ゼンレスゾーンゼロのサムネイル
    ゼンレスゾーンゼロ』(Zenless Zone Zero、簡体字: 绝区零; 拼音: Jué qū líng)は、miHoYoによって開発・配信のゲームソフト。対応プラットフォームはPlayStation 5・スマートデバイス・PC。2024年7月4日サービス開始。基本プレイ無料(アイテム課金制)。…
    5キロバイト (444 語) - 2024年7月4日 (木) 11:38
    このゲームに、合う人合わない人がいる??mj


    【【ゲーム】「ゼンレスゾーンゼロ」これって、プレイしにくいゲーム??【やりづらい…】【評価】】の続きを読む


    ふつうの軽音部』(ふつうのけいおんぶ)は、原作:クワハリ、作画:出内テツオによる日本漫画。2023年1月7日より9月18日までウェブコミック投稿サイト『ジャンプルーキー!』(集英社)に投稿された。ウェブコミック配信サイト『少年ジャンプ+』(集英社)にて、2024年1月14日から日曜更新で連載中。…
    14キロバイト (2,113 語) - 2024年7月9日 (火) 13:48
    けいおん!!懐かしいな!!mj

    1 朝一から閉店までφ ★ :2024/06/04(火) 10:21:32.99 ID:o7J4YbH8
    カバーイラストはドラマーの内田桃
    サワディ大塚2024年6月4日 00:00

    【「ふつうの軽音部」2巻】

    6月4日 発売

    価格:715円


    (出典 asset.watch.impress.co.jp)


     集英社は、マンガ「ふつうの軽音部」の2巻を6月4日に発売する。価格は715円。

     本作はちょっと渋めの邦ロックを愛する新高校1年生・鳩野ちひろが軽音部に入部したところから始まる、むきだしの青春バンドストーリー。元々は「ジャンプルーキー!」の掲載作品で、2024年1月より作画担当が加わり「少年ジャンプ+」にてあらためて連載が始まった。

     2巻は内田桃がカバーイラストを飾っており、おまけマンガや描き下ろしもたっぷり収録。また、抽選で登場人物たちのアクリルスタンドセットが当たるプレゼント企画も実施されている。


    【「ふつうの軽音部」2巻あらすじ】
    厘のなすがままに連れてこられたカラオケで突然、歌を披露することになったハトノ。ハトノの歌声を初めて聴いた桃は、ある重大な決意をする……!? “キラキラしていないのにまぶしすぎる”──超等身大のむきだし青春&音楽奮闘ドラマ、第2巻!!

    https://manga.watch.impress.co.jp/docs/news/1597125.html

    (C)SHUEISHA inc. All rights reserved.

    【【漫画】「ふつうの軽音部」普通って何なのよ??【わたモテの、もこっち??】【感想】】の続きを読む


    声優(せいゆう)もしくはVA(ボイスアクター)または声の出演(こえのしゅつえん)もしくはCV(キャラクターボイス)は、ラジオの放送劇、テレビ・映画の吹き替え、アニメーションなど、音声作品や映像作品に、自身の姿を見せず声だけで出演する俳優である。広義にはナレーターも含まれる。…
    303キロバイト (44,193 語) - 2024年7月4日 (木) 07:23
    女性だって、沢山いるのにな。mj

    1 ひかり ★ :2024/05/09(木) 10:47:32.66 ID:gpXdUVyv
    5月8日は声の日。
    「こ(5)え(8・エイト)」の語呂合わせが由来の記念日です。

    声優はキャラクターに命を吹き込むだけでなく、歌う機会も多い職業です。演じた役柄としてキャラクターソングを歌ったり、作品の主題歌や挿入歌を担当したり、イベントで歌声を直接届けたりと、さまざまな活躍を見せており、アーティストとして活躍している声優も数多く存在します。

    そこでアニメ!アニメ!では、読者からリクエストが多いテーマである「歌がうまいと思う声優は?」と題した読者アンケートを今年も実施しました。5月1日から5月4日までのアンケート期間中に1016人から回答を得ました。
    男女比は男性約20パーセント、女性約75パーセント、無回答が約5パーセントで、女性が多め。年齢層は19歳以下が約30パーセント、20代が約20パーセントと若年層が中心でした。

    ■アーティストとして10年以上活躍する声優陣が上位に!

