため呆れて帰る記者。その後ろ姿を遠くからじっと見ている寡黙な老和尚。眼光が鋭い…。
     その夜、謎の一団が山寺に侵入。昼間の記者が実はゴルゴに恨みを持つ*屋の一味の手先だったのだ。和尚の立ち居振舞いと顔つきから
    プロと見抜きゴルゴが生きていたと断定し恨みを持つボスと共に乗り込んできたのだ。狙い通り老和尚は反撃に応じ、数々のトラップが仕掛けられていた山寺に一団の殆どがやられしまう。
     ゴルゴ13、やはり生きていたのか!と問うボスに無言の老和尚。が、息も荒く汗も凄い。ボスの銃撃を避け武器を投げつけ辛くも勝利する老和尚だが震えが止まらない。やはり病気なのか?
    翌日の新聞に山寺の焼失と山奥での銃撃戦の報道が載る。その新聞を捨て空港ロビーより立ち去る男。その後ろ姿は老和尚にそっくりであった。

    という一時期出回った噂の最終回のプロット。


    【【漫画家】【訃報】「ゴルゴ13」の作者 さいとう・たかを先生…逝く…【又 昭和の代表が…】】の続きを読む

    このページのトップヘ