雑談系


    ニメーション > アニメニメは、アニメーション(英語: animation)の日本語における略語である。アニメーションを用いて構成された映像作品全般を指す。当記事では主に日本の一般向け商業アニメーション(テレビアニメ、劇場アニメ、OVAなど)について記述する。 日本では「アニメーション
    112キロバイト (15,764 語) - 2021年7月20日 (火) 14:54



    (出典 4.bp.blogspot.com)


    題材によるのだろうけどね。mj

    354 なまえないよぉ~

    世の中で一番発展的な「温故知新」なのはゲームとアニメしか無いからなぁ。
    安い賃金でチキショウ、チキショウと思って遣ってるのが多いんじゃないか。
    上もそれほど大きくは出れないだろうし、映画は発想アイデアが今一乏しいのでは。


    【【アニメ】アニメを実写化すると 色々あるよな。【傑作か駄作か…】】の続きを読む


    KONAMI公式サイト ^ ジャンプ・コミックス『遊☆戯☆王R』第5巻 作者コメント。 ^ “アニメ「遊☆戯☆」新作は4月より放送、主人公はシリーズ初の小学生”. コミックナタリー (2019年12月21日). 2019年12月21日閲覧。 遊戯王カードゲーム公式サイト 遊戯王総合サイト 遊戯王カードデータベース
    61キロバイト (9,931 語) - 2021年5月22日 (土) 11:52



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    結構大物がいたりするね。mj

    61 声の出演:名無しさん :2017/07/14(金) 22:20:58.01

    主人公とライバルあたりの枠かつ前作を例外として除けば当てはまらなくもないかもしれないが
    それ以外のキャラなら普通に有名な人も出てるわな


    【【声優】遊戯王シリーズの声優を語ろう!!【女の子キャラ 少なくなったなぁ…】】の続きを読む


    古見さんはコミュ症です。』(こみさんはコミュしょうです、オダトモヒトによる漫画作品。『週刊少年サンデー』(小学館)にて、2016年25号から連載中。2021年2月時点で電子版を含めたコミックス累計発行部数520万部を突破している。 コミュ症(#用語参照)の女子高生と、普通の男子高校生の交流
    77キロバイト (12,875 語) - 2021年7月23日 (金) 02:01



    (出典 amadige.com)


    ゴリ押し臭がするのだが…mj

    156 名無しさん@恐縮です :2021/07/23(金) 13:31:50.88

    おっさんおばさんのコスプレ大会じゃないんだから


    【【漫画】「古見さんは、コミュ症です。」がドラマ化。キャスティングはこれでいいのか…【35歳って…】】の続きを読む


    君の膵臓をたべたい』(きみのすいぞうをたべたい)は、住野よるによる日本青春小説。略称は「キミスイ」。住野よる作品が初めて出版され本でもある。 2016年「本屋大賞」第2位初め、多数ランキングで上位に選出されるなど、高く評価されている(#概要参照)。 2016年オーディオドラマ化
    37キロバイト (4,389 語) - 2021年7月19日 (月) 18:22



    (出典 eiga.k-img.com)


    どこら辺カットするんだろ…mj

    582 見ろ!名無しがゴミのようだ!

    肝吸い?


    (出典 tblg.k-img.com)


    【【アニメ】「君の膵臓をたべたい」今夜 金ローで放送するのだが 感動作なはずなのに もはや感動作じゃねぇ感じ…【何じゃ??そら…】】の続きを読む


    東京ミュウミュウ』(とうきょうミュウミュウ)シリーズは、日本の漫画作品。およびこれを原作としたテレビアニメ、ゲームなどのメディアミックス作品。 講談社の月刊少女漫画雑誌『なかよし』で2000年9月号から2003年2月号まで連載され、続編の『東京ミュウミュウあ・ら・もーど』は、2003年4月号から2
    124キロバイト (18,201 語) - 2021年5月29日 (土) 20:42



    (出典 av.watch.impress.co.jp)


    それにしても 懐かしい作品だよな!!mj

    5 なまえないよぉ~

    にゅ~とか言われても
    もう20年前なんだから普通にリメイクでいいと思うんだが


    【【アニメ】「東京ミュウミュウ にゅ〜♡」これって リメイク??完全新作??【男子が出てくるのも あったね!!】】の続きを読む

    このページのトップヘ