    第1位

    1位は谷山紀章さん。支持率は約15パーセントでした。

    谷山紀章さんはロックユニット・GRANRODEOのボーカル・KISHOWとして活動中。2024年のライブツアーは10月から全20公演を予定しており、2025年の結成20周年を盛り上げていきます。

    「GRANRODEO、ソロ活動、キャラソンと幅広い楽曲を、どれもハイレベルに歌いこなしているから。GRANRODEOの激しい曲のあとに『うたの☆プリンスさまっ♪』の四ノ宮那月の可愛らしい曲を聴くと、本当に同じ人が歌っているの? と思ってしまいます」や「誰にも真似できないハイトーンシャウト&ウィスパーボイスの色っぽさ。その両方を兼ねるギャップのある歌声に惚れた!」、「バラード、ロック、メタルと何でも歌いこなすテクニックが魅力。CDを聴くだけでも感動していましたが、生歌では思わず震えてしまうほどの素晴らしさでした。さらにトークまで面白いなんて……。絶対にライブに行った方がいい声優さんです!」とあらゆるジャンルの楽曲で心を鷲掴みに。

    第2位

    2位は宮野真守さん。支持率は約9パーセントでした。

    宮野真守さんは2008年に本格的に歌手デビュー。アーティストデビュー15周年を迎え、4月26日にはデジタルシングル「Apollo」をリリースしたばかりです。
    「言葉に想いを乗せる表現力、どんなジャンルも歌いこなす歌唱力、難易度の高い曲でもビブラートをかける技術、バラードで際立つ地声の良さなど……。理由を挙げればキリがありません。ライブではダンスや観客参加型の演出、心のこもったMCに大爆笑のコントまであり、歌以外の要素もてんこ盛りのエンターテインメントを展開しています」や「宮野さんは人の心を引きつけるような魅力がありますよね。切ない曲はもう泣きそうな表情で、楽しい曲はメチャクチャ盛り上がって歌っていて、私たちも同じ気持ちになれます」とライブに参加したファンから多くの票が届きました。

    第3位

    3位は豊永利行さん。支持率は約5パーセントでした。

    豊永利行さんは2014年にメジャーデビュー。2023年11月にはデビュー10周年記念アルバム「Charactanswer」をリリースしており、アニメ!アニメ!では楽曲についてインタビューを行ったことがあります。

    読者からは「低音から高音まで、幅広い音域でいろいろなジャンルの曲を歌いこなしているから。絶対音感の持ち主でファルセットの使い手でもありますが、何よりも歌に気持ちを乗せて届けていることが素晴らしい! 聴く者を一瞬で世界観に引きこむ素敵な歌手です」や「弾き語りで作詞・作曲をする様子をイベントで見ましたが、制作中の鼻歌があまりにも美しくて思わず気が遠くなりました。短い時間で作り上げた歌の完成度も高く、そのテクニックに脱帽です」と絶賛の声が。

    キャラクターソングにも定評があり、「声の高さもまったく違うキャラソンを歌い分けているのがスゴい! 作詞・作曲の経験があるため、キャラソンでもそれぞれの曲の意図を汲み取って表現されているのでしょう。キャラクターと向き合うことを大切にしている豊永さんの努力が垣間見えます」や「キャラクターの声で歌うだけでなく、キャラ自身の体格や性格を踏まえた上で音域を変えていて、まったく別人のような歌い分けをしていることに驚き!」とファンを魅了しています。

    ■ランキングトップ10

    [歌がうまいと思う声優は? 2024年版]
    1位 谷山紀章
    2位 宮野真守
    3位 豊永利行
    4位 内田雄馬
    5位 蒼井翔太
    6位 伊東健人
    7位 斉藤壮馬
    8位 古川慎
    9位 関俊彦
    10位 水樹奈々

    (回答期間:2024年5月1日~5月4日)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e394e1e61cb5fa7bd58be561188b4733c590456c

    【【声優】声優で、歌が上手いと言えば、何故か男性声優しかいない様だな…【美声!!】】の続きを読む

    このページのトップヘ