アニメ アニメーション - アニメーション(animation)の略語。アニメーションを用いて構成された映像作品全般を指す。アニメーションとは動かない絵や物体をコマ撮りと映写によって動いているように見せる表現技法。日本でのアニメーションの使用全般については「日本のアニメーション」を参照。 アニメ (日本のアニメーション作品)…
    991バイト (177 語) - 2023年1月24日 (火) 13:20
    次はどの作品が流行るんだろうな。mj

    1 愛の戦士 ★ :2023/01/26(木) 16:04:43.21ID:REe04vJs9
    allabout 2023.1.26

    同調査は、全国の高校1~3年生1024人を対象にインターネット上で実施(実施時期:2022年12月9~10日)。今回は、2022年11月時点で放送されていた作品の中から、女子高校生396人がハマっているアニメランキングを発表します。

    同率2位の『ハイキュー!!』『呪術廻戦』を抑えて1位に輝いたアニメは?

    LINEリサーチは1月19日、「高校生がいまハマっているアニメ」ランキングを発表しました。

    同率2位:『ハイキュー!!』
    同率2位は、“春高バレー”での激闘など、高校バレーボールをテーマにした『ハイキュー!!』。回答者からは、「アニメではあるけれど、現実的な内容だから(高3女子)」との声が寄せられ、等身大の熱い青春に心を打たれる女子高校生も多いようです。

    また、『ハイキュー!!』が人気を集める大きな理由の1つは、「キャラクターの魅力(高2女子)」。主人公・日向翔陽が所属する烏野高校だけでなく、各強豪校に魅力的な選手がそろい、キャラクターの人気投票がたびたび開催されています。

    2020年に放送されたテレビアニメ第4期の続編となる完全新作劇場版『ハイキュー!! FINAL』の制作が発表され、2023年8月には劇場版キックオフイベントが開催される予定。『ハイキュー!!』人気はさらなる盛り上がりを見せそうです。

    同率2位:『呪術廻戦』
    同率2位は『呪術廻戦』。テレビアニメ第2期「懐玉・玉折/渋谷事変」の放送が2023年7月に決定しています。2020年から放送されたアニメ第1期、2021年12月からの公開で大ヒット作となった『劇場版 呪術廻戦 0』を経て、かつて呪術高専を追放された特級呪詛師・夏油傑(げとうすぐる)と、特級呪霊たちが巻き起こす未曾有(みぞう)の呪術テロ「渋谷事変」がいよいよ始まります。

    回答者からは、「有名な作品だったから(高2女子)」「Twitterのタイムラインで、本誌に関するTweetが流れてきた(高3女子)」など、現在も『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の原作漫画の人気や、テレビアニメ開始後もファンが増え続けた話題性の大きさから、興味を持った人も多いようです。

    第1位:『SPY×FAMILY』
    第1位は、『SPY×FAMILY』。回答者の半数の支持を集め、同調査の「男子高生がハマっているアニメランキング」でも1位を獲得しました。2022年に2クールに分けて「Season 1」が放送されたテレビアニメは、2023年には「Season 2」の放送に加えて劇場版アニメの制作も発表されています。回答者からは、「『Amazonプライム・ビデオ』で、おすすめに出てきた(高1女子)」など、なんとなく見てみたら面白くてハマってしまったとの声もありました。

    個性的なキャラクターとスタイリッシュな絵柄が幅広い世代から人気で、ユニクロの「UT」やくら寿司など、コラボ商品の発売が続々と発表されています。

    ※回答者のコメントは原文ママです
    文:福島 有紀

    全文はリンク先で
    https://trilltrill.jp/articles/2965964

    【【アニメ】女子高生がハマったアニメって 今や忘れられた作品?!【流行り廃りが目まぐるしいからなぁ…】】の続きを読む


    森川 智之(もりかわ としゆき、1967年1月26日 - )は、日本の男性声優、歌手、タレント。東京都生まれ、神奈川県出身。アクセルワン代表取締役。グループ満天の星の主宰。 1967年、東京都に生まれ、神奈川県川崎市と横浜市で育った。横浜での小学生時代には、同じ町内の内海賢二に商店街で握手をしても…
    343キロバイト (37,364 語) - 2023年1月25日 (水) 14:13
    みれた人 ラッキーじゃね??mj

    1 muffin ★ :2023/01/25(水) 21:24:19.93ID:sFNpoorg9
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/01/25/kiji/20230125s00041000505000c.html
    2023年1月25日 21:10

    米俳優トム・クルーズ(60)が主演を務め、1986年の公開から歴史的大ヒットを記録した映画「トップガン」が、テレビ東京系列にて25日午後7時から放送。ツイッターでは「トップガン」が世界トレンド1位に浮上するなどネットでも話題を呼んだ。

    2022年5月に日本で公開され、驚異の興行収入135億円を突破した「トップガン マーヴェリック」。コロナ禍の20年以降の実写映画では“最大のヒット”とされ、未だ劇場公開が続いている人気作の原点こそが36年前に公開された第1作目「トップガン」。主演のトム・クルーズを一躍トップスターに押し上げるきっかけとなった大ヒット映画の放送にネットが沸いた。

    ツイッターは放送開始から1時間も経たずに「トップガン」が世界トレンド1位まで急浮上。Yahoo!リアルタイム検索ではトム・クルーズの演じたマーヴェリック役の日本語吹き替えを担当した人気声優の「森川智之」がトレンド入り。作品の声優陣にも注目が集まった。

    ネット上では「森川さん吹替とのことなのでトップガンを見ることにする」「森川智之の声が聞きたくてトップガン観ている」「やっぱりトムクルーズの吹き替えは森川さんに限る」「森川さんと平田さんの良いお声で皿洗いがはかどる。ありがとうテレ東今後も推します」「マーヴェリックが森川さんというのもだけどやっぱりグースがひらっさんなのがクリティカルヒットだよね」「やっぱり森川さんだと安心」「ご飯食べながらトップガンみるぞい。グース平田さんだー!楽しみ」と歓喜の声が上がった。

    中には「森川さんの声若い」「やっぱ森川さんの声も今より若いよね」「トムクルも若いけど森川さんの声も若いよぉ…つかグースの吹替が平田さんだったんだ」「どうしよ。ちょっと見ようとしてたのに森川氏のハンサムボイスでお送りされてるトップガンがっつり見てるわ」「トム・クルーズ若いし、森川さんも声若いけどこれ多分そういう芝居だな…すげえなあ」など声を楽しむファンもいた。


    (出典 i.imgur.com)

    【【声優】「ポケモン」のミクリ役等の 森川智之さん。今日放送の『トップガン』で話題の人物に?!【テレ東だから 全国放送とは限らんよな…】】の続きを読む


    本作のヒットにより架空戦記モノのブームが起きた。特に小説『紺碧の艦隊』シリーズが人気を集めた。 1992年スティーヴン・セガール主演映画に『沈黙の戦艦』邦題が付けられた。その後もセガール主演映画には『沈黙の○○』と付けられるようになり『沈黙シリーズ』と呼ばれるようになった。 『BSマンガ夜話』(NHK)-…
    85キロバイト (12,153 語) - 2023年1月25日 (水) 12:06
    昔 外国映画でもあったよな。mj

    1 鉄チーズ烏 ★ :2023/01/25(水) 19:34:29.07ID:qUK1Y8v/9
    2023年01月25日
    https://mantan-web.jp/article/20230125dog00m200047000c.html


     1988年~1996年にマンガ誌「モーニング」(講談社)で連載されたかわぐちかいじさんの人気マンガ「沈黙の艦隊」が俳優の大沢たかおさん主演で実写映画化されることが1月25日、明らかになった。同日に開催されたAmazonの動画配信サービス「Prime Video」のイベント「Prime Video 新年発表会:Meet the Producers 2023」で発表された。Prime videoが日本の劇場版映画を製作するのは初。大沢さんが主人公の艦長・海江田四郎役を務め、映画「ハケンアニメ!」などの吉野耕平さんが監督を担当する。今年の9月29日に公開される。
     
     原作の「沈黙の艦隊」は、累計発行部数3200万部の人気マンガ。日本近海で発生した海難事故で海上自衛隊の潜水艦「やまなみ」が沈没し、艦長の海江田四郎二等海佐を含む乗員76人の生存が絶望視されるが、実は乗員は日米が極秘に作った原子力潜水艦の乗員に選ばれており、事故は彼らを乗務させるための偽装工作だった……という内容。1990年に第14回講談社漫画賞一般部門を受賞し、1996年にはアニメ化もされた。

     映画「沈黙の艦隊」は、映画「キングダム」シリーズなどを手掛けた制作プロダクションのクレデウスが制作。日本で初めて海上自衛隊・潜水艦部隊の映画撮影協力を得て実際の潜水艦を使用しており、リアルな艦体と現代のVFX技術が融合した海中アクション・エンターテインメントを制作する。大沢さんは主演と共にプロデューサーも務める。 

     発表会に出席した大沢さんは「映像化不可能と言われたこの『沈黙の艦隊』、30年という時を経て、令和の今、挑戦させていただいています。これは今やるべきものだと信じていますし、描かれたかわぐち先生に喜んでもらえるように、原作ファンの方、そしてまだ原作を知らない人たちも、劇場を出る時に言葉を失うような、新しい力のある日本映画を見せられればと懸命に頑張っていますので、楽しみに9月まで待っていただけたらと思います」とコメント。 

     原作者のかわぐちさんは「最初に実写映画にしたいと話が来たとき、『なんと無謀な』という気がしました」と明かしつつ、白い制服、軍帽の大沢さんを見たときの印象について「『あ、海江田がここにいた』と納得しました」と回顧。「今は、早くできあがったものを見てみたい、という期待が膨らんでいます」と思いを明かした。

     発表会ではティザー映像も公開。大沢さん演じる海江田が「地球の70%は海だ。これほど広大な海を前にして、どうして人は争うのだろうか」というせりふや館内を見つめる姿、海上自衛隊の潜水艦などを収めた映像がお披露目された。発表会には共にプロデューサーを務めるクレデウス代表取締役の松橋真三さん、アマゾンジャパン合同会社Prime videoジャパンカントリーマネジャーの児玉隆志さんも出席した。

    【【漫画】【映画化】「沈黙の艦隊」アニメ化以上になるか??【やっぱりCGばっかなの??】【感想】】の続きを読む

    このページのトップヘ